スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

XELOX+アバスチン 9コースめ♪初日

がん研に行って、9コースめをしてきました。今月5日に話し合った通り、今日はエルプラット(オキサリプラチン)抜きで、アバスチンの静注のみでした。あと、経口ゼローダはいつも通り80%への減薬で、一回4錠の処方です。

エルプラットがないと、楽ですね。若干、胃のあたりのムカムカはありますが、全然らく。エルプラットがいかに強い薬かがわかります。

制吐剤も一切なしで、ほんとに楽(笑)

主治医が先日ロス研修に行ってしまったので、今日から医師が変わりました。ベートーベンみたいな髪型の先生です(笑)前医に比べて、細かそうな感じの方。CT画像について少し質問したら、詳しく教えてくれました。(前の主治医は、サクサクっと見せてくれただけ)

9月5日の記事に書いた「肝臓のとこになんか映っている」ものも、説明してくれました。

「ガンだよ。」

だそうです(--;)・・・脂肪肝とか言っていた私は、なんなんでしょうか。驚異的に楽天家だったみたいです。

前の主治医が、「気にするような物じゃないよ~」と言っていたから、ガンではないと思い込んでいたんだけど・・・そういえば、彼も「播種はあるからね」といつも言っていた。私は、手術時に肉眼で確認した播種だけだと勝手に思い込んでいて、だからCTに映る「組織」は、癌じゃなくて違うもんなんだと勝手に解釈していただけなんだね。

大きくなっていないから、「気にしなくていい」。なるほど。

「腹膜播種、画像陽生」には、なっていたわけだ。ずっと、「まだ画像陰性」だと信じてたけどさ。今日、CT画像を細かくみせてもらいながら、「これ。これ。これも、こっちも、これも播種。」と、いっぱい見せてもらいました。小さな、腫瘍たち。

でも私の場合、肝臓の中には(たぶん)入っていない。子宮も、先日の細胞診結果を今日もらったんだけど、子宮の中もセーフ。腸の内部も、たぶんセーフ。腹膜と、横隔膜だけ。リンパ節にも、目視できるものはないんです。(生検すればあるでしょうが)

それでも、状態はよくないのかなぁ。。。どうも楽観視してしまいます。だってどこも悪くないから。

ただ、今日エルプラットを抜いたのが、少し心配になってきました。効いている、キードラッグですもんね。

腹膜播種。なんだか、悪さをしない子たちをお腹にいっぱい宿している気分です。暴れださないように、おとなしくしているように、気を遣いながら。

乳がんの腹膜播種の方で、ずいぶん長く闘病なさっている方を以前みかけました。勇気づけられました。

胃がんの腹膜播種の方のブログは、私が見た方々は、闘病は2~3年。最後は「ご報告」とのタイトルでご家族が更新なさっているのが多いです。

大腸がんの腹膜播種の方のブログは、まだあまりお目にかかっていません。症例数が少ないのか、あるいは大腸がんが高齢者に多いから、あまりブログを書く年齢層ではないのか。

だから・・・、私のブログは科学的じゃないし医学的でもないので情報発信なんてものはできませんが、まぁ、書き続けていきたいと思います。

うじうじクヨクヨ言いながら、何年も元気に書いてそうですね~(笑)


今日の数値
白血球 3.5 (^^;)
好中球 12100 (+o+)
CEA 4.2 (^^)
CA19-9 20.3 (^^)

おまけの血糖値、64。朝、菓子パンと食パンを食べたのに、この数字。なぜかいつも、血糖値が低いです。(なのに太る)


(追記)その後調べたら、精製糖の取りすぎが低血糖につながると。。。私は、たぶんコレだ。料理に使う砂糖は全ててんさい糖に変更していたけど、普通にスナック菓子とかスイーツとか食べてるからなぁ。食事療法する性分じゃないし。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

度々、失礼します。
マーカーは基準内ですね。
この調子を再来年まで維持すれば道が開けるかもしれませんね。
再来年、大日本住友製薬から素晴らしい薬が北米で発売になりそうです。
希望を捨てずに頑張りましょう!

きよさんへ

再来年ですか~。日本発売はいつになるんでしょうね?保険適用されなければ、私には使えません。早く承認されればいいな~。

それまでは、アバスチンと、いずれはスチバーガに頑張ってもらいましょ♪

No title

失礼、前のブログに書き込んでしまいましたとさ。
ついでに、母さんはゼローダまったく効かなかった !

あんぱん父さんへ

コメント2つもありがとうございました(*^^*)笑
たしかに、ゼローダだけじゃ弱いですよね。効いているのは、やっぱりエルプラットなんだろうな~。
まだまだ長い闘病生活になりそうです。

No title

大きくなっていないから、「気にしなくていい」。
まさにそのとおりです。

実は私、直腸が原発の縦隔転移のほかに、肺が原発の肺腺がんもあるのです。
1度目に縦隔に転移したときにPETCTを撮影したのですが、そのときのレポートにもしっかり「腫瘍」と書かれていたし、呼吸器外科の先生にも「肺腺がんです」ってはっきり言われました。

が・・・
何年経っても大きさ変わらないし、直腸からの転移の治療が優先ってずっと放置プレーです。
CT検査したときに毎回チェックされますが、肺のブツは大人しいままです。

がん友さんには病気の告知をされたときに余命2週間から半年と言われた人がいて、治療を続けて2年ほどしたときに腹膜播種になり手術して(腹膜播種に関して有名な先生の治療を受けたようです。)、それからまた肺に転移して手術して・・・という人がいます。
もちろん化学療法もやってたのですが、まあその友達、今年あと1回検査して何事もなければ、病院卒業です。
他にも余命1年とか言われたのにそれを覆し、いまは治療もなしで仕事もし、全国を飛び回ってたりする友もいますので・・・

ブツ(腫瘍)があるからといっても深刻にならなくてもいいと思います。

舞羅。さんへ

コメありがとうございます!
私はまだまだ闘病歴が浅いので、つい「腫瘍がある」というだけで凹んでしまいます。なのでベテラン患者さんのお話は勇気づけられます。
腹膜播種の有名な先生といったら、Y先生ですかね?たぶん腹膜播種の人はほとんど名前を知っている方・・・。
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。