スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

父の命日。

今日は、父の命日です。7年前に亡くなりました。

父は直腸がんでしたが、死因は癌ではありません。癌の手術をしてから2年くらいたっていたのかな?一緒に暮らしていないので、記憶がかなり曖昧ですが、覚えていることだけ記します。

癌の手術の際、父は、人工肛門だけはいやだと言って、温存しました。そのため、トイレがものすっごく近くなり、もともとインドア派の父は、家にこもるようになったようです。母がいろんなところに連れ出してはいましたが、とにかく説得が大変だったようです。

「人工肛門にしておけばよかった」と、多少の後悔もあったことでしょう。

で、亡くなったのは、突然でした。ちょっと体の調子がおかしい、と、近医に行きました。癌の手術をした、個人病院です。

検査しても原因がわからず、どんどん体調が悪化したため、検査入院となりました。

結果としては、大腸に繋がる動脈が血栓で閉塞して腸閉塞、それを見すごされていて、大腸の細胞壊死、そこへ下剤を大量投与され、脱水と腸破裂を起こしたってことのようです。どの動脈だったのかとか、その辺、詳細を把握しているのが兄だけで、又聞きなので間違いもあるかもしれません。

検査入院して3日めくらいに亡くなりました。

母は付き添っていましたが、父の苦しみ方が尋常ではなく(おだやかな人間だった父が、幻聴と幻視で暴れたのでベッドに縛り付けられていた)、とても見ていられない状況だったそうです。実際、見ていられなくなって、精神的に落ち着いていた兄にバトンタッチしました。

2日間ほどもがいて、暴れて、ようやく、父は息を引き取ったそうです。決して、穏やかな死ではなかったそうです。

私が東京から戻ったときは、もう父は亡くなった後でした。自宅に安置されていた父の遺体にすがって、謝りました。間に合わなくてごめんね、会いにこれなくてごめんね、って。

もがき苦しむなかで、「彩に会いたい」と、何度も言っていたそうです。私の人生には、2つの大きな後悔があるのですが、そのうちの一つが、これです。

父は死後、解剖されました。このとき、大腸の大部分が壊死(?)して、おなかの中が真っ黒になっていたそうです。そりゃ、痛かったことでしょう。

完全に、医療ミスだと思っています。実際、病院側から謝罪がありました。見つけられなくて、申し訳なかった。大量の下剤投与が死に結び付いた、病院に落ち度があります、と。

私や親せきたちは、病院を医療ミスで訴えるよう、母に勧めました。でも、母は、「訴えてもお父さんは帰ってこない」と、訴えませんでした。父の主治医が、父の友人だったせいもあります。主治医は反省していたようで、母は、「お父さんが信頼していた先生なんだから、訴えてもお父さんは喜ばない」と言っていました。

そんな母も、ときどき、「お父さんも癌研で治療を受けていればよかったのかな」なんて言います。

年末のこの時期の急死だったので、父の書いた年賀状はずでに投函され、配達されました。新年に届いた賀状に対して、死亡の報告をしていた母の心境は、どんなものだったでしょう。

その年、紅白歌合戦で、「千の風になって」が歌われました。流行していたこの歌を何度も聞いて、何度も涙を流しました。

もう、7年も前の話です。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

お父様の最期がお気の毒過ぎます。どんなにか苦しかったでしょう。言葉では表せないくらいな。人間だからある程度は病気になるのは理解もするし、覚悟もするけど最期は穏やかに楽に逝きたいのが普通じゃないですか…。そのほうが家族にとっても悲しみの中のただひとつの救いになるのに。

せめてお父様があちらで心穏やかに、楽しくお過ごしになっていることをお祈りします。

きっと、いつでも彩さんのおそばにいらっしゃると思います。

>なっちぃさんへ

優しいお言葉、ありがとうございます。父の唇に、器具を固定されていたのか、新しめの傷が残っていたのを見て、どれだけ苦しかったんだろう、と切なくなったのを思い出しました。

父の死の後に、先日記事に書いた骨折があったので、父が救ってくれたのかな、なんて思っていました。もう父はいないけど、今からでもできる親孝行って、あるのかなぁ?

月並みだけど
お父様の好きだった食べ物をテーブルに用意して、彩さんと2人ぶん用意して…、おいしく食べるとか…。お父様喜ぶんじゃ。
あとはホント、彩さんが笑って生きること。
ありきたりでゴメンね。
彩さんはお父様の為にもまだまだ生きなくちゃ、ですよ!

>なっちぃさんへ

父の好きだった食べ物・・・かりんとう?笑
そういえば、偶然にも命日の前に友達がかりんとうをくれました。私はあまり好きじゃないので自分では買わないんだけど、せっかく頂いたので、ぼりぼり食べていました。
あと好きなものは、きんつばとか。和菓子しか思い出せない(笑)お酒もたばこも一切やらないで、肉もあまり食べない人だったのに、癌になったんですよ~。甘いものの食べすぎだったのかしら?
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。