スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

主治医の憂鬱。

私の病状にはまったく関係のない話なのですが。

先の診察時、主治医と話しているとき、何かのきっかけから、論文投稿の話になりました。

主治医は、少し前に某紙に記事を掲載していました。書籍ではなく、フリーペーパーのような冊子です。たまたまそれを見たときのことを思い出し、

「そういえば先生、ちょっと前になんかに載ってましたよね?分子標的薬の記事でしたっけ?内容はよくわからないけど、先生の顔が載っててビックリしました。でも持ち帰らなかったですよw」

「あ、みたの?あれはねー」と、空を見つめた主治医。

「内容は覚えてなくていいよ。ちょっとな、っていう記事だったから。」

「え、どういうことですか?」

「うん。ちょっとね、言いたいことと違ってたっていうか。。。フリー冊子だからほっといたけど、あれが本だったら、ちゃんとすると思う。」

「ふーん、本と冊子は、違うものなんですね?読むほうは同じだと思っちゃうけど。」

「そうだよね。でも、いろいろね。チェックしきれないっていうか、ね。あまり参考にしないでね。」

なんか「お医者様」の世界はよくわからないけれど、きっと、執筆した本とか、学会発表する論文なんかだったら、きちんとチェックを入れるけど、商用冊子みたいなものにはいちいち手を入れられないってことなのかな?

たしかに、分子標的薬を宣伝しているともとれる内容だったから、もしかして製薬会社から頼まれて顔出しした、みたいな感じなのかな。と思った。

顔は貸したけど、自分の書いた論文ではないよ、みたいな?

なので、やはり、製薬企業のスポンサーがついているような記事は、注意して読んで、情報を鵜呑みにはしないほうがいいんだな。と思いました。

(いまさら?)

主治医のために申し添えますが、金儲け主義っぽいタイプの人ではないと思います。いい加減な感じもあまりしない。こちらの質問にいつも丁寧に答えてくれる、私は好きな先生です。

だから冊子の記事の話をしている間も、先生はモヤモヤした表情で、「あれでいいのかなぁ」と顔にハテナがいっぱい浮かんで見えました。


なんでそんな話題になったのか、思い出しました。主治医が海外の学会に参加するときいたのがきっかけでした。

学会で発表をしなければならないが、ポスター貼り逃げ状態ですぐ日本に帰ってくるつもりだよ。

いやセンセ、ポスター貼るからには、ちゃんと研究成果を発表してきてくださいまし。そして、癌治療の未来を明るくしてくださいまし。

まっ。貼り逃げしたい気持ちも、よーくわかりますがね( ´艸`)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

No title

こんにちは。彩さんのブログは病院の裏の様子がすっごくよく分かるのでいつも楽しみにしています。これからも情報たくさんお願いします。

>はおんさんへ

こんにちは。コメありがとうございます。

病院の裏の様子・・・?なのかな?(^^;)どんな職業にも、ボランティアでない限りはいろいろな事情があると思うので(自分自身もきれいな面だけではないと思うし)、うまく言えないけど、あらゆる角度から物事を捉えた上で、情報の良し悪しを判断していきたいと思っています。良し悪しというより、自分にとっての要・不要というほうが正しいかな?

なんかくどくど書いてすみません。言葉って難しいです。たいしたこと書けないブログですが、また読みにきてもらえたら嬉しいです(*^^*)

ラジウムの様子も読ませてもらっています♪よい結果につながりますように。
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。