スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

空を見ていました。

私はよく、空を見上げます。今日も、抜けるような、でも春間近の少しくすんだブルーの空を見上げていました。

飛行機が、はるか上空を飛んでいきました。白い、小さな、点のような飛行機。

あの飛行機にも、たくさんの命が乗っていて、はるか遠くまで運ばれていくんだな~♪

なんて思ったとたんに、涙があふれてしまいました。


大切に思っているブロ友さんがいます。彼女が、もう、自分の命は長くはない、という思いを、文章の端々に滲ませています。

その心情を思いやると、言葉では言い表せない気分になります。「切ない」とか「悲しい」とも違う。それだけではない。

彼女自身が、いったい何を感じているのか。「まだ大丈夫だよ」とか、「もっと生きなくちゃ!」とか、言うのは簡単なんです。でも、私には、そんな言葉をかけられないのです。

冷たい人間なのかもしれない。

自分自身の体の状態や、何かを感じとる第六感のようなものは、人には理解できないと思うのです。だから、それを何よりも感じているであろう彼女に、何と声をかけたらいいのか、わからないのです。

ただ、彼女には、踏みとどまってほしい。それこそ彼女の「かん違い」であってほしい。その気持ちは、強く、あります。


だから、昨日も、空を見上げていました。

昨日の寒空。東京でも、雪が降っていました。あとから、あとから落ちてくる雪のひとひらを数えながら、ひとひら、ひとひらを手に集めながら、彼女のことを考えていました。

手に入っては、すぐに溶けていく、雪。

そんな儚くても、たしかに、一瞬でも、私の手の上に存在した、雪。

その雪は、消えたように見えても、じつは水に姿を変え、私の手のひらから零れ落ち、ベランダの床の上で蒸発して、また空へとのぼっていく。

消えては、いない。

おそらくベッドの中にいるであろうブロ友さんの姿を思い浮かべて、彼女がこの雪を見たら、こんなふうに考えるのかな、と、大阪への思いを馳せていました。

舞い落ちる雪を、見てもらいたい。

咲き誇る桜を、見てもらいたい。

焼きつくような陽射しを、感じてもらいたい。

色づく葉っぱを、見てもらいたい。

ずっと、ずっと。


許されるならば、私の命と、交換したいくらい。でも、それは絶対に、望みません。望んではいけないからです。私の命も、大切な存在なのだろうから。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

No title

彩さんは冷たい人間なんかじゃないよ。
お友達の気持ちに寄り添って、遠くから彼女のことを思ってる。
そういう友達がいてくれるというだけで、お友達はうれしいんじゃないかな?

私も今まで何度そういう思いを経験して、いつも友のことを思い、祈ることしかできませんでした。
言葉をかけるとしたら「いつも○ちゃんのこと思ってるよ」「遠くから祈ってるよ」と。

言葉をかけるのは難しいね・・・

>舞羅。さんへ

ありがとう。この病気になるってことは、こういう経験が多くなるってことなんだね。
初めてできたガン友さんが他界した時には、本当に悲しいだけで、何をどうしていいのかわからなかったけれど・・・それを経て、解っていける気持ちもあるわけで。

無駄なことなんて、なにひとつないんだね。

今は、敢えて声をかけずに、ただひたすら思い続けています。そして、明るくありたい!だって、彼女がそれを望んでいるからね^^

心は元気だよ

なんだか切ないTwitterがあってからブログ村から消えていたので、こちらの方が心配しましたよー!
何かありましたかー?
いつもの元気なあやちゃんが好きです。もちろん暗いあやちゃんも。何せ、彩ちゃんがいてくれることが私の大事なのです。

No title

彩さんは優しすぎるくらいだよ…。
あの人のことを、こんなに切ない気持ちで想うことができるんだから(o;ω;o)。
彩さん一生懸命だし、それはそれは相手にありがたく伝わっていると思います。

自分の身体も大事にね。がんばりすぎないでね。

No title

私も空をよく見上げます。

空を見上げて亡くなったがん友さんに話かけます。

1人は、リアルなママ友で、私より後に胃がんになって、
先に逝ってしまいました。
もう一人は、ブロ友さんで、亡くなったのを満月の日に
知りました。

「空から子どものこと見守っているの?」
いつも二人の笑顔(ブロ友さんはなんとなくしか知らないけれども)
が空一杯に広がります。
「どうして、私より先だったの?」
答えは何度考えてもわかりません。

がん8年目のブロ友さんが、
「ミケさん、がん友さんの死に出会う毎に
あなたは強くなっていくんだよ」と言ってくれました。
その言葉にかなり救われました。

彩さんの気持ちの答えにはならないけれども・・・。

>久美子ママへ

あは、ブログ村から消えたのとツイッターとは、全然関係ないよ~(^^)ごめんね。
切ないツイートだったかなぁ?ただ久美子ママが心配だったのだ!

お互いに心配しあってたんだね。ありがとう。明日も雪が降るらしいので、久美子ママが風邪をひかない程度に、久美子ママ's eyeでながめてみるよん♪東京の雪景色、楽しみにしててね。

>なっちぃさんへ

ありがとう!私は、自分が汚い人間だとずっと思って生きてきたので、せめて、今からぐらいは、人のためになりたいな、といつも思うんです。

一生懸命かなぁ?そういわれると安心して一生懸命になれるよ(笑)

昨夜ちょっと仕事をがんばったせいで、今朝から頭と喉が痛いの。本格的な風邪にならないように、ちゃんと休むね^^ でもオリンピックの開会式は、見るぅ。

>ミケさんへ

ミケさんも空を見るのね。なんだろね、空には、この世にはいなくなった人たちもいる気がするし、神様も空にいるイメージなんだ。

「どうして、私より先だったの?」という問いは、私も今までに何度も繰り返してきました。一緒だね^^。私の場合は、一番最初は、中学時代に同級生が亡くなったとき。以来、親の時もそうだったし、ガン友さんの時もそうだった。ブログで存じ上げているだけの人のときも、そう。こうやって、これからも、何回も何回も、「どうして?」と思うんだよね、きっと。

自分なりに、その答えはこれだと決めています。「私にはわからないけど、きっと、今は私が生きてることが大事なんだろう」って。先に逝った人が大事ではないという意味では絶対ないよ。うまく説明できないけど、1人1人に「時」があるのだと思っています。神のなさることはすべて、時にかなって美しい、っていうみことば、大好きなんです。だから、私の順番になった時にも、さらっと受け入れられる気がしています。

今がつらい状況ではないから、こんなこと言えるのかもしれないけれど・・・。答えは、やっぱり、出ないね^^;
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。