スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

嬉しいセクハラ?

不謹慎なタイトルかもしれませんが、ちょっと嬉しかったことです。

こないだ、お店のレジに立っていたら、おじさんがタバコを買いに来ました。コンビニ形式でタバコを売っています。

おじさん、「ケント・ワンちょうだい。」

「はい。ショートのほうで宜しいですか?」

「うん。」

「410円でーす(ニコッ)」

「・・・おねえさん、そんな笑顔みせられたら、おじさん、鼻の下が長くなっちゃうよぉ。だから、ケント・ワン ロングのほうね!」

「あ、ロングですね。はい、どーぞ(ニコッ)」

「・・・美人さんだねー。そんなふうに笑いかけられたら、男は勘違いしちゃうよ!」

私は、こんな年になってから美人さんだなんて言われ慣れてないので、嬉しくなりました(笑)

さらにおじさんは、「おねえさん、独身?」と訊いてきた。

まさか、46歳で、「独身?」と訊かれるとは。。。私、いくつに見えてる?!独身?って訊かれる年齢か?!w

ちょっと嬉しかったです。(嬉しかったのね。)感じの悪いおじさんではなかったのも幸いしました。

その時の私の姿。マスクをしていたので、ほうれい線も、たるんだフェイスラインも見えず。たるんだ目元はお化粧で隠し、目はアイライナーとマスカラで大きくなっていますw

マスクをとったら、きっとあのおじさんは私だとわかるまい。「こんなオバサンじゃねーよ」的な?マスク姿の女の子は可愛く見える、と、テレビでも言っていました。(女の子じゃないけど)

目が大きいというだけで美人と勘違いされることが、昔から多かったです。若いころ、一人でバーに遊びに行ったら、ホステスの面接に来たと間違えられたり。

男受けする顔だと言われたこともあります。母親から(←)。だから男運が悪いんじゃないの?と。母親から(←←)。

というわけで、私は美人ではありません。でも笑うとたまーに可愛い顔になるようです。

オバサンでも女には変わりないので、やはり、綺麗になれるなら、なりたいものです。なので、たとえセクハラでも、「美人」だと言われると、にんまりします。(← これが、オバサンの証?)

このブログを書き始めた頃に、「陶器肌を目指したい」と書いたことがあります。現在、陶器肌は程遠いものの、当時に比べたらずいぶんマシな肌になりました。といっても、まだまだ綺麗な肌とは言い難いけど、最初が酷過ぎたので。

高い化粧品は使えないから、安物ばかりですが、お店で余ったテスターなどを惜しみなくたっぷり使うようにしたら、どんどん改善されました。高級品をちびちび使っていた頃より、全然マシです。

あと、やっぱり玄米にしてるとか糖質考えてるとか肉食べないとか、そういう食生活もおかげもあるのかなぁ。

まとまらない話でした。こんな私が、もすこししたら、某所で顔出しするかもしれません。詳細はまだ答えられませんが、その時はお知らせするので、私の顔にマジックでヒゲでも書いて遊んでみてください。
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

注目する理由。

ブログ村の病気カテに参加していて、気が付いたことですが。

ブロガーさんの病状が悪化したり・・・旅立ったり・・・しますよね。闘病ブログですもん、誰かしら、体調が悪くなられます。

そうすると、注目度が上がるってこと、多いですよね。

特に、旅立ったとき。ブログ村の狭い世界に限らず、世間一般でも、「死」には注目が集まります。

芸能人が亡くなった時などは、その傾向が顕著ですよね。ふだんは話題に上らなかった人でも、亡くなると、トップニュースになり、数日間はその話題でワイドショーもスポーツ紙も賑わう。

そして、たいていの場合は、故人がたとえ嫌われキャラだったとしても、美談が語られ、じつはこんなに素晴らしい人だった、的な、「美化」がなされます。

これって・・・・。以前は、「うすっぺらい傾向だな~」と思っていました。そんなに、人の死がおもしろいか?そんなに、人の死をネタにしたいか?人の不幸がそんなに楽しいか?

でも、ごく最近、考えが変わってきた部分があります。

自分が病気になって、死を自分のものとして意識したせいもあるし、同じく闘病している人が何人か旅立って、そのたびに自分でもいろいろな感慨にひたったせいもある。

いま、感じるのは、「死んだ人に目が向くのは、故人が“死”という大きな仕事を成し遂げたからではないか?」ということです。

(もちろん「人の不幸をのぞきたい」という心理も働いているだろうけど、それだけではないのだと思いたいんです。)

たとえば、初めて宇宙に行った日本人に対して、マスコミも世間も興味津々でしたよね。「宇宙に行く」なんて、そんじょそこらの努力ではできない事です。その努力を積んで、認められて、実力と、時として運も備えた素晴らしい人だけが、その偉業を成し遂げる。だからその素晴らしさに興味がわいて、だれもが偉業を称える。

それと同じ。

「死」って、100%の確率で誰もが体験することです。なのに、「いま生きている人」で、死を体験した人って、いないんですよね。

誰一人として、その真実を知らない。経験していないから。

そんなレアな「仕事」なんだと思います。生きた以上は、必ず行わないといけない仕事。

誰も知らない経験をした、というその事は、人の目を集めるのに十分です。だから、世間の目は、「死」を果たした人に向くのかな、なんて思います。

ましてや多くの人が恐れの対象としている事です。それを、果たした人。ある意味の羨望と尊敬と畏怖の念があると思っています。

(もちろん自殺は別ですよ。あと、人を殺して自分も死んじゃう奴とか。そういうのは論外です。)


だから、故人の美化についても、美化されてもいいのかな、と思うようになりました。大きな仕事を達成したのだから。美化されるべくして、されているのかな、って。美化というか、美しく語られる、と言うのが正解でしょうか。

願わくば、誰にでも、その「仕事」を達成するまでに沢山の時間があってほしい。できるだけ先延ばしにしてほしい。

でも、どうにも時間がなくなってしまったなら。そのときは、見事に達成したい。そんなふうに思います。

まだまだ先の話ですが、そんなことを考えていました。

ブログ村で注目度が高くなるのは、興味本位だけではなくて、「がんばれ」の気持ちもあると思います。でも、興味本位もあると思います。

ただし、その「興味本位」は、決して、ただ面白がる意味の興味本位だけでは、ない。本能で「死」を恐れ敬うその気持ちの現れとしての興味もあるのだろうと、私は思っています。

誰でも通る道なのに、誰も知らない。そんな道を、通ろうとする、あるいは通って完成させた、勇姿が、注目を集めるのは当然だと思うのです。

だからといって、遺された人の悲しみが減るものではないけれど・・・。

そして、必要以上に「死」を美化するのは危険だけれど。


重たい事を考えてばかりいるのも大変なので、ちょっと今から、東方神起でも聴こうと思います(*^^*)新曲のクリスマスソングがとても暖かくて、つい聴き入ってしまいます。Aメロの不安げな旋律がたまりません。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

またひとつ。

またひとつ、同志の命が、天に昇りました。

見知らぬ方でも、期を同じくして、同じ病気と闘っている方は、仲間だと感じます。そして、同じ志を持っていると思っています。

そんな命が、この世から消えた瞬間、自分は何をしていたのだろう。おそらく、幸せな気分で笑っていた。

何も知らずに。

そのことが、時に私に罪の意識を植え付けます。なぜ、私は、笑っていられたのか、と。

けれど。そうではないんだ、きっと。与えられた命の与えられたその瞬間に、個々にとって最善のことをしているはずだから。

別々の空間で、互いに知らずに、私に与えられた楽しい時間と、別の人に与えられた苦しい時間が重なっていても、それは罪ではないんだ。

天に昇った命の持ち主は、きっと、他の人の幸せを望んでいると思う。

命が、天に昇っても、そこでまた新たな時間を紡いでいくと私は思っています。なんの苦痛もない、悩みもない、素敵な場所で。

だれでもいつかは、そこに行くから。今は、遺されたご遺族の上に、平安がありますように。


私も日々、与えられた時間を、楽しく、がんばります!!! にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ファンミ、行ってきました。

昨日、東方神起のファンクラブイベントに行ってきました。いわゆる「ファンミ」というやつですね。

さいたまスーパーアリーナでした。アリーナモードだったので、収容人数18000人くらい?ドームや日産スタジアムに慣れていたので、この18000人の狭さは、ちょっと感動でした。

←こっちがユノさん。  こっちがチャンミンさん→

ファンクラブ会員しか参加できないイベントです。身分証明書を見せて入場します。私はマスクをしていたのですが、「顔を確認するのでマスクをとってください」と言われました。けっこう、きびしい。

このイベント、関東開催は4回で、私は2回分申し込んだけど、1回分しか当たりませんでした。

行く前に職場の人に「ファンミーティングに行くの♪」と話したら、「いまのアイドルはファン同士でミーティングするの~?」と目を丸くされました。私より少し年上なだけの方ですが。芸能人に全く興味のない方の反応って、こうなんですねφ(..)メモメモ

で、詳しいレポはしませんが、2時間ちょい、東方神起とファンとで笑って、楽しかったです。両隣の席もおひとりさまだったので、最後のほうは3人一緒に絶叫していました。「ゆの~」「ゆの~」「ゆの~」って、いったい何回「ゆの」の単語を発したことでしょう。(全員、ユノファンだったの)

花道を歩いてくるユノさんに向かって、「こっち、こっち!!」「そこで止まらないでよ~!!」「早く歩いてきてよ~!」「そっち向かないでよ~!」と、私はオバサン丸出しでやんや言っていました。周りも同じ感じで、なんなんでしょう、あの楽しいノリは(*^0^*)

思ったけど、あれを低音で抑揚をつけて言うと、ホントにやかましくて図々しいオバサンになるんだなぁ。(もう既にオバサンで構わないんですが、一応ね・・・)気を付けよう。

で、せっかく花道近くの席だったのに、残った記憶はユノさんではなく、ほとんどがチャンミンさんのほうでした(T▽T)

チャンミンさん、なんでアナタは、そんなにたくさん、こっちにばかり来てくれるんですか?

アナタが来てくれるのは嬉しいのですが、そうすると、ユノさんが来てくれないのですよ(T▽T)

チャンミンさん、ほんとにお顔がちっちゃくて、お肌がきれいで、お目目がくりくりで、髪がサラフワで、顔に光る汗のしずくまで美しくて、とても芸術的なのですが、やっぱり、ユノさんをこの距離で見たいのですよ(T▽T)

最後に一度だけ、ユノさんが来てくれましたが・・・その時は場内大盛り上がりで、みんな立ち上っていたので、あまりよく見えなかった(T▽T)

あぁ、あのチャンミンさんと同じくらいに、ユノさんが見えていたら・・・・・・・・(チャンミンファンの方がいたらごめんなさい)

でも、チャンミンさんをゆっくり長く肉眼で見れたのは初めてかもしれない。ユノさんを初めて肉眼で吹き出物が見える距離で拝んだときの感動には全然及ばないのですが、チャンミンさんも美しかった。

お隣席のおねいさんが「チャンミン、きれい」を連発していたのが印象深いです。

ユノさんのお料理ボケも堪能し、ユノさんのアンパンマンリュックも堪能し、チャンミンさんの「鹿のコスプレをした犬」も堪能し、笑いっぱなしでした。(「鹿のコスプレをした犬」の持ち主さんは座席が近かったので、どこで購入したのか是非おききしたかった・・・)

すみません、この辺の内容は、東方神起ファンの方にしかわからなかったですね。

2時間ちょっとのイベントも終わり、たくさん笑った割に、帰り道、一人になってから、なにかが足りなかった。

それはですね・・・ユノさんのドヤ顔がなかった!!!!(T^T)
b0169089_8514158.jpg
こんなのや、

yunodoya3.jpg
こんなのや、

yunodoya4.jpg
こんな、なぜか怒られてるのや、

yunodoya7.jpg
ついでにこんなエロユノさんも、昨日はいなかった(T^T)

終始、
yunopoya1.jpg
こーんなかわいくて、

yunopoya2.jpg
こーんなおちゃめさんでいらっしゃいました。(もちろん昨日の写真じゃないです)

それも好きなんですけどね~。やっぱ、私は、ダンスを決めてドヤドヤしているユノさんが一番好きです。だからライブが好き。
yuno9.jpg

それにしても昨日、あらためて思ったんですが、どうしてあのお二人は、あんなにスタイルがよろしいのでしょうか?ステージ上の2人(主にユノさん)の顎のラインとか観察しながら、まじまじと考えました。

顔、ちっちゃすぎるでしょう。チャンミンさんでの観察になりますが、チャンミンさんの後ろにいたファンの女性たちよりも、手前にいたチャンミンさんのほうが、顔が小さかった。遠近法、おかしくないですか?チャンミンさん、私と比べたら顔、半分しかないんじゃないでしょうか(T^T)

そして、そのチャンミンさんいわく「ユノのほうが顔が小さい」。ユノさん、私の3分の1くらいでしょうか(T^T)

そして、あの二人の身長は(公称)184㎝と、186㎝。さらにあの足の長さ。もはや、犯罪。
yunozensin.jpg
8等身以上?!

チャンミンさんと身長を合わせるため、時々靴に詰め物すると公言しているユノさん。184㎝にして、靴に詰め物って。過酷な人生でいらっしゃいます。

それでいて、ダンスがめちゃくちゃうまい(T^T)(ユノさんのブレないダンスを是非見てほしい)しゃべりがめちゃくちゃ面白い(T^T)歌も、もちろん歌えます。

モデル体型なのにモデルと違うところは、本人達の陽のオーラが強すぎて、服などの商品の良さを隠してしまうからだとまで分析されたりしています。

yuno8.jpg
(画像粗くてすみません。)同じ人間とは思えない。。。

もうひとつだけ、語らせて下さい。私が唯一の東方神起の欠点だと思っているユノさんの「バラード」のこと。

昨日、ユノさんのバラード(「つながれた舟」ですね)の時、サビの部分で。ステージ前の半径5メートルくらいにいるファンのペンライトの動きが、ピタッと止まっているのを、見ました。

あの距離で、あの熱唱で、おそらく、固まったのだろう・・・・と思います。モニター越しに見ていた私でさえ、ペンライトを振るのを忘れましたから。

そのぐらい、素晴らしかった。手放しでほめるほど歌唱技術はうまくない。声質もクセがある。でも、あの表情と、内側から湧き出る何かが、あるんですね。(そうとしか言えない)

曲も、ユノさんの声域に合っていたと思います。低音担当だったユノさんが、2人になってからはチャンミンのハイトーンボイスに合わせて高音を歌っているから、ちょっとそこは無念なんです、個人的に。だから昨日の中低音のバラードは、好きでした。

最後に。新曲の「Very Merry Christmas」。ききながら、今年のクリスマスはまた一人ぼっちだろう、と。そして「あと何回、クリスマスを迎えるのかな?」と思いました。

回数が限られていると思うと、一人でさびしいなんて悩みはたいした事じゃないな、なんて思いました。

ありがとう、東方神起。

(また長い記事になってしまいました。読んでくださった方、お礼申し上げます。ありがとうございました!!!そして、おつかれさまでしたm(__)m)
画像は全てお借りしています。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

高額療養費の事を、一応。

治療をしている皆さんはすでにご存じの方も多いと思いますが、高額療養費のお話です。(いまさら?)

えっと、簡単に言うと、「ひと月にかかった医療費が一定額を超えたら、お金を戻してあげるよ!」という、ありがたい制度です。(国民皆保険制度、ばんざーい!!)

簡単に言いすぎ?

年齢とか世帯収入とか家族構成とかによって違うので、全体を説明するのは避けて、自分のことだけ書きます。(←)

私のスペック。年齢46歳、単身世帯、世帯主、去年の収入は「非課税でなく、高額所得でもない」、加入しているのは国保です。顔はKis-My-Ft2の北山くんに似ていると言われます。(嬉しいような、悲しいような)

で、私は毎月の医療費の自己負担額がおそらく12~13万かかっているはずですが、病院窓口で「限度額適用認定証」を提示しているので、支払いは毎月「44400円」で済んでいます。(多数該当のため。)

多数該当とは・・・最初は80100円プラスαが上限額なのでそれを支払いますが、この支払いが直近1年間に3回あれば、「多数該当」となり、4回目からの支払は44400円に減額されるのです。(知ってますよね・・・)

で、私は毎月抗がん剤治療を行うので、ここんとこずっと毎月44400円で来ています。(今年の収入は少ないので、来年はたぶん非課税世帯となり、さらに減らしてもえるはずです^^)

それでも毎月44400円は、きついです。元気に仕事していた時だって、「4万円の出費」ったらきつかったですもん。なのに、仕事が減ったのに毎月4万なんて。

・・・

あ、ここで泣いてる場合じゃありませんでした。

この高額療養費制度を使えば、医療費がなんでもかんでも少なく済むかといえばそうではありません。

「一か月にかかった医療費」と一口にいっても、細かく分けられます。(ごぞんじのとおり!!)

①同一医療機関であっても、入院と外来は別計算。

②同一医療機関であっても、歯科と他科は別計算。

③同一疾病であっても、医療機関が異なれば医療機関ごと。(院外処方は合算可)

これです。みなさんひっかかるところですよね?(世帯合算などは私は知識ないので省きます。)

たとえば、入院は月をまたがないようにする、とか、できるだけ同じ病院にかかって医療費をまとめる、とか、工夫すると思います。

で、歯科についてなんですがね。

一昨日、初めてがん研の歯科にかかりました。支払額は、4千円ちょっと。4千円としましょう。

窓口では、ケモ分の44400円と、歯科分の4千円。

抗生剤を歯科で出されそうになったので、歯科と消化器の先生にお願いして、消化器のほうで処方してもらいました。クラビット、高いですから。消化器で出してもらえば、44400円の中に含まれますもんね?

すると、主治医(消化器)が言いました。

「医療機関ごとの合算だから、歯科の分も申請すれば取り戻せるよ♪」

いや、先生。歯科は、別なんですよ。

「いや、歯科もあとで申請すれば戻ってくるよ。ねえ?」と看護師さんに話をふる医師。

「ええ、みなさん、そうしてますよ」と看護師。

「いやいや、治療費の工面に必死だから私、色々調べてるんですよ。そしたら、どうやっても歯科は返ってこないんですよ。そりゃね、歯科だけで一か月の窓口負担が21000円を超えたら、合算で戻ってきますけど。」

「いや~、そんなことないよ!数千でも、合算できるはずだから、会計できいてごらん」と医師。

「調べればわかるから、大丈夫よ。損しないように活用してね♪」と看護師。

ちょー腑に落ちないまま診察を続け、マーカーの上昇の話なんかをしました。

そして、「じゃ、また次回」「ハイ、ありがとございました」と挨拶が終わってから、なぜかじーっとカルテを見ながら考え込む医師。

ん?マーカーが上がったから先生なりに心配してくれてるの?

「・・・・・・・・高額療養費の制度、気になるぁ。歯科も同じはずなんだよなぁ」と、ぼそっとつぶやいた。そこかい!!

「調べて、次回報告しますね~♪」と診察室を後にしました。

さて。会計時に、窓口のおねいさんに質問しました。そしたら、「戻りますよ♪」だって。

そーか、会計の人が言うんだから、間違いないだろう。嬉しくなって、「じゃあ、国保に確認すればいいんですね」と病院を出た私。

そして帰宅してから、国保に電話しました。

やはり・・・・・「歯科は、別ですよ。」でした。

私の認識をすべてお話したら、国保の人、「おっしゃる通りです。しっかり調べていらっしゃいますね」だって。褒められてもな~。

要するに、歯科でかかった金額が21000円未満だったら、支払わねばならんのです。だったら、むりやり歯科に毎日通って歯垢の掃除でもしてもらって、21000円以上むりくり支払えば、ただになる?!

というあくどいことも考えたくなりますね~。(実際そうやってる人もいそう・・・。支払が20000円とか惜しいところだったら、私はやる。)

高額療養費制度は、以前の制度に比べたら、ずいぶん解り易くなった印象ですが、やっぱりまだまだ不思議がいっぱいです。

ちなみに、高齢者になると、歯科や他の医療機関での支払いがたとえ数百円でも合算してくれるんだそうです。がん研の医師と会計のおねいさんは、老人相手の場合を言っていたのかな。やはり患者さんは圧倒的にご老人が多いもんね。

その後、念には念を入れて、がん研のソーシャルワーカーにも確認しました。正しい知識を教えてくれました。そして、「医師と看護師と会計課の不手際をお許しください」なんて言われてしまいました。

いーえ、全然、いいんです。こんな細かい制度、医療業務の傍ら全部頭に入れとくなんて、無理ですよ~。(でも会計の人には知っていてほしかったな。派遣さんだろうから仕方ないけど)

高額療養費の説明をしようと思ったのに、結局いつもの日記みたいになってしまいました。どーにも、簡潔にまとめて書けないのは、私が文系だからですか?

なお、これは国保の場合なので、社保の方はもっと使える制度があるかもしれません。(私が以前加入していた社保は補助金ありました)

11月になって、国保の保険料の振込用紙がたくさん届きました。はぁ~、支払いキツいな。宝くじでも当たりませんかね。

宝くじが当たったらやりたいこと・・・・。

高濃度ビタミンC治療!!!!!腹腔内温熱療法!!!!!岩盤浴!!!!!!

・・・・夢がないですね~。海外旅行とか、映画をたくさん観るとか、美術館めぐりとか、ジムに通うとか、そういう普通にやりたいことは、あとまわしにしてしまう、今日この頃。私のQOLって、これでいいのでしょうか?! にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

信じていた未来が。

信じていた未来が

何色に変わって行っても

シアワセ色の花が

舞うように



昨夜、お風呂の中で、こんな歌詞の曲を聴いていました。

そしたら、じわーんと、涙が出ちゃいました。そして、うぇーんて、泣きました。

なんで今、このタイミングで泣くのかわからない。ただ、自分の思っていた未来は、こんなのじゃなかったの。全然、違ったの。

泣きながら、温かいお湯が、嬉しかった。私を思ってくれる人たちの存在が、ありがたかった。一緒に闘病しているブロ友さんの心情が、切なかった。なんとか、治ってもらいたい。

私の命を縮めてもいいから、彼女の命を長らえて、と思った。

でも、それは間違っています。与えられた命の長さは決まっているから、「私がかわりに死にたい」なんて、思っちゃいけないんです。生きるかわりに、その使命を果たすべきなんです。生きてる人は。

使命なんて、きっと些細なことです。大切な人の前で笑うことが、使命。同じ苦しみを持っている人と助け合うのが、使命。そんなもんです。

だから私は、今がシアワセなんだと思う。そして、また、泣く。

さっき、勤めている店の店長から電話がありました。「彩さん、重い物持つのが大変になってきたんだってね?だったら、調剤事務を勉強してよ。そっちなら体力的にきつくないでしょ?仕事は難しいけど、彩さん、覚えてよ。そしたら働きやすいでしょ。」

ドラッグストアなんですが、今は化粧品コーナーにいますが、結構重い物を持つ機会も多くて。でも、併設の調剤薬局での事務なら、体への負担が少ないから、どう?って。

使えなくなった人間を切るのではなく、なんとかして生かそうとしてくれる、この店長。いつもいつもそうでした。彼のおかげで、生活できています。本当にありがたい。

時給も、調剤事務だと下がっちゃうな、と思ったら、「今の時給のままでいけるから」と、こっちの気持ちを察して言ってくれた。

がんばります。泣いてる場合じゃないですね。

私が10年前に描いていた未来は、こんなのじゃなかった。だけど、きっと、これもそんなに悪い人生じゃないはずです。

冒頭に掲げた歌詞は、東方神起の歌です。とってもいい曲です。歌の上手な人が歌ったら、すっごい名曲だと思います。

こんなこと言って、ファンの人に怒られますね?だけど私、いくら好きな芸能人でも、ダメなとこはダメって思うたちだから、二人になってからの東方神起のバラードは、ちと残念です。音程やリズムを外さない、という意味では十分うまいのですがね。

でも、
東方神起は、全体的に(?)ものすっごく好きですよ!!!!w
興味のある方は聴いてみてください♪

PC音痴の私が、ついに動画を画像ごと貼り付けられるようになりました!えらいぞ、私! にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

12コースめ初日。マーカー上昇。

今日はXELOX療法12コースめの初日。3週間ぶりの通院日でした。

いつも通り採血と採尿を済ませてから、今日は病院内の歯科にかかりました。

というのも先日、歯茎に膿がたまり、それが左右両側で、まぁ痛いのなんの。行きつけの歯医者に行ったものの、アバスチンを使用していることを告げると、「うちでは処置できないのでがん研の歯科に行ってね」と紹介状を書かれたんです。以来3日間、痛みどめと抗生剤で自己流で凌いでいました。

そして、今日。がん研歯科にて、「抗がん剤で体の抵抗力が落ちたから、慢性的にある病巣が一時的に悪化したのでしょう」との見立て。近所の歯科医と同じ診断でした。ホントは切開して膿を出すところだけど、アバスチンとの関係で、薬で乗り切ることにしました。そして、抗がん剤治療が終わって全身状態がよくなったら、本格的に病巣(神経を取った歯の歯根部)を治療しましょう、と。

あの~。私の抗がん剤治療に終わりはないのですけど。

「病巣を根本的に治しておかないと、将来抜けたりして大変になりますよ」

「将来って、たとえば5年後とかですか?それより先の将来、たとえば10年後のためとかなら、治さなくていいと思うんですけど…」

「・・・。そうか・・・。」先生、ちょっと困っていましたが、さすががん患者専門の歯医者さんです、「治せるときに治そうね^^」だそうです(笑)

本チャンの消化器内科では、本日、腫瘍マーカーが基準値を超えました。CEAが、5.2。誤差ですね、誤差。(基準値は5以下)

自分で腫瘍マーカーをグラフ化しているんですが、CEAは少しずつ少しずつ上昇しています。CA19-9は30に届かないくらいで若干上昇傾向ではあります。(基準値は37以下)

私の癌は、腫瘍マーカーとなるタンパクを産生しにくい性質らしいので、マーカーの数字は当てにならないと言われているんですが。やっぱり上がると、気持ちいいものではないですね。

だけども、色々な体験談を読むと、CEAは10くらいまでなら生理変動である得るらしいし、20を超えなきゃ大丈夫、と私なりに思っています。だから、悪化している自覚は、ないです。

ただ、お腹のチクチク感と、触れるグリグリはやはり怖いので、来月のCTが待ち遠しいです。早く、「何ともないよ!」と言ってほしい。

今日も、エルプラット抜きで、アバスチンとゼローダのみでの療法となりました。また今夜からゼローダです。あの大きな粒も、だいぶ上手に飲めるようになりました(^^)

前回までの話では、次回(12月12日)からエルプラット再開の予定だったのですが、今日あらためて主治医に確認したら、前回と言うことが違うんです。

「先生、こないだまでの話では、これこれこうでしたよ?変わったんですか?」

先生はカルテをじっくり見返して、「あ、そうだった。彩さんはエルプラットを抜いてからまだあまり経ってなかったね。だったら、これこれこうだね。こないだ話した方針で行きましょう!」

ですと。センセー、憶えててよ!と思うんだけど、院内であれだけ沢山の患者を見てたら・・・やはり、医師任せではいけないな、と思いました。カルテがあるとはいえ、もう1年も治療しているから、長くなっていちいち全部見返すなんて不可能だし。

もちろん、療法の変更の時には、カンファレンスかなにかできちんと話し合ってくれると思っている。だから、基本、信頼はしている。

でも、やっぱり、自分がしっかり覚えていないとダメ。忘れそうならメモする。自分の中で理解する。そして、先生が勘違いしたら、こっちが正さないと。

と、あらためて思いました。

治療、がんばるぞ!!!!副作用に耐えるとかそういんだけじゃなくて、先生と力を合わせて、がんばるぞ!!!

歯科の治療を受けてたときは、「これは先生にお任せだな。先生に治してもらうってのは、歯科なんかはそれでいいのかな~?」などと考えながら、化膿部分をグリグリやられて泣いていました(TT)

あ、歯磨きはきちんとできてるね~、と褒められたんですよ♪ 毎晩、湯船の中で東方神起を聴きながら歯磨きするのが趣味なので(笑)2曲分くらい歯磨きしてるから、10分近く磨いてるのかな?!

歯磨きが終わったら、顔のマッサージをしています。こんなんばっかしてるから、お風呂の防水CDプレーヤーの電池の減りがハンパなく早いです(--)

話が関係ないほうへ行ってしまったので、これで終わります。(えっ)

いつも通院の際は、豊洲の駅から「ゆりかもめ」に乗るのですが、ご存知のとおり無人交通なので、運転手さん席に乗ることができます。今日、ガラガラに空いていたので、乗っちゃいました(*^o^*)

少しだけ、紹介しますね。

出発までの数分間、運転手さん席で窓に張り付いて、ワクワクしています。(人に見られるのが恥ずかしい気持ちは、気合いで吹き飛ばします。)
yuri001.jpg

出発しました!目の前のレインボーブリッジが、だんだん大きくなっていきます。
yuri002.jpg

あ!今日は富士山が綺麗に見えます!
yuri003.jpg

富士山は雪化粧で真っ白です!
yuri004.jpg

だから、富士山なんです!!!!肉眼ではとっても綺麗だったんです!!!!!
yuri005.jpg
ちなみに背後の窓からはスカイツリーも綺麗に見えていました(^^)
東京タワーも見えるんです。

yuri006.jpg
このゆりかもめからの眺めは、何度乗っても飽きません。病院通いがあまり苦にならないのは、この景色のおかげだと思っています。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

順位のカラクリ。

4か月前にブログ村に登録して以来、沢山の方が読んでくださるようになりました。嬉しくて感激しきりです。ありがとうございます。

このブログ村に参加していると、順位が表示されます。その順位の付き方が、どーもよくわかりませんでした。

「ポチっ」ボタンを設置していない方のブログが下のほうになるのは解るのですが(ポチっボタンを押してもらうとINポイントが入ります。このINポイントで順位が表示される方が多数という前提でお話ししますね)

でも、とても面白いのに、とてもたくさんコメントがついているのに、とても中身が濃いのに、なぜか下のほうの順位っていうブログもあるんです。私なんぞは、大腸がんカテでは3~6位くらいをウロウロしていますが、どう考えても私のよりずっと人気のありそうなブログが、私より下の順位だったりするんですよね。

そのカラクリが、やっと(少し)わかりました。(え?皆さん、すでに御存知で?←)

つまり~。参加カテゴリの多さと、その配分で、順位が違ってくるんですね。

例えば、AさんのブログとBさんのブログがあるとして。どちらもINポイントが100点だったとします。

Aさんは参加カテゴリが1つ。Bさんは参加カテが2つ。そうすると、Aさんのカテ内ポイントは「100点」になります。Bさんは、各カテで例えば「50点」ずつになります。つまり。同じポイントが得られていても、Bさんのほうがカテ内での得点は低くなり、順位も下になります。

参加カテ数が多いほど、順位は下になる確率が高いってことですね。

また、別のCさんは、2つのカテ参加だけど、ポイントの配分を「90%」と「10%」にしていました。すると。2つのカテでのそれぞれのポイントは、「90点」と「10点」になり、仮にBさんと同じカテに参加していたら、90点のほうのカテではBさんより上ですが、10点のカテではBさんより下になります。

と、こまかーな、読みたくもないであろうことをせっせと書いてしまいましたが、言いたいことはただ一つ。

順位なんて、カンケーないんじゃん!!

なるほど、これなら、素晴らしいブログでも下のほうにいるのも頷けます。そして、内容の素敵なブログも、ちゃんと上にいきますしね(^^)

一昨日、自分の「大腸がん」カテの割合を減らして、その分を「がん・腫瘍」カテに回してみました。そしたら、大腸がんカテは下がって、がん・腫瘍カテが上がりました。実証成功、です。

個人的に。参加カテとしてはもう一つ、「末期がん」カテにも参加していますが、これはな~。なんか違うんだよな~。「末期(IV期)」に間違いはないけど、どーも、自分の感覚では「超絶元気で治りそうな予感満々な末期」なので、参加をやめようかとも常に考えつつ、そこから読みに来てくれてる方もいるしな~、ということで、とりあえずちょっぴり参加にしています。


たくさん書いてしまったけど、順位のカラクリの話ネタは、もう一つあるんです。長いけど読んでくださいますか?

私、学生時代に英語の成績がめちゃくちゃ良かったんです。人に自慢できるのは英語だけっていう人間です(でももう喋れなくなってると思うけど)

でね。高校3年生の時に受けた大規模な全国模試があったんですが、なんとなんと!英語の点数が、県で4位だったんです!!!!

長野県の出身なのですがね。当時、“教育県”と言われ、偏差値では大都市に勝るとも劣らぬ数字をあげていた、長野県で、4位です!すべての高校3年生の中で、私より英語の点数が良かったのはたったの3人ということです!県全体で!(しつこいけど、唯一の自慢なので叫び続けます。)

わー、すごい。4位だってー。どーしよう、東大とか入れちゃう?英語以外もたくさん勉強しなくっちゃー!4位だよ、4位!お兄ちゃんでさえとったことのない、4位だよ!

というわけで喜び浮かれていましたが・・・・

登校してから、気づきました。あれ?校内のテストでは、英語はいつも10番台くらい・・・なのになんで、県で4位?あの人もこの人も私より英語できるし、模試も受けてたのになぁ?

そして、知った事実。

同じ日に、もうひとつ別の、大規模な全国模試が開催されていたのです。そして、そちらは、それこそ東大京大や医学部を目指す人がこぞって受けた模試だったのです。(私が受けたのは、一般的な進学希望の人向けのかわいい模試)

私の高校は地域では一番の進学校でしたが、同じ高校の人は、ほとんどが、あっちの模試を受けていました。

こうして、私の「4位」という輝かしい記録は、

東大も京大もまったく目指していない、ごくごく普通の進学希望者だけが受けた全国模試で4位だった」という記録として、私の歴史に刻まれました。

しょぼーん。

(でも、やっぱ4位はすごいですよね?!他の教科はめちゃくちゃだったけど!!!!人生で誇れる唯一の記録ってことで、いいですか?!) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

もしもーし!の「悪の法則」

映画を観に行ってきました

歯医者の後にブラブラと行ったので、「これを観よう」と決めるでもなく。観たいのがなければ帰ってくればいいや、と。気楽なおひとりさまです。

で、近所のシネコンに行ったのですが。観たい映画が、なにも、ない!(笑)

シネコン内のサーティーワンのアイスだけ食べて帰ろっかな~、と思いきや。とつぜん、「無料で映画をご覧になりませんか?」と声を掛けられました。

なに、その、怪しい誘い文句。見ると、エプロン姿の女性が数人いて、どうやら日用品の宅配サイトに登録するとお礼として映画のタダ券をくれるらしい。

超うたぐり深い私は、「完全無料といっても、登録したら簡単に退会できないとかじゃないんですか?」

「この一見お得に見えるセットのコースは、実はいらないのに毎月送りつけられるとかじゃないですか?」

「だいたい、無料で映画券をくれるなんて、おたく様のメリットが全然ないじゃないですか?」

と、超超超イヤミにもなりかねない質問を畳み掛けました。

で、結局。チケットをもらいました(*^0^*)←

だってね、某大手コンビニ&某大手検索エンジンとのコラボだからとりあえず闇の組織(?)ではなさそうだし、即日退会可能だし。それでいて、扱っている商品には玄米とか無農薬野菜とかもあって、普段からネットで買っているものもあったし。

なので、入会して、映画タダ券GET。

さて、何を見ましょうか。券の有効期限は半年先まであるけど、せっかく来たから今日みよう!

(ここら辺からネタバレ注意です)

ちょうど始まるタイミングだったのが、「悪の法則」でした。キャメロン・ディアスとかブラピとかペネロペ・クルスが出ていて、リドリー・スコット監督(「エイリアン」で有名)がメガホンを取った作品です。

これが、また。

つまらなかった!!!!!

何がどうつまらなかったかを書きたいのですが、何がなんだったのか、話の内容がまるでわからない!(私だけ?)

どれが善人でどれが悪役かわからない!(私だけ?)

とにもかくにも、話が全然わからなくて、何がどう面白くなかったのかが、わからない!!!!!!

困った。記事が書けませんね。うん、困った。

とりあえず解ったのは・・・・えと・・・・なにやらセクシーなシーンが出てきて、そのシーンの意味するところが全くもって理解不能だったこと・・・・キャメロン・ディアズの役は、エロ変態なのかなぁ、と思ったこと・・・

あと、人を殺す方法って、あんなのもあるんだぁ、へー、初めて見た、こわいなー、でも実際は使えなさそうだよなー、確実にセットするの超難しそうだから、特撮でないとできないんじゃないかなー、普通に殺すんじゃダメなのかなー、ってこと・・・

なんだ、このレビューは?!でもこれしかわからないんです、ほんとに。

眠りはしなかったけど、それは昨夜わたしが8時間たっぷり寝たからだと思うし・・・

困ったな。とにかく、見終わって思ったのは、「金返せ!!!!」でした。

でも、タダ券だったから、いいけど・・・

タダでも、観たくなかった(--;)

キャメロン・ディアスは好きだけどさすがに老けてしまったし、ペネロペ・クルスも好きだけど最後の出演シーンが目も当てられないほど気の毒だったし、ブラピは好きじゃなかったけど首チョンパでひどい扱いだったし、ってことで、星1つ以下です。

リドリー・スコット監督の作品は、「プロメテウス」で驚愕がっかりしたけど、今日ので「もう2度と見ないだろう」と思いました。

もし、「悪の法則」を観た方がいたら、ぜひぜひ内容を解説してください(>人<) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

最後の恋。

それは、入院していた病棟でのことだった。

クリスマスの少し前。術後の点滴棒から解放された私は、10階の病室から1階にある売店まで、散歩に行くことにした。

歩くのがまだ不安。よろよろトボトボと歩いてエレベーターホールまで辿りつき、「下り」のボタンを押して待っていた。

やがて、エレベータが到着した。一番遠くのエレベータ。乗ろうとしたが、辿りつく寸前、目の前でドアが閉まってしまった。

「まだこんなにゆっくりしか歩けないのか・・・」

仕方なく、再び「下り」ボタンを押して、待った。少々の落ち込みを感じながら。

そして次のエレベータが。

今度こそ乗ろう。早めに歩いてみた。でも、遅い。

その時だった。「彼」に会ったのは。エレベータホールに入ってきて、さっとボタンを押す彼。おかげで私は、乗り込むことができた。

エレベータの中で、私が「ありがとうございました」と言うと、「彼」は微笑んだ。

「いいえ。術後は歩くの大変ですよね。」

そう言って、「彼」は5階で降りていった。

「彼」は、体中に管を繋がれていた。手にした点滴棒には、抗がん剤をはじめ様々な袋がぶら下がっていた。

病衣姿で、髪は半分抜けている。その顔は土気色で、でも背の高い細い体をまっすぐ伸ばして、彼は歩いていた。

若くはないけれど、決して年よりともいえない年齢。50歳くらい?実際はもっと若かったかもしれない。

以降、デイルームや中庭でしばしば彼を見かけた。いつも一人で散歩する姿。時々エレベータで会うと「今日は寒いみたいですね」などと、天候の話ばかりした。

10階の病棟には、私のいた婦人科の他に、胆肝膵がある。彼は、胆肝膵のほうでだった。イメージだけど、癌の中でも重いほう・・・。

でも彼は、エレベータで顔をあわせるたび、あいかわらずよろよろ歩く私のために、いつもボタンを押してくれていた。たくさんの管と袋をぶら下げながら。

いい人だな。優しい人だな。強い人だな。

とある日曜日。デイルームに行くと、彼がいた。隣には、おとなしそうな、優しい笑顔の女性の姿。雰囲気からして「妻」だと判った。ちょっと、「あ、残念」とか思った。

その日は一日中、何時に行っても、その席にはずっと、2人が座っていた。奥さんの嬉しそうな柔らかな笑顔がたまらなかった。日の差すデイルームで、この2人がずっと笑っていてほしい、と、思った。

ステキな奥さんがいて、良かったな、と、思った。

こうして、私の「最後の恋」は、終わった。

....Fin.



いや、「恋」じゃねーし!!!!!!www

人は自分が困難な時に優しくされると、その相手を好きになったと錯覚する、という、アレですね。エレベータまで間に合わなかった私を救ってくれた、救世主でした(笑)

毎度毎度、勝手に「最後の〇〇」と名付けて感傷に浸る(楽しむ?)妙な癖です。

つい最近も、「最後の恋」をしました。

職場で、エアコンの効かない場所で作業をしなくちゃならなくて、寒くて寒くてどーしようもなかった時。店の男の子に「寒いよぉ!」と愚痴ったら、「しらねーよ(笑)」「ひっどーい!!!オバサンをいたわりなよ~」なんて会話をして、彼はその場を去ってしまったのですが。

すぐ後に「ハイッ」と彼の声がしたので振り返ると、なんと。彼が自分の上着をロッカーから持ってきました。

「コレ、着なよ。きたないかもしれないけどさ。」

そう言って差し出してくれた上着は、毛玉だらけだったけど、とっても暖かかった(^^)

28歳男子に恋した瞬間でした(笑)

恋多き女、ですね~♪♪♪(だれが?)さっ、次の「最後の恋」カモーン、ですよ。(うるさい?) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。