スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

治るかも?!な気持ち。

外泊から帰ってきて、母は翌日に田舎に戻り、私は東京にポツーンと取り残されています。たった一週間だけだけど、寂しいものですね。こんな年でも、親が恋しいって、恥ずかしいですが(^^;)

でね。記事タイトルの件ですが。

最近、ベッドを、ほぼ180°のフルフラットに近づけて眠れるようになったんです!前は、45°くらいまで高くしないと、腹部の腫瘍が痛くて、ほんの短時間でも痛かった。当然、眠れるわけもなく。

だけど、最近、眠れる姿勢が増えたんですよ(^^)

私の腹部の腫瘍。。。治ってなぁい?!(^^)

そういえば、お風呂から出たときも、以前のようにフラフラゼーゼーしなくなったよ♪足の浮腫みも、だいぶ減ったよ♪

私の癌・・・・なおって来ていませんか?!



なんて思ったのは、束の間でした。よーく考えてみれば(いや、よく考えなくても)

眠れる体勢が増えた → 痛み止めの量が増えた

お風呂でゼーゼーしなくなった → 介助浴だからみんな人にやってもらい、しかも酸素を吸いながら入浴している

足の浮腫みが減った → 腹水を抜いてから全体的に浮腫みが減った


・・・・お薬や、処置のおかげで、いろんな症状が抑えられていたのですね。まさしく、これぞ緩和ケア!

というわけで、治ったわけではなく、緩和ケアの恩恵に与っているということが、よーくわかりました(笑)

今は、常に車椅子に乗っていますが、車椅子に乗っける酸素ボンベも、手放せないお友達となりました。自宅にも酸素の機械をとりつけました。

いろいろなみなさんや器具や薬に支えられているんだなー、と、感謝しないといけませんね。


いま、ブログ読者の方から教えていただいた本を読んでいます。スピリチュアル系な本なので、スピリチュアルが苦手な私には正直、とっつきにくいかな?と心配したけれど、そんなこともなく4分の3ほど読み進めました(おそ!笑)

末期がんから生還した、という眉唾物っぽいものですが、読んでいると、「ああ、こういうの、ありかもな」と思えます。クリスチャンの私だから受け入れやすい部分もあれば、逆に受け入れがたい部分もあります。

いずれにしても、末期がんに限らず、病気って、多種多様。人間も多種多様。もしかしたら、この本にかかれていることが実際に起こる人も、いるかもしれないな。すべてを否定する必要はないし、すべてを肯定できるわけもないですよね。

私のピーターラビットが、元の茶色よりすこしグレーに近いようにね(^^)


最近、何をやっていても、すぐに眠くなってしまいます。ブログ記事を書いていても、然り。これまでは、記事の文章が長いのが悩みでしたが、今は、もっと書きたいのに、脳みそが眠ってしまって、書けなくなってしまう、書きたかったことを忘れてしまう!という事態に陥っています。あー、困った。でも、読む方にとってはちょどいいですかね?^^;

あ、また大事なことを忘れるところでした。昨日6日は、ユノのお誕生日でした!30歳、おめでとう。会いたいなー。
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

愛のない人間。

このブログを書きはじめて以来、ずーっと「いつか書かなきゃ!」と思っていたことです。

昔、演劇が好きで、“にわか劇団”に入ったことがあります。

半年程度の期間限定劇団でしたが、主宰は、某有名女優。大河ドラマや朝の連ドラ、民放のドラマなど、いろいろなところで今も見かける女優さんです。名わき役、といったところでしょうか。ミーハーな私は、その女優さんに会って直接指導してもらえるだけで喜んでいました。

私の与えられた役は、自分の存在について悩むけれどそれを表に出せず、余計に悩んでしまう明るくてワガママな看護師の役。先輩看護師が2人いて、彼女たちとの絡みが殆どという役でした。

この2人と仲良くできなかった私は、それがお芝居にも出てしまったのでしょう、女優さんからいつも注意されていました。技術的な部分でなく、「先輩看護師への愛情を持て。敬意を払え。」みたいなことを言われました。

私は、叱られるたびにその先輩役の2人のやり方や演劇に対する考え方が一層嫌いになってしまい、結局、女優さんからOKをもらうことのないまま、半年後、発表公演となりました。女優さんの知名度もあり、思ったよりたくさんの観客でした。

終演後、回収したアンケート用紙を読むと、先輩看護師役を褒めるものがほとんどで、私を褒めてくれているのは1枚だけでした。

上演は1日だけだったので、そのまま、その日のうちに打ち上げに行きました。

にわか劇団員全員と、女優さんとで行きました。お酒が入って、本音が出始めたころから、一人一人のメンバーが女優さんから意見をもらうために、一列に並び始めました。私も並びました。

私の番になりました。他のメンバーがひとつひとつのシーンについて時間をかけて、細かく意見を言われている中、私には一言。

「おまえはねー、愛のない人間。」

それだけでした。この言葉だけで、「ハイ、次の人!」となりました。

「愛のない人間。」・・・・・泣きました。大泣きしました。

こんな言われ方をしたのは私だけだと思いきや、もう一人いました。その人も泣きました。その人は男性だったので、私をかばうかんじで「愛のないのは俺も一緒だよ」と一緒に泣いてくれました。それでも女優さんのその言葉はショックすぎました。

以来、ずーっと、私は、「自分には愛がないんだ」と思うようになりました。わからせられたというのかな。

あれだけ大物の人に言われたんだから、真実なんだ、と思ったし。私みたいなのの真実くらい、見通せるんだと思ったし。

あれから何年たったんだろう。15年くらいたったのかなぁ。

ずっと、自分は愛のない人間なんだと自覚し、教会で祈りをささげるときも「愛を与えてください」と祈り。

その間に男性とお付き合いをしたり、結婚もしたり。でも、いつでも、私には愛がないと、自分で感じていました。もちろん、異性への愛以外の愛を含めて、ですよ。

言われたからそう思い込んでいたのではなく、言われたことによって、自分で気付いていなかったことに気付かされた、ということです。


いまはね・・・。少しだけど、自分に「愛があるかも?!」と思えるようになりました(^^)

ほんとに少しの、小さな愛だけど。病気になって、こんな体になって、いろんな愛をまわりのみなさんからいただくようになってね、自分の中にも、ほんとーに小さな愛だけど、芽吹いてきたんじゃないかな、って。

およそ15年間に渡って私を束縛し続けてきた言葉が、ようやく、消えかかってきました。

遅すぎなければいいけどな。


そうはいっても、まだまだ未熟で愛が全然たりていない私。だけど、今なら、少し理解できる、先輩役だったお2人の言葉。そして、歯に衣着せなかった、女優さんの言葉。

皆に謝りたいけれど、もう連絡先もなにもわからないから、それなら、代わりと言ったらなんだけど、これから出会う人に、あの時もてなかった愛情を、ふり注ごう。

ほんと、遅すぎなければいいな。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

再びの、可愛いお客様♪

なんとなく微笑んでいるような、この表情は。
1にあ

にあちゃん!!

真っ白もふもふアフロをひっさげて、またまた遊びにきてくれました(^^)

2にあ
なんとな~く、右手側から良い香りがしてきまして・・・・・

あった!!
3にあ
フルーツてんこ盛りのお山!

にあままちゃん、ステキなお土産をありがとう。この他にもキルフェボンのケーキをまたまた頂戴して、「食べきれるかしら?」なんて不安はなんのその、すでに冷蔵庫は空っぽです。昨日のうちに、お見舞いにきてくれた皆さんと一緒にペロッと頂いちゃいました。美味しかったよー!


にあちゃんが遊びにきてくれたのは一昨日のことでしたが、その際に、にあままちゃん(=にあちゃんの飼い主さん)に、浮腫みを診てもらいました。

というのも、にあままちゃんは、その道の専門家。東洋医学からのアプローチです。主治医からは予めOKをもらっていたので、針をやってもらいました。

生まれて初めてやる針治療に、最初は「いたいんじゃないかなー?」と緊張したけれど、実際にはほとんど痛くないというか、何も感じませんでした。

針を刺したところから出てくる水。本当に水が溜まっているもんなんだ。すごいなー。

個人でお店も開いているにあままちゃんを信頼して、全部やってもらったら、足がとても軽くなりました(^^)見た目にも少し細くなって、特に右足が軽くなっていました。左足も少し軽くなったけど、重症なほうの足なので、なかなか大変そう・・・。でも右足は、繰り返すけど、ほんとに軽くなって嬉しかったです。

翌朝には元に戻ってしまったので、毎日トリートメントしてもらえたらいいのにな、なんて贅沢なことを思ってしまいました(笑)

そして、こうやって私を幸せな気持ちにしてくれる、にあままちゃんと、にあちゃん。にあままちゃんは、いやな顔ひとつせずに仕事帰りに遠くから笑顔でやって来て、その手技で、私を幸せにしてくれます。にあちゃんは、あふろをフワフワさせながらそこにいて、私の手からごはんのカリカリを食べてくれるだけで私を幸せにしてくれます。

私は・・・どうやってみんなを幸せにできるのかな?

考えても、答えはわかりません。でもさ。きっと、私は、こんな病人で、技術もなにももってなくて、今は何もできないけど、笑って過ごしているだけで、誰かが幸せになってくれるんだろう、って思います。

にあままちゃん然り。うちの母然り。きっと、私が何か特別なことをするのを求めてはいない。ただ、私が幸せに笑っていれば、それが、みんなの幸せにもなるんだ、なんて思っています。

ちょっとムシがよすぎるけれど。


いま、病室で一人でいます。外はポカポカ、太陽の光が降り注いています。外に出たら、きっと空気は冷たいのだろうけど。

このポカポカの太陽の光が、いま、私を幸せにしています。幸せって、そんな小さなことでもいいんだろう、なんて、あらためて思います(^^) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ホスピスに戻ってきました。

まずは、前回の記事へのたくさんの拍手!ありがとうございます!今の時点で、935拍手・・・・。935人の方があの記事を読んで、「拍手」ボタンを押してくださった。。。

なんて有難いことなんでしょうか。本当に、心からありがとうございます!

あ、「拍手」というのは、アメブロでいうところの「いいね」ボタンのようなものだと思います。

このブログを書き始めて、今月15日でちょうど3年がたちますが、最初の頃は「拍手」が一つもつかないことがたびたび。ていうか、つかないのが当たり前だと思っていたので、たま~に拍手があると、それはそれは嬉しかったもんです。一人でも、読んでくれる人がいるんだ、ってね。

そのうち、20拍手くらいつくようになると、もう嬉しくてたまらなくなりました。20が一つの基準になったんですね。

やがて、いきなり100を超える拍手が付いた記事があり、めちゃくちゃビックリしました。

以来、だんだん多くの方が読んでくださって・・・・100を超えると喜び、200を超えると舞い上がり(笑)

それが、今回は、なんと935!記事の内容は、人はしんだら、他の人の心の中に生きるんだ、という私なりの考えを吐露したものでしたが、実際は、私自身が、ブログの読者さんの中に生きる、という話になりました。

その結果、そんなにたくさんの拍手とアクセスを頂いて、つまりそれって、それだけの方の心の中に、私という存在を置いて頂けているっていうことだと思ったら、嬉しくて、ビックリして、やっぱり嬉しくて(*^^*)

本当に、ありがとうございます。ほんとにほんとに、ありがとうございます。


さて。今日から、再びホスピスに戻ってきました。自宅で過ごしたクリスマスとお正月、楽しかったなぁ。なにをするわけでもないんだけど、自宅で過ごすのは、気持ちが落ち着きました。

だから、在宅ケアにしようか?という話も持ち上がったのですが、諸事情により、やはりホスピスにお世話になったほうがいいのかな、というとりあえずの結論になっています。

いま、ホスピスの部屋で、ひとりでこれを書いています。やっぱりさびしいかな。

最近、すごく息切れがするようになって、今日測ったら、血中酸素濃度が70台になっていました。なので、常に酸素を吸うことになりました。といっても、一番小さい目盛の酸素で十分なので、たいした酸欠でもないのですが。

原因は、貧血と、もしかしたら、胸水が増えたせいかなぁ、といった感じです。まだなにも検査していないので、先生も憶測で物をいっています(笑)

いずれにしても、自宅にいたときは少し動くと息がきれたので、スポーツ用の酸素スプレーを口に当ててシューシューしていました。いまは、医療用の酸素で、快適です。ちょっと鼻の管がめんどいですけどね。

また今日から、単調なホスピスでの生活です。さっき、看護師さんに、「ディズニーの夢が叶ったから、次は、なにを目標にする?」ときかれました。

答えが出ませんでした。しばし考えて、「東方神起のライブ!」と答えたものの、2017年4月の話では、先すぎて、看護師さんも、「うーん・・・」て(笑)

なので、「満開の桜が見たい!」と言っておきました。それなら叶いそうだもんね。

大きなイベントでなくていい、小さな楽しみを、生活の中に見つけていこうね、って言われちゃいました(^^)

小さな楽しみといえば、一昨日、いきつけの美容院へ行って、髪を切りました。そのとき車椅子を押してくれた母も一緒だったわけですが、私のカットを待つ間、母も髪を切ろう、という話になりました。

ちょいと離れた席に案内されて髪を切る母の姿が、私の鏡に映り込んでいて、なんだか、子供の頃を思い出しました。よく憶えていないけど、一緒の美容室で一緒に髪を切っていたような。

なんだか、良い思い出ができたな、と思いました。母も私も、前髪ぱっつんになりました(笑) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございますo(^_^)o

本当はゆっくりとPCに向かって「あけおめ」記事を書きたいのですが、なかなかそうもいかないので、いま、お伝えしたい大切なことだけを先に書いちゃうことにします。

なんせ、昨夜、母の手料理のご馳走を、食べ過ぎないように気をつけながら食べたのにもかかわらず、夜中に腹痛がひどくて(T_T)オキノームを何度も飲み、今もまだ母も兄も寝てるし辺りは真っ暗なのに、痛みで目覚めてしまい、こうなったら初日の出でも見ようかと。。。いまいる部屋が東向きなのでね。

ん?「いま、お伝えしたい大切なこと」を全然書いてないじゃーん?

そうこうしてるうちに、東の空は白んで来たというか、朝焼け?みたいに明るくなってきた。でも、まだ日の出には遠いなー。

この隙に、書いてしまおう。

高い確率で、私にとって今年が、この世での最後の年になるかもしれない。

だけど。この世から姿が消えようと、命は消えない。はず。

仮にこの世での命が消えたように見えたって、誰かの心の中に、私は存在する、はず。

それが、母であったり、兄であったり、周囲の友人やお世話になった人であったり。

そして、「いま、お伝えしたい大切なこと」。私は、きっと、このブログを読んで下さる方の中にも、生きると思うんです。ご迷惑かもしれないけど?!;^_^A

だから、先にお礼を言っておきたいのです。私なんぞをあなたの心の中に置いて下さって、ありがとう。

もちろん、読んで下さっている方の中には、私を嫌いな方もいらっしゃると思うんです。そういう方は、私を早く忘れて下さい。心の中に生き続けてしまったら申し訳ないというか、失礼したくないので。。。


まだ先の話とはいえ、私の命は、どこへ行くのでしょうね?きっと、なんの苦しみも悩みもない場所に行って、幸せになる!←に一票!o(^_^)o

んで、みなさんの記憶の中に、ぽよよ〜んて、生きさせてもらう。

。。。しぬ暇、ありませんね(笑)

もう一つ、「いま、お伝えしたい大切なこと」があります。

今まで、支えて下さって、ありがとうございます。コメント等がなくとも、読んで「拍手」ボタンを押して下さるだけでも、十分に気持ちは受け取らせてもらってます。いや、アクセスして頂くだけで感謝です。本当に、ありがとうございます。


なんだか、すっかり目が覚めて、長い記事になってしまいました。

どうやら今年も、記事をコンパクトに纏める才能を私は与えられないようですσ(^_^;)

外は明るくなりましたが、太陽が見えません。今日の東京の日の出は、6:50だとか。まだ20分もある。。。寝ちゃいそうです。

と、うかうかウロウロしてる間に、初日の出が出ました♪ 初日の出を見たのは、初めてかもしれない。

というわけで、何やら元旦からダラダラと書いていますが。

新しい一年も、皆さんにとって良い年になりますように。

今年もどうぞ、よろしくお願いします。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

今さらながらのクリスマス。

24日と25日に外泊許可をもらって、自宅に帰っていました。

母と二人の、最初で、たぶん最後の、クリスマス。コンビニケーキも、買ってきましたよ(^^)
ケーキ
ちゃんと写真、撮りました。^^¥

部屋の明かりを消して、ローソクに火を灯したら、母がチキンを運びながら

「♪もーろーびとーこぞーりーて~」

と歌い出しました。(よく歌う人なのです)

つられて私も大きな声で、

「むかーえまーつれー♪」と歌いました。

そしたらもう、止まらない。ちょうどテーブルの脇に、ホスピスのクリスマス会で使った歌詞カードが置いてあったので、それを見ながら、「もろびとこぞりて」を大きな声で二人で歌いました。

こう、なんというか、荘厳な感じというか神聖な感じというか、そんな雰囲気はまるでなく、ただの酔っ払いがご機嫌で歌っているような?!ただただご機嫌で、笑いながら、ケーキの前で二人、ご機嫌で歌っていました。(お酒は入ってないですよ!)

続いて歌った「きよしこの夜」も、まぁ、元気いっぱいに、「きーぃよーしー、こーのよーるー」って、たのしく歌いました。

大笑いしながら歌う「きよしこの夜」も、なかなかオツなもんですね。

歌が終わったら、母は再び食卓の準備にとりかかり、私は足が浮腫んで動けないので、ベッドに戻って待っていました。

準備が全部できて、「ありがとー」と言いながら、ベッドの隣の食卓につきました。

チキンレッグ、美味しかったー。他にもお料理はありましたが、チキンが大きすぎて、私はチキンだけでギブアップ。幸せ。

そして、ケーキをいただきました。ミルフィーユのホールケーキ。

美味しかったです。甘さ控えめで・・・・。でもそれが母には気にいらないようで、「甘さが足りない!」と申しておりました^^;

ミルフィーユだから、中にはさくさくパイ生地が入っていたのですが、その1枚が、なんか、焦げてた?焼きすぎ?!って感じで・・・。「香ばしい」といえばそうなんですが、「焦げてる」といえばそうなような^^;

だけど、全般に、チキンも含めて美味しかったので、二重丸です。


楽しい時間は、あっという間に終わってしまうものですね。思い出話をしながらたくさん笑って、たくさん食べて、クリスマスもおしまい。翌25日もケーキの残りを食べましたがね。

そして、26日にはホスピスに戻ってきました。その晩はよかったんだけど、次の晩。すなわち、昨夜ですね。痛くて、寂しくて、ひとりで泣きわめいてしまいました。いま、部屋がナースステーションの近くなので、泣き声が外に聞こえてしまったようで、看護師さん達に心配をかけてしまいました。

明日、29日には、一時退院と称して、再び自宅に戻ります。一週間以上、家にいる予定です。楽しみです。自宅のほうが落ち着くもんね。

それに先立って、お風呂の椅子とか、トイレの手摺りとか、介護保険でいろいろ手配しました。つかまるところがないと立ち上がれなくなってしまったのでね。もう、この浮腫み、なんとかならないかな~。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

涙の再会。

3日前の話ですが、懐かしい友が訪ねてきてくれました。

彼女は、製薬企業に勤めていた頃の同僚。私が会社を辞めた後、会う事がありませんでした。おそらく10年間ほど、会っていなかったと思います。

同僚時代、彼女と私はとても仲がよく、会社帰りにしばしばお気に入りの居酒屋やイタリアンのお店で飲んでいました。話題は、当時、お互いに持っていた、同じような悩み事。お互いのことを沢山しゃべりながら、気持ちがわかるから一緒に泣いたり笑ったり。私は彼女が大好きでした。

なのに、なぜなのか未だにわからないのだけど、私が会社を辞めたときに、そのまま音信普通になってしまいました。メールも電話も、郵便はがきも、届きません。そのまま月日が過ぎて、「私は何かやってしまって、嫌われたんだな」と思うようになりました。

その気持ちは思い込みに変わり、このままもう二度と、大好きだった彼女と会う事はないのだろう、と思っていました。

が、今の時代。FaceBookで、「○○さんを知りませんか?」と、勝手に彼女の名前が出てきます。何度も出てくるけど、私は連絡をとる勇気が出ませんでした。だって、嫌われたんだもの。

でも・・・。数ヶ月間悩んで、やっぱり連絡をとってみよう!と、勇気を出しました!

「理由はわからないけど、私は嫌われてるのかもしれない。だからこのメッセージも迷惑かもしれない。だけど、私は○○ちゃんが大好きだったし、今も大好きです。それだけ伝えさせてください」みたいなメールを出しました。

そしたら、すぐにお返事がきました!それも、前と全くかわらない、彼女のままで。

「センパーイ!元気ですか?!ずっと連絡とれなくてごめんなさい。でもとっても嬉しいです!」と。明るい彼女のままで。

泣きましたね~。お返事もらえると思わなかったから。

あとできいたら、たまたま私が会社を辞めた直後に、諸事情で携帯を変えたので連絡がとれなくなったこと。マンションを購入して引っ越したこと。いろいろな状況が重なって、連絡がとれなくなってしまっただけで、私のことを嫌いになったとか、そんなことはこれっぽっちもなかった模様。

何度かメールをやりとりして、何かと多忙な彼女、しかもここから結構遠くに住んでいる彼女が会いに来てくれたのが、3日前でした。その姿を見たとき、私は、予想通り、泣いてしまいました。ほんっとに嬉しくて。10年近くの自分の中のわだかまりがとれたようで。

「センパイ、なんで泣くんですかー。私まで泣いちゃうじゃないですかー」と、彼女も泣いてしまいました。

二つ年下の彼女は私のことを、昔から「センパイ」と呼んでいたのですが、今もかわらず、うれしかった。

それからは積る話をたくさんして・・・・当時つとめていた会社が、今では他の外資に買収されたこと(これはニュースで知っていました)、当時私がお付き合いしていた男性がどこに勤めているだとか、結婚はしないのだとか、恋愛トークをメインに話に花が咲きました(*^^*)

FBを見る限り、彼女は精力的に海外旅行に行っているようだったので、きいてみました。たしか、以前は、海外にそんなに興味がなかったはずの、彼女。私と一緒に行ったタイ旅行が彼女にとって初めての海外でした。

「それが、センパイと一緒にタイとグァムに行ったでしょ?それで味を占めちゃってさ、アジアがすごく好きになっちゃったんですよ!だから、アジアばっかりせめてます(笑)」

たしかに、FBに上がっている写真は、カンボジアとかベトナムとかタイとか、マニアックな所ばかりで、アメリカやヨーロッパなどは全然ありません。

私と一緒に行った彼女の初めての海外旅行、過去記事に少し書いているので、よかったらこちらをどうぞ♪

たしか、当時の私が、アメリカとかヨーロッパとかの普通の旅行は嫌で、マニアックなところにいってみたい、ということでタイで象に乗るプランを選んだんだと思う。。

彼女は、とにかく象に乗るのが楽しみだったようで、旅行会社のカウンターで「えーっと、どのツアーでしたっけ・・・」とパンフレットをめくる私の隣で、カウンターの人に「象に乗るやつです!象!!」と言っていました。よほど象に乗りたかったのでしょう(笑)

無事に象に乗って、その他にも、水上市場をめぐったりする、当時としてはかなりマニアックなツアーでした。それに味を占めてしまったとかで、以降、彼女は一人でもアジアの国へ行ったりするようになったとか。

「センパイのおかげですよ、こんなに楽しいのは。センパイがあの時タイに連れて行ってくれてなかったら、私の人生、変わってたと思いますもん。」なんて言ってもらえて、とても嬉しかったなぁ。

今でこそ、タイで象に乗るツアーは定番ですが、彼女いわく、「今の象にも乗ったけど、できあがった道を歩くだけで全然面白くない」とのことでした。私たちが行ったのは、道のない森の中を木々をかき分けて進んで、そのあと川に入って象で川を渡ったんだもんね。象に乗ってるのに、私らの足が水面に付くくらい深い河。

思い出話は尽きることなく、あっという間に数時間がたちました。正直、今の私はお見舞いに来て頂くと2~3時間が限度で、それより長いと疲れてしまうのですが、楽しい時間は、いいよね。

帰り際、思わず、私からハグしました。また会おうね、また来るね、と言ってはいるものの、実際遠いし、会えるかどうか確証はないですもん。

しばらくハグして、うるうるして、「じゃ、またね、絶対だよ!」と言ったら、今度は彼女のほうからハグしてくれて、長いこと別れを惜しんでいました。

とってもとっても、嬉しい再会でした。私は嫌われていなかったとわかったし、彼女が彼女のまま、元気ですごしていることがわかったし。

こうして考えてみると・・・・古い友人から新しい友人まで、私、恵まれてるな、って思いました。

今日は、新しいほうの友人がお見舞いに来てくれました。これもとっても嬉しいこと。

きっと、私がわがままでダメダメ人間だからこそ、神様が不憫に思って、良い人を回りにおいてくれたんだろうな^^; そんな大事な友人たちを、大切にしていきたいな、と思いました。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。