スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

一人は寂しい。

昨日、いつもと違うメンバーで仕事をしました。ひとりの社員さんが、私が癌で闘病しているのを知っていて、話しかけてきました。

「治療って大変なの?」

「いえ、そんなでもないですよ(←もちろん強がり・笑)」

「抗がん剤とか、やるの?」

「はい。次は4月9日にやるので、申し訳ないけどまたお休みさせてもらうんです。」

「副作用すごいんでしょ?怖くないの?」

「怖いも怖くないも、仕方ないですからね~(^^)慣れちゃいました。」

とニッコリ笑ったら、言われました。

「強いねー。」と。

さらに、「お一人で暮らしてるんでしょ?副作用で辛いときも誰にも頼れないんでしょ?通院も一人でしてるんでしょ?」

「・・・はい。ひとりもんですからねー(^^)」

「すごいよ。僕だったらそんな風に笑えないよ。その精神力はどこから来るの?ほんとにすごいよ。全部一人でしてるんだもんね。愚痴を言ったり辛さをこぼしたりする相手もなくて、一人でやってるんだもんね。」

何度も、何度も、「一人で」と強調されました。そのうち、悲しくなってきました。

好きでひとりもんでいるわけではないのに。そりゃ、離婚した私がバカだったんだけど。いや、離婚するような相手と結婚してしまったことが、バカだったって意味ですけどね。

そして、こんな年になって。病気になって。もうこのまま、ひとりなんだろう。

私にそれを言った人は、悪気はなく、純粋に褒めてくれたのだと思う。だけど、一人という現実を突きつけられてたよう、とても悲しくて寂しくて、帰り道に自転車こぎながら泣いていました。

家に帰ってからも泣いていました。

通院するとき、付き添ってくれる家族がいたら。

副作用で寝込んでいるとき、看病してくれる家族がいたら。

どうしようもなく不安になったとき、話をきいてくれる家族がいたら。

友達なら、数少ないけど、います。だけど、その人たちにとって、一番大切な人は私ではないのだと思うと、甘えることができません。

夫がいたころは、自分にとっては夫が一番で、夫にとっても、私が一番なのだと思っていました。

気持ちが離れていろいろな問題が起きて、その人とは別れて正解だったと今でも思っているけれど。

もっと別の、本当の運命の人と出会って結婚しておきたかった、と、いまさらながらに思います。そうしたら、楽しい出来事もきっと分かち合えて、楽しさや嬉しさも倍になっていたのかな?って。


今日はお腹が痛いなー、と思ったら、なにやら血便が(--;) どす黒い血が結構混じっていて、一体どこから出血してるの?!って感じですが。おへその所の腫瘍も相変わらず痛くて痛み止めが手放せないし。FOLFIRI、たのむよ、がんばってくれよー。
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

後悔すべきなんだけど。

障害年金の申請を考えているのですが、まず最初にやらなければならない作業が、私の場合、「初診日の確定」です。

素人考えで、初診日といえば最初に「癌です」と診断された日だと思っていたのですが、そうではなく。私のように癌告知前に健康診断で異常が見つかった場合は、「健康診断の日」が初診日になるのだそう。(ブログ読者さんから教えて頂いた後、自分で年金事務所に確認しました) ===>注意!平成27年10月より、この「健康診断で異常を指摘された日が初診日になる」というルールが変更になりました。現在は、「障害年金の対象となる疾病の診断や治療のために“最初に医療機関にかかった日”」が初診日になるそうです。(H27.11.17追記)

この「初診日」は、私にとって、とても大きな意味を持ちます。だって、「初診日」に厚生年金に加入していたか、国民年金に加入していたかによって、結果が全然変わってくるんですもん。「癌です」と診断された当時は、国民年金。だから仮に3級の障害認定されたとしても、そもそも国民年金の障害年金には「3級」自体が存在しません。

だけど、健康診断の日ならば、当時は社保完で勤務していたから、厚生年金加入です。

ただ、それを証明するものがありません。記憶では確かに、「職場の健診で便潜血の異常があり、要再検査となった」のですが、その通知書は、もう5年も前なので、当の昔に捨ててしまいました。

なので先日、当時の勤務先に連絡して、健診結果を保存していないか問い合わせたのは、このブログに書いた通りです。

その後。勤務先では保存していないと言われました。そして、もしかしたら便検体の検査を実施した施設に保存されているかもしれないから、直接問い合わせてくれ、と、その施設の名前と連絡先をもらいました。

これを元にその施設に電話していたのですが、最初の電話では「保存していません。」とバッサリ。

負けずに、紙媒体はなくともパソコンにデータが残っていないか、訊きつづけました。答えは、「ありません。」だけど負けずに、なんとかして調べてほしい、と依頼しておきました。それが、大阪旅行の前のことです。

旅行から帰ってきてから、社労士さんと面談し、初診日について相談をしました。健診の結果通知を捨ててしまったこと、当時の勤務先にも残っていないこと、検体検査を実施した施設に問い合わせ中であることをお話したところ、「癌と診断された病院で健康診断の話をしていませんか?」ときかれ、「したと思います」と答えると、その記録がカルテに記されていれば、大丈夫とのこと。

ただ、その病院、とても信頼できない病院と医師なので。。。カルテに記録されていない可能性もあります(--;)

もしカルテに記載がなければ、健診で異常があったと証明できないので、3級の認定は不可能になる、という、社労士さんのお話。ちょっと絶望してしまいました・・・。

が。ちょうどその面談中に、私の携帯に、件の検体検査の施設から連絡が入りました。出てみると、「やはり記録はありません」との再度の返事。

ここで引き下がりたくない、と思い、とっさに社労士さんに電話を代わりました。社労士さんはきちんと話をしてくれて、施設側が再度調べたあとに、再び連絡をくれるということになりました。

そして、そのすぐ翌日。施設から電話があり、「記録がパソコンに残っていました。」ですと。

今まで私が何度いっても出てこなかった記録が、社労士さんというプロが表に立った途端にすぐに出てくるという、この違い。びっくりしましたが。。。やはり、プロの看板は違うのですね。お願いしてよかったな、と思いました。

(最初は自力で申請しようと思っていたのですがね、この、初診日の確定や、さらに再発後に転院していることなどから、自力での申請は困難だと思い、社労士さんに依頼することにしたのです。)

さて。この記事のタイトル、「後悔すべき」というのは、ここから先の話です。

「便潜血の記録がありましたよ」と連絡をくれたのは、施設の事務方の偉い人みたいでした。その人が、「貴女が受けた健康診断で異常があったのに、貴女は再検査に行ってなかったよね?」と強い口調で言いました。

私は、記録を探せと言ったことで相手に迷惑をかけたからこの人の機嫌が悪いのだと思って、「はい。お手数をおかけしてすみません。」と謝りました。でも相手は引き続き強い口調で、

「貴女、再検査受けてないよね?」と。なんか、論点が違う?と気が付いた。「はい、当時、仕事を優先にしてしまって、受けに行かなくて・・・」

「それで、いま、癌になってしまったわけでしょ?」

はい。結果として、そうなってしまいました。

「どうして、再検査しなかったの。こっちは病気になってほしくなくて健診してるんだよ。再検査に行かないってのは、悔しいんだよ。」

やっとわかりました。この人が怒っているのは、私が異常を放置した、そのことだったんだ。

「本当に申し訳ありません。見つけていただいたときに検査を受けていれば、今はこんなことにはなっていなかったかもしれません。」と言ったら、「わかった?せっかく検査を受けたのに。こっちも健康でいてほしいと思ってるんだから。」

なんだか、この事務方の人の気持ちがわかった気がしました。

だから、私はもっと、再検査に行かなかったことを後悔すべきなんだと思う。

どうも、性格なのかなんなのか、負けず嫌いというのもあると思うんだけど、「後悔」ってしないんですよね。だから、癌になったときも、それなりの後悔はしたけれど一定時期が過ぎたら、「なってしまったんだから仕方ない」と思うようになりました。

今でもそう思っています。

だけど。「後悔」すべきことって、あるんだな。再検査を受けなかったことを、もっときちんと後悔して、そして反省しないと。その気持ちが、きっと、他のこれから健診を受ける人たちの手助けになるんだろうな。

後悔ばかりしてダラダラクヨクヨしても意味ないけど、でも、きちんと後悔&反省しておけば、次に同じ失敗は繰り返さないもんね?

結局、施設の事務方の人には「社労士さんに連絡してください」と言って電話を切ったので、望んでいる健診の記録があったのかなかったのか、私にはわかりません。だけど、悔しそうに強い口調で「せっかく健診を受けたのに」と言ってくれた、あの言葉は強く印象に残りました。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

USJにも行ってきました!

前記事の東方神起 in 京セラドームの翌日は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきました!

アメリカのユニバーサルスタジオには昔、2度ほど行ったことがあり、とても楽しかった記憶があります。が、その後日本の大阪に同じものが出来たと聞いても、行こうとは思いませんでした。

ですが!昨年、「ハリー・ポッター」が出来て。もう、行きたくて行きたくて仕方ありません。何を隠そう、私、ハリポタが大好きなのです(^^) なので・・・今日の記事も、前記事の東方神起マニアの記事に勝るとも劣らないほどに、「ハリポタ・マニア」になると思いますが、再びのご容赦とお付き合いを、よろしくお願いしますm(__)m

さて。3月19日の大阪。その日は、朝から雨が降っていました。それでも全く気落ちすることなく、元気にユニバーサルシティ駅へ向かいました。前日のライブのせいで、足がすごい筋肉痛だったのですが、今日はUSJをとことん歩き回ってやる!と意気込んで出発しました。

ユニバーサルシティ駅で、現地の友人と待ち合わせ。3月生まれの彼女は年間パスポートホルダーでもあるので、「年パスホルダーの同行者」+「誕生月ホルダーの同行者」のダブル割引で、通常より1200円安い6000円で入場できました(^^)私のために年パスを購入してくれていた友達に感謝感謝です。

11時くらいに入場したのですが、私の乗りたいものを最優先で乗ろう、と言ってくれたので、とにかくハリポタ!と、まっさきに見に行きました。

が!!!!なんと、まさかの300分待ち。こんな大雨なのに。友達は「一緒に並ぶよ」と言ってくれたものの、さすがに300分はないだろ、ってことで、次に行きたかった「アメージングスパイダーマン」へ。これも、180分待ち。うーーーーーん。

とにかくハリポタだけ行ければよい私は、そんなに行列に並ぶ気にもならず、以前アメリカで楽しかった記憶のある「バックドラフト」に行くことにしました。我ながら、マニアックw まぁ、列も30分ほどで入れたこともあり。

友達はバックドラフトは行ったことがないそうで、その映画も知らないそうで。「楽しいよ、すっごく!」との私の言葉に、快く付いてきてくれましたが・・・・あまり面白くなかった(^^;) 炎に包まれるようなアトラクションなのですが、たしか、アメリカで見たやつは、もっと火が燃え盛っていて、顔が熱くなるくらいだった。なのに、日本のは、消防法の関係なのか、地味でした(^^;) でもまぁ、バックドラフトの映画を好きな人なら、面白い・・・と思います。

バックドラフトの次は、ジョーズ。これまた、行列が短かったので乗ることにしたもの。あまり楽しいアトラクションという記憶はなかったけど、せっかくだから乗っておきたいな、と。ジョーズに行く途中にハリポタの入場整理券の発券所があったので、整理券を取っておきました。友達が「夜遅くのほうが乗れる」と言うので、そのときに取れた一番遅い時刻、16:30~17:30入場のチケットを取りました。

ジョーズの次は、スパイダーマン。なかなか楽しかったです。でも、想像の範囲内かな。スパイダーマンは2時間近く並んだと思うのですが、その間、友達とアイドル話で盛り上がっていたので、あっという間でした。彼女は嵐のファンなので、嵐の話と東方神起の話を半々に、お互いに勝手に話してたって感じ(笑)。

他にも、ジュラシックパークやターミネーターとか興味があったのですが、なんせどれも行列が長いので、全部素通りしました。照準は、ハリポタに定まっています。時間調整のように、「ウォーターワールド」を見て(コレ、結構好き)、いよいよ、ハリーポッターです!

その頃には雨も上がり、でもいい感じに地面が濡れていて、雰囲気はバッチリ。やっと、やっと、ハリポタの世界に入れる( ´艸`)

hari1.jpg
ホグズミード村。ハリーが学校を抜け出して透明マントを着て歩いたシーンが思い出されます。映画の中では雪深く、寒い村。雰囲気は全然違うけど、でも建物は映画の中そのもので、ワクワクしました。「ゾンコのお店」と「ハニーデュークス」は中で繋がっていて、入るだけで30分くらいかかりました。

ハニーデュークスでお約束の「百味ビーンズ」と、あと大きなポットに入った飴を購入。自分用です( ´艸`)蛙チョコレートやパンプキンジュースも欲しかったけれど、映画に出てくるやつ全部買うとえらいことになってしまうので、我慢です。

ゾンコのお店では魔法グッズが買えるはずなのですが・・・当然、そんなのは実際には売っていなくて、なんか変な玩具がいっぱいありました。

外に出て、これまたお約束のバタービールを飲みました。どんな味かとワクワクしていましたが、なんのことはない、バニラに炭酸が入ったような味?(^^;) 普通に甘くて、なかなか美味しかったです。

次は、ここ!↓
hari22.png
オリバンダーのお店ですヽ(^o^)丿 ここで、ハリーは魔法の杖を買うのです。

hari33.png
こーんなに、天井まで壁一面に並んだ、様々な杖。映画よりかなり小さいですが・・・・。オリバンダーに扮した老人から、選ばれた客の男の子が杖を渡されました。そのアトラクションを見ながら、「いーなー、私も杖を選んでほしいー」と言ったらば、友達から「おばさんには選んでくれないやろー」と、現実に引き戻されました。

このちょっとしたアトラクションの後、実際にお土産物の杖を売っているお店に入るわけですが。

ここで、小一時間、悩むことになりました。だって、杖が欲しくなってしまったんだもの。3500円もする、杖・・・。最初は、買うつもりなんて全然ありませんでした。でも・・・ハリポタワールドにいたら、欲しくなってしまったんだもの。

お店には、映画の登場人物ほぼすべての人の「杖」が売っていました。ハリー、ロン、ハーマイオニーはもちろんのこと、ヴォルデモート、マルフォイ一家、ウィーズリー一家、ネビル、ルーナ、ダンブルドア校長、マクゴナガル先生、スネイプ先生、リーマス・ルーピン、ベラトリックス・レストレンジ、シリウス・ブラック、果てはセドリックやフラー、クラムまであった。さらには、ニワトコの木とかの、杖の材質別のものまで。

もう、私の興奮、止まりません。一緒に行った友達はハリポタの映画を観ていなかったのですが、熱く語る私の話を一生懸命きいてくれて、私はもう、語る語る。この杖の持ち主はね、あの杖の持ち主はね、このシーンでね、etc。(かなりうざかったと思う。)

ハリーの杖が一番人気で皆が手に取っていく中、私はハーマイオニーの杖を抱え、それを買うつもりで店内をうろうろ・・・しているうちに、ふと、思いついちゃいました。私が欲しいのは、ハーマイオニーではないのではないか?確かに、ハーマイオニーは大好きで、ハリーより断然、ハーマイオニーなんだけど。

でも、私が一番、好きなキャラクター・・・。それは、なんと!!!

スネイプ先生!!!(わかる人にしかわからんよな~^^;)

第1作目から、最終の第8作まで、「悪役」として登場する、ホグワーツ魔法学校の先生。闇の魔術を教える、黒装束のズングリした怖い先生。ハリーと敵対し、正義の味方ダンブルドア校長を死に追いやった先生。悪のヴォルデモートの手下の先生。

この人、第8作目の2時間くらいのところ、まさにあと1時間でハリポタのすべての話が完結するという、その段になって、大どんでん返しが起こるのです。もう、初めて映画館でそのシーンを観たときには、大号泣しました。

2度目に映画館で観たときにも、号泣しました。

DVDを見るたびに、必ず号泣しました。何度みても、わかっていても、号泣しました。映画、ぜひ見てみてください!(その際は、第1作から・・・。そうしないとスネイプ先生の良さがわからない!)

その、スネイプ先生が、私は好きなんだ。だから、スネイプ先生の杖がほしい!でも、マイナー過ぎて置いてないよなー、と思ったら。ありました(^^)場所がわからなくて、係のおねえさんに訊いたのですが、そのおねえさんと、話が盛り上がること盛り上がること!

「スネイプ先生、泣けますよね!」「ええ、もうほんと、感動ですよね!」「あのシーンにたどりつくまでの7年間のスネイプ先生への思いはなんだったんだっていうくらい、ものすごいシーンでしたよね!!」と・・・。ハリポタマニア同志の会話は、留まるところを知りません。

そして、スネイプ先生とハーマイオニーの杖を両方もって、私の悩みは続きます。スネイプ先生は好き。でもハーマイオニーの杖が欲しい。スネイプ先生は、マニアックすぎる。でもスネイプ先生が好き。

本当に、小一時間、悩んでいたと思います。そして、決断。スネイプ先生にしました!

それを持って会計の列に並んだら、さっきお話したハリポタマニアのおねえさんがこっちへ近寄ってきました。そして、いいました。

「どっちに決めたんですか?!」

「スネイプ先生です!」と答えたら、おねえさん、満面の笑みで、「良かった!やっぱりスネイプ先生ですよね!」と言って、自分の持ち場へ戻っていきました。そんな私ら二人を見て、友達はその後何度も、大爆笑していました。「すごいマニア同志だよね」って。

こうして、私のUSJの最大の思い出の杖のお買いものが済みました。ついでにレジのお兄さんとも「渋い買い物でしょぉ?」と笑いあいました。スネイプ先生の杖だけ買う人って、一体何人いるんだろうか(^^;)

(この記事を書いた後で少しネットで調べてみたら、ハリポタファンの間ではスネイプ先生の人気がかなり高いことが判明しました。とっても嬉しい*^^*)

それからいろいろなお店を見て、いちいち映画のウンチクを語り、友達は全然わからないからひたすらお店の人相手におしゃべりして(迷惑なオバサンだな^^;)、お店の人たちもみなさんハリポタに詳しいから細々したシーンやセリフなんかも話題になって、とっても楽しい時間でした。お店の人のほうからいろいろ小物を見せてくれたりして、ホント、皆さん映画が好きでハリポタが好きなんだな、って思いました(^^)

そして、「ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」にも乗りました。朝は300分待ちだったこのアトラクション、夕方の段階でも180分待ちでしたが、夜8時半過ぎに行ったら、70分待ちの表示。実際には30分ほどで乗れました。

どんな乗り物なのか、一緒に行った友達は、「酔うよ~」としか教えてくれず。ちょっと不安だったけど、ここまで来て、乗らないわけにもいきません。

荷物を全部ロッカーに預けて、いざ、乗り込みました。4人がけで、足は宙に浮いてブラブラさせた状態で、出発です。酔うのが心配だったけど、始まってみたら、ハリーに導かれて魔法の箒に乗って、映画の中へ!クイディッチの競技場から、ホグワーツ魔法学校の中を、ドラゴンに追いかけられたり、ディメンターに襲われたりしながら、ひたすら飛びます!

おもしろーーーーーい!!!!酔う暇なんて私にはなくて、3Dの映像すべてに目を奪われて、ヒャッホー!!とか叫びながら乗っていました。映像だとわかっているのに、キャー!とか叫んで避けたり。いやー、面白かった!!楽しかった!!!

そして、外は真っ暗。とっても良い感じでホグワーツ城がそびえています。
hari44.png

街並みも、こんな感じで、魔法界っぽい(^^)
hari55.png

途中で寄ったお手洗いには、ちゃんと「泣き虫マートル」が住んでいました(^^) 映画を知らない友達は「なんか声や音がしてて落ち着いて用を足せなかった」と言っていましたが、ハリポタファンには結構感動なトイレでした。

そういえば、テイクアウトバッグを買ったときに、レジの人に「これって、ハリポタの外でも買えるんですか?」ときいたら、
「いいえ、人間界では買えません。魔法界でしか売っていないんですよ。」なんて言われたなぁ(^^)

hari66.png
そんな魔法界とも、お別れです。さびしくて、この門を見上げながら、BGMをずっと聴いていました。

本当に、楽しかった。一度は行ってみたいと思っていた、ハリポタワールド。大満足でした(^^)


こうして、私の大阪旅行も終わりました。最終日は、新幹線の時間まで友達と一緒に道頓堀に行きました。そこで沢山のトンペンさんを見かけ、街なかでも東方神起がいっぱい流れていました。そういえば、USJにもトンペンがいたなぁ。

名残おしく大阪を後にし、帰りの新幹線の中では眠ることもなく、東方神起のライブとハリポタとを思い返しては感動に浸っていました。

帰宅後、すぐにハリポタのDVDを観ました。手には、スネイプ先生の杖。杖を握ってDVD鑑賞する自分、バカっぽいなぁ、と思いつつ、そうせずにはいられませんでした(笑)
tue.jpg
こうして見ると、ただの棒に見えるけど・・・(笑)

ほんとうに楽しくて、充実した3日間でした。できることなら、もう一度、戻りたいものです。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ライブ行ってきました!in 京セラドーム

大阪から、金曜日に帰ってきました。疲れたけど、すっごく楽しかったです!!!!!

今回の大阪行きの目的は、

①東方神起のライブ(京セラドーム)に参加すること。
②ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行くこと。

の二つ。というより、正確には、①のついでに②も、って感じなんですが、旅行のことを全部書くとめちゃくちゃ長くなりそうなので、今日はまず、ライブのことを記しますね。

今回のライブに関しては、語ることがいーーーーっぱいあるので、ファン以外の人には耐えがたい(?)記事になってしまうと思います。失笑しながらお付き合いいただければ嬉しいです(^^;)

さて。18日に参加した、東方神起の京セラドーム。このブログにも書きましたが、当初「オーラス」だったはずの、18日の京セラドーム。もうあのショックや凹みからもすっかり癒されて、元気に行ってまいりました。

21000円もする、プレミアムシートでの当選です。チケットと身分証明書の運転免許証を、東京出発前に何度も何度もバッグの中で確認し、もうバカじゃないかってくらい確認し、大阪に辿り着きました。

東京駅を出た時点で、すでに東方神起ファンがちらほら(笑) 東方神起のファンのことを、「トンペン」というので、以下、短くするために「トンペン」というファン用語を遣っちゃいます。

大阪でホテルにチェックインした段階でも、ホテルの客はトンペンだらけ。ドームから3駅ほどのホテルだったんですがね。私も部屋でビギT(←FCのTシャツ。デコりました。デコった記事はここ)に着替えて、でっかい東方神起のバッグに持ち替えて、雨だったので東方神起傘を持って、出発です!

ホテルのエレベータで乗り合わせたトンペンさん達に声を掛けられておしゃべりしたりしながら、京セラドームへ。もう周りはトンペンだらけ、どこから湧いてくるの?ってくらいな。

ドームに着いて、去年ファンミで知り合った福岡から来る女の子と会う予定だったのだけど会えず、一人でP席の列に向かいました。

P席。ステージの近くが約束されている、特別な座席。当日までどの席かは分かりません。

去年の東京ドームのP席の時は、「良い席がきますよーに」と願いすぎて、しかもイケメンお兄さんを狙ってチケット発券するというオバサン丸出しな行為に及んだためか、隣が一般席という切ない席になってしまいました。

その反省を踏まえ、今回は、「どんな席でも文句いわず満足する!」「イケメン窓口を選ばず、空いてる窓口へ行く!」の2点を心掛けました。

ドキドキししながら発券された紙を持って、P席の案内図に辿り着いて・・・・見たら。

やっぱり、端っこwww  隣は一般席wwww

そういう運命なんですね、私。チャンミン側だし。でも、いいんです。心は平安でした。だって、楽しければどこでもいいもん(^^)

座席に向かって歩く途中、初めて見る京セラドームのいろいろを見物しました。プロ野球が嫌いではない私としては、ダッグアウトなんかも興味あって、「へー、ここに選手が座ってるんだなー」なんて感動しながら見ていました。

で、座席に着いてみたら。おや、思ったより良い席ではないですか♪センターステージのすぐ斜め前のブロックの、最前列。ちっこい私でも、これなら埋もれない。センターステージからかなり近いし、前だから顔が見える方向。これならお尻ばっかりって心配もない。隣が一般席ってのが信じられないくらい、良い席ではないですか?

着席して、お隣の鳥取からいらした方とおしゃべりしながら、開演を待ちました。ちなみに、逆隣は美しい女性。私や鳥取さんが東方神起Tシャツを着たオバサンなのに対し、その方は、シフォンのブラウスにペンシルスカートっぽいボトムスの、お若い方です。「チャンミンの視線はこの女性がゲットだなぁ」なんて思っていました(笑)

そして、ライブは始まりました。・・・・うーん、こんな調子で書いてると、おそろしく長くなってしまうので、はしょっていきます!曲名とか、ファンの方以外には分からないと思いますが、説明省いていきます、ごめんなさい!(ほんとは細かに説明したい←)

肉眼ではっきり見える距離でのライブは久しぶりで、しょっぱなからものすっごく盛り上がりました。ふと冷静になると、前日に退院したばかりの人間とは思えない。自分で自分がおかしくて、笑っちゃいます(^^;)

センターステージにユノさんがやってきたら、もう、私は止まりません。目の前の柵を押し倒さんばかりに身を乗り出して、ユノユノ叫びまくりました。だってさ、あんな距離で、「ウェ」のダンスを、前から見られるんですよ?汗やら唾やら、いっぱい飛んでるのが全部見えるんですよ?ウェは一番好きな曲のひとつでもあるので、ここぞとばかりにガン見しました。3曲目にしてこのノリで、私最後まで見られるんだろうか?と心配になるほどに。

前に人がいないから、まー良く見えること。ぴょんぴょん跳ねながら名前を呼び続けました。

「survivor」のイントロがかかったら、再び発狂。バクステに行っていた東方神起が、センステに戻ってくるのもあり、お隣の鳥取さんの腕をつかんで、

「来る!来る!来るーーーー!!!」と・・・笑

ムービングステージの上のユノさんがよく見えて、センステに着いたころにはサバイバーの最後の、煽りのところです。ちょうど目の前で、ユノさんが、煽ること煽ること。汗びちゃびちゃ飛ばしまくりながら。だからもう、こっちもノリノリでした。年を忘れて腕をぶるんぶるん振っていました。(ポートが痛かったけど振ってた^^; 私のポート・・・そのうち壊れるかも^^;)

曲順めちゃくちゃで話を進めます。

ウェの時にも思ったことですが、「maximum」の時に、センステで踊るユノさんの顔を見ながら、「なんて美しい人なんだろう」と思いました。もうね、輪郭とか顔のパーツとか大きさとかがいちいち完璧すぎて、そのパーツの配置も完璧すぎて。
美形
韓国仕様の髪型ですが、個人的にこのデコ出しが好きです(*^^*)

なんか、人形みたいというか漫画みたいというか、生身の人間と思えないんですよね、ダンスしてドヤってオーラを出しまくってる時のユノって。しゃべるとあんなぽよぽよして空気読めなくて可愛いのにねー。

マキシマムの傘ダンスも美しく、放り出した傘を拾ったスタッフさんがそばに来たので「傘ください」と言いたくなる衝動を必死で抑えてました(笑)

なにはともあれ、超人的なダンス・ユノを近くで見られたのは、本当に嬉しかったです。美しすぎる男、って、いるんですね。←バカ

バラードも、今回のライブでは私の胸を熱くしました。特に、「Chandelier」と「Love in The Ice」。この2曲、語らせてください。

シャンデリアは、兵役いっちゃう前のお涙頂戴ソングっぽくて、個人的にはあまり好きな曲ではないんです。「♪きっと遠くにいても変わらないだろう~」だの、「♪おかえりの声を聞くまで~」だのって、無理に演出しなくていいよ、みたいな。だけど、この曲のテーマ、

「離れていても、帰る場所は、明かり(シャンデリア)の点いている所」というのは、大好きです。私は、この曲を聴くと、必ず母を思い出すからです。

結婚に失敗した私にとって、唯一の家族は、母だと思っています。母だけが、私が何をしてもどこにいても、必ず私を迎え入れてくれる「場所」だと感じている。だから、今回ライブでこの曲を聴いたときにも、母が思い出されました。時計を見たら、8時前。田舎の家にひとり暮らしている母は、そろそろ寝る準備をしているだろうか?ひとり静かなあの場所で、ストーブを点けて、静かにテレビのニュースを見ているだろうか?

そんなことを思ったら、もう、泣けて泣けて。私はこんなに賑やかな場所で、大好きな東方神起をみていて。騒いではしゃいで楽しんで。

こんなふうにしていられるのも、母が、小さいころからずっと育て支え続けてくれているからなんだな。それが嬉しくて有難くて。ぼろぼろぼろぼろ、泣きました。私が幸せで楽しんでいることこそが、母の喜びなんだ、と分かっているから、もっと私は、楽しもう!と思いました(^^)

もう1曲。「Love in The Ice」では、チャンミンの熱唱に、思わず背中がゾクゾクしました。チャンミンの歌、うまいとは思うけど、そんなに感動したことはなかったんです。だけど、この時は、本当にすごかった。そして、わけもわからず涙がこみあげてきました。歌詞とか関係なく。

歌で人を感動させるって、すごいですよね。こんなに歌がうまくなっているなんて、予想外でした(←超失礼)

そして、

♪誰もが持ってる哀しみや孤独
♪癒してもらえる場所探してる
♪そう君にはその場所がここにあるさ恐れないで
♪もう迷わないで 僕が守る

ってとこ、ですね。

これ、普通のラブソングだと思うんですが、私、こないだの東京ドームのライブの時に感じたことが頭にあったものだから、もう、

「癒してもらえる場所」→「僕が守る」の流れで、「私の問題を癒してくれるのは、ユノなんだ。ユノが、守ってくれるんだ」と、そういう思考になってしまったわけですよ。かなり痛々しいファン心理に聞こえると思いますが。

でもさ。これ、意外と真理じゃないかな、と思うのです。東京ドームでユノが言っていた、「皆さんが楽しむために東方神起が存在する」という言葉。私らみんな、何かしらの悩みを抱えていて、たとえば私の場合は、病気がこの先どうなっていくのか、不安で仕方ない。いつ死んじゃうのだろうか、その時は苦しいのだろうか、死ぬまでにどれほどの苦しみを超えていかねばならないのか。そんな思いが、常に頭の中にあります。

でも、そんな思いは、東方神起で楽しんでいる間だけは、忘れられる。私の悩みを癒してくれるのは、東方神起なのです。その場所が、東方神起なのです。

そして、東方神起を守っているのは、ユノとチャンミンなのです。

ほらね?「Love in The Ice」の歌詞に、ぴったりあてはまるでしょ?(笑)「♪もう迷わないで 僕が守る」というフレーズが、私の頭の中で「そのために東方神起は存在します」と言ったユノの言葉と重なりました。

そして、思いました。こういう芸能人のファンになって、良かった、と。彼自身の存在意義をそこに見出すような人のファンになって、良かった、と。

こういう人のファンになっていれば、永遠に、楽しい思いをし続けることができるのだろう、と。

そりゃ、ユノが病気を治してくれるわけじゃないし、ユノが治療費を払ってくれるわけじゃないし、東方神起が老後の面倒を見てくれるわけではない。でも、今の悩みや暗い思いを完全に消す時間を作ってくれているのは事実。それって、すごいと思います。楽しめる場所を守ってくれる人なんだ、と思ったら、応援の気持ちも、また違った意味を帯びました。感謝、ですね。

チャンミンは、アーティストとして、良い。そして、ユノは、人として、良い。そんなふうに感じました。(だんだん何いってるか自分で分からなくなってきました。)

話が長いですね。長すぎますね。脱落せずにここまで読んでくださっている方がいらっしゃいましたら、ありがとうございます、お疲れ様でございます。でもまだ続けます。(書きながら疲れてるし←

東方神起を好きなら避けては通れない兵役の話ですが。今年、ユノさんが兵役のリミットの年齢なので、このライブツアーが兵役まえ最後のツアーだと言われています。私たちファンは、東方神起が兵役に行くのを寂しがります。毎年ライブに行って、CDも買って、DVDも買って、と楽しんでいるものが、2年間無くなってしまう、さびしさ。ファンは、それを口にします。私もそうでした。

だけど、ライブを観ながら、考えていました。兵役に行く本人達のほうが、私らよりもずっとずっと大きな不安を抱えているんだろうな、って。

そりゃそうですよね。生活が全て変わるんですもん。仕事が変わるだけでなく、住む場所とか交友関係とかも、きっと変わるんですもんね?私らファンの「東方神起という趣味がなくなる」というだけでも不安なのに、当の本人たちはどんな心境なのか。

そんなことを思ったら、いつもと変わらぬ笑顔を見せる二人が、ものすごく偉大な人に見えました。並大抵の苦労じゃないんだろうな、きっと。アーティストとしての技術だけじゃなくて、そういうセルフコントロールもできる人たちなんだ。わざわざ外国である日本に来てまで、こんなにファンを喜ばせるために一生懸命に、“つくる”。きっと、私が思っているよりも遥かに大きな“才能”を持った人たちなんだ。

すごい、ですね。もう本当に、「芸能人・東方神起」「芸能人・ユノ」についていきたいと思いました。

こんな心境になっているから、「サクラミチ」でもボロ泣きしましたw

そうそう。MCのとき、ユノさんが、ステージから急に降りてしまいました。体調でも悪いのか?!と心配になりましたが、座り込むでもなく、スタッフさんに服を脱がされていじりまくられている。どうやらイヤモニが不具合か何かで、交換してたように見えました。その一部始終、ステージのあっち側に見えていたのですが、スタッフさん達より頭ひとつ抜きんでていたユノの頭。背、たかいなー。頭の形、きれいだなー。髪のカット、上手だなー、とそんなんばっか夢中で見ていて、ステージ上のチャンミンが何をしゃべっていたのか、さっぱり覚えていません(^^;)

東方神起はMCも全部日本語だし、ネタもやるので大爆笑のMCタイムになるのですが、今回、マイケルジャクソンネタをやった時、私の前にいた会場係のお兄さんが吹き出すのを目撃してしまいました。そのあとも何度も、東方神起の掛け合い漫才に吹き出していたお兄さん。私と目があって、慌てて顔を作り直していましたが、なんだかとても嬉しかったです。ファンの人以外がきいても、ちゃんとおもしろいんだね、って。

そうそう。途中、トロッコが場内を回るときに、周囲のスタッフさんに緊張が走ったんです。なんかわからないけど、イヤモニの指示を聞きながら、会場係の人に険しい表情で指示を出し、係の人が、ブロック内の柵を慌てて閉めて、警備を固めろ!って感じになったんです。

そのときはトロッコに乗り込むために東方神起がステージを降りようとしているところ。え?まさか、この道に、歩いてくる?!って雰囲気になって、私らファンは騒然です。お隣の綺麗なおねえさんなんて、私の腕をいきなりつかんで、

「うそ!うそ!!!来る?来る?ねえ、来る???!!!」と、初めて言葉を交わしたのにそんなんで(笑)私も、彼女と手を取り合って「この警備具合は、ただごとじゃないよね?来るの?!」となっていたのですが、当然、来ませんでした。あの警備はなんだったのでしょう?

そんなこんなで、あっという間に3時間半が過ぎました。最後のほう、「Rising Sun」のイントロが流れたときなんかもう、それだけで涙が込み上げちゃって。ユノのヘッドバンキングで泣いちゃって(苦笑)

ただひたすらに楽しかった、3時間半でした。一番最後に2人がステージから去るとき、その背中を見ながらいつもなら寂しくなるのに、この時はなりませんでした。幸せな心持ちでした。

なんだか、こないだの東京ドームに続いて、また少し、「ファン」としての在り方が変えられた、そんなライブになりました。

翌19日もライブはありましたが、チケットがない私は行かれません。なので、USJの、ハリーポッターに行ってきましたヽ(^o^)/ この話は、次の記事で書きます。

長い長い記事、しかも東方神起ネタ、しかもかなりマニアック、しかもかなり痛々しい、こんな記事を最後までお付き合いくださった数少ないみなさん、ありがとうございました。どうぞ目を休めて、お茶でも飲んでくださいね(^^)ありがとうございました。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

世界、もとい、新幹線の車窓から♪

富士山が綺麗!

駅弁がうまい!

新幹線が速い!

なんて幸せなんだろぅ(*´艸`*) 乗ってからずっと、ニヤニヤが止まりません(*´艸`*)

ちょっと気を緩めると顔が笑っちゃいます(*´艸`*)

Twitterじゃないけどこの気持ちを呟きたくてたまらなくって、ブログ更新します(*´艸`*) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

退院しました。

今日、退院してきました(^^) 投与前と退院のタイミングに土日が入ってしまった関係で、トータル12日間と予想より長めの入院になってしまいました。

今朝は、昨日から入院してきた同室の女性が、東方神起ファンだと判明しました!隣のベッドからカーテン越しに「東方神起」と単語が聞こえてきたので、思い切って話しかけたら。そうでした(笑)

「明日、京セラ行くんですよー♪」と話したら、「いいなー♪私はこないだ東京いきましたよー♪」「あ、私も行きましたー♪」って。ほんとに少し言葉を交わしただけだったのが残念。胃がんの方でしたが・・・まだ若い女性で。病状は存じませんが、寛解に持ち込めるようお祈りせざるを得ませんでした。

なんか、入院するたびに思うんですけど、癌と闘っているみなさんて、明るい人が多いというか。強いというか。いや、闘っているうちに強さを身に着けていくのか。わからないけれど、私の通院している病院は癌の専門病院なので、癌患者さんしかいないわけで、ほとんどの人が明るいんですよね。

中には、もしかしたら、私が気付かないだけで、暗くなっている人もいるのかもしれないけど・・・

そういう明るさに、助けられます。退院するときには、決まって、「じゃ、お互い、がんばりましょうね!(^^)」と言って、部屋を後にしてくるんですよね。

きっと、たぶん、人前ではみんな、明るい。だけど一人になったら、暗くなってしまうことも、あるんだろうな。

さてと。明日、大阪に行ってきます♪明日は京セラドームで東方神起。明後日はUSJ。大阪の人は「ユニバ」って言うんですよね?(^^)久しぶりの、2泊3日の旅行です。楽しみに、いってきまーす。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

まだ入院ちぅ。(FOLFIRI+BV ♯2)

先週の金曜日に入院してから、まだ入院しています。スマホからの更新、苦手だなぁ。

今回の入院は、大部屋の廊下側。差額なしのベッドです。これが窓側のベッドだと一日5000円かかってくるのですが、いま廊下側の薄暗いベッドにいて思うのは、

「外の景色を見たいよー。太陽の光を浴びたいよー」ってこと。窓側ベッドだったときは「高い!」とぶーぶー言ってたのに、勝手なもんです;^_^A

病棟が11階で、東京タワーやレインボーブリッジや、遠くはスカイツリーやディズニーランドの花火も見えたりするんですよ、窓側なら。だから、吐き気と倦怠感で気の滅入るときは、5000円払っても窓側がいいな。(←がん保険の保障が頼り)

さて。FOLFIRI+アバスチンの第2回目の投与は、こないだの月曜日。今日は投与7日目に当たります。ようやく吐き気がなくなってきました。

前回は吐き気と倦怠感が著しく発現したので、今回は減量投与でした。たしか、30%減かな?忘れちゃった σ^_^

あと、前回は、5-FUの46時間持続投与前に5分間の5-FU急速投与があったのですが、これは副作用防止のために取りやめになりました。

それでも酷く出てしまった、吐き気。嘔吐こそしないものの、廃人のように?!ぬぼーっっっとしていました。前回のアレに比べたらマシだったけど、やはり、投与直後から体調が一気に悪くなったので、外来投与は、ものすっごく不安。。。

それを主治医の先生に言ったら、

「入院でやるか。。。それとも、アービタックスかベクティに変えようか。」と言われました。

おいおい、それはまだ、早いんじゃないか?

と、素人の私は思いました。だって、セカンドラインであるFOLFIRIがこんなに早く打ち切りなんて、想定外だもん。アレルギー等で諦めるとか、あるいは耐性がついてサードラインに行かざるを得ないとかならまだしも、吐き気と倦怠感で挫折(?)なんて。

だから、FOLFIRIを続けたい旨はお話ししておきました。先生は、

「アービタックスとかのほうが、全然楽だよー。ブツブツは出るけど、それさえ管理できれば吐き気とかないんだよー。」だって。ニコニコしてた(笑)

結局そのまま週末になってしまったので、次回投与がどうなるか分かりませんが、外来は不安だなぁ(´・_・`)

さて。3日後には、京セラドームで東方神起のライブです!(いや、昨日から始まってるけど)

明日血液検査をして、異常なければ明後日退院して、明明後日は大阪行き♪

私にとっては超ハードスケジュールとなってしまいました。それもこれも、副作用の抜けが遅いせいですけどね(ーー;)

ベッドの中で持ち物リストを作って、気分は京セラ。ビギT着て、ビギタオル持って。。。イタイおばさん全開で楽しむっっっ。だって、治療つらかったもんっ!!

昨日はTVに東方神起が出ていました。病室でそれを見ながら、ほんわりしていました。

私の腫瘍マーカー、異常値ながらもこないだ少しだけ下がったんですよ。東京ドームのライブの後のことです(*´艸`*)

だから、昨日のTVでまた下がって、京セラでもまた下がるな〜(*´艸`*)

。。。入院中の話を書くつもりだったのに、いつの間にやら東方神起の話になっていた;^_^A


FOLFIRIという、私にとってのセカンドライン。これがダメならサード、フォース、フィフスと続く、治療。それを「ベルトコンベアに乗せられる」と表現する方も多くいらっしゃいますが、

自分なりに勉強して納得した上で、乗ったり降りたりしながら、病気と付き合っていこうと改めて考えている、今回の入院です。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

障害年金(覚書)

ブログ村の大腸がんカテにいるブロ友さんがちょうど記事にしていますが、私も障害年金について考えているところでした。

2年前、癌が再発した時点ですぐ、障害年金のことを調べあて、区役所の年金課で相談したことがあるのですが、その時の回答は、「目に見える障害があるわけでないなら、もらえないと思うよ」というものでした。

その時の対応はひどいものでした。「抗がん剤治療の副作用が出ている間は寝込んでいて働けない」と言った私に、「でも今はそんなに元気に歩いてきてるでしょ?」とか、あと、「精神科系の疾患ならもらえる可能性あるけど、アナタ、精神病んでるわけじゃないでしょ?」とも言われました。それを聞いたとき、「なら、自己申告で精神病を装って診断書もらって申請したほうがいいのか?」と、なんとも腑に落ちない気分になりました。

↑こんな対応だったので、すっかり諦めていたのですが。最近になって、ブログを読んでくださっている方からアドバイスを頂いて、いろいろ調べ始めました。ちょうど期を同じくして、ブロ友さんも申請に向けて動き始めてらしたので、さらに背中を押された感じです。

前置きが長くなりましたが、年金事務所に問い合わせたり、読者さんからアドバイスをおききしたりした結果、今までは知らなかったことを2点確認できたので、自分の覚書もかねて記します。

まず、初診のこと。障害年金は、癌の初診時に加入していたのが「厚生年金」か「国民年金」かで、もらえる基準が変わってきます。といっても、違いは、「障害3級に認定されたときに年金をもらえるかもらえないか」の違い。厚生年金であればもらえますが、国民年金ではもらえません。

3級というのは、細かな条件がいろいろある中で、大腸がんの私にとって最も関係してきそうなのが、「人工肛門」。これになると、100%、「3級」と認定されるそうです(年金事務所・談)。なので、初診時に加入していた保険が厚生年金であれば、障害年金の給付対象になれます。

私の場合。初発の癌は、結婚して夫の扶養に入っていたときに見つかりました。当時の加入は、専業主婦等が加入する「3号」という年金(?)で、これは国民年金です。

だから、私は人工肛門になっても障害年金はもらえないのだと思っていました。(区役所でもそのように言われました。)人工肛門以外でも仮に「3級」の障害認定されても、障害年金はもらえない、ということになります。

が!今回いろいろ調べて、新たな事実がわかりました。「初診日」の認定について。私のように「健康診断で異常を指摘された」場合は、初診日は、病院で「癌です」と言われた日ではなく、健康診断の日が、初診日になるのだそうです!

これって、「障害年金は初診から1年6ヶ月経過していないと申請できない」という点にも係わってきますね。

===>注意!平成27年10月より、この「健康診断で異常を指摘された日が初診日になる」というルールが変更になりました。現在は、「障害年金の対象となる疾病の診断や治療のために“最初に医療機関にかかった日”」が初診日になるそうです。(H27.11.17追記)


私は、夫の扶養に入る前は働いていて、社保・厚生年金に加入していていました。そこでの健康診断で「血便」を指摘されたのが始まり。その後、再検査を受けずに放置している間に夫の扶養に入り、その後で下血し救急搬送されて、癌の診断を受けたわけですが・・・

「健康診断が初診時」ということならば、私の「初診」は、厚生年金に加入している時になる。ってことは、3級の認定でも、障害年金の支給対象になる( ´艸`)

これきいたとき、すっごく嬉しかったです。

ここで、注意。障害年金の給付に関する法律(?)みたいなもので、「ただし、診断された後に故意に治療を受けないなどして悪化させて障害に至った場合は、支給対象とならない」というような文言があるそうです。私は、健診で異常を指摘されながらも、8ヶ月間放置していました。これが該当するかきいてみましたが、年金事務所の人のいうには、「おそらく、その程度ならば故意とは見なされないから、大丈夫」とのこと。

で、問題になってくるのが、障害年金の申請に「健康診断の結果通知書」が必要なこと。そんなの、もう捨てちゃいました。なので、年金事務所の人のアドバイスで、当時の勤務先に連絡して、再発行が可能かどうか、今日問い合わせたところです。検診を受けたのは2009年なので、もうないかな?と心配になって調べたところ、事業者の保存義務は「5年間」。5年じゃ、もう過ぎちゃったじゃん、と思ったけど、よくよく条文を読んでみると、

「検診を実施した年度の翌年度の4月1日から起算して5年後の3月31日まで」が法律で定められているらしい。(間違ってるかもしれないので、気になる方はご自身で調べてくださいね)・・・・ってことは、今年の3月31日が保存期限。ぎりぎりセーフ?!まだ会社から連絡が来ないのでわかりませんが。もし「もうないよ」と言われたら、この法律を盾に迫ってみるつもりです。

また、健診の結果通知以外にも無論、医療機関の診断書が必要になるのですが、私のように「初診」が救急外来だった場合、「救急外来科」等で書いてもらうのだそうです。てっきり、回された先の消化器外科でもらうんだと思っていたので、これも新たに知ったことでした。ちなみに、「診断書」とは、正確には「受診状況等証明書」というのだそう。

もうひとつ、よくわかっていなかったのが、「初発」と「再発」の扱い。私のように、初発の根治術後にいったんは治療が済んで経過観察に入っていたら、その期間は元気なわけですが、再発したときに、「明らかに前回の癌と同一の癌細胞の転移と確認できる」という病院の証明書があれば、初発まで遡及して障害年金をもらえるのだそうです。

が、もし、「初発のあと元気だったじゃん」と認定されても、再発のときに改めて「事後重症請求」というのを行なえば、ちゃんとその後の分はもらえるのだそう。(この辺、細かく聞かなかったので大雑把ですみません。)

つらつらと書きましたが、今回書きたかったポイントは、2つだけ。

① 健康診断で見つかった異常が結果的に癌だった場合は、「初診日」は健診の日になる! ←コレ、診断時の加入保険がどっちだったか、私みたいにビミョーな人には大切なポイントかと思う。
===>大事なことなのでもう一度書いておきます。平成27年10月より、この「健康診断で異常を指摘された日が初診日になる」というルールが変更になりました。現在は、「障害年金の対象となる疾病の診断や治療のために“最初に医療機関にかかった日”」が初診日になるそうです。(H27.11.17追記)

② 申請に必要な「受診状況等証明書」は、救急搬送の場合は救急の部門でもらう!

ということでした。あとは、こまかな日付(診断書の有効日付)とかを教えてもらったり、様式を教えてもらったりしました。

今回、年金事務所の対応してくれた人がとても親切で、助かりました。お役所ってどうも冷たいイメージがあるのですが、そうでない人もいるんですね。(当たり前か^^;) これからもいろいろな方に助けていただきながら、なんとか申請して、そして支給に至ったら、最高だなぁ・・・。かんばろ(^^)

さて。昨日、入院先延ばしについて書きましたが、今日の昼ごろになって、病院から電話がありました。いわく、

「急に退院した人が出たので、明日から入院できます」というもの。ウソでしょ、急に退院なんて。どうせ最初からベッド空いてたんでしょ。私が昨日キレたから慌てたんでしょ。と思いつつも、せっかく申し出てくれたので、ありがたく入院させてもらうことにします。気持ちの切り替えが大変だ。

今日、仕事でレジに立っていたら、東方神起のツアージャケットを着たお客さんが来ました(^^)。知らない方でしたが、「ツアージャケットですね。私もライブ行ってますよ」と声を掛けたら、嬉しそうに、「今度大阪も行くんですよ(^^)」と話してくれたので、私も「行きますよ。楽しみですね」なんて言いました。その方は、大阪は全日行くのと、福岡にも言ったとおっしゃっていました。いいなー。

私も明日からの入院は、東方神起のパーカーを持っていきます。パーカー羽織って院内をうろついてるオバサンがいたら、私ですので、声かけてくださいね(笑) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

脱毛の予感?

前回の記事を書きあげてUPしたあと、PCを閉じて、なんとなく頭に手をやったら・・・

パラパラパラっ。と、髪の毛が数本、手に絡みついて抜け落ちました。

なんだ?!と思ってまた頭を触ると、またパラパラパラっ。

何度やっても、手に絡みついて、落ちる。

うわー、これが噂の、脱毛ですか?!驚くと同時に、とっても怖くなりました。わー、髪の毛、抜けちゃうんだ、本当に・・・。

私には脱毛は来ないかも?と楽観的になりかけていた矢先だったので、一層ショックが大きかったのかもしれません。

あれから3日。髪の毛は、少しずつ、パラパラと抜け続けています。でも、よく話に聞くように「洗髪したらどっさり抜けた」とか、「髪をとかしたらどっさり抜けた」ということはありません。

髪を洗うと、手にはたくさん絡み付いて抜けますが、抜けた髪を集めて丸めても直径1センチくらいの玉ができる程度。ドライヤーで乾かすと、足元のマットにたくさん抜け毛が落ちますが、手で拾い集められる程度。仕事をしていても、たまに肩や背中に長い毛が抜けおちている程度。(同僚がとってくれます^^;)

枕にどっさりつくとかいうこともありません。とても軽度。でも、尋常ではない抜け毛の量には違いありません。

こうしてPCをいじっているはじから、パラリと抜ける、髪の毛。

だけど。ウィッグが必要なほどの脱毛にはならないんじゃないかな、と思っています。

昨日は外来に行ってきました。まだ入院できないので。そこで脱毛の話をしたら、主治医いわく、

「抜ける場合は、2週間後にドバっと抜ける。脱毛が始まる時期が遅い場合は脱毛の量も少ない印象がある。だから、それほど抜けないのではないか?」とのことでした。あくまで、彼の印象だとのことです。

髪の毛が抜けるって・・・・予想以上にショックなものですね。私は毛量が多いので、もうちょっと抜けても平気・・・・だと思いますが。

あ、でも、髪の質は変わりました。パサパサになりました。でもこれって、加齢によるものなのか、はたまた卵巣摘出でホルモンバランスが崩れたせいなのか、はたまた抗がん剤の影響なのか?わかりません。


今日は、病院に電話をしたら、まだ入院できない、と言われました。再来週に大阪に遊びに行く予定なのですが、今週中に入院しないと、副作用が長引いた場合に大阪に行けなくなる、という懸念を、昨日の外来で医師に告げておきました。

でも、やはり今日になっても、今週の入院は不可能との、病院からの返事。ならば。と、入院を先延ばしにしてもらいました。4月以降の入院になります。2月に入院手続きをして、遅くとも今週には入院できるはずだったのに・・・。その日程で大丈夫とずっと言われていたのに。

「ベッドが空きませんから、なんといわれてもしょうがないんです」との、事務の人のイライラした口調に、こちらのイライラもMAXです。

「わかりました。もういいです。4月まで治療しません!」と、言ってしまいました。

こんなこと言われたら、主治医はいやだよね。せっかく治療してるのに、私用のために治療スケジュールをそんなに先延ばしにするなんてさ。

でも、大阪行きは、取りやめたくないのです。そして、大阪から戻ってすぐFOLFIRI治療をしても4月頭の東京ドームに間に合わないから、それ以降まで治療を延ばすんです。

ハイ、自分でもバカだと思います。東方神起のライブのために、治療先延ばしですもん。(病院が予定通り入院させてくれればそんなことにはならなかったんだけど)

でもさ・・・。これが、たとえば術後抗がん剤とか、術前抗がん剤とかで、その治療効果が目に見えていたり或いはこなす回数が決まっているものならば、私もスケジュールを守るかもしれないと思うんです。だけど、実際は、そうではない終わりのない抗がん剤。それも、効いているのかいないのかもわからない抗がん剤。

1回飛ばしたくらいで、治療効果に大きな差は出ないと、正直思っている。それならば、東方神起に行きたい。だって来年も再来年も、もうライブはないんだもん。

こんな姿勢で治療に臨む私って、どーなの?と少し反省したものの・・・。

考えが変わりました。入院の先延ばしは、むろん、主治医の許可を得たものです。私が電話で「4月まで治療しない」と言ったとき、電話の向こうでは、「私の判断で許可できないので、主治医に訊くから待て」と言いました。そして、少し待って、「主治医が4月でいいと言っている」と返ってきました。

だから。4月まで待っても、治療効果に大差ないんだと思う。それなら、4月以降に余裕をもって治療すれば、いい・・・。

前回入院したときにも実は、4月まで次の治療を待ちたい旨は申し出たのですが、そのときは「3月中に一度治療すべき」と言われたんだけどね。

なんか、脱毛の話を書くつもりが、違う話になってしまいましたね。

今日はそんなわけで、気持ちが暗いんです。脱毛と、入院の先延ばし。外はポカポカ、良いお天気だったのに、部屋にこもって泣いていた私でした。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

東方神起になりたい。

東方神起!ライブツア!2015!WITH!(←東方神起風に)

はい、先月の25日と26日の両日、行ってきました、東京ドーム。チケット取るのが大変だったー(TT) こんなにライブに行ける予算はなかったけど、FOLFIRIの副作用の脱毛がいまのところ無くてウィッグ費用が浮くかもしれない、ということと、先日のCVポートの手術が保険の給付対象になる、ということで、行っちゃいました( ´艸`)自転車操業の家計です。

25日は、安定の3塁側の席。だけど、ユノさんのトロッコがほぼ目の前に止まる位置で、1階席の真ん中らへんからでもそのお顔がよーく見えました。ボールやらサインやらを投げまくって楽しそうな表情に、こっちも終始、顔がほころびっぱなし(笑)

26日は、珍しく1塁側。こちらでは、チャンミンさんのトロッコが目の前でした。透ける衣装の下には、あの割れた腹筋が・・・
チャンミン腹筋
↑コレですね。生でガン見させていただきました。

チャンミン、↓こーんなベビーフェイスからは想像もできない筋肉に、
チャンミンかわいい
ちょい引きながらも発狂させていただきました(^^;)

でもやはり思うのは、ユノさんのこと。彼も、かつてはこんな腹筋だったのに↓
ユノ腹筋
画像荒くてすみません。

現在の写真はあえて載せない(笑)

でもこんなかわいくて、
ユノかわい

「かわいじゃなくて、かこいいの」と本人が主張するように、かっこよくて・・・(写真のせるの面倒なので省いていいですか?)

すみません、ファンブログになってますね(^^;)

今年は日本デビュー10周年ということと、さらにユノの兵役が間近に迫り、兵役前の最後のツアーであろうということで、ファンの熱狂ぶりもいつも以上な感じがしました。特に、25日の、東京初日。グワーン、と割れるような歓声が湧き上がって、驚きました。

ステージの上の東方神起の2人を見ながら、その長身といい、頭身といい、顔の整い具合といい、手の美しさといい、何を取っても常人離れしているパーツを全て持ち合わせたこの人たちは、スターになるべくしてなっている人たちなんだな、と、つくづく思いました。

その素材に事務所の力が加われば、人気の出ないはずがないですよね。

そして、本人達の努力が加われば、人気は続く。いやー、さすが、東方神起だっ!と思いながら見ていました(^.^)

今回のセトリで嬉しいのは、私が勝手に自分のテーマ曲にしている「survivor」という曲と、癌が再発した当時、死ぬ時にはこの曲を聞きながら死にたいと思った「Love in The Ice」の2曲が歌われたこと。

どちらも東方神起が5人のころの曲ですが、2人で歌ったのがとても嬉しかった。なんか、どちらも、今までの2年間の闘病生活が走馬灯のように駆け巡り(←)、しみじみしました。今まで頑張ってこれたんだから、これからも大丈夫、みたいなね。

毎回、ライブのたびに色々なことを考えて、「さて、明日からもがんばるか!」と思えるのですが、今回は、違った感情が生まれました。

それは・・・・「ユノになりたい!」(笑) ←コレ、真面目に思いました。だってね。

2日目の最後の挨拶で、ユノが言ったんです。

「皆さん一人一人、大きな問題があると思います。でも、ここに来て、東方神起のライブの間だけは、楽しい気持ちでいてください。そのために、東方神起は存在するんです。」って。

片言気味なニホンゴで一生懸命語るその言葉は、重かった。誰もが、何かしら悩み事を抱えている(ユノさんの言うところの“問題”ですね)。でも、ライブの間だけは、すべてを忘れて楽しめる。私だって、そう。

そのことをアーティストが解っていてくれて、そのために自分たちが存在するんだ、なんてあの若さで言いきったアーティストを、私は初めて見ました。

今までいろんな芸能人をみてきたけど、みんな、ライブの最後とかには「ありがとう」とか「ファンの皆さんのおかげで自分たちはここまで来た」とか言う。それが当たり前で、常に、ファンがアーティストを支える、という図式。

だけど、ユノさんは違った。もちろんファンに支えられているという感謝の言葉は常に口にするけれど、それと同時に、それだけでなく、「自分たちがファンを支えることが出来ている」というのを自覚していて、それが、自分たちの存在する目的だ、というわけですよね。

口で言うのは簡単。だけど、実際にこれだけ多くのファンを引き付けておくための本人たちの努力はハンパないはず。それが決して、自分たちの欲望のためだけではなく。トップに上りつめるという目標ももちろん持っているだろうけど、同時に、ファンを支えるため。

「○○のために存在する」と言い切れるユノさん。自分の存在意義を自分で断言できる事が、羨ましくなった。そして、その目的の重さが、また羨ましかった。

相方のチャンミンが、「ユノはデビュー当時の10年前と全然変わらない。生きている化石のような人」と言う。それって、ユノの芯が10年前と変わっていないってことだよね。ぶれていないってこと。その信念を、あの若さで10年も保つって、すごいと思った。

だから、ユノさんになりたい、って思った。

「ユノみたいな人になりたい」でもなく、「ユノのようになりたい」でもなく、「ユノになりたい」のです(笑)

前に友達と妄想していて、「ユノの何になりたい?」という話をしたことがあります。私は、「お母さんになりたい」と言った。なぜなら、母親は、唯一無二の存在だから。

でも今は、「ユノ本人」になりたいです(笑)。辛いことはたくさんあると思う。想像できないような心境のときも多いんだろうと思う。だけど、有名なボランティア活動だけでなく、日頃接しているファンのために存在するんだ、なんて日常生活の中で言えるような、そんな“お役立ち”な人になりたいな、って思うんです。

私、こんなにユノのファンだけど、実はユノを盲目的に褒めるファンが苦手です。「歌もダンスも最高に上手!性格も最高!」と言えちゃうような。だって、ダンスは最高だけど歌は普通だし、本当の性格なんて本人と知り合いじゃないとわからないし。(偉そうですみません。)

それでも、やっぱりユノになりたいと思った。これほどに叶わぬ夢もないけど、でも、生まれ変わったときユノになってたりしたら、嬉しすぎてまたしんじゃいそうです( ´艸`)

そんなこんなで、ユノさんの人柄がまた一つ垣間見られた東京ドーム。私のまわりはなぜか2日間ともチャンミンファンばかりでしたが、一生懸命「ゆのーゆのー」って叫んできました(^^)やっぱライブって、楽しいね♪

ライブの翌日から、すぐ仕事に戻ったわけですが、事務の仕事を新人さんにとられてしまったため、今は立ち仕事をしています。休みの予定だった日にも仕事を入れてもらったので(←チケット代と入院費のために少しでもたくさん働く!笑)、さすがに疲れています。

疲れのせいか、お腹のグリグリの痛みがハンパないです。痛み止め飲んでるのに常に痛い(TT)

こんな体力で大阪に行けるのか?一抹の不安もありますが、まぁ、大丈夫でしょう。

あっという間に、もう3月です。大阪行きまであと17日。お腹、治りますように。がんばれ、FOLFIRI!(^^) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。