スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ムカ着火ファイヤー!!

ふざけたタイトルですみません。昨日の記事は半分ふざけて書いていましたが、今日は、真剣に頭に来た出来事があったので、ちょっと、吐き出しちゃいます。(タイトルの「ムカ着火ファイアー」とは、「激おこぷんぷん丸」のひとつ上の怒りの表現だそうです。もう廃れた言葉のようですが、つかってみました)

ここから真面目に書きます。

今日、勤務先の薬局に、某薬メーカーの営業の人が来ました。うちの薬局としてはとても珍しいことです。

来たのは、このブログで最近記事にした患者さんに渡した、抗がん剤のメーカーの人でした。

おそらく、卸から通知でもいったのでしょう。営業の人が訪れて、満面の笑みで、担当薬剤師に言った、第一声。

「高い抗がん剤、売ってくれてありがとうございます(^^)」← 超満面の笑み。商売人がよく遣う、ニヤニヤした感じの、「ありがとうございます、ダンナ」みたいな。

事務仕事してた私は、ぶっちんっと切れました。なんなんだ、この男?!いくら患者がいない場所とはいえ、人の命を文字通り左右する薬を作る立場の人間の言葉か?!

激おこぷんぷん丸!!

ちがっ。超ムカ着火ファイヤー!(だっけ?あれ、ちがう)

いや、真剣に、頭にきた瞬間でした。

さらにその営業マン、「ディオバンなどでうちの薬はいろいろ問題を起こしていますが、抗がん剤は、なにしろ高い薬ですから、処方されると、本当にうちとしては(^^)・・・(以下、読者のがん患者さんのために、自粛いたします)」

こいつ、癌患者を食い物にしてんのか。そういう会社か。私らの病気のおかげで、おまんまくえてんのか。

と、このとおり汚い言葉で、私の頭の中は煮えたぎりました。(あ、煮えるのははらわたか?)

まーね、あの人も、まさかここに患者がいたとは思うまい。それに、あの人の仕事がそれなんだから、ある程度は仕方あるまい。

それでもね、ほんのちょっとでいいから、

「あの薬で患者さんが元気になられたら、メーカーとしても嬉しい」的な、社交辞令でもいいからそんな姿勢を、ほんのちょっぴりでも見せてほしかった。

私の使っている抗がん剤ではないけれど、同じがん闘病仲間さんのことを商売の材料として話されて、ほんとにむかつきました。

こんなふうに怒っても、薬を使わないわけにはいかない。だから怒るだけ損だとは思うのだけど。

とりあえず、ムカ着火ファイヤーでした。

怒った話ですみません。おやすみなさい。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

No title

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・天誅 !

以前、母さんの主治医 Y先生、癌利用したり癌くいものにする奴等、ダイッキライと怒ったことがありました・・・何があったんだろう ?

No title

追伸・・・・・そいつ癌になっちゃえばいい !

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わたし、始めて聞いた…。ムカ着火ファイヤー…。激おこ…は知ってた。
こういうオバカ営業っているいる!
わたし、20~27歳まで薬局にいたからわかるよ!露骨っていうかさ。気分悪くなるよね。

彩さん、怒り続きだからわたしが薬局にいたときの笑える話をしてあげるね。
夏の暑い日。冷房もあまり効かず、そんな日にある大手の薬品会社の営業さんがお店にきてたの。忙しい時間帯で、その営業さんも接客の手伝いを。ある男のお客様が「おい、リ○Dを1本くれ。」営業…「かしこまりました。飲んでいかれますか。」客…「おぅ、飲んでく。」営業…「じゃ、蓋開けますね。」客…「ああ。」

はい、暑い日、彼は余程喉が渇いていたのか…なんと…、蓋を開けたとたん、頭が真っ白になり…、自分でリ○Dを飲んじゃったんだそうです。

残念ながらわたしのいた店ではなく、別の支店でのことだったんだけど。瞬く間に全店舗に知れ渡り、わたしも聞いたときにコメカミが痛くなるくらい笑いました。ウソのような本当のできごとです。

少しは笑えた?

No title

彩さん

お久しぶりです。

ちょっと、ひどい営業マンですね!!
もし、自分や家族ががんになったら、
その人抗がん剤使うのかな??

がん以外の人が耳にしても、
不愉快な言葉ですね。

私も、「ムカ着火ファイヤー」!!です(笑)。

>あんぱん父さんへ

母さんの主治医の先生に頼んで、カツをいれてもらいたいです、あのノ○ルティスの営業マンっっ
私が製薬に努めていたころの上司も、元ノバ○ティスで、「抗がん剤は儲かる」とほざいてました。そりゃ、儲かるのは事実だけどさ・・・。会社の教育が、タメなんかなー?全員ではないにしろ。

>鍵コメのAさんへ

手術、無事に終わってよかったです!かの先生の噂は、良い噂しかきかないですが、事実なんですね(^^)だからこそ人気が高くて、手術待ちになってしまうんでしょうね。

私も考えてみようかな・・・でもかなり広範囲に播種してるので、後遺症がかなりきついだろうと言われてて・・・今の主治医からですけどね。それとも、抗がん剤が奏功して播種が少なくなってるってこともあるのかなぁ。お腹をあけてみないとわからないから、悩みどころです。自分の生き方の主眼をどこに置くかも・・・ホント悩ましい><

術後の経過もおしえてください。もちろん、体調がよい時で、気が向いたらでいいですからね~(^o^)/ご自愛ください。

>なっちぃさんへ

なっちぃさん、笑える話、ありがとう!なんか、私もそれやっちゃいそうな気がする!レジに入っていたころ、「キャップあけて」っていうお客さんがたまにいて、開けると、ついそのまま飲みそうになるの(>∇<)私も大笑いされちゃう側だ~(笑)

真夏の暑い時期に、年配のお客さんから、水のペットボトルを開けてと頼まれたことがあるの。その頃は、副作用の痺れがひどくて、開けられなかったのね。それをみたお客さん、「若い人でも開かないようなキャップを付けるなんて、メーカーは何してるんだ!」と怒り始めちゃったことがあってね。あわてて「申し訳ございません!私の手がいけないんです!」と言って、隣の子にすぐ開けてもらったことがあったなぁ。緩いキャップじゃ不安だし、なにか、開けやすいグッズでもあるといいのにね。

怒り続きの私を癒してくれて、ありがとう♪きのうは東方神起のイベントに行ってきたよ。昨日も思いっきり笑ってきました(^^)

>ミケさんへ

ミケさん、日頃のお仕事おつかれさま(^o^)

ミケさんのコメで思い出したけど、私が製薬に勤めてた頃に開発からかかわっていた薬は、私は使いたくないなー。その薬群だけかもしれないけど、効果が曖昧なのに「奏功」とされたり。因果関係が曖昧なのに「副作用」として能書に記載されてたり。精神科系だったのからなおさら基準があいまいだったせいもあると思うけど。

あと、外科的な薬でも、開発チームの面々が嫌いな人たちだった薬は、使いたくないから避けてる(笑)

営業とはいえ、医療の一部にかかわってることに変わりはないと思うんだよ。だから、常に、患者の立場になって物を見て言ってほしいと思うの。患者になってみないとわからないのかなぁ。
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。