スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

「ブログは参考にしないでね」

前の主治医だったか、今の主治医だったか、それとも別の科の医師だったか、はたまた、看護師だったか・・・?よく憶えていないのですが。

「患者ブログは参考にしないでね」と言われたことがあります。うーん、看護師じゃなくて、医師だったと思うんだけどなぁ。誰に言われたかは定かではありませんが、言われたのは、確実です(笑)

なぜ、そんなことを言われたかというと。

私が診察の時に、人の闘病ブログにこんなことが書いてあった、みたいなことを話して、自分の症状と比べて話をしてたのです。

そのときに、「癌の症状は人によって違うし、同じステージでも、同じ転移箇所でも、治療法が異なることはいくらでもある。だから、参考にしないでね。参考にして悲観しても楽観してもよくないから。参考にするなら、他の医師の話とか、文献とかにしてね。」

と言われたんです。

それ以来、私は、患者さんやご家族の書くブログから発せられる「医学的な情報」は参考にしないようにしています。

(こちらから質問したときに答えてくださる内容は、別です。それはこっちから取りにいった情報なので、とっても参考にさせていただいております)

でも、新薬の開発とかTV情報などの一般的情報に関してはとってもお世話になっていますし、副作用の現れ方なども、とても参考にさせていただいています。落ち込んだときの気持ちのコントロールの様子とかも。

が、たとえば、「○○の症状には○○という薬を飲む」とか、「○○になると○○になる」というのは、丸のみせず、必ず自分で根拠を探るか、医師の確認をとるようにしています。

食事療法なども、然りです。

だから、自分のブログでも、日記的に「こういう薬を飲んでます」みたいな話題をしても、「これがよいです。」とは書けません。「私には合っています。」とか「私の場合は、こうでした。」なら書けます。

こんな具合なので、時々、自分のブログを読み返すと、他の方の闘病の参考には全然ならないよなー、と思うことがあります。

ではなぜ、ブログを書くのか?目的は・・・

気の持ちようとか、やり過ごし方とか、そういうことを、自分の例だけだけど、つらつら書きたいだけなんですよね。自分のため!(苦笑)

そして、読んでくれた方が何かを思い感じて、その「何か」をご自身の中で料理してくれれば、それでいいと思っています。

なんていい加減なブログでしょう。このあたり、「はじめまして」の記事で書いたときからブレてないっちゃぁブレてないですよね?!(←必死に自己弁護)

昨日、ヒマを持て余していろんなブログ巡りをしました。ブログ村にも登録されていない、初めて読むブログも結構ありました。ほんとにたくさん闘病ブログがありますねー。

ネット上の情報は玉石混淆なのはみなさんご存じの通りだから、読み手の責任と言ってしまえばそれまでだけど、やっぱり、自分では正しいだろうと思っていても、「確実でないこと」は書けない、私です(小心者)

あ、“治療に関する”話に限ってのことです。

「一患者」の立場で発する情報としては気を付けたい、というお話でした。

ところで、昨日のブログめぐり中に、腹膜播種の方のブログを2つ見つけました。いずれも、診断されてから半年程度の方でした。

共通して書かれていたのは、「腹膜播種はこわくない」ということでした。お二人とも、「ネットで腹膜播種を検索したら絶望的なことしか見つからなかったが、自分のは治った」というものです。不安な中に光明を見出す、力強いブログでした。

なので私も希望をもって読み進めたのですが、どうやら、お二人とも、播種以外の転移は一切なく、播種も、1ヶ所または2ヶ所で、完全に取りきった方でした。

なるほど、一口に「腹膜播種」といっても、このように一応根治可能なものから、私みたいなジュニアミドル級?(ダグラス窩~横隔膜まで色とりどり)、さらには腹水や腸閉塞まで引き起こしてしまう重症の方まで、いろいろです。

だからこそ、まだ病気や治療に関する知識が深くない患者さんが読んだときに、誤解を与えないような書き方をしていきたい、と思いました。自分の年齢や基礎体力、家庭環境や仕事の内容、物事の嗜好などを細かく書くのも、「私の場合はこういうバックグラウンドがあっての、現在の様子」というのを正しく受け取ってもらうためです。

(と、かっこいいこと書きましたが、じつは大半はただ書きたいから書いてるだけとも言います)

なんか、細かいですかね、私。神経質というか。

いまのところ、ミドル級以上の播種の人のブログで、長年書かれているものを発見できずにいます。なので、私のブログが「ジュニアミドル級だけど長いぞ」ブログになれたらいいな、などという野望も少し持ちました。

いや、きっと、ブログ村とかに登録していないだけで、よく探せばあると思うんですがね。それか、ブログ書いてないけど、元気だよって人とか、絶対いると思いますし。


またダラダラとまとまりのないことを書いてしまいました。ごめんなさい。

今日は、自宅のベランダから、ブルーインパルスの飛行が見えました(^^)国立競技場のラストセレモニーで飛んだやつ。

昨日もリハ飛行を見ましたが、今日のほうが、より真上に近いところを飛んでくれて、感激しました!
ブルーインパルス

なんやかや言っても、いろんなタイプのブログがあるから面白いってのも、事実なんですけどね( ´艸`)
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

XELOX+BV 19コースめ始まりました。

本日、通院日にて、XELOX+BV療法の19コース目がスタートしました。

いつも通り、エルプラット抜きなので、ゼロアバ状態。でもカルテ上は「XELOX」。w アバスチンの点滴注射をして、ゼローダをもらって帰ってきました。

もう19コースめかぁ。次はとうとう、20コース目の大台に。ここまで持つとは思っていませんでした。今日も診察時に、「また次回も同じ療法でいきましょう」と言われて、

「あ、また3週間、生き永らえた(^^)」とか思いました。使える薬の数に限りがある以上、この先も何年たってもこんなふうに思うのかな?それとも、抗がん剤なくても治ったりすることもあるのかな?

今日は婦人科と消化器科だけだったのですが、婦人科では、毎回触診をしてくれます。子宮の裏側にへばりついている腫瘍の塊の大きさを、手でチェックしてくれる(笑)かなり痛いし、気持ちわるいのですが、手で、というアナログ具合が妙に信頼できています。

この腫瘍が、今日は少し柔らかくなったらしいです!!これは、良い傾向。(もっとも、今までも柔らかくなったり固くなったりを繰り返していて、決して小さくはならんのですが)

そして、消化器のほうで測った腫瘍マーカーは。


下がっていました!!!!!!!

といっても正常値ではないのですが、下がっていました!!!!!


腫瘍まーか5
こんな些細な減少ではありますが、「下がった」ことを強調したい。

というのも。

グラフ内の、緑色の矢印んとこ。ちょっと数値が、下がってますよね? 2回とも。

これ、

東方神起のライブの直後なんです!!!!

すみません、ただ単に、東方神起が私にとっては抗がん剤よりよく効いているというのを、声を大にして言いたかっただけです・・・。
daro.jpg

いやまじめな話、やはり、心から楽しいと思えることをしていると、免疫があがって、癌細胞をやっつけるってことなのでしょうか。

主治医には東方神起がー、なんて言いませんでしたが、前回から5週間あけたにもかかわらず下がっていたので、先生もニコニコでした。「まだまだいけるね」って。


一方、あまり嬉しくないことも。何度か記事で書いているおへその横のグリグリですが、これが、痛さを増しているのです。今日は帰りの電車の中ですごく痛くて、座りながらお腹を抱えてしまうほど。慌ててロキソニンを車内で飲んだけど・・・

こんなに痛いのは初めてです。

主治医が触診してくれたんですが、

「播種だなぁ・・・」とぼそっと言った直後、

「でも、良いものか悪いものか、可能性は半々だから。」と言ってくれました。でも手術痕のところによくできる塊とは違うらしい。というのも、私のは大きくなっているからなんだそう。悪いものだと大きくなるんだそうです。

手で触っただけだと脂肪もあるから(え←)、確認できないので、6月のCTで、大きくなっているかを観察しましょうってことになりました。そのときに大きくなったら、療法を変えようね、って。

大きくならない気が満々ですけど(笑)でも痛いのはいやです。

ちなみに、この播種が大きくなったとしても、腸閉塞になるくらいだと。ふーん、腹水たまるとかじゃないなら、大丈夫。腸閉塞なら、大丈夫。と思ってしまった私は、よいのだろうか。腸閉塞でも十分、大騒ぎだと思うが・・・。

先生は、深刻そうに言ってましたけどね。(ヘラヘラする私をまじまじと見ていたような気が、しないでも、ない・・・。)

なんか、「死にさえしなければたいしたことない」という私のこの感覚は、間違っているような気もする。

話が逸れました。

今日は、婦人科の先生に、「太ったね」と言われました(--;)たしかに太ったけど、面と向かって言われると、超ショックで。ずっと落ち込んでいました。抗がん剤中に太る人は多いけどさ・・・痩せちゃうよりいいけどさ・・・

脂肪があると手術大変ですよね?だから、運動をすることにします!!!!!!!何をやるかはわからないけど、たぶん、部屋の中でできる、ビリーズブートキャンプのDVDかなんかを掘り起こして、なにか汗をかくことをやってみます!

ほんとは水泳が好きなので、前みたいにスポーツクラブで泳ぎたいんだけど、予算もないし、抗がん剤やりながらプールってのも怖いので、やっぱビリーかなw

余談ですが、運動音痴な私が唯一、人並みにできるスポーツが、水泳と卓球です(あ、唯一じゃなくて唯二だ)

太った原因は、仕事が事務になったってのもあると思うんですけどね。でも立ち仕事に戻してもらうわけにもいかないし・・・むむむ。

がんばろ。


前回の記事では、落ち込んでいてすみませんでした。こういう起伏をこれからも繰り返すと思いますが、これまで同様、ぬるーく見守っていただけたらありがたいです。なんて、たいした読者数ではないので恥ずかしいのですが(^^;)だからこそ、固定で読んでくださっている皆様、心から、ありがとうございます。(なぜ今いきなり)

やっぱりここに嘘は書きたくないから、元気を装った自分はこれからも書かないと思います。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

やり場のない怒り

いま、ものすっごくイライラしています。

どこにもぶつけられない怒りと、格闘しています。

暗い内容になると思うので、読んでくださらなくてもOKです。自分のために、メモります。


どうして、癌になったんだ?そこんとこです。

今まで、あまり怒りの感情って、なかったんですよね。悲しいとか怖いとか、不安とか、そういう感情はたくさんあったけど、「なんで自分が癌にならなきゃいけないんだよ?!」的な怒りは、ほとんど感じていなかったんです。

それが、昨日から急に、とってもとっても感じています。体が疲れているせいもあると思います。

昨日は東方神起のライブに行ったのですが、やはりとっても楽しかったんです。ユノがかっこいいなー、かわいいなー、って幸せで。

でも、途中のバラードで、ラブソングの歌詞を聴いていたら、

「仮に愛してくれる人がいて、その人が守ると言ってくれたとしても、死は免れないのだ」と思ってしまいました。

そのへんから、感情は不安定になっていきました。

だから、ラストで、ユノさんがステージから消えたとき、「もう2度と、生きて見ることはないのかも」などと、じわじわと感じてしまいました。今生の別れではないけれど、それに近い感覚でした。

そして、悲しみと同時に、怒りがこみあげてきました。なんでだよ。なんで、そんなに早く死ななきゃいけないんだよ。って。

私よりもずっと若い患者さんからしたら、何いってんのって感じなんでしょうが、いくつになっても、怖いものは怖いです。私はもう十分生きたから、私の命を、お若い皆さんに譲ります、なんて、綺麗事だけで済まされる感情ではない。

生きているんだもの。今。

病状が悪化したわけでもなく、先日の記事にも書いた通り、数年以内に死んでしまうとは思っていません。だけど、その確率は、病気でない人より、かなり高い。その事実が突きつけられ、突然の恐怖に変わりました。

それでもね。私のキャラクターは、明るくて、元気で、恐れなんて見せちゃいけない。と思った。だから、がんばろうと思った。絶対、泣いてはいけないと思った。人に、そういう姿を見せてはいけないと思った。

でも、むりです。本当の私の姿なんて、甘ったれで、弱くて、愚痴っぽくて、暗くて、怖がってばかりいる、どうしようもない人間なんです。

癌になったからって、強い人間になれるわけじゃない。良い人になれるわけじゃない。

むしろ、癌にならなければ、こんなに怒りの感情なんて持たなくて済んだんだ。

そして、自分という人間にも、嫌気がさしました。周りの優しい人たちを困らせるだけの、迷惑きわまりない存在。

5年生存率。先日の記事にも書きましたが、決して高い数字ではありません。でも、5年は、いけると思っています。

が、10年生存率となると、ほぼ、0%なんですね。

10年後、生きていれば55歳です。それだけ生きられれば、十分だとも思います。若い方からすれば尚更です。だけど、もっともっと生きて好きなものを見たりできる人のほうが、断然、多いです。

中年女の戯言です。わかっています。

自分の殻というものがあるのなら、その中に入ってしまいたい。殻にこもっていれば、誰のことも傷つけずにすむし、悩ませなくても済むでしょう。


いつの時代にも、歌の詩には、「必ず明日は来る」というフレーズが好まれているような気がします。だけど、この「明日」が来ないという恐怖が、こんなにも大きなものだとは、知りませんでした。それを実感する少数派のグループに、なぜか入ってしまった。

昨日、遊び歩いたためでしょうね、お腹のぐりぐりがすごく痛くて、帰宅してすぐ横になるほど、痛みました。最近気にしなくなっていたのですが、改めて触ってみたら、明らかに大きくなっていました。播種が成長しているのか、はたまた、ただの疲れによる浮腫かなにかか。

好きなものがあるって、時に残酷なんですね。何も持たずにいれば、死もそれほど怖くないかもしれない。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

東京ドーム行ってきました→廃人(^^;)

東方神起っ、ライブツアっ、2014ッ、TREEっ! 行ってきました、東京ドーム。
(↑東方神起風に言ってみました。)
dome.jpg

ドーム初日の20日と、昨日の21日に行きました。東京ドーム4daysのうち、私は明日は、泣く泣く仕事を優先。(てか予算がないだけ)でも明後日の土曜日ラストは、行けます。ありがたや~。

ツアー初日の横浜会場での、お出迎え看板(正確には、グッズ紹介看板、かな?)
看板1


東京ドームでは、こうなってました。↓
看板2

さて。今までの東方神起イベでは、91.6%という確率で右側の座席に座ってきた私。座席1
(過去記事 → ほぼほぼ右。

いくらなんでも、そろそろユノさん側である左側、来るだろ?!と思っていました。

そして、届いたチケット。

初日
座席2
やっぱりwwwwwwww


でもね、ラストの分!チケットには、「1塁側」の文字が!

ついに、きた、ユノ側!!!!



と思ったら。
座席3
なのねwwwwwwwwwww

でもさ。右に偏ってることにとらわれてたけど、考えたら、いずれも1階席の前のほうで、トロッコで近くに来てくれる座席ではないですか?

実際、初日はトロッコで近かったし。。。ラスト24日も期待できそうですし。ほんとうにありがとう(*^o^*)

さて初日。私はかなり冷静に「ゆのーゆのー」と名前を呼んでいました。つもりでした。が、同行したSちゃんによれば、

「絶叫していた」

らしいです・・・w
yunotree.jpg

そして昨日。人生初の、プレミアムシートという、ぷれみあむな席です。普通席の倍の金額です(TT)でもステージ近くの席が確保されています!

限定グッズのプレゼントもついてるし、数回にわたって東方神起メンバーからのメールも来ます。このメールサービス、どうでもいいと思っていたのですが、実際もらってみると嬉しいですね。痛々しいファンの側面が顔を出しますw

プレミアムシートは、現地発券のため当日まで席がわかりません。どきどきしながら、専用ゲートをくぐり、プレミアムな空間へ。(ゲート前で友達が写真を撮ってくれたのですが・・・送るの、忘れてる?笑)

ずらっと並ぶ発券機の、どこに行こうか・・・どうせなら良い席のチケットがほしい・・・予め決まってはいるのだろうが、やはり、できるなら・・・

と悩みつつ、一番かわいいお兄さんの発券機に行きました!

発券されたチケットは・・・

プレミアムシートの中でも一番はじっこのブロック・・・(TT)・・・・隣は一般席だよ。

テンション、急降下でした。

でも。。。去年の東京ドームでは、一般席だけど隣がプレミアムってことあったし・・・その時は超ラッキーだったわけだし。。。。だから、今日の幸せは、きっと、平等に与えられている分なんだ・・・

と自分をなだめつつ、席に座りました。P席は連名では申し込めないため、全員がおひとりさま。お隣の綺麗なおねえさんとお話しました。

スーツを着こなし、ほんのりパフュームを漂わせ、ピンヒールで颯爽と現れた、所作がとっても女性らしい、素敵なおねえさん。隣の私といえば、張り切ってビギTを着て寒いからビギタオルを羽織ってるおばさん。

うわー、この違い、なんだ?!私みたいな痛々しいおばさん、はたして相手にしてもらえるのか?!と一瞬不安だったけど、どっこい。とっても良い人で、ユノ大好きで、笑いのツボやユノの萌えポイントがすべて共通していたので、とっても楽しかったです。

あんなきれいなおねえさんでも、ライブ中は壊れるんですねw

へんな言い方だけど、「ユノの嫁はこういう女性がいいなぁ♪」とか思いながらお話してました。(お相手の方、勝手にごめんなさい)

そうそう、座席!はじっこだったと書きましたが、さて、右側?左側?

じつは。



座席4
はいっ、きました!念願の、ユノ側!

ユノさんががんがん来てくれて・・・・これでもかってくらい、美しいお顔を拝ませてもらって・・・・

芸術鑑賞をしているような気分で、見入っていました。

やっぱり綺麗な、顎のライン・・・(やせたよw)

なんて綺麗な、細くて長い指・・・・

なんて綺麗な、つるつるぴかぴかの二の腕・・・・

前髪から滴る汗のしずくが、きらきらして・・・・

きゅっとひきしまった足首、ながーい膝下に始まって、(お腹は省略)、厚い胸板、揺れる胸板w、汗で光る首、濡れた髪。すべてが美しくて、昨年の「生ユノ」を初めて見た感動を思い出しました。

お腹だって、べつに出てるわけじゃないし!!!!当たり前だけど。

いや、芸術作品ですね、あの美しさは。チャンミンさんのほうがイケメンなんだけど・・・人間ぽいんですよね、ちゃんと。

ユノさんは、人間ではないみたいな・・・・なのにあの可愛いキャラなもんだから、もう。

可愛いと思ったらドヤるし・・・昨日のドヤり具合、ハンパなかったし。

とっても・・・・とっても、楽しかったです。

yunotree2.jpg
やんちゃなユノさんもかわいいです。

途中、「Humamoids」の後だったかな?ぜいぜいして椅子に座って、「ふー、疲れた」と思わず口から出てしまった私。われながら、自分がコンサートしてるんじゃないのに、なんでこんなに疲れるんだよって感じでした。応援しすぎ、ですかね。

じつは風邪気味で体調がいまいちだったのもありw あ、でもビタミン剤いっぱい飲んで、乗り切ってます。私の免疫力、すごいかも( ´艸`)


ここで、ちょっと、痛々しいことを書かせてください。

「Tree of Life」という曲があるんですが、その曲を円形ステージで噴水の中で歌ってるとき、割と近くから見えてて、ユノさんの熱唱に見入って聞き入っていたんです。

曲の内容は、「木が雨で成長するように、人は愛で成長する。木が深く根ざして立っているように、僕たちもこの場所で絆を深く根ざして、永遠に繋がっていこう」みたいな感じのバラードなんですが、

ラストのところ

「守りたい奇跡が そう ここにある」を歌った直後のユノさん。目を閉じて歌い切ったあと、会場内を見渡したんですね。いつものあの優しい眼差しで。

そのとき、ちょうどユノさんの背中側からスポットライトが当たってて、私らの席のほうが明るくなっていたんです。そんな中、私、例によって、

「いま生きていて、ここにいることが、奇跡なんだ。守りたいんだ。」とかみしめていたら、涙がじわーっと出てきちゃって。

ぼーぜんとユノさんを見て立ち尽くしたんです。そしたら、

ユノさんの視線が、私のまわり半径3メートルくらいのところで、ピタっと止まったの。

そしてずっと、こっちの半径3メートルくらいのところを見つめたまま、そのまま止まってたんです。

私は、ユノさんと視線を合わせたつもりになりながら、去年の初ライブのときのことを思い出しました。「来年は、ストーマかもな」とか、「来年はヅラだろな」とか、「来年は、生きてないかもな」とか思ってたころを思い出して。

いま、こんなに元気にいられるそのことが、奇跡だと思いました。ユノ、あなたのおかげで、こんなに元気でいられるんだよ、って。

ありがとう、って。

そして、泣いちゃって。それを全部、ユノさん、見ててくれて。視線そらさずに、あったかいあのいつもの眼差しで、見ててくれて。

えーえ、わかっていますとも。私の周りの人全員が、「ユノが自分をみてる!」と思ってたことくらい。

そして、万に一つ、仮にユノが私を見ていたとしても、「あのひと、なんでないてるのかな?ぽくのファンかな?」程度にしか思われないことも。

でも、その瞬間だけは、信じたかったんです。私の思いが、届いたと。

信じていても、いいですか?

ユノさんのおかげで、一年間、こんなに元気にがんばれました!ありがとう!!!
yunotree3.jpg
かわいいなぁ(^^)

はー、長く書いてると疲れるな。読む方はもっと疲れるだろうな。ここまでお付き合いくださっている方がいらっしゃいましたら、本当にありがとうございます。

まだ続けますw

ユノさんの「韓国語講座」の時間。ユノさんが「恩に着る」「恩を返す」という韓国語を教えてくれた後、「この言葉を、お隣の人と、言い合ってください(^^)」と言ったのですが、これって、クリスチャン(プロテスタント)の礼拝でよくやるんですよね。私の教会だけかな?ではないと思いますが。

ユノさん、敬虔なクリスチャンなのは有名ですが、ちょっとね、「あ、ユノもやっぱりクリスチャンなのね」と、個人的に嬉しくなった瞬間でした(^^)ユノさんも人間なのですよね(笑)

はー。なんか、まだいっぱい書きたいことがあったのに・・・・忘れちゃった←

そうだ。P席の発券、イケメン兄さんのところを選んだと先ほど書きましたが、お隣の綺麗なおねえさんも、同じお兄さんから発券してもらったのだと後から知りました。「どうせならかわいいお兄さんから・・・」というのが共通の認識でしたがw

でもさ、もしかして、あのとき発券係のかわいいお兄さんに浮気したせいで、P席のはじっこだったのかなぁ?ちゃんと東方神起一筋にしてたら、神様みてて、良い席をくれたのかなぁ(T∇T)

いやしかし、実際、良い席でした。(しつこい) 周りに恵まれ、ユノさんもいっぱい来て。(隣の隣のチャンミンファンの女性は「チャンミンが全然こない」とぼやいてらして、気の毒でしたが)

天井から降ってくる無数の銀テープに懸命に手を伸ばしながら、

「私は、何に向かってこんなに手を伸ばしているんだろう」と、哲学しながら。本当に手にいれたいものは、何なんだろう。

もう、手に入っているのではないか・・・。

ライブの最後に、チャンミンさんが、言いました。

「僕が呼吸している限り、東方神起という“木”を守り続けます」。

呼吸、かぁ。止まるのは、いつなのだろう。私の呼吸が止まる瞬間、東方神起のことを思ったりもするのかなぁ。なにを考えるのかなぁ。

とりあえず、私の呼吸が止まったら、やっぱりオバケになって、ユノさんの楽屋にお邪魔しよう、と真面目に考えていました。

ユノさんこわがるから、絶対気配を感じさせずに、そーっと上から、見てみよう( ´艸`)

我ながら、前向きなのか後ろ向きなのかわからない性格です。


昨日のライブでは、ファンからのサプライズ演出もありました。恒例の、客席の人文字です。サプライズがあったということは、DVDに収録されるのが昨日のライブだということだから・・・・

ユノさんの私を見ていたあの目線が、また見られる。嬉しすぎーーー!!!!どうか、あのシーンでチャンミンを抜いていませんように>< 編集さん、お願いします><


プレミアムシートのグッズです。サプライズで一人ひとりに配られた白いペンライトも一緒に撮ってみました。
Pグッズ

昨日ご一緒した友達から頂いた、おみやげ。
ユノ爪切り
爪切り。抗がん剤してると、爪、もろくなりません?しょっちゅう爪を切る私にぴったりのプレゼントでした。Yちゃん、ありがとう♪

初日の帰りに立ち寄ったカフェで、ドリンクのプラカップに、手書きで書かれていたツアーロゴ。
東京ドームカップ
きれいなSちゃん、映ってますね(笑)

店員さんいわく、従業員に東方神起の“ペン”がいるんです、と。「無理やり“ペン”て言わされてません?」ときくと、「ハイ、まぁ」だって。(ペン=韓国語で“ファン”の意味)

そんなこんなで、楽しかった東京ドーム。昨日の盛り上がり後、廃人と化していましたが、この記事をかいてたら、また元気になってきましたよ( ´艸`)

明後日が私にとってのラストです。いっぱい楽しむぞー!!!

この幸せな日々に、感謝です。 (東方神起の画像はすべてお借りしました) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

5年生存率の話。(軽いよ)

仰々しいタイトルだからと、変に期待を集めませんように・・・。軽い内容です(笑)

癌の再発が確定したとき、「大腸がん」の「腹膜播種」ってことで、いろいろ調べたところ、私の5年生存率は、

約10%

ということになっていました。

同じ病気の人が10人いたら、うち1人だけが、5年後にも生存しているってことです。

残りの9人は5年以内に死亡するわけですが、その内訳は、もちろん癌死もいるけど、それ以外に、交通事故で亡くなる人も入ってるし災害で亡くなる人も入ってるし自殺の人も入ってるし、癌に関連して発生した不具合で亡くなる人も入ってるし、全然違う病気で亡くなる人も入ってる。

そして、老衰で亡くなる人も入ってる。100歳で癌が発見されて老衰を迎える、とかね。あと、治療の副作用で亡くなる人も入ってる。

私、当時45歳。特別若いわけではないけど、それでも50歳で死んだら、早死にといわれる年齢ではある。

癌以外に疾患なし。血圧正常。血糖値正常。心電図正常。中性脂肪正常。肺活量上等。コレステロール値正常。体脂肪率正常。禁煙完了。お酒あまり飲まない。

癌以外、ものすっごく健康体。だと思います。

それでも、5年生存率10%ときかされてしまうと、とっても不安で、いまにも死んじゃうんだ、私、という気持ちになりました。

それがですね。いま1年半が経過して、抗がん剤の副作用をのぞけば元気です、この通り。お腹いたいとか常に下痢気味とか腫瘍がぐりぐりとか手の黒色化とかはしてるものの、このままいけば、ほぼ間違いなく、「10%」に入る気、満々です。

あれ?1年前の話だから、いまからだと「3年半後生存率」になるのか?それとも、今からまた5年後と数えていいのか?

なーんてくだらないことを考えるくらい、「○年後生存率」に囚われなくなっている・・・・。過去にあんなに囚われて恐怖を感じていた自分が懐かしくなるくらいです。

もちろん、主治医からは、ことあるごとに「そんなに楽観してる場合じゃないんだけどなー」と苦笑されていますが。

元気だから、いいじゃん・・・。何年後に、何パーセントの確率で生きていようが、関係ないじゃん。いまを、生きていれば、いいじゃん。

うまく表現できないけど、そんなことを考えます。(こういう話、何度か書いてる気がする・・・繰り返してたらごめんなさい)

逆をいえば、5年生存率が仮に数十パーセントあったとしても、100%でない以上は、必ず亡くなる人も、いる。

自分がどっちに入るかなんて、確率ばかり気にしていても始まらない。治すこと、あるいは共存していくことにだけ注目していれば、生存率なんて、どうでもいいじゃん。個々の生存率なんて、後から付いてくるもんじゃん。

そんなことを考えながら、また1人、知ってる人の旅立ちを知りました。闘病、おつかれさまでした。つらかった治療、もうやらなくていいんですよ。周りの人はさびしいけれど、ご本人は、天国でゆっくり過ごせるはず、ですよね・・・。


さてさて。明日から、東方神起の東京ドームが始まります!ほんとは4日間フル参加したいところですが・・・少々体調に難ありな今日この頃。セーブして、3回で我慢しますw

あ、体調がよくないのは、単に季節の変わり目なのと、運動不足なせいですので、ご心配なきよう。。。

ドームが終わったら、またXELOX再開します!やだけど・・・あっ、奏功してるのに文句言っちゃいけませんね^^;

まぁ、ここは一発、東方神起で腫瘍マーカーをぐぐっと下げていこうと思います! にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

悩みというか、迷いというか。

いま、仕事のことで悩んでいます。悩みというより、迷い、かな。

フルタイムで働こうと思えば働ける状況になったのです。職場の環境が、ですね。

このタイミングで、「私、もう一度フルタイムで働きたい!」と言えば、受け入れてもらえそう。

でも、抗がん剤治療は、続くんですよね、これからも。そうなると、やはり仕事に行けない日も出てくるだろう。今のXELOXに耐性がついたら、FOLFIRIでボトルをぶら下げないといけない。それで出来る仕事では、ない。

治療がいついつまで、と決まっていれば、まだやりようがあるのだけど。とりあえず、経過観察に入る可能性はないと思っていてください、みたいな感じだから、困っちゃうな。

色々な方の体験談を伺うと、もう適応可能な抗がん剤がない!という状況になっても、普通に働けている方が結構いらっしゃる。私自身、その状態になったとき、きちんと仕事を持っていないと、経済的にやっていけないのではなかろうか?

自分が働かないと、治療費が捻出できない。

だから、長生きを見据えて、きちんとした職種に就かないといけない気がする。

でも、フルタイムで忙しく働いたら、今のゆったりペースを乱してストレスとかもきっとありまくりで、体も疲れるだろうから、今の健康をキープする自信が、ない・・・

実際、初発の術後にそういう生活をしてて、まんまと再発してしまったのだから。

では、体力的に楽な仕事を新たに探すべき?でもその勇気は、ないのです。

今の職場で、私のことをわかってくれているみんなの中にいるのは、メンタル面でとても有益だと思っているから。仕事するのが楽しいから。(ちっちゃな嫌なことは無論あるけどさ)

体を壊す覚悟で、人生を組み立て直すべきなのかもしれない。でも、その勇気が、いまひとつ、ない。

うーーーーん。

このままじゃ、いけないと思うんだけどな。最初に「あと2~3年の命」って言われたから、そのつもりで生きてきちゃったよ。

でも、腹膜播種でも未来は明るそうだな。

余命宣告が厳密正確だったなら、計画もたてられるのにな。

なんだか、治療のために、生きている気がする。

こんなふうに困ってる人、きっと私だけじゃないですよね。

とりあえず、「生き方」について悩めるようになったのは、幸せなのだと思います。

といっても、癌がよくなってるわけではないんだけど。単に、自分の気の持ちようの、変化ですね(^^) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

再びの「アナと雪の女王」

我ながら、おかしいと思う。同じ映画を2回も観に行くって。4日前に見たばかりなのにw

「アナと雪の女王」の2回目、行ってきました。今度は字幕の3Dで。新宿の映画館にて、平日昼間の割引料金で観られました(^^)

こないだの吹替えがかなり良かったので、字幕を見た後で「やっぱ吹替えにすればよかった」と後悔しないか不安でしたが、

皆無!!!

字幕、好きでした。ディズニーアニメは英語も聞き取りやすいから、私程度の英語力でも字幕あまり見なくていいし、何より、吹替えを一度見てるから、ストーリーはわかってるし(笑)

オリジナルだと、エルサがひどい扱いというか、「モンスター」と何度も呼ばれて、ちょいと気の毒。(吹替えでは「魔法使い」だったような。)

自分の力を隠すしかなかったエルサの心情が一層伝わってきて、アナとのやり取りもより自然で。

もちろん、「Let it go」もオリジナル英語の歌詞で。

「ありのままの」ではなくて、「どうでもいいや!」みたいな(笑)

「隠し続けてきたの」ではなくて、「知られちゃいけなかったの」みたいな。←エルサの意志だけで隠していたわけではない。

「悩んでたけどもうやめよう」ではなくて、「もう知られちゃったんだからどうでもいいや!」みたいな。←自分で前向きになったのではなく、そうするしかなくなっちゃって開き直った。

「どこまでやれるか試したい」のではなくて、「私ってなんでもできるじゃん!」みたいな。←自分の力を受け入れたとたんに自信家に変身!

「少しも寒くないわ」じゃなくて、「寒さなんてどうでもいい!」みたいなw ←どうでもいい、寒さでもなんでもかかってこい!からの、あのドヤ顔。(Let it goのラストの顔、ですね)

(“anyway”と、“past is in the past”が好き。)

エルサの開き直り具合が爽快です。とっても好きです。

エルサ、もともとは悪役だったのですね。そして、「Let it go」が作られて、それを聴いた人が「エルサは悪役ではない!」と、キャラを作り変えたのだとか。エルサの開き直りっぷりというか投げやりっぷりが小気味よいのは、私だけではないと思います。

そして、雪だるまのオラフには、今日もホロリとさせられました(T^T)

王国に春がきて、みんなが喜ぶ中で、ドロドロに融けまくりながら「今日は一番うれしい日だ!最後の日かもしれないけどね」とシュールなこと言って笑うオラフ(T^T)お笑いキャラなのに涙を誘います。もう大好きすぎ。

今日は平日の昼間の都心のシネコンでしかも字幕ってことで、子供が1人もいませんでした。男同士で見に来ている方たちもいました。私みたいな年頃のおひとりさまも、いっぱいいました。セーラー服の女子高生もいました。それこそ、ファミリーをのぞいた色んな世代がいました。

こないだの吹替えは、ほとんどがファミリーで。これだけあらゆる層に受けるのも、すごいですね。

こないだ観に行ったとき、じつは鑑賞前にとあるセールスのお兄さんにつかまって、時間つぶしにおしゃべりしていたのですが、そのお兄さん、

「この映画はリピーターが多いそうですよ。同じのを2回みる気がしれません」とかいってて、私も

「ねー。もったいない。一度で十分ですよねー」なんて言っておきながら、速攻2回目を観たくなっていて、仕事休みの今日、早速実行に移した私です。

DVDが出たら買いそうな勢いだな・・・。思えば、私にとっては初めて、劇場に足を運んだディズニーアニメでした。映像もとっても綺麗で・・・もう一度みたいくらいです(>∇<) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ワンコの誕生日。

今日は、うちのワンコの誕生日です!!!

4歳になりました(*^^*)

生きていれば、ね(^_-)-☆

ぽぷら、お誕生日、おめでとー。虹の橋で元気にしていますか?

今日は、キミの好きそうなフードを買ってきたよ。こっちにいた頃は乾燥フードばかりだったよね。お金のないお母ちゃんでごめんね。

IMG_0269.jpg
今日は、ウェットの美味しそうなのをお食べ♪ケーキは・・・買えなかったの。許して~。

そっちにお迎えに行くまで、待っててねー。お散歩、またしようね!いっぱい歩こうね!ロープ遊びもしようね!いっぱい、走ろうね!

待っててね。お誕生日、おめでとうーーーー(*^^*)/


ぽぷ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

「アナと雪の女王」好きでした♪

昨日、映画「アナと雪の女王」を観に行ってきました。

仕事が昼過ぎまでだったので、お天気もよくなんだかまっすぐ帰るのがもったいなくて。近所の映画館まで、チャリで。

上映スケジュールも把握せず、決めていたのは、「字幕」と「3D」で見ること。前に「貞子」を観に行ったときにもらった3Dメガネを持参してみました。(貞子観劇は、こちら→ 貞子3D2を観てきました。

なのに、小さなシネコンでやっていたのは、吹替2Dのみでした(笑)

ちょうどよさげな回を買おうとチケットコーナーに行くと、開演40分前なのに既に残席5ですと。前列の真ん中と、後ろのほうの端っこで一瞬悩んだ間に、「あ、もう残ってる席が、A列の○番とB列の○番だけになってしまいました!」と。即、「B列○番で!」と告げて、無事購入。

チケットブースを出口へ進む途中、「あ、売れてしまいました」と言っているスタッフと、じゃあA列で!と告げる女性客の会話が聞こえました。その少しあとに「アナと雪の女王、15時30分の回は売り切れました」との場内アナウンス。

このシネコンにはしょっちゅう訪れるのですが(映画みないでアイス食べに行ったのが殆ど)、売り切れのアナウンスを聞くのはこれが初めてでした。

封切から2ヶ月近くたつのに、噂通り、人気あるんだね。

さて、B列という首の痛くなる席ではありましたが、真ん中で、視野のすべてがスクリーンというのは、なかなか良かったです。

3Dでなくとも十分映像は綺麗で、音楽も綺麗。そこらへんは、事前に仕入れた情報通りで、安心して観れました。

さて問題のストーリーですが・・・・。

よかった!!!

これは、よかった!!!!

大人向けに市場を開拓したというのがよく理解できました。空想のお話なので突っ込みどころはもちろんありますが、そんなのどうでもいい(笑)


ここから、ネタバレ。気を付けてくださいね。

自分の特殊な魔力ゆえに人との交わりを断絶してきた、雪の女王エルサ。その能力が女王即位とともにばれてしまい、もう誰にも受け入れられない。国を出て、一人になる。

そして、ひとりぼっちの山で、自分はこのままでいいのだ、と、気付く。自分を受け入れる。生まれ変わる(「Let it go」の名場面ですね)

これって、多くの人が持っているであろう「他とは違う自分」あるいは「他には見せられない自分」。そして、「それを否定する自分」にあてはまるんではないでしょうか?

でも、それを隠さなくてもいいのだ、それは、間違っているとか、悪いということでは、ないのだ。否定しなくていいのだ。だから、周りになんと言われようと、私は私。ありのままの私で、はばたこう!!!!!

っていう、大人の夢ですね。

実社会では叶わないことが叶えられる、夢の世界。

好きです。

尤も「隠すべき部分」なんて、きっと、たいしたことでもなく、善か悪かでいったらどっちでもないようなことなんですけどね。(「Let it go」の英詞には出てきますね)

私の場合はこんな感じであてはまりましたが、他にも、たとえば自分には隠す部分は一切なくとも、周りからの圧力で自分を押し殺すしかない立場にいる人も、エルサの心境に感情移入しやすいと思います。

ある程度年齢を重ねた人にこの映画が受けるのは、そこらへんなのかなぁ。少なくとも私は、ここが一番好きでした。

もうひとつは、当たり前に描かれる「姉妹の愛」=「家族愛」の一般的な良さ、ですね。家族なしの私みたいなのの心には、あまり響きませんでしたが。

真実の愛こそが世界を救う、的な。その真実の愛とは、家族愛だ、的な。

たぶん、私みたいな種類以外の、大多数の皆さんには、先述の「解放」よりも、「家族愛」が心に残るのかな?

そしてもちろん子供は、単純にアナのハラハラドキドキのストーリーが面白かったりする。

こうして、あらゆる種類の人間にどこかで共感を持たせてしまう、おそるべし、アナ雪!

あとね。個人的に気にいったのは、「恋愛主義の王子様が出てこない」ところです(笑)

なんでも王子様が出てきて解決ってんでは、つまらないから。これって、現代の独立心の強い女性たちにも受ける、隠れた理由のひとつだと思うんですが。

(どうでもいいと思いますが、私はいまだに王子様に出てきてほしいと思ってる派です。痛々しいオバサンだと思われても、独身だもん。映画みた後で語り合う相手がほしい、って、昨日の帰り道、切に願いましたもん^^;)

私がディズニーの王子様嫌いなのは、自分が独立心が強いというのではなく、単に自分に王子様が出てこなかったからという、やっかみなんですねー。

王子様といえば、ハンス王子というのがアナと恋する役で登場しますが、その王子様、アニメーションのくせして、ユノと等身がまったく一緒ではないですか。変に感激しました。

アニメの王子と同じシルエットの、実物人間って、一体・・・。あ、お尻だけは、ユノのほうが人間ぽく大きかったけどさ。それ以外、足の長さとか手の長さとか胸板の厚さとか顔の小ささとか、なんなんだ、ユノのアニメ体型は・・・。ライブのときの王子衣装のままで、アニメ映画に出られるではないか。と、どこまでいっても東方神起な私。

↓↓ネタバレ警報↓↓

ちなみに、この王子、ラストで大どんでん返しでしたね。もっと別な方向のどんでん返しを予想して観ていたので、あれにはやられました。うん、面白かった!!!嫌な奴だった!!!!

あとね、アナが死んじゃった?!っていう場面で、映画館がシーンとなった時、客席から、小さな女の子の声で

「アナ・・・かわいしょぉ」と、泣きそうな声がしたんです。

とても自然でいじらしいこの声に、館内から暖かな笑いがこぼれました(*^^*)


松たか子さんの歌は、ほんとに好きです。前から彼女の歌は、素直な歌い方で大好きでした。(対してMay-Jさんはキライ)エンディングテーマを違う歌手が歌ってたら、私的には120点です!!!

あとね、忘れられないのが、雪だるまのオラフ。雪だるまのくせに夏の暖かさに憧れるってシーン、子供たちは単純に笑ってましたが、私にはなんだか切なくて、オラフの深さを感じました(考えすぎ?いや、ディズニーはそこまで考えてると思う)

エルサのLet it goで涙し、アナがエルサを守るシーンで涙し。そして、オラフがアナを温めようと暖炉に火を入れたシーンでも泣けました。オラフ、雪だるまなのにさ(T^T)


総じて、とっても良かったです。そして、「もう一回見よう!」と思いました(^^)

字幕でも見たいけど、吹替えも(私にしては珍しく)かなり良かったので、遠くのシネコンに行くより同じ所で吹替えで観ようかな?

すっかり「アナ雪」の戦略にハマりまくっている私です。

音でます

↑ 後半、エルサが足をガっとついて、氷が広がっていくシーン。「Here I stand」って歌詞の「stand」の部分に重なって、かなり良いです。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

そりゃそうなんだけど。

言われてよい気持ちがしない言葉のひとつが、

「人間、誰でもいつかは死ぬんだよ」という言葉でした。最近は全然へっちゃらになりましたが、前は、きつかったです。

もちろん、状況や相手との関係、自分の時々の心の持ち具合によって、同じ言葉でも全然違うふうに捉えることは多々ありますが。

人って・・・私だけじゃないと思うんですが、「励まされたい」ときと、「寄り添ってもらいたい」ときがあると思うのです。

同じ「病気で辛い」ときに、

「がんばって!」と言われて嬉しいときと、

「そうやって向き合っているだけで十分だよ!」と言われて嬉しいときの違いって、なんだろう?

今の私には当てはまらないですが、一年半前に再発を告げられた頃。

中央生存値が20ヶ月だの、抗がん剤をやれば2~3年は生きられるだの、5年生存率が10%程度だのと騒いでいたころには、その辛さというか切なさというか悔しさというか怖さというか、そんなもろもろの気持ちを抱いていました。

そのときに、そんなに親しくない人から

「人間は誰でも死ぬんだよ」と言われたときには、そりゃー、嫌でした。

そんなの、わかっている。誰だって、明日にも、いや、1分後に、事故とか災害とか心臓発作とかで死んでしまう可能性はある。

それは平等に、すべての人の上にある、恐怖。

だけど、それを常に考えながら生きてる人なんていないと思うんです。時折、災害などのニュースを見ては「私もいつ死ぬかわからない。」と思うならわかる。でも、いつもいつも、明けても暮れても、「私は死ぬんだ」と思って生きている人って、あまりいないと思う。

でも、病気になって、生存率がどーのと言われて、急に直面するわけです。5年後に生きている確率は、統計上では10%だということに。

そのやるせなさったら、言葉にならなかったです・・・。同じ立場の人にしかわからない。想像とは全然違っていたもん。

だから、「誰でも死ぬんだよ。早いか遅いかの違いだよ」って言葉は、突き刺さりました。

励ましてくれる気持ちだけはわかるから、ありがたいのだけど。

自分が、もう今にも死んでしまうんだ、などと思っていた頃。嬉しかった言葉もあります。

「その気持ちを本当にわかっているのは彩さん自身だけで、私にはわからない。だから、むやみに励ましちゃいけない気がするの。励ませなくてごめんね。彩さんの気持ちを尊重したいの。もちろん死ぬなんて考えないでほしいけど、でもそれに立ち向かうためにそれを視野に入れることは、きっと大切なんだと思う。彩さんにはわかっているんだと思う。だから、応援する。気持ちだけでも、応援させて」と言ってくれた友人がいます。

とっても嬉しかった。わかってくれようとしていること。私の気持ちを尊重してくれて、何も押し付けないこと。

叱咤にも近い励ましがほしいときと、寄り添いが欲しいとき。

それって、なんの違いだろうな。






考えてみた。

風邪をひきそうだと不安なのにもかかわらず薄着で夜遊びしてる人がいる。「ちゃんと暖かくして、早く家に帰ってやすみなさい!」と言う。

それは、言ってもらって嬉しい言葉。

「遊びたい気持ちはよーくわかる。だから、遊んでいていいんだよ。」これは、なんだそりゃ、って言葉。

一方、病気や怪我で本当に命が危ないとき。誰の目からしてももう今がヤマだろうという人に向かって「もっと生きなくちゃダメだよ!やり残している仕事があるじゃん!」などと言う。

対して、「いいんだよ。がんばっているんだから、そのままでいいんだよ。」これは、私だったらありがたい言葉。

自分ではどうにもならないことに関して叱咤激励されると、きついのかなぁ。






なんか小難しい記事だな。しかも甘ったれた内容だし。こんなの読んだら、私になにか言ってくれる人なんて、いなくなっちゃいそうだね。

傷つく言葉が人によって違うのがなんでだろ、って、ちょっと心理学的に分析したくなっただけです。今の私は、どういうわけか、死ぬなんてあまり思っていなくて、癌患者だということも時に忘れてしまう、定期的に病院に通ってる慢性病の人という認識です。

むしろ、長生きしたらどうやっておまんま食べて行こう、って、そっちのほうが不安です。

関係ないけどハマっている曲でも貼っておきます。サビの「出会ってから君を愛した死ぬほど 今や青く染まり枯れ 君を感じられない心に」ってとこのソロの歌い方が大好きです。ソロコンサートに行ってみたいけど・・・東方神起だけで手いっぱいでございます。(音が出るので気を付けてくださいね)

この人たち、食わず嫌いだったのですが、良い曲たくさん歌ってたんですね。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。