スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

祝・出血。

いろんなとこから血が出るのですが。

と書くと、なんだか体調悪い?!と誤解されちゃいますかね?全然、普通に元気です。そこんとこ踏まえていただいた上で(^^)

まずは、口。歯磨きすると血まみれになるのは、もうずっと前から続いていて、痛くもないし、歯科の先生も「歯槽膿漏ではないよ」と言ってたから、ただの粘膜障害?だと思っています。ぶくぶくうがいをして、ペッと吐き出すと、まぁ、真っ赤(笑)

そして、鼻。まとまった鼻血は出ませんが、たまーに、鼻をかむと血が付いてきます。慢性鼻炎気味なので、鼻をかむ回数がちょっと多めなのです。

口と鼻からの出血はこんな感じで慣れっこなのですが、ここしばらく、どうやら便にも血が混じっているような。観察すると(何を?!)、毎度、赤い筋が走っているんです(何に?!)。織り込まれているというか。(もういい?!)

これって、血なのかなぁ。血だとして、表面についてるわけじゃないので、痔ではなさそう。痔主じゃないしな・・・。お腹のグリグリがもはや激痛になってきたので、もしや、腸で出血している?!と、かなり恐怖を感じたりもするので、次の診察でしっかり訴えてきます。(でもなぜか痛みは昨日からひいている・・・。でも赤いのはなんだろう?トマト食べた次の日の赤さとは違うし・・・でも血だったら、もっと症状が出るだろうから違うよな・・・)

ここまで前置きでした。長すぎ、自分^^;

さて、タイトルに「祝」とつけた、出血ですが。

女のコの出血です!(^^)/ 46歳、再び、女のコ(笑)

まじめに書きます、すみません。

癌の卵巣転移のため、両側卵巣を摘出済みのため、生理は止まってしまっています。それとともに訪れた更年期症状のひとつ、ホットフラッシュが、抗がん剤(エルプラット)の点滴中に異様に辛すぎたため、ホトフラをなくすべく、エストラーナテープでホルモンを補っています。(詳しくは、「婦人科系」カテをどうぞ♪)

今はエルプラットを抜いているので、そんなにつらくないのですが、なんとなく、エストラーナは続けています。

その結果、子宮内膜が少しずつ肥厚してきまして。この肥厚が十分な厚さになったら剥がれ落ちて体外に排出される、それが、女性の生理の仕組みですよね。

卵巣がないからこの自然現象が起きなくて、私の子宮にはどんどん内膜がたまっていました。前々回の婦人科受診の際、「GW頃に出血があるだろう」と言われ、出血が起きれば、子宮内膜も排出されるから、それを待っていました。

(ちなみに、異形成は認められません。なので、癌化する心配は、私の場合はありません。という認識であってますか?)

GWを過ぎて1ヶ月・・・全然、生理がきません。

でも、今日、やっと、出血がありましたヽ(^o^)丿 オンナノコ!!!!

久しぶりだったので、あの血を見たら最初ビックリしましたが、あ、生理って、こんなだったっけ、と解決(笑)

とりあえず、無事に出血したので、今度は、これが止まるかが問題になってきます。普通の生理のように、1週間程度で出血が止まれば問題なし。でも、8日目で止血の様子がなかったら、「ソフィアA」という錠剤を服用します。

ソフィアAとは、卵胞・黄体ホルモン合剤です。普段使っているエストラーナが卵胞ホルモン(エストロゲン)なので、それとの兼ね合いで、生理現象を人工的に作りだすわけです。(ソフィアA錠の適応は、この限りではありません。私みたいなケースではこういう用い方をします)

このソフィアA錠を前回の婦人科受診のときに処方してもらったのですが、飲むタイミングが複雑なため、先生に「ちゃんと飲めるかなー。心配だなー。ちゃんと飲めるなら今日薬出してもいいけど、飲み間違えるのが心配だから、出血が始まったら来てもらおうかなー」と、とっても心配されました。

私も不安だったけど、そのためだけに通院するのも面倒なので、服用のタイミングをよーく聴いて、紙にも書いてもらって、そして処方してもらいました。

その復習。

①出血が始まったら、エストラーナを止める。
②1週間で止血したら、ソフィアAは服用せず、エストラーナを再開。(数ヶ月後に①に戻る。)
③8日たっても止血しなかったら、ソフィアAを服用開始(10日間服用)。その間、エストラーナは中止。
④ソフィアA終了後、1~3日で出血再開。その出血が1週間続いたら、止血するので、止血確認後、エストラーナ再開。(数ヶ月後、①に戻る)

まとめてみましたが、文章ではわかりづらいかなぁ。

まとめてみて気が付きましたが、④で、また止血しなかったら、どうなるんだろ?こんど聞いてきたいと思います。

この服用方法、気になったので前回の使用時と比べてみましたが、使い方が違う・・・。前回(昨年9月)は、子宮内膜が異常に肥厚しても出血しなかったため、ソフィアAでむりくり生理を引き起こしてる。今回は、そろそろ出血するかもってことで、止血しなかった時のためにソフィアAを処方されました。内膜の厚さは、前回ほど厚くはなっていません。

ソフィアAって、本来は生理不順を治したり、月経の時期を調節するための薬らしいのですが、薬理作用がいまいち理解できません。先生に質問してみたいけど、癌の治療に関係ないことを訊くのは迷惑かなぁ。と思うので気が向いたら自分で調べようっと。

この(私にとっては)複雑な薬の飲み方を図示しながら、考えていました。

今はまだ若くて思考も正常だから自分ひとりで管理できるけど、年を取ったら、どうなるのかな、って。一人きりの闘病って、大変だろうな、って。

それを思うと、あまり長生きしたくないな、というのも本心です。

しかしまぁ、毎度思うのですが、生理の話だの便に血が?!の話だの、病気でなかったら決して人前でしたくない話ばかりですね。病気になったら、そんなの気にせず言えちゃいますが。このブログ、男性の方も結構読んでくださっているのもあり、よくよく考えると恥ずかしいのですが、そんなこと言ってる場合じゃないですね。ぬるーくお付き合いいただければ嬉しいです(^^)

46歳でオンナノコとか言ってるのもぬるく見守ってくださいまし。
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ホットフラッシュ、再び。

ホットフラッシュが再開しています。更年期障害のアレと同じ、ホットフラッシュです。

ここまでの経緯をかいつまんで書くと、

卵巣を摘出した → 生理が止まって更年期障害状態になった → 症状緩和のためにホルモン補充した → 子宮内膜が肥厚した → ホルモン補充を止めた。

でして、現在はホルモン療法(エストラーナテープ)を中止したままになっています。(くわし~い経緯は、カテゴリ「婦人科系」に書いています。めんどくさい場合は ここ をどうぞ♪)

エストラーナテープを止めたらホットフラッシュが再開するだろうと婦人科の主治医から言われていたので、想定内なんですが。症状があまりにも辛かったらエストラーナを再開するよう、薬はもらってあるのですが、なんとか自然な形で治ってほしいと思い、まだまだ我慢しています。

というか、“我慢”が必要なほど辛い症状ではないのです。自然な閉経に伴うホットフラッシュなら、半年くらいで消えるという話をきいたのですが、違うかな?

いずれにしても、ホットフラッシュは始まっていまして、突然ボワっと熱くなったと思ったらジワジワジワ~と頭から汗をかきます。上半身は汗がタラタラ。そして、数分すると消えます。

今日なんかは、急に寒くなりましたよね。なのに私は扇風機を回している始末。事情を知らない同僚は、「あれ?扇風機がついてる!誰がつけたの?」と言って消してしまった(笑)。消さないで~。汗だくなのよ。

で、ホトフラが収まると、急にぶるぶる寒くなる。扇風機がついていなくてよかった~、と思う。

夏場の暑さの中でのほうが、ホットフラッシュって楽だな、と感じました。周りの空気が熱いから、ホトフラの熱さとの温度差が少ないってこと?よくわからん。

ただ、ホトフラが出ると、私は自室にいれば上半身全部脱ぐくらいの勢いで暑くなります。真冬でもそうでした。だから、外出先でとなると、もー、汗びっしょりです。顔には汗があまり出ないので、辛うじてバレずにいる感じ。

この症状をこれからどう扱っていくか、子宮の状態とも相談しながら、うまく乗り切りたいものです。

面白いのが、ホットフラッシュの現れ方が、以前とは変わったこと。前は、一定間隔で、どこにいても何をしていても、安静にしていても「ボワっ」と来ていたのですが、今は、姿勢を変えたタイミングや、ちょっと緊張したときに「ボワっ」となります。緊張というのは、たとえば、仕事中にお客さんから急に話しかけられたときとか、友達と喋っていて予想しない答えが返ってきたときとか、テレビを見ていて残酷なシーンが急に映ったりしたときとかです。

だから、反対に、落ち着いてノンビリしている時には出ません。

タイミングが計れるようになったのは、ラッキーかな^^

明日は、初対面の人と一緒に映画を観に行く予定です。たぶん私、緊張しっぱなしだろうな。ずっとボワボワしていそう・・・。リラックスして楽しんで来よう。


・・・と、自分で書いてて思いました。初対面の人と映画って、なんだか、お見合いデートみたいですね(//▽//)

残念ながら、相手は女性です。(独身の私は、いくつになってもドキドキがとまりません。) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

婦人科は痛いんです。

前回、子宮内膜の話を書いたので、ついでに婦人科での診察のことを少々。

まぁ、女性で婦人科の内診を受けた方ならば、あの独特な空間はご存知ですよね。私の場合は、もういい年だし、慣れたし、強い抵抗感もなく内診台に乗っかってしまうのですが(^^;)うぃーんて上がるあの椅子がちょっとだけ楽しかったりして、不謹慎です。

でも若い頃は、いやでしたよ~。普通に、嫌でした。でも、女って強いですよね。赤ちゃんのため。自分の体のため。あの恥を乗り越えられるんだから。

まぁ、今でももちろん、イヤはイヤなんですがね。そうも言ってられないっしょ。

で、がん研で診てくださっている、主治医の先生は。子宮がんや卵巣がんの治療では有名な先生です。顧問という肩書になった今でも全国から患者さんが集まるようです。私はたまたまこの先生に診ていただいたので、そのまま主治医になりましたが、ラッキーでした。人間的にも信頼できる方です。

この先生が内診をしてくれるのですがね。痛いんです。もう、痛いんですTT

子宮と腸の癒着箇所をグリグリしながら、「これなんだよねー」と・・・ぐりぐり、痛いんですTT せんせい、そっちは、おしりです。「ごめんねー。痛いよねー。」ぐりぐり。痛いTT

こないだは、子宮内膜を掻爬して細胞診に回したのですが、この掻爬がなんともいえない感覚で、私は大嫌いです。なのに先生ってば、「ひっかくからね~」「・・・ハイ」グリグリグリ・・・「・・・(涙目)痛いです」「そー?ごめんねー。いたいよねー。」ぐりぐりぐり。「・・・(涙目)」

容赦ないです。だから、私は「いたーい」「いたーい」と、聞こえないくらいの小声でつぶやいています。そうすると気が紛れるんですもん。

内診が終わると、息があがっています。看護師さんに「大丈夫?疲れたよね?」と訊かれて、「ハイ、つかれました」と言うけれど、毎度のことだからみんな笑顔です^^;

思うんですけど、あれを、痛いからといってそ~っとやられたら、もっと苦痛だと思うんですよね。だから、ちゃっちゃとやってくれて、助かります。(痛いけどさ。← )


そして、内診台には出血の跡が残ります。はぁ。。。赤ちゃんを産んだ人って、すごいな、と毎度思います。


なんだかまとまらない文章ですね。

ちなみに、この時の細胞診の結果は、次のATCの日に一緒に聞いてきます。細胞診の結果が「異型あり」となったら、子宮体癌の前がん病変ということになるのでしょうが、大丈夫でしょう。全然心配していません。

だってね。子宮の外側にはもう腫瘍があるし。横隔膜とか肝臓の外側とかいろんな所にちっちゃな腫瘍がたくさんあるし。ついでに子宮筋腫ももともとあるし。いまさら前がん病変が見つかったところで、何が変わるっていうんだろう。

のんびりボチボチと、今の治療法で、がんと付き合っていければいいと思っています。そのためには、昨日撮ったCTの結果が良いことを願います。効果測定のCTなのでね。

ま、全然悪くなってなさそうなんで、心配していません^^


今日は、新しいスカルプシャンプーを買ってきました。新発売の「NA by ヌーディオーラ」です。サンプルを使ってみたら、ハッカが入っていてスーっとして気持ちよかったんです。もう夏も終わりだけど、まだまだ汗をかくので、頭からさっぱりしたい時にオススメですよ♪ お風呂が楽しみです。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

子宮内膜の肥厚の対策。

最近、ブログへのアクセスが増えてきました。嬉しいです。ありがとうございます。

どんなキーワードで検索されているのか、たまーに見てみるのですが、ほとんどが抗がん剤の薬名や病名、病院名です。そして、時々まぎれる東方神起(笑)。今まででビックリした検索ワードが、「末期がんだけど生きがいは東方神起」。私みたいな方がいらっしゃるんでしょうか。とっても嬉しかったです。

前置きが長くなりましたが、今日は、婦人科でもらっているエストラーナテープ関連のことを書きますね。「エストラーナ」もしばしば検索されているようですので、少しでも情報提供になればと思います。

以前にも書いていますが、私は去年の12月に、卵巣がんの疑いで、両卵巣を摘出しました。その結果、更年期症状(卵巣欠損症状)のホットフラッシュが出始めました。ホトフラ自体はさほど辛くないのですが、抗がん剤治療に当たり、抗がん剤の副作用(血管痛など)と重なると非常につらかったため、対策としてエストラーナテープで卵胞ホルモンを補充し、更年期症状を抑えてきました。

ちなみに、後に卵巣がんではなくS状結腸癌の卵巣転移であることがわかり、子宮外側にも腫瘍があるのですが、腹膜播種ということで全摘の対象とならず、卵巣のみの摘出になりました。なので子宮は残っています。

で、エストラーナによって女性ホルモンを供給していたので、普通に閉経前の体と同じ状態で、かつ月経がない!という天国のような状態だったのですが。

やはり、人工的なものはすべてを解決はしない。ここへきて、私の子宮内膜が、どーしようもないくらいに厚くなってしまいました。エコーで見ると、確かに、子宮の半分くらいある?!婦人科の主治医も、「これは、厚いなー」とびっくり。

普通なら、厚くなった子宮内膜は周期的に剥がれ落ちて、経血とともに排出されます(月経)が、私は排卵がないから、この剥がれ落ちる生理現象が起きないのです。だから、黄体ホルモンを外から補って、月経を起こすことになりました。

先月22日に婦人科を受診した際にこの対策方法が決定され、それからエストラーナを止めて、ソフィアA錠(卵胞・黄体ホルモン配合剤)を服用していました。1週間の服用後、生理が来るはずだ、と言われていました。

が。

待てど暮らせど、来ませんでした。

女性の生理現象だから・・・。恋愛みたいにときめけば、生理、くる?とか思った私は、バカみたいに東方神起を見て一生懸命ときめいたりしたのですが。(なんか、変な意味にとらないでくださいね!)

もちろんそんなんで生理が来るわけもなく(苦笑)


忘れかけていたら、さっき、生理が来ました(*^0^*)これは、お赤飯ものだ!

とりあえず、一安心です。子宮内膜がたくさん剥がれるから、ビックリするような量の経血が出ると言われています。ちょっとドキドキですが、これで少し体調が楽になるのなら、嬉しい限りです。(ちょっと最近、下腹部が痛かったりだるかったりしてたもので)

生理のことをこんなに詳しく書くなんて、病人ならではですね。健康だったら、女性としては恥ずかしい話題です。


今日から9月ですね。早いもので、再発が判明してから10ヶ月がたとうとしています。10ヶ月前の私は、よく泣いていました。死んでしまうんだ、どうしよう、とか。抗がん剤なんて耐えられない、どうしよう、とか。不安だらけで、病気が怖くて、「自殺したい」とまで考えました。

あんなにメソメソしていたのに、今は結構笑っている時間も多いです。人間て、案外強いものですね。耐えられない苦しみなんて、与えられないんだ。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

生理の、その後。

今月の初めに、生理がきてたと記事に書きましたが、その後。です。
過去記事は、ここ

エストラーナテープのおかげで生理がきているということは。エストロゲンを減らせば、生理も止まる?と考え、エストラーナの貼り替えを1日遅れにしてみました。毎回ではなく、時々ですね。

その結果かどうかは判りませんが、生理が止まりました(^^)1週間くらいで止まったと思います。

よかった。でも、その分、子宮内膜は肥厚し続けてるのかな?

次の婦人科の受診は来月末ですが、そのとききちんと話をきいてこよう。


きょうは、参院選の期日前投票に行ってきました。投票日が、XELOXの副作用が一番つらい日に当たりそうなので。

そういえば・・・前は「不在者投票」といっていたと思いますが、いつから「期日前投票」にかわったんだろ??都合で投票所に行けないけど選挙区内には いるよ!って人に配慮した???? にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

生理がきてる。

卵巣を摘出済みなので、もう生理はないのかと思ったのに。

いま、生理中です(--;)正確には生理ではないのですが、同じ現象が起こってます。

どういう事態かといいますと。


卵巣を摘出した → 卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌しなくなった → 更年期症状(ホットフラッシュ)が出る → 辛いので、エストラーナテープを使用(エストロゲン補充) → 更年期症状が止まる

ここまでは、OKでした。

が、卵巣がないわけなので、排卵もなく、当然、黄体ホルモン(プロゲステロン)も分泌されないのですね。すると、人為的に補充していた卵胞ホルモンによって厚くなっていた子宮内膜が、剥がれ落ちるタイミングをなくすわけ。(正常に排卵があれば、排卵期に分泌される黄体ホルモンによって、子宮は着床準備を止め、ちゃんと剥がれ落ちる。剥がれきったら、生理終了。これが生理現象。)

私は当然排卵がないので、子宮内膜がどんどん厚くなる一方らしいです。こないだ内診をしてもらった時に、「子宮内膜がかなり厚くなってるから、黄体ホルモンを投与して、物理的に生理を起こしてしまおう」という話になりました。が、黄体ホルモンは次回以降に持ち越しになったので、今は、肥厚した内膜がだらだらと剥がれ落ち続けている状態、つまり、だらだらと少量の生理が続いてるような状態です。

人間の体は、よくできてますね。

あ、私は、子宮は残ってるんです。開腹したときに、子宮の裏側にも転移が確認されたらしいのですが、まぁ、他にも腹膜に複数転移が確認されたんで、とりあえず卵巣のみの摘出で閉腹したのです。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

エストラーナテープ。

婦人科で女性ホルモンを出す薬(エストラーナテープ)をいただいてから、お腹にチョコンと貼り付けてます。

飲み薬より全然らくちんです。お風呂に入っても剥がれないし。目立たないし。貼っていることを忘れて、ボディクリームを上から塗っちゃっても平気だし。

それにそれに、やっぱりホットフラッシュがないのは、らく!!!

エストラーナテープは、2日に一度貼り替えるらしいですが、私は医師の指導で、3日に一度です。それで十分に効果があるからって。薬代を安く抑えたほうがいいでしょ、って。(ちなみに、3日に一度の貼り替えだと、1ヶ月の薬代は約500円の自己負担です)


貼り替えを忘れそうなので、個包装に貼り替え日を記入して、洗面所に置いてます。

とても気に入ってるのですが、やはり気になるのが副作用。

心配なのは、乳がんのリスクが高まることです。こないだ、区の無料健診で、マンモグラフィで再検査になってしまったのです。がん研で次のCTを撮るときについでに診てもらうつもりです。

いまさら。。。乳がんになったところで、今さら、ですが。

自分が癌でなかったら、やっぱりホルモン剤には慎重になると思います。

薬って、いろんな症状を治してくれるお役立ち品ですが、やっぱり、人間が本来自然に持っているものではないのだから、実は私は苦手です。

自然に逆らうと、痛い目にあうよ。

さんざん薬に助けられてるのにね。人工的な化学物質に拒否反応をもつ、不心得な患者です。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。