スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

子供がいないということ。

先日、東京都知事選の投票に行ったときのことです。毎度、投票所となっている近所の小学校へ、この日も行きました。大雪の翌日だったので、歩いていきました。

投票所の小学校は、PTAのみなさんでしょうか?職員のみなさんでしょうか?綺麗に雪かきがしてあって、なんとなくいつもと違う雰囲気。いつも通りすぎていた景色を、ひとつひとつ眺めてみました。

下駄箱のところで。

小さな上履きが、きちんと並んでる(^^)

すのこみたいな、靴を脱ぐ板。なつかしい~!!!

ここで、たくさんの子供たちが、毎日、ワイワイしながら靴を履きかえて・・・・うわー、40年近く前の思い出!なつかしーーー!!!

と、感慨に浸りつつ、ふと、思いました。

私、自分が小学校に通った思い出しか、ないんだな。

もし、子供に恵まれていたら・・・自分の子供を小学校に送り出したときの記憶が、自分自身が小学生だったという記憶に、上積みされるんだろう。上書きされるのかもしれない。

私の記憶は、いつまでたっても、自分自身の記憶でしかなく、上書きされることは、ない。

昨日、チャリをこぎながら、なんとなく、亡父のことを考えていました。父は、私の記憶の中に今も生きている。そして私が死んだら、父の記憶も死んでしまう。もし、私に子供がいたら・・・

父の記憶も、子供に受け継いで、もうちょっとだけ長く、生かしてあげられたんだな。

そして、私が死んだら・・・・。母と、兄が死んだら、私は、誰の中に生きるんだろう・・・。

同世代の友達の記憶の中に、きっと、私は生きる。でも、次の世代には、私という人間の記憶は、受け継がれないんだな・・・。

そんなことを、考えていました。

決して、子供がいないことを悲観しているんじゃないんですよ(^^)そうきこえるかもしれないけど、違うんです。あと、自分がさっさと死んじゃうとも思っていません。

ふつうに、そういうこともあるんだな、って話です。

実際、子供がいたらいたで、大変なことは多いだろう。たぶん、私が思っている以上に、悩みとか尽きないんだと思う。でも、私にはいないから、想像しかできないんです。そして、子供がいる人にとっても、「子なし」の気持ちは、わからない。

だからこそ、思いやりって、大切になってくるんですね(*^^*)

前の記事で、「子供に恵まれなかったのは、私に子育ての能力がないからだ」と書きました。それは、「能力がない」と自己卑下しているのではないんです。たぶん、私には、他の能力が、ある。(あるのか?!)

だから、大丈夫です(^^)(ご心配いただいて、ありがとうございました。)

人それぞれ、いろんな能力が与えられていて、その中に私の場合は「子育て」が入っていなかっただけだと思っています。福袋の中に、欲しいものがたまたま入っていなかったっていう感覚。寂しいときもあるけど、結構、ふっきれています。

ときに、子供と笑い合っているお母さんが羨ましくて仕方なくなる時もあるけど・・・仕方ないもんね。これで、いいんですね。

私の母は、私のことを「あんな子、産まなきゃよかった」と言ったことがあります。その言葉が、いつまでもトラウマですが、でも、私は育ちました。育ててくれました。その事実だけで、母は母なりに私を思っていてくれるのだと、わかります。

もし、子育て能力のない私に、子供ができていたら・・・とんでもなくひどい母親になっていたのでしょう(--;)


最近、おもしろいことに気が付きました。

私は子供をかまいたくなるタチなのですが、以前は、赤ちゃんや幼児がめちゃくちゃ可愛くみえていました。が、今は、中学生から高校生くらいの子供に目がいきます。

不思議と、自分の子供にあたる世代が気になってくるんですね。

兄も子供に恵まれなかったので、私には姪や甥もいません。母が一番、可愛そうなのかもしれない・・・。

でも、こういう人生なので、よしとしましょう(^^)今いる親御さんやお子さんは、いるだけで、幸せなのです。そして、いない人も、幸せなのです。うふ。


(小っちゃく書いときますが、私、なんでも「幸せ」と思うようにしてるけど、それって、一歩間違うと、「現状に甘んじる」という危うさも孕んでます。努力してもどーにもならないことと、そうではないこととの区別。そして選択。これを、自分を甘やかすことなく正しくしていける人に、憧れます。)
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

元気な重病人。

私の勤務先には、“重病人”が2人、います。

1人は、良性の脳腫瘍の人。手術したものの、腫瘍を取りきれず、再発の可能性がかなり高いそうです。

もう1人は、私。根治不可と思われる、がん患者ですね。

でも、この2人が、なぜか職場で一番、元気そう・・・(笑)

ちょっと頭いたいとかお腹いたいとかでは、びくともしないのです。他の人が「頭いたい」とか「熱っぽい」と辛そうにしていると、「大丈夫?これ飲む?」と痛み止めやら吐き気止めやらをポーチから取り出す、私と、もう一人。

常備薬だから(笑)あ、でも痛み止めはかなり痛いときにしか飲まないけど。一応。常に持ち歩いてはいます。

なんだろうな、大きな病気をしたからこそ得られた強さ、でしょうか?同じように感じられる方、きっとたくさんいらっしゃると思います。

今日は、その先輩と私、二人きりになる時間があったので、どちらからともなく、「私たち、重病人のはずなのに、おかしいね?」と笑い合いました。

そして、「先のことなんか考えても仕方ないもんね?今が楽しきゃ、いいもんね、私たち」と、またまた笑いました。

一昨年、卵巣の手術のために入院していたとき、同じ部屋に、初発の子宮がんの女性が入院してきました。その人は、初めての大病だそうで、とても不安がっていました。ステージ1だったけど、それでも、ものすごく不安な様子。当たり前ですよね、癌だもん。

その彼女に、私、言われました。「なんで強いんですか?不安だったりしないんですか?」って。嫌味とかではなくて、なんか、私に助けを求めているような口調でした。

私はその時は再発が確定したわけではなく、良性の卵巣腫瘍かも、と思っていた段階でした。

なので、言いました。

「病気の辛さに負けてしまう人は、病気にならないようにできていると思う。世界中の人間の中で、病気の数が決まってて、誰かが必ず病気にならなければならないとしたら、病気になるのは、それに耐えられる“強さ”を持った人に決まってるんだと思う。

だから、私は、最初に癌になったときは、ある意味、選ばれたんだと思った。“こいつなら耐えられる”と選ばれて病気になったんだと思う。今回も、もし再発だったら、それは選ばれちゃったってことだと思う。選ばれたくないけどね。

病気に限らず、なんらかの困難に遭った人は、必ず、その困難に立ち向かえる人のはずなんだよ。だから、大丈夫、絶対、病気に負けるはずがない。負けるような人間は、戦いの舞台に立たされることはない。」

そんなような話をしました。彼女は全然納得していなかったけど、私は、そう思っているんです。

たぶん、私には耐える強さがあるから、試練を与えられたんだ。

同様に、子供に恵まれなかったのは、私には子育ての能力がなかったからだと思っています。

そういう、考え方をします。

そうすると、病気になったのも、悪くないかも・・・・??いや、それは、絶対ないな。病気になるのは、悪いです!(笑)

今週は連勤が続いていて、少々疲れ気味ですが、大丈夫。ふつうに元気です。

こんな元気でも、やっぱり、進行癌患者は「重病人」の括りってことで、いいんですかね?!

(まだ、本当の苦しみが、来ていないだけだろうけど・・・・) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

兄とおデート。

今日は兄が上京したので、久しぶりに会ってきました。

私は兄と二人兄妹です。子供の頃、2つ上の兄のことが大好きで、いつもくっついて歩いていました。兄がお友達と遊ぶ時にも、小さい私はついて行って、男の子の遊びをしていたと思います。

スカートが嫌いで、いつも、兄のお下がりの半ズボンをはいていました。キツネみたいな模様が付いた、へんな半ズボン。

両親は働いていたので、私は小学校1年生のときから鍵っ子でした。当時、私の住んでいた田舎では、母親が外で働いているのは珍しくて、鍵っ子は特別な感じでした。おじいちゃんおばあちゃんもいなかったし。

でもって、家が小さな家だったので、それを見たクラスメートから「ビンボービンボー」とからかわれていました。軽いいじめだったのかなぁ。鞄を隠されたこともあったし。(本人、いじめの自覚なし)

いつも親がいなかったので、兄にくっつくようになったのかな。

兄は面倒見がよくて、2つしか違わないのに、とてもよくできた子供でした。成績が良くて、スポーツ万能。生徒会の役員とかを必ずしているような子でした。女子からの人気もわりと高かったです。

兄が中学3年のとき、私が同じ中学に入学したら、兄のクラスのおねいさんたちが、集団で私を見物しに来たりしました。私の友達からは、「これ、お兄さんに渡して」と、プレゼントを預かりました。

私は、ちんくしゃデブブスでした。成績も、兄ほど良くない。スポーツは、まったくダメ。兄とは正反対の子供でした。

当然、兄と自分を比較していました。私は、ダメな子供。でも兄は、私ととても仲良くしてくれたので、兄のことは本当に大好きでした。

兄は、大人になって、公務員になりました。今も健康で、安定の職業です。

母は、よく言います。「お兄ちゃんはしっかりしてるのにね~。彩は、なんでこうなっちゃったんだろ。同じように育てたつもりなのに」。まぁ、私が海外に飛んじゃったりとか、不安定に生きていた部分を指して言っているのだろうと思いますが・・・。

こんな兄妹なので、お互いに結婚してからは、ほとんど音信不通になっていました。2~3年に一度、正月に顔を合わせるとか、法事で会うとか、そんなくらい。会っても会話はほとんどありませんでした。

なのに、私が病気になってから、兄は上京するたびに私に声をかけてくれるようになりました。とても心配してくれているようです。顔には出しませんがね。

やっぱり、昔のまま、妹思いの兄なんだろな~。私にはもったいない兄だと思います(^^)オヤジになっちゃったけど。

今日、一緒にランチを食べたんですが、そのとき、兄が言いました。

「彩、指先のない手袋つかってんの?」

は?なんで??

「指先だけ黒いじゃん。汚れてるのかと思ったけど、そうじゃないでしょ?だから日焼けかな、と思って。スマホいじるのに指先のない手袋つかってるんじゃないの?」

「ちがうよー。これ、薬の副作用でさ、色素沈着しちゃうの。そんなに気付くほど黒いかなぁ?」

「うん、結構、黒い。」

だって。数日前に手の写真をアップしたばかりですが、そんなに目立っていたか(―-;)

それにしても、この寒さの中、指なし手袋を使っていると想像した兄は、やっぱりちょっと、へん・・・。そういうとこ、私と似てるかも(^^;)。

写真 1 (1)
帰りに、マカロンを買いました。今まで、マカロンて、食べず嫌いだったのです。パサパサしてそうで。でも、じつは美味しいんですね!もちもちしていました。イチゴ味と、キャラメル味と、チョコ味と、バニラ味です。セバスチャン・ブイエというお店。結構にぎわってたけど、有名なのかな?

写真 2 (3)
これは、新宿駅で、行列に引き寄せられて買ってきたチーズタルト。「KINOTOYA」と書いてあります。北海道のお店で、東京ではここでしか買えないそうです。さっそく1個いただきましたが、中のタルトが、見かけによらずふわっふわ!美味しい(^^)しあわせですね~(^^)

そしてまた太ることを心配する、元気ながん患者です。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ブログ村のこと

遅ればせながらのお詫びです。

先日、ブログ村のランキングから一切脱退いたしました。思うところがあり、自分が楽しくブログを書き続けるための手段の一つとしてのことでした。

ただ、村から外れることはしませんでした。名前を残しておけば、今まで読んでくださった方に見つけてもらえるだろう、という気持ちからでした。

が・・・。ランキング用のポイントをぽちぽちしてくださる方が毎日いらっしゃいます。もちろんどなたかは分からないし、投票の意味ではなくブログ村へリンクするためにポチポチなさっているのだろうとも思います。そんなに多い数でもありません。

そのポチポチが、どういう意味あいにせよ、ランキングから外れることは、ぽちぽち下さる方に対して失礼にあたるのかな?と今回思いいたり、再びランキングに参加する設定に変えてみました(^^)

もともとの外れた理由は、別問題として。予告なくころころ変えることをお詫びします。

ブログ村って、「村」と名のつく通り、一つの小さな社会だと思っています。だから、ご挨拶が遅れたこと、失礼してしまったと思っています。ごめんなさい。

ぽちぽち下さっている皆様、本当にありがとうございます。これからも、楽しく書くことを第一の目標としていきますので、よろしくお願いします。

・・・なんか、私らしくない記事かな?失礼しました! にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

「大腸がんなんてね」

今日は、登録販売者対象の外部研修に行ってきました。前回2月6日の続きの講義になります。

またもや某市まで電車ではるばる赴き、一日缶詰の座学でした。眠かったーーーー!

で、今日の講義の中で、ですね。医薬品を取り扱う資格なので、当然、病気の話ばかりなのですが。

胃腸の症状について話しているとき、講師のおじいちゃんが、タイトルの言葉を連発しました。

「大腸がんなんてね、健診受ければ見つかるんだから。大腸がんなんてね、転移して手遅れなんてことは、そうそうないはずなんだから。ちゃんとしてればね。」

・・・・・・。

・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・。

ガマンしたんですけどね、じわーーーーっと、涙、出ましたよ。

「女性のガン死で一番多いのは何か、みなさん、知ってる?大腸がんなんだよ!意外でしょ。大腸がんなんてね、健診でわかるのに。」

いったい、何回、「大腸がんなんてね」を繰り返したことか。

検診受ケレバ見ツカルンダ。転移シテ手遅レニナッテ死ンジャウヨウナ病気ジャナインダ。

そんなことを、何度ものたまいました。

悪かったねぇ、発症して、転移して。

私、「これしきのことで泣くもんか!」と思ったのに、もう悔しくて、涙が出ちゃって。マスクしてたんだけど、鼻水ジュルジュル、涙もジュルジュル。

隣で突っ伏して眠っていた同僚(前回と同一人物w)には気づかれなかったけど、その向こうにいた別の同僚が、ふと気づくと、ハンカチで目と鼻を覆っていました。

そして、そのあとの休憩のとき、言ってくれました。

「あんな言い方して、ひどい。彩さん大丈夫かな、って心配してたら、泣いてるんだもん。私まで悔しくて、泣いちゃったよ。あんなに何度も言わなくていいじゃんね。ひどいよ!」

嬉しかったです。同僚に救われました。私も、「ごめんなさい、びょーきのこと言われても全然平気なんだけど、今日は予想外にこたえちゃって。もー。あんなにしつこく連発しなくてもいいじゃないですかねー?!」

会場には60人ほどの受講生がいましたが、その中には私以外にもがん患者さんがいたかもしれません。講師の先生、曲がりなりにも薬剤師として働いているならば、もっと配慮してくださいよ。

そんなこんなで悔しい思いをしつつ、「この人は自分が癌じゃないからそう言ってるだけだろう」と、開き直りました。悔しがっても何にもならない。

今日は、消化器系の話題の他は、ホルモンなどの内分泌系の話がメインでした。消化器も、ホルモン系も、どんと来い!大腸がんだし卵巣転移もしてるからね、得意分野です。講義終了後の確認テストでは、同僚の中で一番いい点数が取れましたw

前回最下位でめちゃくちゃ凹んだけど、今日で挽回したかな?!ま、ビョーキのおかげってことで(^^ゞ

(同じ病気の方にとって不愉快な記事だったら、ごめんなさい。)

講義を聞きながら、テキストにこんな落書きしてました。ちゃんと勉強しろって?(笑)
無題
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

「犬を飼うって、ステキです――か?」

最近、ツイッターで素敵な“漫画”を教えていただきました。自分ひとりのものにするのは勿体ないので、ここで紹介することにしました(^^)(Mさん、ありがとう!)

東京都衛生局が作成した、ワンコを飼うことについての、漫画です。リンクを貼るので、ぜひ、読んでみてください。

「犬を飼うってステキです――-か?」の紹介

↑リンク先は、漫画を紹介するブログになります。都衛生局よりも見やすく紹介なさっているので、使用させていただくことにしました。もちろん、都衛生局HPからダウンロードすることも可能です。

もう、ご存じの方も多い漫画なのでしょうか?

ワンコ飼いの方のみならず、ワンコ飼いでない方にも、オススメです。私は、「元・ワンコ飼い」ですが、やはり、読みながら、目がうるうる・・・。最後には号泣して終わりました(^^ゞ

普通に、心温まる物語として読める気がします。

ワンコ以外の動物にもあてはまるし、大きな括りとしては子育てにも通じるのかな?

なんだか、号泣した後に、ほっこりしました。

うちのワンコ、生きていれば3歳と10ヶ月になります。立派な大人ワンコになりました(^^)¥

ワンコブログやワンコ飼いさんのツイッターを拝見する機会も多いのですが、そこにいるワンちゃんたちがみんな幸せそうなのが嬉しいです。その一方で、不幸になってしまうワンコもいる。ワンコは何も悪くないのに。切ないです。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

副作用のご報告

おかげさまで殆ど副作用もなく、現在は無事、XELOX療法15コース目の休薬期間に入っています(^^)

参考までに、XELOXの基本は「エルプラット点滴注射+ゼローダ内服」、私はそこにアバスチン点滴注射がプラスされていますが、エルプラットは神経障害の副作用のために早々に中止しました。

ゼローダは、吐き気が強かったために、現在は80%量へ減薬して、続けています。アバスチンは、点滴時に毎回、動悸が現れますが、たいしたことはないです。

現時点での副作用は・・・

指先の神経過敏(チクチク痛い)でも慣れたので、特に不便は感じていません。せいぜい、洗髪するときが少し不便くらいかな。

口内炎。とくに、舌の荒れがひどいです。常に赤くなったり白くなったりしていて、不健康そうな舌になっています。痛いので、辛い物は食べられなくなりました(^^;)私、みかんが大好きなのですが、すっぱいみかんに当たると、痛みと格闘しながら食べています。(食べるのね)

こないだ友達から夏みかんを貰ったのですが、とっても痛かったのに、とってもおいしかった!(なぜ、この真冬に夏みかんだったのか・・・)

胃のムカムカ感は、寝ても覚めても常にあります。でも、そんなにひどくないので全然平気です。常にこの状態だと、「これが普通」となるので、むしろ、胃のあたりの不快感がない生活が想像できない(苦笑)ムカムカがあっても吐くようなことはないので、あまり気にせずに食事しています。

大腸がんで一番気になる、便通。私は、食前の大建中湯と、食後のマグラックス(酸化マグネシウム)は欠かさずに飲んでいます。なので、基本、快便です。でもたまーに便秘と下痢を繰り返すときがあります。想定内なので、大丈夫です。

ただ、おしりまわりが、痛いことがあります。粘膜がヒリヒリ痛んでいるイメージです。なんか、こういうのって、症状そのものよりも、話題にしなければならないことのほうが辛いかも。いちおう女性ですので^^ゞ

以上は、全部ゼローダの副作用だと思います。(私がそう思ってるだけなので、医学的に確実な因果関係を調べている方は、参考にしないでくださいね。)

ゼローダといえば、手足症候群が有名です。手足が黒ずんだり、ひび割れたり、皮がめくれたり、といった不快な症状が、ほぼ全員に表れると言われます。足の症状がひどくなると、歩けなくなってしまう、じつは大変な副作用です。

私の場合は、内服歴1年経過(減量あり)で、こんな感じ。↓

主治医からは、かなりきれいな状態だと言われています。良かった^^

写真にすると、黒くなってきているのがはっきりしますね。関節やシワの線の色が濃くなったな~、とは思っていたのですが、昨日ふと見ると、急に黒さが増した気がしたので、写真に撮ってみました。

こんな色になっていくんですね。これでも、保湿クリームと美白クリームは欠かしていないんですよ。炊事のときはゴム手袋をしています。炊事といっても1人分なので、主婦の皆さんに比べたら、ダメージは少ないでしょう。

この指先の黒さ、指を伸ばした状態だと結構黒いんですが、指を丸めると、ほとんど目立ちません。↓
te2_20140216184715d6a.png
ね?皮がのびきって色素が散らばって薄くなるのかな?

この写真に少し映っていますが、斑点みたいなシミが、手のひらにポツポツできています。右手に10個、左手に3個くらいかな。そして、さっきも書いたけど、シワの線の色が濃くて、手の加齢が進んだように見えます。

手のひらのシミは、こないだまでは右手だけだったのに、ふと気づいたら左手にも出始めました。こうして、どんどん進んでいくのでしょうね。

あと、薬に関係するのかわからないのですが、常に筋肉痛です。全身。ふだん運動していないので、たまに動くと筋肉痛になるのだと思っていたのですが、あまりにも、常に痛い。強烈な痛みではないので平気ですが、この筋肉痛、ない状態が想像できない感じになりつつあります(苦笑)主治医に質問したときは、薬の影響の可能性もなくはない、という答えでした。

あとは・・・・・背中の発疹が治りません。湿疹みたいな。これも、薬疹なのかどうか、判断がついていません。このブツブツは、痛くもかゆくもないけど、見た目が辛いです(--;) ま、今はプールにも行かないし、見せる機会もないからいいけどさ。もんもん。

白血球関係は、基準値内を常に低空飛行しています。エルプラットをやっていた頃は、白血球以外にもいろんな異常値が出ていましたが、今は大きな異常は出ません。たまーに、腫瘍マーカーと血糖値が異常になるくらいです。(低血糖です)

あと、薬の副作用ではないですが、身体症状として、お腹の定点(3ヶ所)が頻繁に痛みます。播種がある場所だろうと言われています。これも強い痛みではなく、チクチク来る感じです。ただ、おへその横のグリグリ(腫瘍)は、最近になって強烈に痛むことが時々あり、そのたび「すわ、腸閉塞?!」と結構びびります。でも収まるので、たいしたことはない模様。

子宮と大腸の癒着部分の腫瘍は、痛みはないのですが、体調によって自己主張してきます。体内で、張った感覚が出るときがあるのです。でも、主治医いわく、大きくなっているわけではないから、大丈夫だそう(^^)

つらつらと書いてみましたが、少しは参考になるでしょうか?!

私は副作用が少ないほうだと思うので、治療も身体的にはさほど苦になっていません。身体的苦痛より、精神的苦痛のほうが強いです。

体の症状のことを書くのは、あまり楽しくないです。でも、一応闘病記なので(一応、なのね)、これからもたまに記したいと思います。

抗がん剤治療を始めた当初、「中央生存値は約24ヶ月」と言われたと思います。この療法をやっている人が100人だとしたら、24ヶ月後には、50人が亡くなっている、ということを意味する数字です。当時はほんとにビックリでショックで恐怖でしたが、その「100人」の中には高齢者や全身状態の悪い人や合併症のある人も入っているんですよね。

だから、高齢でもなく、全身状態も悪くなく、合併症もない私は、24ヶ月よりももっとずっと先のグループに入るのだろう・・・・。

同病の方をたくさん知った今となっては、単純に喜べない事実ではありますが、感謝すべきところなんでしょう。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

バレンタインの怒号。

勤務先での評価面談が始まっています。といっても、私たち一般パートは、書類のみなので、正社員ルートから外れた私は、お気楽です。

書類には、50程度の評価項目があり、それぞれが5段階評定。項目の内容は、たとえば、「挨拶ができる」とか「接客用語を正しく使い分けている」といった簡単なものから、「欠品を起こさないよう適切な発注ができている」といった普通のもの、「消費者の動向を見極めた在庫管理が適切になされている」といった、パートにとっては上級なものまで、いろいろあります。

これらに加え、例えば「美容部員」など専門知識の評価項目も。

それらをまず自己評価し、次に直属上司(店長)が評価します。

私は、のんきに5段階評定の「3」をほとんど付けて、あとは、専門のところや基礎的なところは高めに評価し(だって経験4年だもん)、まったく自信のない分野は低めに評価し、おおむね「ふつう」っぽい自己評価で提出しました。

さて、昨日。バレンタインの事務所には、店長の怒号が飛びました。

とある社員候補の男性A君の評価表を見た店長。途端に、大声で、「なんだよ、これ。Aは何やってんだよっ!」

周りのみんな驚いて、無言です。店長は、A君が公休日なのを知り、その場でAくんに電話しました。

何やらかしたんだよ~、Aくん(><)

彼は、数か月前に他店から移動してきた若者です。社員になりたがっているものの、元の所属店舗での社員昇格は難しいと判断され、うちらの店にやってきました。

ちょっと人見知りで、おとなしめのAくん。彼が、店長に怒られてしまう!(店長はほんと仕事に関しては怖くて、威圧感ありまくりの人。)

Aくんは、すぐに電話に出たようで、いきなり店長の声がします。

「Aくん、今いいかなぁ?自己評価表見させてもらったんだけどさぁ、なんだよ、あれは?!(怒)」

「・・・え?何いってんの?!それで仕事した気になってんの?!」

こわい!店長、こわい!Aくんは、どんなヘマをやらかしたんだか?

緊張して続きを聴いていたら。

「あのね、Aくん、きいてね。Aくんは社員になりたいって言ってオレんとこ来たんだよね?だったらさー、あんな低い自己評価でどうするわけ?オレはさ、Aくんの希望を叶えるために、高い評価をつけたいのよ。なのにさ、Aくん自身があんな評価つけたらさ、オレ、どうすればいいわけ?他人が自己評価以上の評価してくれるとでも思ってんの?甘えてんじゃないよ!」

「社員になりたい!って気持ちがさ、全然見えないわけよ。でもオレは知ってるよ、Aくん頑張ってんじゃん。そりゃちょっと引っ込み思案だけどさ、そういうとこも含めて、Aくんを育ててるつもりなんだよ?だから自信持てよ。自信もって、高い評価つけて、自己アピールしなよ。そしたらオレがいくらでもフォローするからさ。」

「アピールもできない人間を上にあげようなんて人、いないよ?謙虚なつもりかもしれないけどさ、ここは謙虚さを出すとこじゃないでしょ。もっとセルフイメージを高く持てよ。全部できますくらい言ってみせろよ。そのくらいの気持ちでいろよ。オレ、全力で支援するからさ!」

かなーり、怒号といえる声音で、こんなことをつらつらと言っていました。

店長。。。。かっこいい!!!!!!!!!!(T^T)* 電話の向こうのAくんも納得したかな。

「ほんとは提出期限過ぎてるけどさ、明日、書きなおしたやつ持って来い。今日は雪で怪我するといけないからさ、明日なら大丈夫だろ?!絶対、自分をおとしめるなよ!!!」

そして電話を切っていました。

なんかね、この店長のことは前にも記事にしたけれど、やっぱりすごい人だと思った。

そして、私が正社員に向けて頑張っていたころも、同じように助けてもらったのに、体を壊してしまったことが、改めて残念で、申し訳なく思いました。

私が順調に昇格していった時、店長に「本当にお世話になって、どうやってお礼すればいいのかなぁ・・・」とボソボソ言ってたら、店長、「彩さんがきちんと仕事することが、オレへの恩返しだからね」と言っていた。なのに、できなくなっちゃったんだよなぁ。

もちろん、再発の話をした時にもすごく心配してくれて、当時の私の配属店舗まで車とばして来てくれたんだよなぁ。

恩返しか。できてないけど・・・でもさ、パートとしておいてもらえてるんだから、パートとして頑張れば、いいよね。

昨日はバレンタインデー。こんな素晴らしい店長ですが、怖いからチョコはあげませんでしたw

たぶん、本人は、私がブログでこんなに絶賛してるなんて、夢にも思っていないはずです(笑) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

冬季オリンピックの思い出

ソチ オリンピックを観ているせいで、毎晩寝るのが3時頃になっています。仕事が午後だけだからこそ、そして一人暮らしだからこそ出来る、この自由さ。こんな時くらい、「一人でよかった」と思うのも、アリですよね?(^^)

冬のオリンピックといえば、個人的に、前回のバンクーバーオリンピックを思い出します。浅田真央ちゃんとキム・ヨナ選手が金メダルのデッドヒートを繰り広げていたころ。

私は、駅の売店で働いていました。自分の人生の中で、もっとも過酷だった時期のひとつに入るのではないかっつうくらい、しんどい毎日でした。

製薬企業畑を歩んでいた私が、体調の関係で、ほぼ解雇状態で放り出されました。その後、療養に努め、背伸びしまくって、再び製薬関係企業に就職。しかし、3ヶ月ほどで、あっけなく社会から放り出されました。

地道に療養を続け、ようやく見つけた仕事は、駅の売店。派遣などの事務職をやる自信は無かったのです。

一日中、あの狭いキオスクみたいな所で、一人で立ち続けます。といってもターミナル駅でしたから、お客さんはひっきりなし。ほとんどのお客さんは、急いでいるので、不機嫌。

当時はレジがなかったので、値段をすべて暗記し、おつりも暗算。タバコの銘柄を覚え、スポーツ紙の値段を暗記し、雑誌の値段を暗記し、細かなお菓子の値段を暗記して。

急ぐお客さんたちに、足し算して値段を告げて、もらったお金からおつりを計算して、返す作業。それを滞りなく行います。ラッシュ時には一度にたくさん来るから、もう、すさまじい世界でした。このお客さんは、新聞とタバコ、こっちのお客さんは、お茶と新聞とカロリーメイト、このお客さんから受け取ったのは千円札、こっちのお客さんはパスモで・・・あのお客さんはガム追加したから、120円プラス、云々、云々。

販売以外にも、商品の発注や在庫管理、陳列なども全部1人で行います。

私、当時は、駅の売店なんて誰でもできると見くびっていました。でも、誤解でした。色んなタイプの人が入社してきましたが、3日程で辞めていく人も多かったです。

そんな中で、私は、頭の回転もよくないし、暗記も苦手。きつかった。しょっちゅうおつりを間違えて、怒られたり、笑われたり。

キオスクの仕事量、ハンパなかったです。勤務時間は朝5時からの9時間勤務の週と、深夜0時まで9時間勤務の週が、一週間おきに交代でやってきます。体がついていきません。今思い出しても、私としては、過酷でした。

それまでが大会社で、きれいなオフィスで、きれいな服を着て、大きなお金が動くスマートな仕事で・・・お給料も、今思えば夢のような金額でした。

そんな場所から、駅の売店に。最初のうちは、「転落した」と、みじめな気持ちでいっぱいになっていました。(駅の売店で働いている方、ごめんなさい。当時の私はそんなふうにしか思えなかったのです。)

お客さんからも蔑まれたり、酔っ払いに絡まれたり。それでも、笑顔だけは作っていました。それしか取り柄がないと思ったから。「いつも笑ってくれて嬉しいね」と言ってくれる常連さんもできました。

閉店時間後はシャッターを閉めて、毎晩、精算作業をするのですが、それは夜中の0時を回っています。お金を数えて、金庫に閉まって、翌朝の準備をして。。。終電ぎりぎりまで作業です。

その間、私は、よく携帯で音楽を聴いていました。

好んで聴いていたのが、ゆずの「虹」という曲です。有名な曲ですよね?

「♪越えて 越えて 越えて。流した涙はいつしか、一筋の光に変わる」♪♪♪

これを聴くと、必ず涙がこぼれていました。シャッターを閉じた狭い空間で、一人、がんばれる、私、大丈夫、がんばれる。と、自分に言い聞かせていました。

時々、酔っ払いがシャッターをガンガン叩いていきます。そういうときは、携帯のイヤホンのボリュームを上げました。


冬季五輪の話から遥か彼方に話題がそれてしまいましたが、今回のソチ五輪を見ていて、この「虹」の曲を思い出しました。どこかの局のテーマソングだったかな~?と思ったけど、全然違いましたね。

参考までに、バンクーバー五輪の各放送局のテーマ曲は、こうだそうです。↓

日テレ「揺らせ、今を/嵐」
TBS  「Heal The World/マイケル・ジャクソン」
NHK  「BLESS/L'Arc~en~Ciel」
フジ 「LUCKY☆STAR/大塚愛」
テレ朝「スーパースター★」「Triangle」/SMAP
テレ東「Believe/青山テルマ」

すいません、一曲も知りません。


今日は、洗濯物を干しながら、久しぶりに「虹」を聴いてみました。

当時はあんなに泣きながら聴いていたのに、今日は全然泣かなかった^^;

体はあの頃よりボロボロだけど、気持ちは、あの頃よりずっと、健康みたいです。

結局、売店の仕事は、体がしんどくなったので辞めたのですが、その4か月後に癌が見つかっています。

勤務中、浅田真央ちゃんの演技の時間に、ちょうど休憩時間に当たったので、売店の中でワンセグで観ていました。「悔しいけど、キムヨナ選手のほうがうまいよな~」と思ってみていました。そして、真央ちゃんが表紙の雑誌を買って帰りました。

真央ちゃんを見ると、売店で頑張っていた頃の記憶がよみがえります。ほんとにしょっちゅう泣いていたけど、あの頃の自分、嫌いではないです(^^)

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ブログを書く意味。

世の中には、数多くのブログがありますよね。書く理由や目的は、人それぞれだと思います。

私の場合は、なんで書いているのかな?と、改めて考えてみました。

理由:書きたいから。

目的:読む人の役に立つこと。

こんな感じ?

理由はともかく、「読む人の役に立つ」って、ねぇ・・・。我ながら、なんだこりゃ?って感じですが。

役に立つ・・・。そうですねー。いちおう闘病ブログではあるので、治療のことや、副作用のことを書いて、同じ病気の人の参考になったらいいなぁ。ってこと?!

それも、あります。でも、標準治療を受けている私が発信できる情報は、ネットで探せばいくらでも見つかるようなことばかり。私が調べがつくことなんて、きっと、他のみなさんも調べがつくに決まっている。

だいたい、病人らしくなさすぎて、全然闘病記になっていない。

これでは、同じ病気の人の役には、立たないではないですか!

うーん、ありふれた凡人の日常を文章にしていて、何か役に立てているのかなぁ・・・?

と、ちょっとばかし考えていたところに、たまたま、とあるサイトを見つけました。あえてリンクは貼りませんが、そのサイト(ブログ)では、管理人の方が気に入ったブログをいくつか、紹介していました。そして、それぞれのブログのどこがどんなふうに気に入っているのか、詳しく感想を述べておられました。

その中に、私のブログがありました。管理人さんとは、おそらく面識ないと思います。コメントのやりとりもしたことのない、こちらからは全く存じ上げない方が書いてくださる感想は、非常に興味深いです。

いわく。「もっともお気に入りの闘病記のうちの一つである」ですと!光栄です。

で、いったい、どこらへんがお気に召していただけたんで?私の病気の情報発信、役に立っていますか?!(*^^*)ワクワク

・・・と、読み進めていたら・・・

「病気に関して役立つ情報はあまりない」・・・(T∇T)

「本論と関係ないことを長々と書く傾向がある」・・・(T∇T)

「東方神起のユノについて書くときには、“この人、イッてる?”と思う」・・・(T∇T)

ぜんぜん、褒めてないじゃないですかーーーーー(T∇T)

しかも、全部、身に覚えがある(T∇T)

それでも、この方は、私のブログを大好きと言ってくださるんです。好きな理由も、細かくたくさん言葉に並べてくださっていました。(手前味噌になるので、ここでは書きません)

とても冷静に分析されていて、だからこそ、しみじみと嬉しく、ありがたくなりました。そして、発見もありました。

読んでいて嬉しかった箇所は沢山あったのですが、ウルっときた箇所だけ、書いちゃいますね。んとね。

「読み物として面白いから、彩さんには、病気を治して、ずっとブログを書き続けていってもらいたい。」

私にとっては最高の賛辞でした。この方の、お役に立てているんだもんね。

その方の言を借りれば、ブログの書き手と読み手との相性も大切だとのこと。私のブログを好きだと言ってくださる方はありがたいことに他にも(少し)います。みんなと、相性がいいんですね(^^)嬉しいです(^^)

最近、ブログ村のランキングから外れもしましたし、人気ブログでもないし、なんだかな、と思うこともあったけれど、やっぱり、自分が楽しく書いていきたいと思い、今日の記事も書いてみました。(自分を褒めて何様だよって内容ですが。)

それにしても、ユノの記事を書くときの私、イってますか?東方神起に関しては、いたって普通のノリなんですがw

写真 (2)
ふなっしープリッツ、全4種類のパッケージがありますが、売り切れで3種類しか買えませんでした。「梨汁ぶしゃー味」、クリーミーな中に梨のフレーバーが効いていて、とってもおいしいですよ♪

ブログ村ランキングにも、いずれ復帰するつもりです。ランクインしないかもしれないけど(^^;) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。