スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

子供がいないということ。

先日、東京都知事選の投票に行ったときのことです。毎度、投票所となっている近所の小学校へ、この日も行きました。大雪の翌日だったので、歩いていきました。

投票所の小学校は、PTAのみなさんでしょうか?職員のみなさんでしょうか?綺麗に雪かきがしてあって、なんとなくいつもと違う雰囲気。いつも通りすぎていた景色を、ひとつひとつ眺めてみました。

下駄箱のところで。

小さな上履きが、きちんと並んでる(^^)

すのこみたいな、靴を脱ぐ板。なつかしい~!!!

ここで、たくさんの子供たちが、毎日、ワイワイしながら靴を履きかえて・・・・うわー、40年近く前の思い出!なつかしーーー!!!

と、感慨に浸りつつ、ふと、思いました。

私、自分が小学校に通った思い出しか、ないんだな。

もし、子供に恵まれていたら・・・自分の子供を小学校に送り出したときの記憶が、自分自身が小学生だったという記憶に、上積みされるんだろう。上書きされるのかもしれない。

私の記憶は、いつまでたっても、自分自身の記憶でしかなく、上書きされることは、ない。

昨日、チャリをこぎながら、なんとなく、亡父のことを考えていました。父は、私の記憶の中に今も生きている。そして私が死んだら、父の記憶も死んでしまう。もし、私に子供がいたら・・・

父の記憶も、子供に受け継いで、もうちょっとだけ長く、生かしてあげられたんだな。

そして、私が死んだら・・・・。母と、兄が死んだら、私は、誰の中に生きるんだろう・・・。

同世代の友達の記憶の中に、きっと、私は生きる。でも、次の世代には、私という人間の記憶は、受け継がれないんだな・・・。

そんなことを、考えていました。

決して、子供がいないことを悲観しているんじゃないんですよ(^^)そうきこえるかもしれないけど、違うんです。あと、自分がさっさと死んじゃうとも思っていません。

ふつうに、そういうこともあるんだな、って話です。

実際、子供がいたらいたで、大変なことは多いだろう。たぶん、私が思っている以上に、悩みとか尽きないんだと思う。でも、私にはいないから、想像しかできないんです。そして、子供がいる人にとっても、「子なし」の気持ちは、わからない。

だからこそ、思いやりって、大切になってくるんですね(*^^*)

前の記事で、「子供に恵まれなかったのは、私に子育ての能力がないからだ」と書きました。それは、「能力がない」と自己卑下しているのではないんです。たぶん、私には、他の能力が、ある。(あるのか?!)

だから、大丈夫です(^^)(ご心配いただいて、ありがとうございました。)

人それぞれ、いろんな能力が与えられていて、その中に私の場合は「子育て」が入っていなかっただけだと思っています。福袋の中に、欲しいものがたまたま入っていなかったっていう感覚。寂しいときもあるけど、結構、ふっきれています。

ときに、子供と笑い合っているお母さんが羨ましくて仕方なくなる時もあるけど・・・仕方ないもんね。これで、いいんですね。

私の母は、私のことを「あんな子、産まなきゃよかった」と言ったことがあります。その言葉が、いつまでもトラウマですが、でも、私は育ちました。育ててくれました。その事実だけで、母は母なりに私を思っていてくれるのだと、わかります。

もし、子育て能力のない私に、子供ができていたら・・・とんでもなくひどい母親になっていたのでしょう(--;)


最近、おもしろいことに気が付きました。

私は子供をかまいたくなるタチなのですが、以前は、赤ちゃんや幼児がめちゃくちゃ可愛くみえていました。が、今は、中学生から高校生くらいの子供に目がいきます。

不思議と、自分の子供にあたる世代が気になってくるんですね。

兄も子供に恵まれなかったので、私には姪や甥もいません。母が一番、可愛そうなのかもしれない・・・。

でも、こういう人生なので、よしとしましょう(^^)今いる親御さんやお子さんは、いるだけで、幸せなのです。そして、いない人も、幸せなのです。うふ。


(小っちゃく書いときますが、私、なんでも「幸せ」と思うようにしてるけど、それって、一歩間違うと、「現状に甘んじる」という危うさも孕んでます。努力してもどーにもならないことと、そうではないこととの区別。そして選択。これを、自分を甘やかすことなく正しくしていける人に、憧れます。)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

こんにちは~。
子ども、ね…。彩さんは自分が子育ての才能がない、なんて言うけど…わたしも自分が子育ての才能あるから育ててるなんて思っていないよ。日々「わたしってダメな親だな。」と思ってる。恥ずかしいけど仕事…保育士だって「向いてないかも。」と、しょっちゅう感じてる。(じゃあなんでなったのか、って話よね、あ~。)
人と人は完全には分かり合えないよね。(自分の旦那さんを見るとなおそう思うわ…)でも共感はできるよ。
わたし、彩さんの気持ち半分?もう少し?わかるんだ。じつは4つ下の妹が子どもいないの。私と同じ年に結婚したからもうすぐ17年。作らなかったのかできなかったのか、姉でも本当のことはわからないんだ。

お互いに思いやりの気持ちは持ってるつもり。父と離婚して一人暮らしの母を自分ができる範囲で支えてます。妹は子どもにお金がかからないからと、金銭面で助けてわたしは母のアパートが同じ市内だから何かあったらすぐに駆けつけるようにして。鬱もあるので心配…(・・;)。

いろいろ長く自分のこと書いて…ごめん。子育ては才能じゃないよって思ったから…。
彩さんはわたしに元気をくれるよ!前向きで…わたしもがんばるぞって気になるよ。
わたしここ1か月ほど胃痛が酷くてどよーん(T-T)なんだけど、がんばらなきゃね。仕事して薬代も稼がなくちゃ~(^o^)。

No title

昨日小児医療センターの前を通りました、相変わらず駐車場は満車です。
親になってもならなくても、結婚してもしなくても、今自分のいる場所で精一杯生きることしかないと思います。自分は自分だけなんですからね・・・その中で楽しみや喜び・・・悲しみも含め受け入れるだけですね。

>なっちぃさんへ

なっちぃさん、コメありがとう!
私の書き方が悪かったかな?「能力」っていう言葉の選択を間違ったみたい。自分に才能がないと卑下しているわけじゃぁないんだ。

運というか、縁というか、そういうの全部ひっくるめた感じなの。単純に、「私の人生には、“子供”という存在がないものなんだ」って事実だけ。全然、悲観していないんだよ(^^)。だから、心配しないでね。

たぶん、子育てや家庭の問題で苦しんでいる人からしたら、私みたいな気楽な単身者は、羨ましく見えてると思うの。私には、「単身生活」の能力は、あったってことよね?(笑)

うまく伝えられてるか自信がないけど、子供がいないことを悲観しているわけではないということは、伝えたいな~。

今でこそ子供がいないことをあまり気にしなくなったけど、ここに至るまでには、「縁」だけでは済ませられない、諦めきれない、もっと強いどうにもならない悔しさみたいなものもあって、その悔しさを外にむけて発散できないから、自分に向けて「自分の力がなかったんだ」と自分に思わせることで諦めを求めた部分もあるかも。難しいな、言葉にするのが。

難しいこと書いちゃったけど、要するに、今は、私は私なんだと思ってるので、大丈夫ってことです(笑)

なっちぃさん、いつも私のことを気遣ってくれてありがとうね。気持ちが嬉しいです。胃の痛み、まだ続いてますか?あまり無理しないで、暖かくして、春を待とうね♪

>あんぱん父さんへ

医療機関の駐車場が満車なのは、切ないですね・・・。とくに、小児医療センターなんて。

自分は自分だけ・・。その通りですね。私も、全部、ありのままの自分を受け入れて、前に進んでいきたいと思っています。

なーんて、真面目なコメをあんぱん父さんに返すのって、なんか照れます(笑)

No title

彩さん、初めてコメントさせてもらいます。
「子供がいない」ということばに引き寄せられてしまいました。
うちも子供がいません。
普段は意識していませんが、未だにテレビなどで子供の話題がでるとチャンネルを替えてしまいます。

私の妻は直腸癌で肝転移しています。
今は子供がいないことがいいことなのか悪いことなのか判断ができません。
でも、万が一のことを思うと複雑な気持ちです。

何の縁でこういう人生を歩まなくてはならなくなったのか知りたい気持ちで時々息苦しくなります。
でも、きっと神さまが一番必要なことを与えてくださっているのだと信じるようにしています。

彩さんに良きことが起こりますように祈っています。

>はおんさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

ブログを拝見しましたが、奥様は無治療なんですね。自分の信じた生き方で生きるのが、一番の治療だと思います。私は標準治療で手術と抗がん剤をしていますが、たしかに苦しいことも多いけれど、幸い結果が今のところは出ています。だから、信じて、トライしています。

はおんさんも、ご自身と奥様が納得される形で闘病なさることを願います。そして、治癒にもっていきましょう!
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。