スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

孤独という恵み。

私は一人暮らしです。大腸がんになってから、一人で良かったと思うことがしばしばあります。

抗がん剤で具合が悪いとき。好きに横になったりできます。食事を摂りたくない時には、食べられそうなものを好きな時間に食べればいい。人の食事を用意したり時間を合わせなくていいのは、気分的にも楽です。

片付け物だって、一人分だから楽です。お洗濯も、そう。部屋が多少ちらかっても、自分がよければそれでよし。体の具合が悪いときは、ほんとうに助かります。

テレビだって好きなときに見られるし、東方神起のライブだって行けるし、東方神起のDVDを深夜まで見ていても、誰にも気がねがいりません。

家族を養う必要もありません。

不安や恐怖を感じたときには、いつでも思う存分、泣けます。泣きはらした目を見られる心配もありません。

それに、おならだっていつでもできます!コレ、健康な人は笑うかもしれないけど、腸の手術した後の人はわかってくれますよね?気がねなくガスを出せるって、助かります。腸閉塞が心配なときにガスが出ると、とっても安心します。

一人暮らしでないと、できないだろーなー。うち、狭いし。最初の手術のあとは、夫がいたので、おならできなくて困りましたもん。

そりゃ、病院の送り迎えや付き添いがいないので、一人で寂しいこともあるけど、でも、診断結果が悪くても無理に笑顔を作らなくていい。気が楽です。落ち込みたい時に落ち込める。

自分が死んだあとのことを考えても、実家の人間が悲しむくらいです。私を愛している配偶者がいるわけではないし、私を頼りとする子供もいない。

大事な友達は、数少ないけど、います。でも、彼女たちにとって一番大切な人間は、私ではありません。だから、私が先に死んでも、大丈夫。悲しませてはしまうけどね。

病気がわかってから、時々、自分の最期の瞬間を想像します。できれば病院の一室がいいなぁ。もうほんとに最期ってときには、私は、誰にも看取られたくないです。

ひとりで、こっそりと、逝きたいのです。なせかというと、最後の瞬間に会ってしまう人が、あの世に行っても、「最期を看取った人」として記憶に残るからです。(あの世に行っても生きる気マンマンな私w)

私に本当に大切な、心から愛し愛される男性がいたなら、その瞬間は、その人に看取ってほしい。あの世にいっても出会いたい人。でも、いないから、それなら1人でこっそり、と思います。

ちょっと前までは、死に際にはふなっしーにいてほしいと思ったことがあります。だって、死にそうなときに、あの顔を見たら、「絶対いま死ぬのはいや!!!!!wwwww」と思って生き延びそうだからw

20131016_funasshi_33.jpg

脱線しました。

とにかく、一人の闘病は、気が楽です。家族を残して逝くという苦悩もありません。気楽です。

でも、次に生まれ変わることがあったとしたら、私は、絶対に、ひとりぼっちの生活を選びません。



誰かと共に生きる人生がいいです。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

No title

ふ・・・ふなっしー(o_ _)ノ彡☆

死に際にそばでふなっしーが

ひゃっはーっ!

ってジャンプしてたら、うるさくて死ねないね( ̄m ̄〃)

同感です

病気になって、抗がん剤の副作用に苦しんでいた時
買い物など困ったこともありましたが
辛い姿を見せて悲しませるのが嫌だから
ひとりで良かったって思っていました。
副作用が治まった今も、ひとりで気楽です(*^_^*)

でも、次に生まれてこれるとしても、私は
ひとりを選ぶかも知れませんけどね。


No title

夫婦でオナラしまくってたぞぉ~

ふなっしー・・・・・野々村真だったりして・・・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まだ、わからないよ!
愛し愛される男性がこれから現れるかもしれない。
本当に…冗談とかじゃない…

わたしの両親はわたしが高校卒業をまって離婚したの。父はしばらく祖母の介護してたけど祖母も亡くなり何年かして…なんと再婚した。看護士さんと。わたしも妹もびっくりしたけど今も一緒にいます。


名古屋の方言調べたよ。

きゃあ…(//∇//)!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>舞羅。さんへ

ね、ふなっしーがそばにいたら、生き延びられそうでしょ、いろんな意味でw

でも病室に入れてもらえないだろうな~。埃もすごそうだし!

>桃杏さんへ

桃杏さん、コメありがとうございます!
次もひとりを選ぶなんて、桃杏さん、お強いです(^^)私は今、人生の終わりについて考えるようになって、考え方が変わってきました。人としての愛が恋しいです。
たしかにひとりは楽なんですけどね(笑)

>あんぱん父さんへ

そんな夫婦に憧れます。

あ、ふなっしーは、中の人なんて、いないんだぞー!

>鍵コメの名無しさん(?)へ(^^)

ごめんなさい、他の鍵コメの方と区別するために「名無しさん」と呼ばせてください。今日もコメント、ありがとうございます!

えー?ふなっしーにも同意してほしかったです~。・・・ウソですw

まだ40歳、いくらでも出会う機会はあると思います!笑顔でいれば、必ず周りに人が寄ってくると思ってます!私、病気になる前は、老人ホームに入ってからでも出会えると本気で信じていました。今は、自分の体のことを考えると、そんな気にはなれませんがね・・・。でも、恋愛に限らず、よい出会いはいくつになっても期待したいですね(^^)

>なっちぃさんへ

うんうん、まだわからない(笑)上の方のコメ返にも書いたけど、私、老人ホームに入ってからでも出会いはあると思っていたの。今、過去形でしか言えないのは、病気のせい。自分が癌じゃなかったら、お見合いパーティにでも行ってると思うよ、うん。恋愛は、いくつになってもしたいもん。結婚していない限りね(^^)

でも、もう、いまから恋愛しても、絶対相手に心配や不安を与えるでしょ。だから、できないと思ってる。

ってか、私みたいな女、健康だったとしても恋愛対象にしてくれる奇特な男性なんて、いないだろうけどねー(爆)

方言、キャー、でしょ(*^∇^*)。子供のころは普通に言ってたんだよ。「これ、○○だよ」とかねw親はいまでも言ってます。

>鍵コメのHさんへ

初めまして。コメントありがとうございます!拍手もくださっているとのこと、とっても嬉しいです。なにげに拍手がたくさんつくと、嬉しいのです(*^^*)

生まれた日、近いですねー。私も親近感です。内容がないコメント大歓迎ですので(笑)また遊びにきてくださいね。遠くから見守って頂けていること、忘れないようにします!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>鍵コメのAさんへ

退院おめでとうございます!お元気そうでなによりです。
腹膜切除は、もちろん考えるのですが、どうにもこうにも、悩みます。少しずつ頭を整理しているうちに、どうやら私は、切除を怖がっているようです。いつも言うけど、子供がいたら、怖くても手術を受けると思うのですが。あ、手術そのものが怖いんじゃなくて、術後が怖いという意味です。いま普通に生活できているので、この生活があと数年も続けば、私には十分なんじゃないか?それより術後の合併症が大きくて今の生活ができなくなるほうが怖い、という感じなんです。あと、切除術を受けたら今の病院で受け入れてもらえないだろうという不安も。

コメント欄で話すようなことじゃなかったですね、ごめんなさい。でも、Aさんが教えてくださったサイト(かな?)も見てみるようにしますね(^^)/こんな臆病者の私ですが、よかったらまたお話きかせてくださいね。

術後、無理なさらないように、お大事にしてください(^^)

No title

こんにちは^^
すい臓癌と肺癌患者です。
私も一人で癌細胞とお付き合い!

肺癌の手術で声帯の神経を切断され声が出なくなったしまったのもあり一人でいることが気楽♪
でも、たまらなく寂しくて落ち込むこともあります!

次回があるとして希望は・・・ 
孤独は人によって埋めることはできないとおもうからどんな事も楽しめる才能が欲しい・・・な!
そんな才能があれば無敵よね^^


>すずめさんへ

はじめまして。コメありがとうございます!

> 孤独は人によって埋めることはできないとおもうから

↑この言葉、深いですね。。。うん、たしかに、誰かと一緒にいても孤独を感じることって、ありますよね。結局は、一人身だろうと誰かといようと、自分自身の気の持ちようってとこでしょうか。

私は、やっぱ誰かと一緒にいたいです。一人になろうと思えば場所と時を選べば1人の時間を持てるけど、誰かといたいと思ったときに孤独では、どうにもならないから。いろいろな考えがありますね。「みんな違って、みんないい」っていう詩を思い出しました(^^)
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。