スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

どうにもならない後悔と懺悔

ワンコが手術をして、ちょうど一年がたちました。

手術なんかさせなければよかった、と、何度も思いました。どうせ助からなかったのだから。痛い思いをさせてしまって、ごめんね。

私が病気になんかなっていなければ、そばにいてあげられたのに。ごめんね。

ぽぷらは、手術の翌々日、動物病院の一室のケージの中で、亡くなっていたそうです。

開院前の、誰もいない病院で。たったひとりぽっちで。誰にも見守られず。

看護師さんが、死んでるのを見つけたそうです。

かわいそうすぎる。残酷すぎる。

せめて、そばにいてあげたかった。

ごめんね。

留守を守っていた母に連絡が入ったときには、「亡くなりました」の連絡。

せめて、直前でもいいから、息のあるうちに、誰かが気付いてあげられたらよかったのに。誰かに見守られていたなら、怖さも痛さも、まだましだったかもしれないのに。

たった一人で、旅立たせてしまった。

あんなに愛くるしくて愛嬌があって、道行く人みんなに可愛がられていた子だったのに。

長い夜を、病院で、ひとりぼっちで、どんな気持ちだったんだろう。

正直いって、その動物病院に任せたことも後悔しました。

おかあさんが、悪かった。ごめんね。


どんなに泣いても、どんなに悔やんでも、ぽぷらは、戻らない。

ごめんね。

本当に、ごめんね。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。先回のブログが切なすぎる内容で、コメしようにもなんかうまく書けない‥、と思っていたら今日は更に悲しい‥。
彩さん大丈夫ですか。元気出してね、なんて言いません。娘同然のぽぷらちゃんがいなくなった悲しみは簡単に癒えるわけないから‥。
でも彩さんの身体が心配です。きっと日曜くらいから泣き通しなのではないですか。ちゃんと食べて休めていればいいんだけど。

わたしはワンコ飼ったことがないのです。(離婚後、父は飼ってる。)だからみなさんみたいないいコメはできないけど、大好きな大事な人が亡くなったとき、やっぱり自分を責めて泣いてばかりいた。後悔ばかりで、でも夢をみればいつもわたしに微笑みかけてくれていた大好きなおばあちゃん‥。両親の離婚やら、引越しやらで最後はさびしい思いをさせて死んでしまった。
ことあるごとに思い出して、涙がでてきます。

きっとぽぷらちゃんは空から彩さんのこといつも見てます。そして「たくさんたくさんわたしのこと愛してくれてありがとう。わたしも愛してるよ!」って言ってますよ!

No title

ワンコは最後の姿飼い主を悲しがらせないため見せない、とよく言われます。
前のワンコもそうでした、もし彩さんが最後を看取っていたら、ずーと引きずってしまうと思いますよ。
ワンコの愛情です、自分を責めてはいけませんよ。

なんと言っていいのか言葉みつかりません。

彩さんが悲しんでいるとポプラちゃんもずっと悲しい顔で彩さんを見ている気がします。早く元気になってって。

可愛かったポプラちゃん、楽しかったポプラちゃんとの思い出をちょこちょこと思い出してあげるのが一番の供養だと思いますよ。
人でも動物でもお墓や仏壇に手を合わせることより、いつもいつも思い出して想ってあげることが何より供養で、私たちの周りどこかから笑顔で見守ってくれてるはずです。って私は思っているのですが...。
ポプラちゃんが見てますよ...悲しい顔じゃなくて笑顔見せてあげてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あんぱん父さんと同じですが、犬や猫は最期を誰にも見られないように逝く、って聞いたことがあります。
人間の都合で飼えなくなったからといって保健所に処分を依頼されるペットがいるご時世で、いつまでも忘れ去られることなく、未だこんなにも想ってもらえるなんて、ぽぷらちゃんは良い飼い主さんに出会えていると思いますよ。

私も・・・

前の愛犬は18年間も生きたけど本当にかわいそうな思いをさせて今でも悲しくなります。ずっとお外で寒い、暑い思いをさせて、餌をやるだけで相手にも殆どしてやれず。
だから今の愛犬は前の子にしてやれなかった分大事にしてやってます。
その子も亡くなった時は私が目の手術をした時で、それがあったせいか悲しみも後悔も少し和らいだんですよ。
彩さんの状況の重さとは比べ物にもならないけど、ワンコって飼い主の気持ちをよく理解してるんですね。飼い主に心配させないように亡くなるって聞きました。
彩さん、体に触るから思いつめないで。
ぽぷらちゃんは笑ってる彩さんが好きだよ。

>鍵コメの○らさんへ

コメントありがとうございます!
シェルティ飼っていたんですね。お利口な犬種だから、一層なついて可愛かったんじゃないかと想像します。うちのはコーギーですが、やっぱり賢かったです・・・。なのに誤飲なんて。私がもっとしっかり管理していれば、防げたかもしれないと思うと、やはり辛いです。

でも・・・お互い、つらい思い出が出来てしまいましたが、それ以上に、楽しかった思い出も可愛かった思い出もありますよね!これからは、楽しかった姿をたくさん思い浮かべていきましょう?

○らさんも、ご自愛くださいね。

>なっちぃさんへ

いつもいつも、なっちぃさんには心配させてばかりで、ごめんね。ありがとう(^^)/

ちょっと泣いていたけれど、一日中泣いてるわけじゃないし、職場ではヘラヘラできてるので、大丈夫だよ。ちゃんと食べてまた太ったし(苦笑)ぽぷらの為にも、楽しかったことを思い出すようにするね~。

>あんぱん父さんへ

最期の姿を見せないのは猫だけかと思っていました。犬もそうなんですね!
昔かっていたウサギは、老衰で、私の手の中で息を引き取りました。そこまで看てあげたかったな、と思ったんですよ。ワンコ、まだ2歳だったから、それもかわいそうで。でも、楽しい思い出を胸に、がんばります^^

>ひつじさんへ

ありがとうございます。そーですね、泣いてても、ぽぷらは喜ばないですよね^^;

可愛かった姿を思い出すとやっぱ切なくなるけど、それ以上に、楽しかった記憶を呼び起こすようにします。ありがとう!

>鍵コメのぷ○さんへ

はじめまして。コメありがとうございます。術後の体調は、いかがですか?勝手にお友達気分(笑)大歓迎です♪

ぷ○さんのところも、ワンちゃんが身代わりになって助けてくれたのかもしれませんね。そう思うと、本当に後悔してしまって・・・なんでもっと優しくしてあげなかったのか、なんでもっと管理してあげなかったのか、と、自分を責めまくってしまいます。

でも、それじゃワンコは喜ばないですよね。安心して虹の橋で遊んでいてもらうために、私も悲しまないようにしようと思いました。

あっちで2匹で遊んでいると思います。想像したら、かわいいです♪^^

>毒遊さんへ

そうか、捨てられるワンコに比べたら、たしかにうちのは幸せですよね。もっと幸せになれたんじゃないか、と上ばかり見て、優良な飼い主さんと自分を比べて、落ち込んでばかりいました。

保健所に連れて行かれるワンコ・・・別な意味でとっても切なくなります。どうして捨てるなんてできるのかな。家族同然までは求めなくても、せめて命として扱ってやれよ、って思います。

>麻花さんへ

昔は、ワンコは外で飼ったもんですよね。「ワンコ」じゃなくて「犬」だし。うちの実家の犬も、祖父宅の犬も、どっちも死んじゃったけど外飼いでした。外は外で、季節を感じたり、道行く人を眺めたりで、きっと楽しみもあったと思います。だから、麻花さんの前の愛犬も、幸せだったはずですよ^^

そして、ココアちゃんも、幸せですね。

私も笑ってワンコを思い出せるようになるまで、がんばります^^
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。