スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

がん友さん。

がん患者さんは、患者同志の交流が盛んというか、豊かだと思う。同じ病気どうし・・・たとえば、風邪同志とか盲腸同志とかでは、こんなに交流の輪は広がらないと思う。同じ癌だからこそ、広がるんだと思う。

で、私も、今までに病室が同じだった何人かの方と、メールなどで交流してます。人見知りタイプの私にしては珍しいかも。

そのうちのお一人が、かなり体調が悪くなってしまいました。もう、すべての抗がん剤に耐性ができてしまったている患者さんです。ご本人は、笑って、「治療法がなくなっちゃったのよ。最後の頼みの抗がん剤が、体に合わなくてね~。しょーがないね。緩和ケア病棟はあいてないから、これから在宅で訪問看護してもらうわ。」

腎臓から管をつなげ、点滴で栄養と水分をとりながら、やせこけた顔で、けどパッチリした目で笑うIさんは、とうとう自分の最期が近づいたと悟りながらも、明るい笑顔で、見舞う私を受け入れてくれます。

私より一回り年上の方で、ほんとうにいつも笑顔で、にこにこにこにこ。おしゃべりが止まりません。


彼女は、平凡な主婦だけど。なにかすごい仕事をしてる人ではないけど。とくに目立った人ではないけど。

私にとっては、強い女性、憧れの人です。病気を怖がる私に、「なっちゃったんだから、仕方ないわよ。考えたってしょうがないわよ。人間、誰だって死ぬんだから。その時期が早いか遅いかだけなんだから。彩さんも、今はつらいだろうけど、絶対大丈夫。病気は治らないかもしれないけど、気持ちは元気になるわよ。大丈夫。」

彼女を見ていると、私もあんなふうに闘病していきたいと思うのです。彼女は、少なくとも私という一患者には、すごい力を与えてくれているから。


昨夜は、前の職場のみなさんと食事会をしました。すっごく楽しくて、笑い転げてました。ゲラゲラ笑う私に、みんな「病気になんて見えないね。」と言い、「自分だったら、そんなふうに笑う自信ない。彩さんは、強いんだね。」と言いました。

一日一回は、ぼけーっと悲しんでる私は、全然強くないんですが。そんなふうに見えているならば、うれしいです。


最近、見たくない情報をネットで見かけてしまった。「大腸癌の卵巣転移の予後は、非常に悪い」そうです。ふーーーーーん。そうなのか。古い情報だったから、今は変わってるかも。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。