スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ブツブツ皮膚炎の正体?

抗がん剤治療を初めて間もなく、皮膚にブツブツができるようになりました。胸と背中です。

小さな赤いブツブツで、痒かったり痛かったりはしないのですが、ずっと治らなくて、広範囲にブツブツしてるので、見栄えがよろしくない。

癌でかかっている病院に最初に相談したときは、婦人科のベテラン医師が「脂漏性皮膚炎だと思うなぁ。抗がん剤で免疫が下がって、皮膚の常在菌が悪さをしてるんだと思うよ。」と言っていました。もう何ヶ月も前のことです。

でも皮膚の専門医ではないので、薬剤師の勧めでとりあえずのステロイドを出されて、せっせと塗っていました。でも全然よくなりません。

近所の皮膚科に行ったのは、先月の頭でした。患部をちらっと見ただけで、「ニキビだね!」と言われ、ダラシンゲルという、ニキビ治療薬を出されました。

そのときに「抗がん剤の治療をしているので、免疫が下がって皮膚炎になったのではないか?と癌の先生に言われたのですが?」と言ってみたのですが、何の抗がん剤か何の癌種かも訊かれることなく、

「ああ、癌ね、ハイハイ、ニキビよ、ニキビ!」と、いい加減なオバサン女医に診断されて、終わり。

それでも皮膚科医のいう事だから、と、せっせと毎朝毎晩、ダラシンを塗り塗り。

全然よくなりません(--;)

仕方ないので、別の、ちゃんとした皮膚科に、明日の金曜日に行こう。と思っていた、昨日の夜。

NHKの「ためしてガッテン」がたまたま始まったので見ていたら、話題は、「ニキビに見えるけどニキビじゃない皮膚炎」。

番組で紹介された患部の写真は、私のものとソックリ!ニキビ治療薬を処方されて塗ったけど全然よくならないというのもソックリ!

これだ。私の皮膚炎は、コレに違いない!と、番組を観続けたらば。

正体がわかりました。

「マラセチア毛包炎」。

マラセチアという、皮膚の常在菌が、免疫力の低下したときに、暴れて炎症を起こすのだそうです。

これ、これ、これです、きっと。

「ためしてガッテン」によれば、マラセチアは真菌で、カビの一種らしい(--;)水虫の仲間らしい(--;)でも、誰の皮膚にも存在する真菌で、健康であれば悪さをしない菌だそうで・・・

なんか、自分がカビてるみたいで、不潔みたいで、とっても嫌なんですが、誰の皮膚にもいるんだから、いいよね・・・。

番組を観終わってから、ネットでいろいろ調べたら、どうやら「コラージュフルフル」という、抗真菌成分が入ったボディソープでよくなるらしい。ちょうど、職場で配られた同品の1回分サンプルが家にあったので、早速お風呂で使ってみました。

そしたら!湯上りのブツブツ、いつもは赤くなるのに、昨日は全然赤くならなかった!これは、効いた?!もう、間違いなく、マラセチア?!

と確信して、今日、早速「ニトラゼンクリーム」を買ってきました!

ネットで調べる限り、マラセチアには「ニゾラール」という塗り薬(抗真菌薬)が処方されるらしいのですが、このニゾラールのジェネリックが、「ニトラゼン」です。

この系統の薬は市販されていないので、医師による処方箋が必要です。が、私は勤務先の薬局で従業員購入のシステムを使って、薬価で購入しました。1本246円なり。安い(^^)

ついでに、コラージュフルフルのボディソープも買いました。あと、頭にマラセチア毛包炎が及ぶと、フケの原因になるらしいので、なんか怖くて、予防のためにコラージュフルフルのリンスも買ってきました(^^ゞ

勤務先で買ったのですが、同僚の子にレジを打ってもらったら、「なんでコラージュフルフル買うんですか?!フケですか?!」と訊かれて、恥ずかしかった(--;)。思わず、「いや、私、フケ、ないでしょ?ないよね??でも、昨日のためしてガッテン観たらさ、なんか予防しとこうと思ったの!」と言ってみました。

そしたら、「あー、ガッテンに騙されてますよー。踊らされる消費者になってますよー」と笑われましたw

さてさて。今夜から、コラージュフルフルで体を洗って、それからニトラゼンクリームを塗ってみます。治るまで1ヶ月くらいかかるそうなので、根気よく続けてみます。皮膚は強いほうではないので、フルフルは患部だけにして、他はちゃんと保湿できるボディソープで洗うことにします。


ところで、最初に少し書いた、「脂漏性皮膚炎じゃないか」と予想した婦人科の医師のことですが。

「脂漏性皮膚炎」を調べてみたら、「原因は、マラセチアによるという説が有力」とありました。つまり、脂漏性皮膚炎と、マラセチア毛包炎は、ほぼ同義。婦人科の先生の予想が当たってたわけです。

私のコレが、本当にマラセチア毛包炎だったとしたら・・・婦人科のベテラン医は、やはりすごい先生です。長年の経験がものを言ったのか、それとも勉強熱心なのか。両方なのでしょう、きっと。

それに比べて、近所の皮膚科医は(--;) 前にも適当な診断されて治らなかったことあるんですよね。もう、ぜったい行かない。

なお、私の行っている抗がん剤治療は、アバスチンとゼローダなので、副作用に強い皮膚症状が出るものではありません。てことは。。。考えたら、この程度のブツブツで不快になっていたら、ベクティベックスとかアービタックスとか、できないなぁ。もっと強い人にならねば!

とりあえず、今は、コラージュフルフルとニトラゼンにがんばってもらいましょ。

(今日の記事は完全な自己判断で書いているので、似たような症状の方がこれを読んでいらしても、まずは皮膚科に行くことをオススメします!)
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ホヌのトイレ♪

トイレの模様替え?が完成しました!

って、カバーかけたりしただけだけど(^^;)

せっせと掃除して、カバーとマットとペーパーホルダーとタオルをホヌで統一。ホヌ柄の装飾テープも貼ってみました。スリッパもホヌなんですが、写真に入っていないなぁ?

(昨夜アップした写真からさらにほんの少し変えてみました。どこが変わったかわかるかなー?)
toire3.png
センスがいまいちなのは、おいといて(^^;)

もうちょっと濃いブルーをイメージしていたのですが、今日届いた実物は、通販サイトで見た色よりも薄い水色でした。

カバーがちょっと小さいですが、かろうじて許容範囲です。ちなみに、マットとカバーのセットは2700円(^^) 写真に写っていないホヌスリッパは、百均商品です( ´艸`)

いま現在、私のマンションで最もインテリアに手がかかっているのは、トイレです!(笑)

ところで、この商品一式をそろえたのは、楽天市場の某ハワイ雑貨専門店なのですが。

このお店が、ちょっと、対応がいまいちでした。欠品や配送ミス。せっかく可愛いお店を見つけたと喜んでいましたが、ショップレビューを見ると、私以外にも欠品や配送ミスが多い。残念です。

でも、ま、可愛いトイレができたので、満足です♪ほんとはもっとレイとかハイビスカスとか飾っちゃいたいけど、それをやったら掃除が大変になりそうなので、やめます( ´艸`)


完成してから気が付きましたが・・・これ、夏のトイレですね。今は涼しげでいいけど、冬は寒そう?

冬になったら、イチゴ柄に模様替えしようかな(^^) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

プチ模様替え

連勤が続いていました。

先週の土曜日から今日まで、水曜日を除いて全部出勤していました。

嬉しい!(^○^) 臨時で休みたい人の代わりに出勤していたので、考えようによっては「都合よく利用されている」わけですけど・・・

ともあれ、たくさん出勤したい私には渡りに舟です。声をかけてくれるのは、ありがたいことだと思っています。

連勤とはいえ、一日の勤務時間は5時間だけだし、主に事務作業だったので、そんなに疲れてない・・・かな?(^^;)

話は変わりますが、先週の土曜日から、なぜか模様替えをしたくて仕方ありませんでした。もう、無性に!でも、たいした家具があるわけではなし、広い部屋というわけでもなし。

本当は家具やカーテンを新調したいけど、そんな予算はどこをどうひっくり返しても見つからないので、プチ模様替えをすることにしました!

一ヶ所のみ、こだわって集中的に、雰囲気を変えてしまおう!と。

で、標的となった場所が、「トイレ」(^^)

今は小さな造花を飾っている程度で、スリッパもペーパーホルダーもシリーズで揃えてなくて、好き勝手な小物を使っていました。ほんと、がさつというかなんというか。なので、トイレは全然憩いの場ではなかったんですよね。

でも、大腸がんの患者としては、やはり、トイレにはこだわりたい。居心地の良い場所としていたい。だって過ごす時間が他の人よりちょっと長いかもしれないから(笑)

あと、なんとなく、トイレを綺麗にしておけば幸運も舞い込むような気がして?!それに狭いから簡単にイメージチェンジできるし?!

ここはひとつ奮発して・・・・いや、低予算で、かわいいカバーやマットで揃えてみることにしました。

近場のお店を見て回ったのですが、気に入ったのが見つからなかったので、1週間迷い悩んだ末に、やっと通販で注文しました。(数千円の買い物に1週間悩む私w)

ほんとは、ここで写真でも載せて、

「こんなふうになりました♪」と書けばよいのでしょうが、注文しただけで嬉しくなってしまい、書きたくなっちゃったので書いちゃいました( ´艸`)

明日、久しぶりに予定のない休日なので、季節外れの大掃除でもしようと思います。

あ、キッチンマットも一緒に注文しました!こっちは、すごく欲しいのがどこを探しても売り切れだったので、あきらめて違うやつにしました。でも、そっちも可愛くて一目惚れでした。

ちなみに、もともと欲しかったのは、コレ ↓
strawberry_01.jpg
モデル画像だけ。購入画面にリンクしてるわけじゃないのであしからず・・・。

わかる人にはわかりますよね、私がこれを欲しがった理由( ´艸`) ロングサイズはまだ売っているけど、私が欲しかったサイズはどこも品切れで、再入荷の見込みなしと断られてしまいました。

でも、代わりに買ったマットも、これに負けずにイチゴイチゴしてます!年齢の割に子供っぽいマットですが、イチゴが欲しかったの。さて、この写真みたく、綺麗なキッチンを演出できるでしょうか?(いや、むり(T∇T))

ちなみに、知りたい人なんていないとは思いますが、トイレは、「ホヌ」でまとめる予定です♪

ホヌって、ご存じですかね?ハワイアンな、ウミガメです。
mathjk2k.jpg
こんな可愛いマットが欲しいなー♪♪♪うちには似合わないけど♪♪♪

昔からウミガメ好きなんです。いまはスリッパだけホヌ柄なんですが、マットやら何やら全部、ホヌのお店で揃えてみました。

・・・・・・うちのトイレの話なんて、どーでもいいですね^^;

さぁて、どこまで雰囲気が変えられるかな?飾り付けが楽しみです。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

恋がしたい。。。?

やはり、恋愛って、いくつになってもしたいものですね(^^)

と、唐突に何を言ってるんだって感じですが。うん、何歳になっても、「きゅん」という感覚は、良いものだと思います。

私が最近「きゅん」とするのは、職場の24歳の男の子です(笑) もちろん!恋愛の感覚ではないですが(^^;)

「あぁ、息子がかわいいって、こういう感覚なのかな~?」とか。時々やさしくされると、「あと20歳若ければなー」と我が身を悔いたりとかw

優しい彼女ができてほしいなぁ、と思いつつ、「年上が好み」という彼に対して、「私も年上だよ!ダメ?!」というと、くしゃくしゃに笑って「うーーーーん、ちょっと上すぎですぅ!!」と答えるその子が、もう可愛くて。(あれ、「子」とか言っちゃってるしw)

ふと、その子が働いている姿を見ながら、「大学生の頃に片思いしてたあの大人びてた先輩は、今のあの子より年下なんだなー」とか考えて、当時の自分がどれだけ若かったかを思ってみたり。

当時のような甘酸っぱいような恋愛はもうできないけど、もしかしたら、相手が現れさえすれば、再びあの恋愛の感覚が戻るものだろうか?と思ってみたり。

癌が再発する前は、私は絶対にもう再発なんてしないような気がしていて、離婚してしばらく経った頃には「いつかまた、男性とお付き合いをしたい」と思っていました。老人ホームに入ってからでもいい。絶対に、誰かと出会いたいと思っていました。

でも、再発して、もう男性とお付き合いすることもないのだと思いました。

だって、病気の前から知っている人と恋愛になるのならまだしも。あいにくそういう相手は皆無です。となると、恋愛するには、新たに出逢わなければならない。でも、好きになる人に新たに出逢っても、私の命が長い保証がないから、むしろ心配かけるだけだから、もう、恋なんてしない・・・と昔のヒット曲のような気持ちでいました。

今も、そういう気持ちでいます。

でも。。。。長生きしちゃったら、どうしよう?それはそれはさびしい。家族がいても彼氏がいても孤独なものは孤独だよ、とはよく言われますが、やっぱり、物理的に全く一人というのは、さびしいです。

家に帰ってきたときに、「ただいま」と言う相手がいるかいないかの違い。

ま、私は誰もいない部屋に帰ってきても「ただいま!」と言いますが(^^;)

今の話し相手はテレビ。ニュースの人に向かって「こんばんは」と普通に言う。声を出したいから。

内面の孤独感というものは、きっと誰にでもあるのだろうけど、やっぱ声を掛け合う人が近くにいるかいないかみたいな、外的な孤独感って、あると思っています。

私は離婚しているので、それを作ることに失敗した身なので、文字通り「身から出た錆」なんですけどね。だから、自分がいけないだけ。自業自得。だから同情される余地もないのですが。

なんか、恋愛の話を書いていたら結婚の話になってしまいましたが、結婚は、もう無理。ってか、したくもないです。

でも、いつでも連絡を取り合うような、特定の男性と時間を過ごすのも、悪くないんだろうな、と思う、今日この頃。

癌でなければ、ほんとにカップリングパーティーとか行っちゃってると思います、私。恋に恋する46歳、ここにありw

癌でなければ・・・・・・・・・いろいろ、できたのにね。

あ、暗くなってないから、心配しないでくださいね(^^)

土曜日から4連勤していて、体は疲れてるけど、気分は良いです。働くって、いいですね。明日は久しぶりのメンバーでランチです( ´艸`) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

心が痛いのかな?

やっと喉の痛みが殆ど消えました(^^) なので、今日は耳鼻科へ行くつもりにしてたけど、行きませんでした。

8日間続いた痛みは、なんだったんだろう?

歯の痛みが治まった時は、痛みから解放されて眠れるぅ♪と喜んでベッドに入りました。

なのに、こんどは鼻の痛みで目が覚めました。左側だけ。鼻の奥から目の奥にかけてが、ズキンズキンと痛みました。目の奥の痛みはエルプラットでよく経験したけど、鼻が痛いというのは初めてで・・・。痛くて、そして、完全に鼻が詰まっていました(--;)

でも一晩だけで治っちゃいました。よかった。


昨日、お風呂に浸かっていたら、ふと、なんだか全身の力が抜けた瞬間がありました。リラックスしまくって素の自分が出たのを感じたというか、潜在意識が目覚めたというか?!

スピリチュアルに興味ないので用語は知らないけど、なんだか、自分の中の自分が出てきたような?内面が丸裸にされたような?不思議な感覚。

そしたら・・・予想外に、涙が出てきました。それは、悲しい涙ではなくて、恐怖とか不安・・・何かに恐れおののいている自分が、いました。

自分にびっくりしつつ、ふーーーーっと深呼吸を繰り返して、すぐにいつもの自分が戻ってきたんですけどね。

なんだか、私って、わかったようなことや強そうなこと言ってるけど、じつは、ものすっごく何かに怯えているんだな、と思った。

それは、病気の末路に訪れる苦しみへの恐怖かもしれない。

生きていく上で、特に金銭面で、どうやって生きていこう?という将来への不安かもしれない。

あるいは、単にやりたい事が出来ないでいる、その不満だけかもしれない。

よくわからないけど、何かを、怖がっているようです。

きっと、多くの人が、こういう「恐怖」を持っていると思う。人それぞれで、その人にしかわからない恐怖だと思うけど。そして、それを押し殺すか、気付かないふりをして、前へ進んでいるのかな。

なんとなく、ちょっとへこみながら、昨夜は眠りに就きました。

そしたら、ユノの夢を見ました!夢の中の私は10代か20代で、どっかのアイドルグループの人気のないメンバーという設定でした。番組で東方神起と共演して、ユノを本気で好きになっちゃって、ユノの姿を見るだけでドキドキしてるウブな女の子になっていました(笑)

夢の中で、必死でユノの姿を追いかけて恋をしてキュンキュンして涙して・・・それはそれは必死で。まさに若かりし頃に、廊下で好きな男子を見てキュンキュンしてた私そのものでした(^^;)

目が覚めたとき、不思議と、「私が欲してるのは、ユノではない」と思った。(こんなにファンなのにw) いや、くれるならもらうけど( ´艸`)

私は、何を求めているんだろうな・・・。

昼間、東方神起のDVDを見てみました。やっぱりユノ、好き!とか思いましたけど( ´艸`)←


私が、本当に求めているものは、なんなんだろうな。恐怖を感じて泣いたときに、「誰かに守られたい」と思ったのは事実ですが。

きゅんwwww
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

耳鼻科へ。

今朝になって、歯の痛みがほとんど消えていました。トラマールのおかげかな?^^;

いや、たぶん、そうではない。自然治癒というやつだと思います。だって、薬が切れたころになっても歯は痛みがほどんど出ないもん。でも喉は、相変わらず痛くて、頭痛もガンガンしています。

今日は、とても暑かったけど、歩いて近所の耳鼻科に行きました。

が・・・・

休診。受付時間は調べたのに、なぜに休診日を見なかったんだ、私 orz

炎天下、歩くだけで汗だくな中、急きょ別の耳鼻科をネットで探して、行ってみました。HPには、水曜も診察していると書いてある。よし!

受付に行って、「初めてなんですが・・・」と声をかけました。そしたら、キョトンとされました。

「あ、えっと、水曜日は初診の方の診察はやっていないんですよ~」と申し訳なさげに言われて、またも撃沈。

喉、いたいなー。頭、いたいなー。暑いし、もうダルダル。

自宅から歩ける距離には耳鼻科が3軒あるのですが、うち1軒は、以前何度かかかったことがあり、不信感大なので今回はパスしました。そして、残る2つが、コレ。

ああ、私は、耳鼻科にかかれない運命なのね・・・と凹みつつ、あまりの暑さにドトールへ逃げ込み、フローズンマンゴーをいただきました。

この暑い中、わざわざ出かけて単にフローズンマンゴーを飲んだだけの私。美味しかったけどさ。

ちなみに、歯に関しては、行きつけの歯科医に「抗がん剤治療中はうちでは治療できない」と言われたので、癌の治療で通っている病院の歯科にかかることになります。たぶん、近所の開業医の歯医者さんでは、どこもやってくれないんだろうな。抗がん剤してると、とても不便ですね。

今も喉の痛みは続いています。鏡で見ると、痛い側は赤くなっていて、首のところも反対側と比べると少し張ってる感じです。腫れ、まではいきません。

歯の痛みが殆ど消えた分、かなり楽になりましたが・・・。ご飯もちゃんと飲みこめます。痛いけど。

月曜日から抗生剤(クラビット)を飲んでみてるから、それが効いたかな?

あと、口内炎対策の咳嗽薬もうちにあるので、それでうがいもしています。(ハチアズレという薬で、イソジンよりも刺激が少ないので抗がん剤治療中の口内炎に適しているのだそうです。)

クラビットにしてもハチアズレにしても、抗がん剤中のあらゆる症状に対処するために置き薬のように処方されていますが、なかなか便利です。他に、胃薬もあるし、痛み止めのテープも塗り薬もあるし、風邪薬もあるし。

職場の医薬辞典を時々ながめながら、持っている薬の作用の勉強をしています(*^_^*)

ところで、同じ治療をしている方で、喉の痛みがあるという声を数件いただきました。どうして喉が痛くなるのか、その作用機序を知りたいところです。抗がん剤と関係あるのか?

私の場合は、もともと扁桃腺が弱いので、扁桃炎にかかりやすいのですが、今回は熱が全然出ていないので、扁桃炎じゃないなぁ。

鼻炎持ちなので、それが悪化したとも思ったんだけど、よくわからないや。

ただ水曜日はこの辺の耳鼻科はお休みだということは、わかりました!

昨日は仕事中も痛くてぐずぐずしていました。同僚に「なんか今日の私、すっごい病人みたいじゃなーい?」と言ったら、笑われましたw にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

痛い夜には・・・。

とっても痛いです。癌じゃなくて、喉が。

先週の木曜日の通院後から自覚した、喉の痛み。最初は「風邪ひいたかな?」くらいに思ったのですが、どんどん痛くなりまして。

喉の、左半分だけ。風邪なら、全体が痛いよね?

日に日に増す痛みだけど、熱が出るわけではない。風邪の様子もない。ちょっと喉が乾燥した?しゃべりすぎた?

軽く考えていたのに、一昨日の日曜日から、奥歯まで痛くなってきました。もしや、抗がん剤で免疫が下がったせいで、普段おとなしくしている歯の深くのトラブルが、悪さを始めた?

にしては、喉のほうが異常に痛い。歯が痛いときって、その歯を叩くとガツンと響きますよね?今は、歯を叩いても響かないんです。

とにかく、喉のほう。いたい。

お腹のグリグリの痛みを抑えるために、常にロキソニンを飲んでいるので気付かなかったのですが、ちょっとロキソニンが切れてくると、ひどい頭痛も始まります。朝方は、たいてい、頭痛で目が覚めます。

と、お腹のグリグリで深夜に目がさめるので・・・思っている以上に、あまり、寝れていない?(時間はたっぷり確保していますが)

明日はお休みなので、近所の病院に行こうと思っています。まずは、耳鼻咽喉科かな?ネットで調べたら、歯の周囲の炎症が悪化すると喉まで痛くなるとか?逆に、喉が悪いと歯も痛みだすとか。いろいろ書いてありますが。私の場合は、喉のほうが先だったので、まずは耳鼻科、と。

お腹のグリグリのせいで、お腹は右半分が痛いです。首より上は、左側がもう、ほとんど全部痛いです。左右ちぐはぐなのは、良いこととしよう。ロキソニンと、怖いトラマール(←)飲みました。

夜、いやだなー。また痛いだろうなー。

と、寝る直前にグダグダとブログを更新する気になったのは、きっと、痛みで苦しんでいるのは自分ひとりではないと思ったから。

今これを読んでくださっている方で、痛み止めが効かずに痛みと闘っている方。いますよね、きっと。

痛み止めを飲みたいけど切らしていて痛い方。

頭痛でも虫歯でも骨折でも捻挫でも神経痛でもギックリ腰でも癌性疼痛でも、痛い方。なんでもいいから痛い方。体でも心でも痛い方。私もここで痛がっていますから。共に闘いましょう(笑)

おやすみなさい。

(そんな痛い人はいちいちブログなんか読んでないって?!) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

痛み止めの薬。(XELOX 21コース目始まりました)

昨日、通院してアバスチンを打ってきました。先だっての検体検査で大きな異常はなく、無事、XELOX 21コース目の開始となりました。(エルプラット抜き)

血液検査は、いつも通り、貧血と腫瘍マーカーの異常のみ。赤血球は元気ないけど、白血球は元気みたいです。

腫瘍マーカーも異常とはいうものの、CEAは7.0(基準値は5.0以下)と前回から横ばい。CA19-9は、なんと、基準値内になっていました!

主治医が、血液の数字をみて、珍しく「おっ♪(*^o^*)」と明るい声を出したのが印象的でした。この先生、マーカーが上がっててもクールに「うん、上がってるね」なので、私ごときの数字の変化に興味ないのかと思ってたんですが。

昨日の、あの明るい「おっ♪(*^o^*)」を聞いて、あ、先生もやっぱり嬉しいものなのね、と分かりました。先生だって治したいものですもんね。治療してる以上は。ちょっとね、治療を頑張ろうと思った瞬間でした(笑)

さて。お腹のグリグリですが。ここんとこずっと、ロキソニンでも痛みが治まらず。腹筋のところだから、朝起きるときにも痛くて「よいしょ!!!!」と気合を入れてる始末。寝返りも気軽に打てない。

あと、くしゃみが怖い!術後にくしゃみをする、あの辛さが再び、って感じです。もちろん術後の痛みよりは全然軽いですけど。

それでも、寝る前にうつ伏せで読書をする習慣があるのですが、痛くてそれもできず。痩せたいと思って少し運動しようものなら、ずきずき痛い。自転車は大丈夫だけど、雨の日なんかに歩いて通勤すると、それだけで痛くなる。

常に痛いわけではないものの、時々ズッキーンと痛むと前かがみになっちゃう。

昨日は、先生に、「ロキソニン飲んでも痛みで目が覚める」と告げたらば。

「トラマール」という薬を処方されました(--;)

なんで(--;)こういう顔かというと。

トラマールって、神経に作用する薬なんですよね。

ここで、お勉強。

普段よく使われるロキソニンなどは、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)に分類されます。

NSAIDsは、痛みの元を作る「プロスタグランジン」という物質に作用して痛みを消します。(下痢の腹痛などはプロスタグランジンが無関係なので、ロキソニンは使わないわけです。)つまり、痛みそのものを消すわけです。

ちなみにNSAIDsには、ロキソニンの他に、イブプロフェン、アスピリン、ボルタレンなどがあります。(一般名と商品名を敢えて混載しています。そのほうがわかりやすいかな、と。)

NSAIDsでコントールしきれない痛みに対しては、第二段階として、弱オピオイド系の鎮痛剤が使われます。

オピオイドとは、オピオイド受容体に結合して作用する薬で、ものすっっっごく簡単にいえば、痛みを感じる神経に薬を作用させて、痛みを感じなくさせる薬です。痛みそのものを消すのとは違って、神経を操ろうってわけです。有名なモルヒネは、オピオイドに含まれます(強オピオイド)。

昨日処方されたトラマールは、一般名は「トラマドール」といいますが、オピオイドの中では最も弱い薬です。

でもオピオイドなんです。つまり神経に作用するのです。

適応としては、癌性疼痛のほかに、3年ほど前に癌以外の慢性疼痛でも使用できるようになったそうです。

ちなみに、癌性疼痛以外の慢性疼痛には「トラムセット」という薬がよく処方されますが、私が勤務する薬局でもしょっちゅう扱うような一般的な薬です。

このトラムセットは、「トラマドール」にアセトアミノフェンが配合されたものです。(アセトアミノフェンはNSAIDsの一種に分類されることもありますが、他のNSAIDsと異なり、抗炎症作用がありません。プロスタグランジンに対する作動薬の一種ですが、作用機序が他のNSAIDsと異なります。)

つまり、トラムセットも、神経系の薬というわけです。

で、このトラムセットを飲んでいる患者さんがうちの薬局にもたくさんいらっしゃるのですが、つい最近、これを飲んだら頭がぼーっとして嫌だった、という患者さんがいらっしゃいました。

その記憶が新しいところへ、昨日、自分がトラマールを処方されまして。精神薬の適応はありませんが、中身をみると、セロトニン再取り込み阻害作用(つまりSSRI)だのノルアドレナリン再取り込み阻害作用(つまりSNRI)だの、完全に、抗鬱薬なんですよね・・・。

私は、以前、ひどい鬱病に悩まされた時期があります。そのときは、いろんな種類の薬を処方され、もちろんSSRIも飲み、どんどん悪化しました。最初は治りたくて飲んでいた薬ですが、途中から、薬のせいでどんどんおかしくなる感じがしていました。そして離脱症状も激しく、なかなか断ち切れないという悪循環でした。

約6年かかって鬱病を克服し、その直後に癌になってるわけです。そしていま、再びそれ系の薬を飲むのは、怖いです。

でも、飲まないと、痛いし・・・。

でも我慢できる痛みだし。

でもせっかく処方してくれたんだから、飲まないと悪い気もするし。

というわけで、昨夜、寝る前に飲んでみました。

が!!!!!痛みはとれず、夜中に痛くて目がさめてしまいました。

そして、朝。朦朧としていました。夜中に目がさめたせいではない、薬の作用的な、ぼーっとした感じで、お昼まで寝てしまいました。

今日は休みだったからいいけど、これじゃ、仕事のある日は飲めないなー。だいいち、痛みがとれなかったんだよな--;

でも、たまたまだったかもしれないから、次の休みの日に、もう一度試してみよう・・・。

そういえば、エルプラットの神経疼痛に対してリリカを飲んだときも、こんな感じになってしまい、飲むのをやめました。

精神に作用する薬は、さっきも書いたけど、怖いです。過去の経験のせいで、悪い方のプラセボ効果が働いている部分も多分にあると思います。

私にとってはこんなふうですが、トラマールもリリカも、効く人には効くと思います。

私も、今後、いつかはこういう系の薬のお世話になる日が来るのだろうから、今から恐怖心をなくしておかないといけないな。

というわけで、昨日の夜からゼローダも飲んでいます。はー・・・・。ヤなこと考えずに、がんばりましょう。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

パートの面接。

勤務先に、パートで働きたいという人が面接に来ました。

私がフルタイムで入れないため、事務をもう一人雇うことになっています。本当は自分で働きたいところですが、なんせエンドレスの抗がん剤治療が今後も続くので、医療費の負担額を考えたら、中途半端に働くよりは非課税に収めた方が、医療費の負担額が全然ちがいますのでね・・・。

というか、そもそも、いつ働けなくなるかわからないって問題もあるのですが。

私の事情だから仕方ない。職場としては、もっと働ける人を雇いたいのはよーくわかる。だから、頼まれるままに、募集広告をPOPペンでせっせと書いて、貼りだしていました。よい人が応募してきたら・・・私の仕事場がなくなるなー、なんて不安にもかられながら。

そして、面接希望者が来てしまったわけです。

私はその人と会いませんでしたが、面接した人たちは、悩んでいました。どうやら、ちょっと?な人だったらしい。

私にその人の履歴書を見せて、面接での雰囲気も教えてくれて、そして、訊かれました。

「雇いたい?」と。

私、そんな立場ではないのですが、一応、意見をきかせて、と。

きけば、応募者は私と同世代で、バツイチのシングルマザー。義務教育を終えた大きなお子さんがいますが、学校行事など子供のための用事があるときは、パートを休みたいとのこと。

別居しているご両親の、片方は要介護。その方の病院の付き添いのときも、休むかもしれない、と。

履歴書によれば、職歴がずらりと書いてあったものの、連続雇用の期間が極端に短い。結婚後は専業主婦の期間が長く、離婚後に働き出したものの、精神的なハンデがあったらしく、どこも長続きせず。

「安定した企業で働きたい」「自分のスキルを生かしたい」云々書かれていましたが・・・

採用担当者がいうには、経歴や生活環境よりも、問題なのは、本人の「暗さ」でした、と。

たしかに、話だけでも大変な生活をしている方なので、暗い気持ちになるのは無理もないと思います。でも、その暗さを、どうやら面接で前面に押し出してしまったらしく。

「私が働かないと、子供も親も、困るんです」と力説していたそうで。

「もっと明るく力強く、“私が働かないとっ♪だからがんばりますっ♪”って言ってくれてたら、こっちも考えが変わるんだけどね」と採用担当者は言っていました。

その通りだと思いました。

生活が大変なのは、程度の差こそあれ、たいがい同じだと思います。金銭的に恵まれていても他の悩みとかあるだろうし、私みたいに大きな悩みがなくても金銭的に大変て人もいるし。(あ、癌は悩みっちゃあ悩みか)

それを「私はとっても大変なんです」と力説されても・・・正直、「この人と一緒に仕事したら、いろいろ大変そう」って思ってしまうと思う。。。せめて、面接のときくらいは、明るくなくてもいいから意欲的に振る舞わないと、雇われるきっかけを失っちゃうよ。

まあ、私みたいに面接でハッタリをきかせて、いざ働かせたら全然使い物にならなくてクビになったケースもありますが(^∇^;)

結局、その人の採用は見送るか、あるいは他の店舗を紹介しようか、ということになりそうです。

友達関係だったら、「気の毒な人は助けてあげたい」と思うけれど、雇用の話となると、そうはいかないんだな(客観的)

自分のことも、そう。きっと、職場の人たちは「大変だね、力になってあげたいな」と少しは思ってくれるんだろうけど、ではたくさん働かせてくれるかとか完全に自由に休ませてくれるかっていったら、話は別ですもん。

事情がある人の就労って、簡単にはいかないんだな。だから、もともといた会社を簡単に辞めちゃだめって言うんだな。長く勤めていたなら、ある程度の融通は利かせてもらえますもんね。。。

なんだか、不公平な気がしますが、これが、現実なんだと思っています。

だからこそ、もっと働きやすかったり就業しやすかったりする環境があればな、と思います。

もちろん、働く側の意識改革が必要な場合もありますけどね。がんばっている人みんなが報われる社会って、ないもんですかね?


ところで、2週間前に「クビになるかも」と大騒ぎした件ですが・・・・

相変わらず、当人は私に対していたって親切で友好的でいてくれます。その様子から、本心で私に一緒に働いてほしいと思ってくれてるらしいのですが、一体何があって彼女の中の私への評価が変わったんだろ?^^;

謎はあるけど、私も前より「苦手」と思わずに働けるようになっているので、結果オーライでしょう。

あのとき励ましてくださった皆さんのおかげで、元気に笑って仕事できています(^^)ほんとありがとうございます!

明日は通院日です。お腹のぐりぐり・・・もうロキソニンを飲んでも痛くて目がさめてしまいます(--;)なんだろな、これ。明日また訴えてこよう! にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

命の重さの判断。

昨日の夜、TVでやっていた「ママが生きた証」というドラマを観ました。実話に基づいたドラマだということで、見てみました。

主人公の女性は癌患者でしたが、これ、癌がテーマのドラマではないですよね?

子供の命と母親の命の問題を扱ったドラマですよね?見終わったときにそんな感じがしました。

癌の闘病もののドラマは、おそらく多くのがん患者さんが感じるように、私も好きではありません。リアルじゃないし、いかにもお涙頂戴だし。(私が見たドラマは、です。見てないものに良作があるかどうかは知りません。)

なので「ママが生きた証」も、あまり期待しなかったのですが。

いや、良かったです。泣かされまいと頑張ったけど、泣きました(笑)。告知のシーンも、ドラマドラマせずに淡々と「癌です」と言われて、ああ、実際はああだよな、とか、治療法の話や余命の話も、若い医師は淡々と・・・「ああ、そうだよな、実際はああだよな」と。

リアルだと思ったからこそ、淡々と、泣けたのかな。

でも一番泣いたのは、癌のことじゃなくて、子供のこと。

妊娠中のお母さんが癌になって転移もしていて。抗がん剤を使いたいけど胎児への影響を考えると思うように使えない。(というか効果の出る使い方ができない?という意味と解釈しました)

そこをなんとか、海外の知見も得て、抗がん剤治療をする。

結局赤ちゃんは無事に生まれ、母親は、癌で死亡する。母の生きた「証」としての、命。

癌に限らず、「母親の命か、子供の命か」って、難しいテーマですよね・・・。本来比べようのないものを、無理やり、比べなくちゃいけないんだもん。判断しなくちゃいけないんだもん。

自分だったら、たぶんだけど、「私はいいから、赤ちゃんを助けたい」と思うと思います。自分の生きた証とかどうとか関係なく、単純に、「自分より子供」。それだけ。

でも、ドラマの中でも出てきたけど、すでに存在して多くの人から愛情を受けて周囲にも影響を与えている“すでに存在価値のある”母親の命と、まだ生まれていない“何もない”命と、どちらが大切か・・・。

子供の命は、たしかに、まだ何もない。科学的な生命はあるけれど、人間の倫理とか価値観とか、よくわからないけどそういう付加価値は、まだない。

ならば、すでに「存在価値のある」母親の命を優先すべきではないのか?

ドラマを見てる途中で、そんなふうにも思わされました。実際、病気のために子供を諦めるという決断をする人も、いますもんね。どっちが正しいかなんて、無い。

でも、やっぱり、私だったら子供の命を優先するかな・・・。ドラマの主人公と同じように。想像しかできないけど。

あの母親も、子供は「自分が生きた証」とは言っていたけど、きっと、根底にあるのは純粋に子供への愛情で、自分の命を賭けるに値するほどの愛しい存在、という意味もあるのだと思う。

(ドラマを批判する意見には、「証とか、母親のエゴで産むな」という意見もあったようです)

ところで。自分が癌患者だから、やっぱり癌という病気そのものにも目がいきまして。自分と照らし合わせていました。そして、私には子供も夫もいないんだから、私のこの元気な命は、残りは、小さな子供のいる若い“お母さん患者さん”に回したいな、と思いました。

こういう考え方は、本当は嫌いです。だって、私には私の、生きてる意味があると思うので。それが何かなんて全然わからないし、これからもわかるはずがないと思うし、たいした意味でもないのだろうけど、でもこうして生かされている以上は、なにか意味や価値があると思うので。

それを、自分のこの狭い視野と価値観だけで「私が生きる価値はない」と結論付けるのは、とてもおこがましいことだと思っています。生きたくても生きられない人に対しても、とても失礼なことだと思っています。

にも拘らず、昨日の私は・・・今の私も・・・「私より価値のある人に、私の命をあげてください」と願ってしまいました。

やだな、こういう自分。

ドラマを見ながら、「私って、なんて幸せなんだろう・・・」とつくづく思い、この生活に不平不満を言っている自分を恥じたりもしました。

とはいっても、すぐにまた不平不満が出てきてしまうのが、人間の性なんでしょうけどね・・・。

昨日のドラマは、悲しい内容で難しいテーマながらも、最後はなんだか明るく前向きで、久しぶりに「良い闘病ものを見たな」と思いました(^^)(えらそう笑)

それにしても「聖路加」は噂に違わず、入院してみたい病院でした。大部屋がない病院で全室に個室代がかかるので、私には絶対に入院できませんが^^;。お金があると闘病中でも精神的余裕をある程度保てるだろうな、というのも、正直感じました。

あ、ドラマの中で、ハーセプチンとタキソールが、それぞれ「パーセプチン」「タキトール」と聞こえたのですが、製品名だから少し言い換えたのでしょうか?それとも私の聞き間違いかな(^^;) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。