スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

病院の選択(再発の告知 番外編)

ちょっと前に「再発の告知」というタイトルで記事を書いていましたが、お気づきの方はお気づきの通り、厳密には「再発」と確定・告知される前の話でした。「癌には間違いなくて、たぶん再発だろうけど、もしかしたら原発の卵巣がんかもしれない」という状態。

だから、正確には「再発かもしれない告知」なのかな?すみません^^;このくらいの誤差は許容範囲ですよね?許してくださいね。

とにかく主治医も執刀医も、「恐らくS状結腸がんの再発だろうが、原発の可能性も否定できない」という立場で話を進めていました。

私は、癌が確定した後、落ち込みまくっている中、「せめて、原発であってほしい!」と願っていました。(結果として、S状結腸癌の再発だったと確定したのは、退院直前でした。)

なぜかというと。理由は、

①再発のほうが治療しづらいから。

②再発だと、元の初発を治療した病院に返されてしまうから。

②に関して、とても心配しました。だって、前の病院になんて、絶対戻りたくないから。(過去記事は、こちら ひどい病院!!ぷんぷんです!!)

私が再発から現在まで治療している病院はがん研有明病院ですが、ここには全国からたくさんの患者さんが来ます。他院からの転院の方もいます。なので、他院で治療歴のある人は、標準治療である限り、原則前の病院での治療を促されるようです。(とくに乳腺科などは、患者でパンパンらしい)

私は卵巣腫瘍ということで婦人科に新規で受け入れてもらっていたので、これが大腸がんとなると、消化器科に変わります。そうなると、前の治療した病院に戻されるかもしれません。

だから主治医に「前の病院に戻さないでください」とお願いしました。

「婦人科の一存では決められない。消化器科が受け入れてくれなければ、前の病院に戻ってもらう」と言われました。

同時に、「かわいそうだからここで診てあげたい。なんとか僕からも頼んでみるね」とも言ってくれました。

結果として、がん研で診てもらえることになりました。S状結腸癌の再発が確定してどん底に突き落とされた中で、唯一の明るい話題に感じました。

病院によって治療法が大きく変わるわけではないし、私が気に入って通院している病院に対して悪口を言う人もいます。だから、どこの病院が正解、というのは絶対にないと思うんですが、相性のいい病院て、あると思います。そういった病院に罹れる患者は、ラッキーだと思います。

私は東京に住んでいるので、幸いにいろいろな病院の選択肢があると思います。地域によってはこうはいかないだろうし、遠方から通うにも限界があると思います。経済的に通院が不可能な場合もありますよね。

自分の納得した医療機関にかかれることを切に願いますが、かなわないのであれば、その制限された中で、なんとか妥協点を見出して、患者と病院のよい関係を築けたらと思います。

↑ と、理想論を語るのはたやすいです。現実は、そううまくいかないから、困ったもんなんですよね。

できること、なにかなぁ。。。

ただただ、がんばろうね。病院(医師)を信頼することは、治療の大きな武器になると思うから。治療内容が不満だったら、セカンドオピニオンを活用したり。どうしても人間的に相性が悪かったら担当医を変えてもらったり。外部の支援センターを活用したり。

病気に苦しめられているすべての人が、納得のいく治療生活が送れたらいいな。そして、医療機関の人は、患者一人一人に寄り添える体制を全部の病院で構築してほしいな。

↑ また理想論になってしまった?自分が初発の病院で散々苦労したくせに、こんなことしか言えなくて、ごめんなさい。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

わたしは運がよかったかなぁ。

彩さん、ホントに前の病院に戻らなくてすんでよかったね!ひどい病院!人の命や気持ちを大事にしなくてはいけない病院のスタッフの言動じゃない。ぷんぷんで当然!
わたしの場合、自分の職場が入っている病院で手術、治療
してるんですが、総合病院にしては小さいほう。外科ドクターもひとり。家族は(特に年寄り)もっと大きい病院じゃなくていいのか、日赤とかどうなんだ、とか言いましたが、ケモ開始が12月で雪の心配がありました。大ーきい病院は離れたN岡市にあり豪雪地域!雪で通行止めなんてしょっちゅう。幸い先生も信頼できる人だし、今はお任せして良かったと思ってます。
でも、しょうがないことだけど、まわりはみんなわたしの病気のこと知ってるんだよね‥。いいけどね。

No title

そういう病院が つぶれないのが不思議ですよね・・・・

理想論がなければ 改善もしない!

彩さん 応援しています

>なっちぃさんへ

病院の当たり外れって、結構おおきいよね。「ぷんぷん」病院は、救急車で搬送された所なので選びようがなかったけど・・・。悔しいです。正直、他の病院で治療していたら再発はなかったのかも?と疑いたくなるときもありますよ~。

なっちぃさんの病院が信頼できる所で良かったです^^

>にあさんへ

ありがとうございます!

その病院、事業を拡大しているみたいです。こういう病院は命にかかわる病気の治療はしないでほしいですよ。「〇〇会」と名のつく私立病院ですが、横浜のほうにはない病院だから、安心してくださいね(笑)

にあちゃんのアフロに毎日癒されて、助かっています。これからの季節、にあちゃんがいたらホカホカそうだなぁ♪
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。