スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

第11コースめ初日。通院しました。

今日から、XELOX + アバスチンの第11コース目が始まりました。なので、病院へ行ってきました。

まずは、婦人科。エストラーナテープについて、太るという副作用があるか、質問しました。答えは、「副作用で太るのは考えにくい。ただし、直接的な食欲増進作用ではないが、エストラーナはホルモン剤なので元気は出る。その一環で食欲が増すのは考えられる。」とのことでした。

次に、消化器内科です。

主治医に、おへそのグリグリと右腹の痛みを告げたら、やはりガンだって。(前回もこんな会話したな~)で、前のCTを再び細かくみせてもらって、今日はちゃんと、播種がどれだけあるか、見ました。いっぱい、あるある。1センチくらいのちっちゃいのばかりだけど、まー、あるある。肝臓、横隔膜、大網、腸に点々と。

でも自覚症状は殆どないわけで、あるとすれば抗がん剤の副作用のほうがしんどい。だから、抗がん剤を止めたらどうなるか、質問しました。

そしたらね。「症状が出るよ」だって。なら、症状が出てから抗がん剤をやればいいのでは?それまでは普通に元気に生活したいんですけど?ときいたら、

「症状が出たら抗がん剤の適応じゃなくなるよ」だって。腹膜播種の症状っていったら、腹水と腸閉塞ですもんね。そら、抗がん剤できんわ。と思いました。

「でも、ある程度の期間、症状が出ない人もいますよね。どのくらいで症状って出るんですか?」

「早い人は、一か月で出ちゃう。」

「でも私のは、遅い可能性もありますよね?遅ければ、何年かは無症状で過ごせるんですよね?」

「いや~、年単位はないよ!長くて、半年。」

どっひゃーん。半年で、腸閉塞?半年で、腹水?たった、半年?元気でいられるの、たった、半年?!

びっくりしすぎて・・・・笑いました。

「えええ~、まじですか~wwww」

先生も思わず笑顔が出ましたよ。すぐ真顔に戻ったけど。もう、笑うしかできなかったんですよ、私。

そして、とにかく、抗がん剤は、やりましょう、と。私が「腹膜播種の情報って少なくて、ネットとか見ても少ないんです」と言ったら、「そうだろうね。」って。で、「大腸がんの腹膜播種で長生きしてるっていうブログを一つも見つけられないんですよ」って言ったら、「そうだろうね」って。

話してるうちに、ちょっと涙目になりました。

その後、ATCの看護師さんに、ずーっと話をきいてもらっていました。(今日の点滴は、アバスチンのみでした)

先週の「ドクターX 外科医・大門美知子」というドラマを見た方、いますかね?患者が大腸がんの腹膜播種の患者で、手遅れだの、手の施しようがないだのという会話のシーンがあったんです。それを見て「腹膜播種って世間のイメージもこうなんか」と再確認して、しかも今日のケモ中に、TVをつけたらその再放送をやっていた。

看護師さんと色々話しました。そして、やはり、「今、この元気に動ける時間に何をするか、それだけ考えましょうよ!」と、話は落ち着きました。この看護師さん、私の大好きな方で、言いにくいことも言ってくれる、でもとっても親身になってくれて、私と母とのいさかいのこともずっと心配してくれてる方なんです。

その看護師さんが、「今を大切に」と言ってくれるので、やっぱり、長生きはあまり考えられないってことなんだな、と思いました。

むやみに長生きしたいわけでもないんですが、やっぱり、そう遠くない未来に死ぬと思うと、なんとも言えない気分になりますね。

「大丈夫、生きられるよ!」って励ましは、いらないですよ。いや、ひがみとかひねくれてるとかじゃなくて、私、普通に、“生きられる”と思ってる部分もありますから(笑)その点は、大丈夫です^^

まぁ、今日の診察は、ちょっとショックなものではありました。

無治療で半年かぁ。実際はもっと長いと思うけど、4倍だとしても2年かぁ。50歳にはならないのかなぁ。

そうそう。今日、腫瘍マーカーについて質問してきました。マーカーに反応する癌としない癌の違いは、単に、マーカーが反応する種のタンパク質を生産するかしないかの違い。悪性度や進行度の高さには無関係。

そして、よく言われている「中分化」とか「低分化」のこと。一般的に「未分化」が最も悪性度が高く(=進行が早い)、続いて「低分化」「中分化」「高分化」の順に悪性度が高いというのは有名ですよね?

で、私の初発の癌のときの診断は「中分化」だったので、それほど悪性度が高いわけじゃないですよね?と質問したら、こう返ってきました。↓

「あくまでも“その癌が中分化だった”ということ。今できている癌が中分化とは限らない。」

「でも、転移なんだから、同じ癌細胞ですよね?」

「できた場所やその時の体の状態によって、分化度は変わる。だから、高分化がんだった人でも別の場所にできた癌は低分化だったということもあるし、逆もある。すでにある癌から、これからの予測を立てることはするが、100%ではない。あくまでも、癌が出来上がった後に分化度がわかるのだから、結果でしかない」

というような内容でした。私の理解が正しければ。だから、すでに手術で取った癌を診断した結果を気にしてもあまり意味がないそうです。

あ、もうひとつ!「ドクターX」の中で、西田敏行さん扮する偉い医師が、初発の癌の根治手術を執刀し、その後再発で腹膜播種が発見されたんですが、ドラマの中で西田さんが「私の最初の手術で、私がお腹の中に癌をばらまいてしまったということか」と言いました。そして、部下の人たちは否定もせずに「絶対に口外しませんから」みたいな感じで、まるで医療ミスを隠すかのようなお話だったんです。

私の初発の癌も、根治手術で切除し(他院にて)、その後転移して播種しました。てことは、ドラマと同じように私の手術も、ミスだったってこと?!と、心配になったので、今の主治医に質問しました。

医師は、「違う。腸を突き破っていないとの診断でも播種することはある。それは、目に見えないレベルで突き破っていた箇所があったということだ。逆に、目に見えて突き破っていても播種していないケースもある。最初の手術が失敗だったとは思わない。」とのことでした。

私の初発の癌の手術の記録をみると、「腫瘍はかろうじて腸管内に保たれていた」とか書いてあります。「かろうじて」かぁ。目で見た限りはセーフだったけど、実際は顕微鏡的にアウトだったってことか。それを見逃しても無理もない、ということらしいです。そりゃそーだよね。医師だって人間だもんね。

で、卵巣への転移経路は、血行性のこともあるが、私の場合は、播種でしょう。ですと。「だって、腹膜播種があるもんね?」ですって(笑)

主治医は、淡々と、(時に私が笑うと医師も笑って)、半年だのなんだのと言いましたが、この、淡々とした口調は、私は嫌いではないです。私以外にもたっくさんの患者をみているんだし、もっと重い病状の人もたくさんみているわけだから。いちいち同情してたら仕事にならないし、同情されても困るっちゃあ困るしね。

そして、今までの主治医たちをみて思うのは、こっちが「なんとかしたい!」とか「これを知りたい!」と意志をもって診察に臨むと、医師も色々お話してくれるってこと。なんでも「先生のいうとおり」とか「私は何もわからないので」みたいな態度でいくと、そのままベルトコンベアに乗せられちゃうな、って思いました。

だから、素人なりに、いろいろ勉強しなくちゃいけないんだな。

今日の腫瘍マーカー。基準値以下の、CEA 4.3, CA19-9 22.7でした。白血球も正常値。いちおう抗がん剤のゼローダを飲んでいるのに、この優等生の数字。播種してても全身状態が良好だから、抗がん剤にも耐えられる。ラッキーですね。

さて、今日からまた元気にゼローダを飲もう。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

観たよ~

「リーガル・ハイ」も、この間の「ドクターX 外科医・大門美知子」も。
あんな医者いたらいいなって思った、それより手術中に腸を繋いだ縫い目が雑なんでビックリした。
あんなもんなんか?って、便は漏れなかったんだろうかと。
なんでも「御意」だし、馬鹿みたい(笑)

彩さん病院お疲れ様だったね、病院までは遠いのかな?
なんか、ブログ読んでも彩さんの今の状態を受け止められなくて、いつも普通にコメント来て悪いかなって思ったんだけど、仲良くしてね。

No title

母さんと私の主治医はイラクへ衛生隊長で行った外科医です。誰も明日の事は分からない、だから今日出来る治療を精一杯するんだよ、母さんの時は最後は看取ってやる、でした。私の時は絶対死なせないでした、オペした患者が内戦で亡くなったのは辛かったんでしょうね・・・・・明日の事は分かりません今日出来る事をしましょう。

>麻花さんへ

病院までは、電車の乗り継ぎにもよるけど、1時間ちょっとだよ。病院がお台場のほうなので、レインボーブリッジや東京タワーやスカイツリーを眺めながら、飽きずに通えてます^^

> なんか、ブログ読んでも彩さんの今の状態を受け止められなくて、いつも普通にコメント来て悪いかなって思ったんだけど、仲良くしてね。

普通にコメントに来てくれて全然オッケーです。私は麻花さんの嫌いなタイプの人間かな、と思って心配してたんだけど・・・私も気にし過ぎだったかな?

>あんぱん父さんへ

すごい方が主治医なんですね!「絶対死なせない」なんて、言われてみたい・・・。
あんぱん母さん、あんぱん父さんともに、良い先生にめぐり逢えましたね。医師にとっても、やはり患者の死はつらいのかな・・・。悔しいのかな。

全然。。。

嫌いなタイプの人にはコメント来ませんから~♪
お台場行ってみたいなぁ。

抗がん剤また始まったって事ね、無理せんでね。

No title

普段ドラマは殆ど観ないのですが、何故かたまたま・・・
「再発とか播種って、執刀ミスが原因なのか〜」
「播種って、超上手い執刀医だと手術1回で根治できるんだ〜」
と、かなり醒めた目で最期まで観てしまいました。

フィクションなのは十分に理解して観ましたが、情報少ない人がこれ観て、「私の再発(播種)は、あなたの執刀ミスが原因だろ!!」とか「播種を根治できる執刀医がいるはずだ、紹介しろ!!」とか言い出さなきゃ良いけど、と余計な心配してしまいました。


私も元気にTS-1を飲んでます(^_^)

迷ってた

わたしは「ドクターX」見てないけど、そんなドラマなんですね。
↑の毒遊さんのおっしゃるとおり、いろいろわかんなくて心配して、患者も家族も‥、なんかドラマそのまま鵜呑みにして、なんてひとがいるかも。

彩さん、ユノ好きなんだよね。(しつこいようだけどうちの娘も。)まだ、会いたいよね。ライブ行きたいよね。だから‥がんばって。癌の患者(わたしもまだそうだけど。)にはがんばれ、はよくない言葉だっていうけど彩さんには言わせてね。がんばって。わたし、遠くから応援することしかできないけど‥。

わたしも大好きな原さんのライブにまた行きたいから、病気治したいもん。あ、原さんって知らないよね、いーのいーの。あはは、その人はもう50代後半なんだけど、わたしが高校生のころから好きなひと。その人が生きてる限りわたしも生きていたいと思うひと。
ま、わたしのことはいいんだけど‥、コメしようかどうか迷っていたけど、やっぱりしちゃった‥。

彩さん

彩さん こんにちは

1つ前の「白状します」のコメントでもあるのですが、
私も本当「煩悩だらけ」人間です。
がんになったから、この先は「やさしい気持ちで過ごそう」
という決意?のもと、ブログのタイトルをつけたのですが、
すぐに忘れてしまう煩悩人間。
でも、人間なんで仕方ありません・・・。

彩さんの今回の診察模様・・・
読んでいるだけでも唸ってしまいました。
でも、確かに彩さんは全身状況がよいし、
抗がん剤が続けられるということは、もともとも身体の出来が
よいのだと思います!
がんの状況もあるけれども、
全身状態がよいかどうかも大きいと思います。
ゼロータの副作用も辛いけれども、
でも抗がん剤と仲良くして(?)、がん君に大人しくしていて
もらいましょう!!

ドクターX、見ていませんが、
そういえば、乳がんは、検査で飛び散ることが多いので、
細胞を採る検査はしなくなったようですね。

遠方より、応援しています★

>麻花さんへ

抗がん剤、最近は風邪薬を飲む感じでかる~く飲んでます。これでいいのか?!口内炎とか手のピリピリが当たり前すぎて、異常とは思わなくなってしまいました。

>毒遊さんへ

あのドラマで腹膜全摘とかいってて、失笑しました。国内で腹膜切除をする先生は実在しますが、さすがに「全切除」はないと思う。それに、切除後の患者の元気さったら。ほんとにフィクションですね。
こないだの「半沢直樹」も、実際の銀行員の人たちから「あれはないだろ」と言われていたようですね。ドラマってそういうの多いだろうけど、生死にかかわる問題に関しては、いい加減なイメージは植え付けないでほしいと思いました。

>なっちぃさんへ

ユノ、好きですよ。最近いろいろあってちょっと「ユノ断ち」していましたが、数日で復活しました(笑)
この数日、つまんなかったんですよね・・・。たかが芸能人、でも、DVDを見るとか曲をきくとかいう楽しみがなくなっただけで、こんなにつまらなくなるとは。我ながらビックリでした。
きっと私、恋してるんですね~(*^o^*)だから、いつまでもずっと見続けていたいと改めて思った。できることなら、ユノの30代後半から40代まで、見たいと思う。男の一番脂の乗った時期だと思うから!むりだけど!

なっちぃさんからのコメ、すごくうれしいですよ。私ってコメしづらい雰囲気あるかもな、なんて思っているから、よけいに、コメントは嬉しいんです。気の利いた返事も短文でまとまった返事もできないけど(苦笑)
これからもよろしくです♪

>ミケさんへ

> でも、人間なんで仕方ありません・・・。

↑ ここ、笑うとこじゃないんだけど笑っちゃいました。人間なんで、仕方ないよね!犬とか猫になれないもんね^^;

じつは最近、夜中にお腹のいろんな所がチクチク痛んで目が覚めたりしてて、案外自分で思ってるより悪いのかな、と弱気の虫も出てきてます。つぶすけど!他にも痛いところはあるんだけど、目が覚めるほど痛いのは、お腹だけ。それでも、動けるから・・・(痛いけど)、ライブに行けるから・・・(痛かったけど)、痛みから目をそらしてます。そうやって普通に生活できるから、体は強いんだと思っています。

抗がん剤も、エルプラットは副作用のせいで中断してるけど、来月再開の予定なので、がんばりますよ。

私もミケさん応援してます。いろんな検査で大変だと思うけど、ひとつひとつ、安心の種を増やして、「やさしい気持ちで」過ごしてくださいね。またね~。
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。