スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

今さらながらのクリスマス。

24日と25日に外泊許可をもらって、自宅に帰っていました。

母と二人の、最初で、たぶん最後の、クリスマス。コンビニケーキも、買ってきましたよ(^^)
ケーキ
ちゃんと写真、撮りました。^^¥

部屋の明かりを消して、ローソクに火を灯したら、母がチキンを運びながら

「♪もーろーびとーこぞーりーて~」

と歌い出しました。(よく歌う人なのです)

つられて私も大きな声で、

「むかーえまーつれー♪」と歌いました。

そしたらもう、止まらない。ちょうどテーブルの脇に、ホスピスのクリスマス会で使った歌詞カードが置いてあったので、それを見ながら、「もろびとこぞりて」を大きな声で二人で歌いました。

こう、なんというか、荘厳な感じというか神聖な感じというか、そんな雰囲気はまるでなく、ただの酔っ払いがご機嫌で歌っているような?!ただただご機嫌で、笑いながら、ケーキの前で二人、ご機嫌で歌っていました。(お酒は入ってないですよ!)

続いて歌った「きよしこの夜」も、まぁ、元気いっぱいに、「きーぃよーしー、こーのよーるー」って、たのしく歌いました。

大笑いしながら歌う「きよしこの夜」も、なかなかオツなもんですね。

歌が終わったら、母は再び食卓の準備にとりかかり、私は足が浮腫んで動けないので、ベッドに戻って待っていました。

準備が全部できて、「ありがとー」と言いながら、ベッドの隣の食卓につきました。

チキンレッグ、美味しかったー。他にもお料理はありましたが、チキンが大きすぎて、私はチキンだけでギブアップ。幸せ。

そして、ケーキをいただきました。ミルフィーユのホールケーキ。

美味しかったです。甘さ控えめで・・・・。でもそれが母には気にいらないようで、「甘さが足りない!」と申しておりました^^;

ミルフィーユだから、中にはさくさくパイ生地が入っていたのですが、その1枚が、なんか、焦げてた?焼きすぎ?!って感じで・・・。「香ばしい」といえばそうなんですが、「焦げてる」といえばそうなような^^;

だけど、全般に、チキンも含めて美味しかったので、二重丸です。


楽しい時間は、あっという間に終わってしまうものですね。思い出話をしながらたくさん笑って、たくさん食べて、クリスマスもおしまい。翌25日もケーキの残りを食べましたがね。

そして、26日にはホスピスに戻ってきました。その晩はよかったんだけど、次の晩。すなわち、昨夜ですね。痛くて、寂しくて、ひとりで泣きわめいてしまいました。いま、部屋がナースステーションの近くなので、泣き声が外に聞こえてしまったようで、看護師さん達に心配をかけてしまいました。

明日、29日には、一時退院と称して、再び自宅に戻ります。一週間以上、家にいる予定です。楽しみです。自宅のほうが落ち着くもんね。

それに先立って、お風呂の椅子とか、トイレの手摺りとか、介護保険でいろいろ手配しました。つかまるところがないと立ち上がれなくなってしまったのでね。もう、この浮腫み、なんとかならないかな~。
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

涙の再会。

3日前の話ですが、懐かしい友が訪ねてきてくれました。

彼女は、製薬企業に勤めていた頃の同僚。私が会社を辞めた後、会う事がありませんでした。おそらく10年間ほど、会っていなかったと思います。

同僚時代、彼女と私はとても仲がよく、会社帰りにしばしばお気に入りの居酒屋やイタリアンのお店で飲んでいました。話題は、当時、お互いに持っていた、同じような悩み事。お互いのことを沢山しゃべりながら、気持ちがわかるから一緒に泣いたり笑ったり。私は彼女が大好きでした。

なのに、なぜなのか未だにわからないのだけど、私が会社を辞めたときに、そのまま音信普通になってしまいました。メールも電話も、郵便はがきも、届きません。そのまま月日が過ぎて、「私は何かやってしまって、嫌われたんだな」と思うようになりました。

その気持ちは思い込みに変わり、このままもう二度と、大好きだった彼女と会う事はないのだろう、と思っていました。

が、今の時代。FaceBookで、「○○さんを知りませんか?」と、勝手に彼女の名前が出てきます。何度も出てくるけど、私は連絡をとる勇気が出ませんでした。だって、嫌われたんだもの。

でも・・・。数ヶ月間悩んで、やっぱり連絡をとってみよう!と、勇気を出しました!

「理由はわからないけど、私は嫌われてるのかもしれない。だからこのメッセージも迷惑かもしれない。だけど、私は○○ちゃんが大好きだったし、今も大好きです。それだけ伝えさせてください」みたいなメールを出しました。

そしたら、すぐにお返事がきました!それも、前と全くかわらない、彼女のままで。

「センパーイ!元気ですか?!ずっと連絡とれなくてごめんなさい。でもとっても嬉しいです!」と。明るい彼女のままで。

泣きましたね~。お返事もらえると思わなかったから。

あとできいたら、たまたま私が会社を辞めた直後に、諸事情で携帯を変えたので連絡がとれなくなったこと。マンションを購入して引っ越したこと。いろいろな状況が重なって、連絡がとれなくなってしまっただけで、私のことを嫌いになったとか、そんなことはこれっぽっちもなかった模様。

何度かメールをやりとりして、何かと多忙な彼女、しかもここから結構遠くに住んでいる彼女が会いに来てくれたのが、3日前でした。その姿を見たとき、私は、予想通り、泣いてしまいました。ほんっとに嬉しくて。10年近くの自分の中のわだかまりがとれたようで。

「センパイ、なんで泣くんですかー。私まで泣いちゃうじゃないですかー」と、彼女も泣いてしまいました。

二つ年下の彼女は私のことを、昔から「センパイ」と呼んでいたのですが、今もかわらず、うれしかった。

それからは積る話をたくさんして・・・・当時つとめていた会社が、今では他の外資に買収されたこと(これはニュースで知っていました)、当時私がお付き合いしていた男性がどこに勤めているだとか、結婚はしないのだとか、恋愛トークをメインに話に花が咲きました(*^^*)

FBを見る限り、彼女は精力的に海外旅行に行っているようだったので、きいてみました。たしか、以前は、海外にそんなに興味がなかったはずの、彼女。私と一緒に行ったタイ旅行が彼女にとって初めての海外でした。

「それが、センパイと一緒にタイとグァムに行ったでしょ?それで味を占めちゃってさ、アジアがすごく好きになっちゃったんですよ!だから、アジアばっかりせめてます(笑)」

たしかに、FBに上がっている写真は、カンボジアとかベトナムとかタイとか、マニアックな所ばかりで、アメリカやヨーロッパなどは全然ありません。

私と一緒に行った彼女の初めての海外旅行、過去記事に少し書いているので、よかったらこちらをどうぞ♪

たしか、当時の私が、アメリカとかヨーロッパとかの普通の旅行は嫌で、マニアックなところにいってみたい、ということでタイで象に乗るプランを選んだんだと思う。。

彼女は、とにかく象に乗るのが楽しみだったようで、旅行会社のカウンターで「えーっと、どのツアーでしたっけ・・・」とパンフレットをめくる私の隣で、カウンターの人に「象に乗るやつです!象!!」と言っていました。よほど象に乗りたかったのでしょう(笑)

無事に象に乗って、その他にも、水上市場をめぐったりする、当時としてはかなりマニアックなツアーでした。それに味を占めてしまったとかで、以降、彼女は一人でもアジアの国へ行ったりするようになったとか。

「センパイのおかげですよ、こんなに楽しいのは。センパイがあの時タイに連れて行ってくれてなかったら、私の人生、変わってたと思いますもん。」なんて言ってもらえて、とても嬉しかったなぁ。

今でこそ、タイで象に乗るツアーは定番ですが、彼女いわく、「今の象にも乗ったけど、できあがった道を歩くだけで全然面白くない」とのことでした。私たちが行ったのは、道のない森の中を木々をかき分けて進んで、そのあと川に入って象で川を渡ったんだもんね。象に乗ってるのに、私らの足が水面に付くくらい深い河。

思い出話は尽きることなく、あっという間に数時間がたちました。正直、今の私はお見舞いに来て頂くと2~3時間が限度で、それより長いと疲れてしまうのですが、楽しい時間は、いいよね。

帰り際、思わず、私からハグしました。また会おうね、また来るね、と言ってはいるものの、実際遠いし、会えるかどうか確証はないですもん。

しばらくハグして、うるうるして、「じゃ、またね、絶対だよ!」と言ったら、今度は彼女のほうからハグしてくれて、長いこと別れを惜しんでいました。

とってもとっても、嬉しい再会でした。私は嫌われていなかったとわかったし、彼女が彼女のまま、元気ですごしていることがわかったし。

こうして考えてみると・・・・古い友人から新しい友人まで、私、恵まれてるな、って思いました。

今日は、新しいほうの友人がお見舞いに来てくれました。これもとっても嬉しいこと。

きっと、私がわがままでダメダメ人間だからこそ、神様が不憫に思って、良い人を回りにおいてくれたんだろうな^^; そんな大事な友人たちを、大切にしていきたいな、と思いました。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

クリスマスの写真と、今の状況。

先日のサプライズ・クリスマスの写真が出来上がりました。
Xmas surprise

前列左から、サンタに扮した主治医、私、母、担当の看護師Nさん。
後列左から、全身トナカイさん、全身ツリーさん、サンタ帽子の看護師さん。。。。全身ツリーさんがうまく映ってなかったのが残念無念です。

ちなみに・・・。私の顔は隠しましたが、顔の輪郭は、敢えて出してみました。コレ、ステロイドの副作用の「ムーンフェイス」です。顔が一回りでかくなって、丸くなっています(TT) パツンパツンにはち切れそうに丸く大きくなってるのが、わかるでしょうか(TT) 表情は思いっきり笑顔なんですがね。

あと、余談ですが、母の服装がやたらと若いのは、私のクローゼットの中から適当に選んで着ているからなのですが・・・その中でも私でさえ着れなくなったような若い頃の服を着ているせいです。


毎日、かわり映えのしないホスピスの生活。もう、入院して2ヶ月以上たちました。体はどんどん浮腫みがひどくなり、足からお腹の上のほうまで、パンパンです。腕と胸だけ浮腫まずにいるけれど、そのうち全身むくんでくるのかなぁ。

汚い話ですが、大人用のオムツを、心配な時は使うようになりました。失敗があったわけではないけれど・・・・失敗しそうで怖い事が時々あるので、看護師さんが勧めてくれました。

泣きそうになりながら大人用オムツの話を聞く私を気遣って、「全然、恥ずかしいことじゃないのよ~。私だって、ときどきチビるもん!そういうときはパッドを使うもん(^^)」と言ってくれた看護師さんの優しさに、涙。

少しずつ、できないことが増えていきます。歩くのは、もう、室内のみ。パジャマのズボンを穿くのは、一人ではできなくなってしまいました。しゃがんで冷蔵庫の中を覗くと、立ち上がれなくなります。しゃがむときは、必ず手でつかめるものがある場所でないと立てません。

痛みは、幸いお腹に限定されていますが、それでもすごく痛い時は相変わらず泣いています。

はぅ。クリスマスと、年末年始には、外泊許可をとってマンションに戻る予定です。クリスマスは母と、そして、年末年始は、兄も加わって、私のマンションで初めて、家族でお年とり(新年を迎えること。信州の方言みたいです。コメントで指摘されて初めて知りました;^_^Aへへ)の予定です。



楽しみです(*^^*) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

友達の愛・パンケーキ♪♪♪

今日は、友達が手づくりの「イチゴのロールケーキ」を持って、お見舞いに来てくれる予定でした。

が!友達いわく、材料が家にないことに気付き、急遽、「パンケーキ」に変更。どっちも好きな私としては、どっちでも嬉しい(*^^*)

でね。焼いたパンケーキと、イチゴと、ホイップクリームと、マンゴーソースを別々に用意してきてくれて、大きな紙皿とスプーンとフォークと。あと、サンタさんと「Merry X'mas」のチョコレートプレート!

友達は、病室でお皿を広げて、サササッと盛り付けて、あっという間に、美味しそうなパンケーキの出来上がり。その手際の良さから、普段からお料理やお菓子作りをかなりやってるんだな、ってわかりました。羨ましい!ってか、そんな奥さんを持った旦那様が羨ましいぞ♪♪♪

んで、できあがったパンケーキが、コレです↓
pancake.jpg

美味しそうでしょう?遠くから電車に乗って、具材を大事に持ってきてくれた、その気持ちも、とってもありがたかったです。ありがとう!

このパンケーキの粉、どこぞの行列のできる有名店のお粉だそうなんだけど、名前を失念してしまいました(--;)友よ、ごめんね。

でもとっても美味しかったよ!きっと、食べる直前にシロップやクリームをかけてくれたから、どろどろにならなくて一層美味しかったんだよね。(どろどろになっても美味しいものは美味しいけど・笑)

生クリームを何度も追加おかわりしながら、全部いただきました(^^) 幸せを持ってきてくれて、ありがとう! にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

クリスマス会 at ホスピス(^^)

昨日、入院しているホスピスで、少し早いクリスマス会がありました。

看護師さんたちのハンドベルの演奏会、私も参加したい!と言ったら快く迎え入れてくれたのですが。言ったのが3日前。直前だったので、却下(TT)。「じゃ、来年は一緒にやろうね♪」とは誰も言わないのが、さすがホスピス。私も言わなかったし(笑)

クリスマス会では、プロのギタリストさんの演奏を聴いたり、牧師さんのメッセージを聴いたり、美味しいお菓子を頂いたり。既述の看護師さんの演奏を聴いたり、楽しくて心温まる一時でした(^^)


今日は、午前中はお見舞いのお客さんとお話しして、午後は母とお散歩。体力的に少し疲れていたのでしょう、シャワーあがりに具合が悪くなってしまい、出ると同時にベッドへゴロン。

でも30分もしたら元気になって、母とお茶をしていました。そしたら、看護師さんが部屋にやって来て、言いました。

「今日は、Nさん(←私の担当看護師さん)が夜勤でつくからね。具合が悪いのは、治った?」

「ハイ、もう大丈夫です。(心の声⇒なんで今日だけ夜勤の予告?いつもそんなの、ないのに。)」

「でね、Nさんが今日はいつもより30分くらい早めに出勤するって言ってたから、何かあったら、言ってね。」

「ハイ。(心の声⇒何かって、なんだ?ってか、なんで、わざわざ早出の予告?)」

なんかよく分からないけれど、看護師さんが出て行ったあとで、母と、なんで夜勤の看護師さんが少し早く来るなんて私らに報告するんだろね?なんてお喋りながら、クルミとアーモンドをつまんでいました。

そして、日勤さんと夜勤さんが交代する時間が近くなりました。

やがて、ドアをノックする音。担当看護師のNさんが来たようです。

「トントン、夜勤のNでーす♪」

「ハイ、どーぞ。今日は、早出なんですってね・・・・」と、振り返ってドアのほうを見てみたら。

トナカイの耳を付けたNさんがニッコニコ満面の笑みでドアを少し開けて立っていました。(Nさんは私より少し年上です)

「え?!」と思ったら、ドアが全部開いて、トナカイNさんの後ろからガヤガヤと!全身サンタの主治医を先頭に、トナカイの耳やらツリーやらの被り物を着けた看護師さん達がドヤドヤと入ってきました!

あまりのドヤドヤ具合に母は慌てて立ち上がり、私は立ち上がれないのでベッドに座ったまま、

「え?え?」とびっくりするばかり。個室が、サンタさんとトナカイさんとツリーさんでいっぱいになりました。

私も母も部屋の真ん中に寄せられて、サンタの帽子を被せられ。よく見たら、いろんな衣裳の人がいて。

「あ、全身トナカイがいる!あ、全身ツリーもいる!!」 私は、子供のように喜んで、指さして笑ってしまいました。

だって、全身ツリーさんが、かなり笑えたんだもん。

サンタの主治医からプレゼントを受け取って、母と私はビックリから立ち直る猶予もなく、ベッドに座らされて、全員で記念撮影をしました。みんな楽しそうで、すごい仮装なのに、微塵の照れもなく(笑)ニコニコ笑顔で、ハイ、チーズ。


それが、これ。

・・・・・・と紹介したいのですが(TT)、看護師さんがデジカメで撮影してくれたので、まだアップできない(^^;) 現像して紙でくれるそうなので、もらったらアップしますね。

いまどきのデジカメならスマホにデータ転送できると思うのですが、私も看護師さんもやり方を知りません^^; 自分のスマホで撮ってもらえばよかった^^;

というわけで、写真撮影が終わって、クリスマスさま御一行は、風のように去って行きました。本当に風のように、大きな笑い声と幸せな気持ちだけを残して。

頂いたプレゼントとカードを見ながら、母と感動していました。母はサンタさんが主治医だと気付いたのが帰る直前だったそうで、大笑いしていました。私は全身ツリーと全身トナカイが誰だったのか、よく分からないままに笑っていました。涙が出るほど大笑いしたけれど、きっと嬉し涙もまざっていたなー。

私の部屋以外では大きな声は聞こえてこなかったから、もしかしたら、私だけへのサプライズだったのかもしれません。だから、シャワーの後に具合が悪くなったのも余計心配されて、夜勤の看護師さんの早出も予告されて、なんとなーく私をこの部屋に縛り付けておこうと画策されていたのかもしれません(笑)

とっても、うれしかった。ありがたかった。今年のクリスマスは、思い出深くて、楽しいことばかり続きますね。

あ、私だけへのサプライズというのは、「今日が」ってことで、別の日には別の患者さんに、同じようにサプライズのクリスマスをやっていることと思いますよ(^^)

あー、早く写真を見たいなー。


写真の代わりと言ってはなんですが、今朝の私の足の浮腫みを載せちゃいます。朝でこれだから、昼間は、もっとむくんでます(^^;)
浮腫み1

浮腫み2

こーんな写真じゃなくって、クリスマスの写真を見たいですよね。もちょっと待ってて、くださいね(*^^*) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

訃報に接すると。

癌になってさ。。。自分いま緩和ケア病棟にいてさ。。。

当たり前なんだけど、訃報が耳に入り易い立場というか、環境なんですよね。

それは、ブログで知ることになったり、誰かのコメントを通して知ることになったり、SNSで聞くことになったり。

色々な形で聞かされる、訃報。

間違えないでくださいね、訃報を聞かされること自体が嫌だとかどうのって訳ではないのです。それは、一つの命が全うされたという、大切な情報。それを耳にできることは、ある意味、貴重な体験で。。。知らせて下さることに感謝します。


若い頃は、訃報とは、TVで有名人のをきくぐらいでした。そして、「これが高齢になると、自分の友達とか親戚とかの訃報に沢山接するようになるんだな」と思ってきました。

いま、50歳手前。決して“若い!”という年齢ではないけれど、訃報をきくには、若すぎると思っています。

なのに、容赦なく耳に入ってくる、悲しい報告たち。

そして、訃報とは関係ないけど、私自身に向けられる、遠回しな、

「あなたの命は長くないんだよ」のメッセージ。これがいずれ、私自身の“訃報”として、誰かの耳に入って行くんだろうな。


悲観してるわけではないんです。ただ、こういう、訃報が身近に飛び回る事態は、もっとずっと先の話だと思って生きてきたから、少しビビってるだけ。


もうすぐ、クリスマス。毎年、ケーキを買っていました。今年は、某コンビニのホールケーキに一目惚れしたので、それを予約することにしました。

もしかしたら、人生最後のクリスマスかもしれない。だったら、母と二人で、静かにケーキを食べようかな、と思い、コンビニのパンフを持ってきてもらえるよう、頼みました。

最後のケーキ(かもしれないの)がコンビニってのが、我ながら笑っちゃうけど、気に入っちゃったんだから仕方ない。


この2〜3日というもの、足の浮腫みが酷くて、自立して歩けなくなりました。部屋の中は捕まり歩きです。

浮腫んだ足の写真を載せたいところですが、こんな夜中になってしまい、今から電気つけて写真を撮るのが億劫なので、写真は無しです;^_^A

お腹回りも大きくなって、何をやるにも億劫がっています。妊婦さんて、大変なんだなー、って、子供のない私は今ごろ考えています。


話は最初に戻りますが、訃報をきくたびに、悲しくなるのと同時に、

「おつかれさまでした。」

と思います。苦痛のない世界で、これからは永遠に、何もかもから解放されて、新しい「生」を生きてほしい。

なんだか、癌で闘病した方を送り出す気持ちは、部活動の先輩を送り出した気持ちに少し似ているところもあります。労をねぎらう部分がかな。


私は、死に至るまでの過程が、とても怖いヘタレです。近くなればなるほど、恐怖が増していきます。

でも、訃報をお聞きするたびに、不適切な表現かもしれないけど、とても励まされる部分もあるんです。

この方は、全うされたんだ。あの方も、全うされたんだ。なら、私にもできる、大丈夫だ、と。私は一人ぼっちではないんだ、と。


今はどうか、遺されたご家族の上に、神様の憐れみと平安がありますように。 にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

お泊りディズニー。

念願だった「お泊りディズニー」。29日と30日に行って参りました!

ホテル ミラコスタに泊まりたかったのですが、普通に泊まったら、私には目の玉が飛び出す金額です。でも、そこは、障害年金さまさま。支給が決まった障害年金を少し遣って、しぬ前に夢を叶えようと思ったわけです。

当日は両日とも、お天気に恵まれ、なんとありがたかったことでしょう。きっと、一緒に行ってくれたお友達(なっちぃさんみふぉちゃん)の日頃の行いが良かったのでしょう(^^)

ミラコスタの宿泊予約が取れたのが11/29の分だったのですが、「バケーション・パッケージ」というリッチなパッケージツアーでした。(尤も、その“バケパ”が売れ残った分を恐らく、直前に「キャンセルが出た」という名目でキャンセル待ちの人に素泊まりで販売するのだと思っています。だから、素泊まりのホテルならキャンセル待ちをオススメできるんじゃないかなー?)

私の場合は、車椅子ってこともあるし、人生最後のディズニーかもしれないつもりでいるので、抽選なしで必ず入れるショーやアトラクションがセットになっているバケパは、助かりました。レストランでの食事も付いているし、見たかった「ワンス・アポン・ア・タイム」や「ワンマンズ・ドリーム」も抽選なしで見られるし、ファストパスも付いているし、リゾートラインの乗り放題チケも、もちろん両パークを自由に行き来できるパスも付いているし(^^)。

これを高いと見るか安いと見るかは、人それぞれだけど、私は妥当とみました。だから、予約してくれたなっちぃさんに感謝・感謝です!

そうそう、いちおう私は自分の車椅子を持ち込みまして、車椅子の人がもらえる「ゲストアシスタンスカード」を活用させてもらいました。
ディズニーパンフ
写真の、青い表紙の、ちっこい紙です(^^)


さて。長い前置きはこのくらいにして、当日のお話に移ります。

11月1日まではハロウィンだったTDRですが、いまは、クリスマス!というわけで、ランドのワールドバザールには、こーんなツリーがデデーン!とありました。
入口ツリー (2)
何度も見たことのあるツリーだけど、何度みてもワクワクします。クリスマスオーナメントのTDRを見たかった私は、大満足。

シンデレラ城
そして、おきまりの、シンデレラ城(^^) ちょっと曇ってみえるけど、天気は良かった記憶が(笑)

シンデレラ城3人
なっちぃさんとみふぉちゃんと、3人で記念写真を撮りました。私の足、パンパンにむくんでいて、靴が入らなかったので、病院で穿いている偽物クロックスでのままで外出です。。。このサンダルも、じつは今日はさらにむくんで、入らなくなっています(--;)


1日目は、ディズニーランドホテル内のブッフェレストランで食事をした後、大好きなイッツ・ア・スモールワールドに乗りました。これ、何度のっても、癒されます。「せーかいはせーまいー♪せーかいーはひーとつー♪」と歌いながら、ご満悦(^^) 幸せでした。

余談ですが、都市伝説みたいなやつで、TDL開園当時に、イッツアスモールワールドで事故で水中に落ちて溺死してしまった女の子の霊が住みついていて、あの人形の群れのどれか一つが生きてるんだとか。ぞぞぞぞー、というより、なんか、あの幸せそうな人形の中にいたらさみしくなくていいのかも、なんて思ってみたり。この話、きいたことある方はいますか?


びゅんびゅん速いアトラクションには乗れないので、ホーンテッドマンションとか、カリブの海賊とか、プーさんのハニーハントとかに乗りました。プーさんは意外とびゅんびゅんしてたかな?

あ、乗った順番は全然覚えていないので、1日目と2日目がまぜこぜになっていると思います。

夕方になると、結構冷えてきましたが、せっかくバケパに付いていた「フリードリンク券」を使うべく、冷たいオレンジジュースを飲んだりして、さぶ!!!っとなっていたのも、ご一興(^^)


1日目の夕食は、私の希望で、「ダイヤモンド・ホース・シューレビュー」で、ショーを見ながら夕食です。
ダイヤモンドホースシュー1

S席の予約を取ってくれてあったので、通路に出てきたキャラクター達とハイタッチしたりできました。ミニーちゃんとハイタッチできたのが一番嬉しかったな♪

ダイヤモンドホースシュー2

ショーも楽しかったし、食事もおいしかった!ハム会社の提供のレストランだけあって、食事の内容は、肉肉していました。
ダイヤモンドホースシュー料理
ちょっと塩味が濃かったけど、美味しかったです。


夕食のあとは、今回の目玉の一つ。シンデレラ城をスクリーンとして映し出される、プロジェクション・マッピング「ワンス・アポン・ア・タイム」です!
プロジェクションマッピング1
プーさん、映ってますね。

バケパで予約した観客は、Gブロックでの鑑賞らしいのですが、私たちにあてがわれたのは、Gブロックの最前列。前に人の頭がないので、とってもよく見えました。

プロジェクションマッピング2


プロジェクションマッピング3
クライマックスの花火、写真でみると、殆ど火事?!

私、プロジェクションマッピング自体、見るのが初めてだったんです。だから、すごく面白いっていうか、平面でない物体にあんなに綺麗に寸分違わず映し出される映像が、不思議でした。


夜になって、昼間みた巨大ツリーは、こんなにライトアップされて、綺麗になっていました。
ツリー夜

クリスマスって、好きだなー(^^)

まだ閉園ではなかったけれど、結構な時間になっていたので、ホテルへ行きました。リゾートラインに乗って、いざ、ミラコスタへ!

ミラコスタ ロビー
この写真は翌朝とったものなので朝の光が入っていますが、吹き抜けに描かれた絵画の美しいことったら。

お部屋の中は、こんな感じ。
ミラコスタ客室

3人で泊まりましたが、私はお腹の腫瘍の関係で、180度のフルフラットでは痛くて寝られないんです。事前にその旨をホテルに知らせておいたので、客室係の方が、枕やクッションや丸めたバスタオルをたくさん用意してくださり、いい感じに傾斜のついたベッドが完成しました。

枕を6個くらい、柔らかいのと固いのとを取り混ぜて、つくりました。とても寝心地の良いベッドができて、夜中にいつも痛みで起きてしまうのに、この時は2回しか起きずに済みました。至れり尽くせりでした。

翌朝はゆっくり寝ていて、8:30にホテル内のブッフェで朝食。
ミラコスタ朝食

和食と洋食、シリアルとか、いろいろあって、朝からもりもり頂きました。レストランの雰囲気も良くて、朝から大満足です。

前日がずっとランドだったので、2日目はシーからスタートです。
シー風景

天気予報では曇りだったのに、とても良く晴れていました。

シーでは「ヴェネチアン・ゴンドラ」に乗りたかったのですが、運行時刻と、私たちのショーの予約時間とがうまくあわず、乗れませんでした。さらに、友達から「面白いよ!」と言われて観たくなっていた、アリエルのショーは、一日休止。

なので、なんにもアトラクションをみなかったような。あ、インディジョーンズを見たか。びゅんびゅんして、ちょっと足に来ちゃいました。2年近く前に初めてシーに来て乗ったときには、すっごく楽しかったのに・・・。元気な体がないと、やっぱ楽しめないんだなぁ。


私にとって2日目のメインイベントは、ランドのほうの、「ワンマンズ・ドリーム」です!これも、車椅子席ではなくて指定席まで歩いて移動しました。前の人の身長が高いのが気になったけど、始まってしまえばなんのその。

ワンマンズ1
この、オープニングのモノトーンのミッキー&ミニーが大好きです。初めてこのショーを観たのが、23歳のとき。以来、TDRに来ると必ず観ているショーなんです。今は抽選式になってしまったので、近年は午前中の初回を狙って観ていたけど、今回はバケパに含まれているので、午後の回をゆっくり観られました。

ワンマンズ2


ワンマンズ3
ちょっと前のバージョンに比べて、ラストのミキミニのハリウッドでのシーンが短くなったような?気のせいかな。

最後かもしれないと思うと写真を撮らずにいられなくて、普段そんなに写真を撮らない私が、パシャパシャとやってしまったから、舞台そのものが短く感じたのかなぁ。

ワンマンズ・ドリーム・・・・。もう一度、みたいなーーーー!!!

2日目のお昼は、ブルーバイユーレストランでした。あの、カリブの海賊の出発地点にある、暗いレストラン。一度は行ってみたかったものの、お値段的にも雰囲気的にもちょっと敷居が高くて、入ったのは今回が初めてでした。「夜のガーデンパーティ」という設定なんですね。真昼間から「こんばんはー」と挨拶されるのも、そのためでした(^^)

メニューは、クリスマスコースが1種類と、他のフルコース、あとはアラカルト。私たち3人とも、クリスマスコースを頂きました。

ブルーバイユーレストラン
私のスマホを取り出すのが面倒で写真を撮らなかったので、なっちぃさんの写メをお借りして載せちゃいました( ´艸`)ローストビーフがわらじみたいに大きくて、とっても美味しかったです。レストランの雰囲気もとても良くて、大満足でした。

タイミング的にここらへんだったと思うんですが、お手洗いに行ったら、お腹の腫瘍から出血していて、パッドで吸収しきれずに肌着に血が滲んでいました。やばっ、と思っら、ちょうど中央救護室がすぐそばにあったので、駆け込んで、ガーゼを当てていただきました。看護師さんがちゃんといてくれて、すごく安心しました。

私、ずっと車椅子に乗りっ放しで、なっちぃさんとみふぉちゃんが交互に押してくれたんですが、途中、何度も、申し訳なくてうるうるしてしまいました。でも、うるうるしてても、歩けるようになるわけではない。幸い、二人とも、ほんとに、やな顔ひとつしないで押してくれるのが嬉しくて有難くてね。私が逆の立場だったら、こんなふうにできるだろうか?いや、絶対できない!なんて考えながら、感謝感謝の2日間でした。この場をかりて、ほんとにほんとに、ありがとう。

んでね。一度だけ、自分が車椅子で良かったなー、と思った瞬間があったんです。それは、2日目の、シーでの「ファンタズミック」のショーのとき。

メディテレーニアンハーバーで繰り広げられる水と花火のショーですが、その開演15分前にその近辺にたまたま行ったんです。なにせ15分前だから、当然人がたくさん並んでいて、とても見られない。。。と思っていたら。

キャストの方が私の車椅子に気付いてくれて、「車椅子席にご案内できます」と声をかけてくれたんです。もちろん付き添いの二人も一緒です。思いがけず列の一番前で、とてもよくショーが見えました。(なのになぜか途中眠ってしまった私^^;) 花火と噴水のコントラストが、とっても綺麗でした。(なんで寝たんだ、私。)

車椅子のおかげで、押してくれてた2人にもショーを近くで観てもらえた気がして、嬉しかったのです(^_^)

さて、楽しかった2日目も、もうすっかり夜になってしまいました。
夜3人

夜の7時に、舞浜駅でサヨナラしました。名残惜しかったな・・・。

帰路は、舞浜駅まで母が迎えに来てくれました。私を見つけたときの母のほっとした表情。なっちぃさんも言ってたけど、きっとすごく心配してくれていたんだろうな。

母だけではない。ブログを通して、今回のディズニー行きを後押ししてくださった皆さん。車椅子&お泊りディズニーのために、いろんなアドバイスや援助を申し出てくださった皆さん。具体的に計画を練ってくださった皆さん。たくさんいらっしゃったせいでお断りせざるを得なかった皆さん。感謝してもしきれません。申し訳なく思っていると同時に、感謝しています。ありがとうございます!

私の体がもっといっぱいあったら、申し出てくださった全員の方と遊べるのにな。

当日一緒に行動してくれたお二人はじめ、多くのみなさんの支えとお祈りがあったから、こんなに楽しい2日間を過ごすことができたんだと思っています。少し早目のクリスマスプレゼントをくださって、本当にありがとうございます!!(*^0^*)


翌日は、さすがに体が疲れたようで、自宅でずっと眠っていました。でも、気持ちはとっても元気でしたよ♪♪♪


昨日、ホスピスに戻ってきて、早速、壁に装飾しました。
部屋に飾った
「ダイヤモンド・ホースシュー」でもらったバンダナと、バケーションパッケージでもらえるチケットホルダーです。写真だといまいち雰囲気がつかみづらいけど、なかなかよい感じになっています(^^)

最後に、もう一度、言わせてください。なっちぃさん、みふぉちゃん、ありがとう。そして、PCの向こう側にいる、私を応援してくださっていた皆さん、ありがとう!

今までで一番ステキなクリスマスでした(^^) にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。