スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

誰のせいとか何のせいとか。

本屋さんで、大腸がんの再発率の記事を見ました。2010年の統計で、ステージⅢaの人の再発率は24.1%とありました。(自分のステージのしか覚えてこなかった。他のステージの方の参考にならず、ごめんなさい)

私は初発が2010年なので、ちょうどこの数字にあてはまるのかな?ちがう?

ま、少数派のほうの24.1%に入ったわけですね。(ってことは5年生存率も少数派のほうに入る、と単純に安堵した自分。何か違う。)

この24.1が高いとみるか低いとみるかは人それぞれですが、再発した私なりに、いろいろ振り返ってみました。

再発したってことは、自分の生活がいけなかったのか、と。

癌を語るとき、そこには「イニシエーター」と「プロモーター」が登場します。イニシエーターは、その英語(initiate=始める、着手するの意)の通り、癌を発病させるものです。発がん物質。

一方、「プロモーター」は、こちらも英語(promote=推進する、助長するの意)の通り、癌を成長させることです。発がん物質を実際に発がん行動に結び付けたり、悪化させる、とでも言い換えられますかね。

よく、「癌は生活習慣病」と言いますが、私はこの言葉が嫌いです。生活習慣は「プロモーター」のほうであって、「イニシエーター」は、個人が生まれ持っている何かだと思うからです。もちろん食生活や環境因子は発病に関係するでしょうが、それ単独では癌は生まれないと思う。全く同じ環境で過ごしても、全く同じようにタバコを吸っていても、がんになる人とならない人がいるんですから。(素人の私の考えですが)

ということを踏まえて、私個人の意見では、自分が病気になったのは、「たまたま」なのだと思っています。

が、再発した。いや、再発させたのでしょう。これは、私が癌のプロモーションをしてしまったんだと思う。(そう考えると自分を責めてやりきれない気持ちにもなるので、普段は「私のせいじゃないもーん」と知らんぷりしますが)

さて、私の生活の、何が癌を再発させたのか?

まずは、タバコ。いけません。100人にきいたら100人がいけないと言うでしょう。私は37歳からタバコを吸い始めました。なので、20歳から吸っていた人に比べたらまだましなほうかもしれません。一日の本数は10本程度。一箱吸うなんてことはありませんでした。ちなみに1ミリのタバコを主に吸っていました。

最初に癌になった時、タバコを止めました。が、半年くらいして元気になると、再開していました。吸う量も徐々にもとに戻っていきました。

これ、ダメですよね。お話になりませんよね。今でこそ、完全にタバコを止めましたが、なぜ、あの時、再び吸い始めたのか。

それは、ストレスが大きかったからだと思う。当時、プライベートは、その後離婚に結びつく出来事で常にもやもや。離婚後のことを考えて仕事もしなければならない。当時はあまり思わなかったけど、今ふりかえると、すごいストレスだったと思います。

だからタバコにも手を出してしまった。

タバコ。そして、ストレス。立派な、がん再発のプロモーションを、私はしていました。


まー、今さら悔やんでも仕方ないのでね。自分のことはどうでもいいし、今までのことも、もういいっちゃあいいのですが。

いま、再発予防に努めている皆さんには、再発させてほしくないのです。だから、もしタバコを吸っているなら、すぐにやめてほしい。ストレスを抱えているなら、それをなくすのは難しいけれど、できるだけ忘れる時間をつくってほしい。自分でストレスと感じていないのが一番厄介だと思うので、心当たりがあれば、見直してほしい。

再発した人間がなに偉そうなこと言ってんだ、って感じですね。お前にだけは言われたかねーよ、みたいな。

すみません。全部、過去の自分に向けて言いたいことです。

そして。やっぱり強調しておきたいのは、「たとえ再発したとしても、それは、あなたのせいではありません。」→ 私のせいではありません。

どんなに気を付けていても、再発する人は、する。それは、どこかに再発のイニシエーターがあって、それにスイッチが入ってしまっただけ。いくらプロモーターを制御しても、イニシエートされてしまったら、仕方ないのです。患者のせいでもないし、家族のせいでもない。だれのせいでもないのです。と思うんです。


ところで、お肉って、癌にはよくないと言いますよね。私は子供のころ肉が嫌いで食べませんでした。母は私に食べさせようとしましたが、無理に食べると戻してしまうほどでした。いま大人になって、肉嫌いだった私は癌になり、肉が大好きな兄は健康体です。だから、やっぱり、がんの発病の原因は生活習慣ではないと私は思うのです。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

No title

後輩の医師が神様と呼ぶわたくしの主治医曰く、癌になるのもならないのも、治るのも治らないのも、運 !

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・幸運掴みましょう !

ストレスって怖い。。

私も小さい頃から肉が嫌いで、大人になって焼肉屋さんへ行ってもサラダや打ち込みうどんやらでお腹を満たすかな。
タバコは15歳から30歳すぎまでは吸ってたけど、その後止めてるからたぶんもう肺は綺麗だと?
家族はがん家系でもなく、何故自分が癌になったのか?不思議な感じでドクターに聞いてみたけど原因は不明らしい・・・。
でもおそらくは癌の発生時期(2~3年前くらいと言う)から予想して私もストレスが大きく関係しているのではないかと思うんだ。

>あんぱん父さんへ

ほんと、運ですよね。
幸運がめぐってくるように、一日一度は笑顔になりましょうね^^

Re: ストレスって怖い。。

>麻花さんへ

麻花さんも肉嫌いだったんですね。

うちは、父方が癌家系です。父は4人兄弟なんですが、3人が癌でした。祖父も。遺伝の要素もあるだろうけど、でも、その家系の中で全員がなるわけじゃないから、やっぱ運ですよね。

そして、ストレス。でもこれも、ストレスが強いからって全員が癌になるわけじゃないし、逆にストレスがなくても癌になる人もいるだろうね。そう考えると、ますます運ですね~。ま、ストレスに関しては、がんでなくても他の病気になるから、溜め込まないに限ります。

どうせなら宝くじの運がほしかった!笑
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。