スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

「じゃあ、代わってくれるかなぁ?!」

先週も書きましたが、「僕のいた時間」というドラマにハマっています。ALSに罹った青年の物語です。(主役の三浦春馬さん、いいですね。今までも知ってはいたけど、このドラマで好きになりました^^)

毎回考えさせられるドラマですが、先週の放送で、「あっ!」と思ったシーンがありました。

主人公の親友が、人工呼吸器を付けないという主人公に向かって、「がんばって生きていてよ。」みたいなことを言うのです。

主人公は、辛い思いをして生きていく自信を失っていました。それで、この親友に呼吸器を付けないことを告げたのですが、それを聞いた親友が、「呼吸器をつけてでも生きていてほしい。」と言ったのです。

そのとき、主人公は、ブチっと何かが切れたように、思わず、怒鳴ります。

「じゃぁ、代わってくれるかなぁ?!」

細かい言い回しは覚えてないけど、セリフの意味は、

「頑張れっていうなら、お前が、代わりに闘病してくれよ」的な、そんな感じ。

どきーんとしました。だって、この言葉、私が母に言ったのと同じでしたから。

1年と少し前、これから始まるエンドレスの治療が怖くて、抗がん剤の副作用のイメージも実際より悪くて、ほんとうに怖くて、治療をしないでさっさと死んでしまいたいと思っていた時期があります。

その頃、母が上京し、術後の私の面倒をみてくれていたのですが。

治療が怖いと言う私に、母は、「そんなこと言わないで、治療して。がんばって、とにかく生きていて。」と言いました。

私は、「そんなこと言うなら、代わってよ!お母さんが病気になってよ!」と言いました。

母は、何も言えずに、ただ悲しそうでした。

きっと、代われるものなら代わりたいと思ってくれているんだろう。

先週のドラマの中では、ふだん健気な主人公が、心を許せる親友に、この言葉を言ってしまいました。

心を許せる相手だからこそ言える、本音。

心を許せる相手にしか言えない、ひどい言葉。

私は・・・

母と仲良くないです。うまくいっていない母娘です。田舎はそう遠くはないのに、1年以上会っていないし、私の治療経過も知らせていません。ただ、兄を介して「元気だよ」と伝えている感じです。

副作用の苦しさもあって、他にもひどい言葉をたくさん投げつけました。

それでも、母に対してあの言葉を言えたということは、私は、内心では母を好きで、信頼しているってことなんだろうな。そして、甘えている。

私が何を言っても許して受け入れてくれるのは、きっと、あの母だけなんだろうな。と、思いました。

今夜、「僕のいた時間」の最終回です。主人公は死んじゃうような予告でしたが、そうなんだろうな、やはり。でも、それでも、心にポッと希望が灯るような、こんなふうに頑張っていきたいと思えるような、そんな話になってたら、嬉しいな(^^)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

ドラマ、私も見てます
春馬クン演技うまいし、カッコいいので(^ ^)
私も「小さい子供がいるんだから頑張ってもらわないと」と言われ(何回も)、泣きそうになった事があります
励ましで言ったと思うのですが、逆に弱音を吐けなくなったというか人に言われなくても自分が良くわかってる!
って思いましたね〜
辛い治療だから無理しないでって言われた方が私は頑張れます

手術が24日に決まりました
術後、またコメントしますね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

母親との関係は簡単じゃないよね…。
わたしは若いころ、母親とどちらかというと不仲だったな…。女同士だから?それだけじゃ説明できない何か。

今は父と離婚した母…ひとりだし…、身体も弱いし…。優しく、母親の気持ちを考えて接するようにしてる。
たまにストレスだなあ~って思うこともあるけど。
お互いさまかな、なんて。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

・・・・・・・・・・いっしょの癌になっちゃいました !

>あんこ大好きさんへ

ドラマ、終わっちゃいましたね。最後、なんだかほのぼのして終われてよかったです。辛い中にも光明を見出したいという希望は叶いました。

励ましの言葉って、難しいですよね。「そんなの自分が一番よくわかってるんだよ!」って言葉をもらうと、悲しくなるやら切なくなるやら頭に来るやらで、脳みそ忙しくなります(笑)私は自分が言われて嬉しい言葉を言うようにしていますが、それでも人によって、反応は様々ですよね。思いやりと信念を持つしかないのかな。

明後日の手術、無事に終わるようお祈りしています。体が落ち着いたら、またコメントくださいね(^^)がんばってください!(←あえて^^)

>鍵コメのPさんへ

初めまして。コメントありがとうございます!

罹っている科は、外科でしょうか?私は消化器内科のほうです。お会いする機会もあるかな?(^^)

お褒めの言葉をいただいて、ありがとうございます。ほんとーに普通の人なので普通のブログしか書けないのですが、普通加減を褒めていただけたのは初めてで、こそばゆいです(*^o^*;)

ご主人のご病気、さぞかし不安だと思いますが、ひとつひとつ気持ちを整理していけば、絶対乗り越えられると思います。まずは、再発がないことを願います。これからもよろしくお願いします♪

>なっちぃさんへ

実母との関係は、雑誌で何度も特集が組まれるくらい、難しい人が多いのかな。
私も、親の不器用さや不完全さを受け入れていけるようになりたいな・・・難しいけど。

とりあえず、別居してるから、かろうじて対面は保てている感じです。

>鍵コメさんへ

全然怪しいなんて思っていないので、安心してくださいね(^^)

私の記事をみて泣いてくださったなんて、なんと言ったらよいのか・・・。とてもありがたいです。もったいないことです。泣かせてしまってごめんなさい。

鍵コメさんは、優しい娘さんなんですね。子供の病気ならいざしらず、お母様のご病気を「代わってあげたい」だなんて。お母様の手のビリビリ、暖かくなったら消えていかないかなぁ。お年を召していらっしゃる分、回復は遅いのかなぁ--; いつか取れればいいですね。

>あんぱん父さんへ

だからぁ。あんぱん父さん、母さんと仲良すぎです!(*^∇^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>鍵コメのPさんへ

Pさんのご担当医の先生は、私が最初に婦人科から紹介された先生です!でも、予約が取れなくて、別の先生にかかることになりました。

中待合などで診察を待っているご夫婦連れを見るたび、羨ましくなります。もちろん、大変なさなかにあるのに違いはないのですが、なんというか、夫婦で支えあうってステキだな、と思うんです。どのカップルを拝見しても。

こんなふうに眺めてきたご夫婦の中に、Pさんもいらっしゃったかもしれませんね(^^)。

私も、あの病院、気にいってます(^^)長い待ち時間もあまり気にならないし、なにより、通院されている患者さん達の雰囲気が好き!なぜか明るい人が多いですよね?辛い治療に立ち向かっているうちに、強く明るくなっていくのかなぁ?もちろん、深刻な表情の患者さんもいらっしゃいますが、やっぱり、タリーズの横で笑顔でしゃべっている患者さんやご家族の姿が印象深いです。他人の私が元気をもらうこともしばしばです。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。あ、それと、私はピュアじゃなくて、けっこう腹黒いかもしれませんよ?!(苦笑)
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。