スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ショックな万引き。

万引きされたら誰でもショックだとは思うのですが。

勤務先のドラッグストアで、化粧品の盗難が発覚しました。昨夜、美容部員が退社したあと、今朝10時に出勤するまでの間に、数点合計約10万円が盗まれていました。

窃盗団による大量万引きは他店でたまにあるのですが、今回は、単品での窃盗。しかも、うちのお店は防犯カメラがしっかり売り場をとらえているため、そうそう万引きされません。

が・・・。今朝、消えていた化粧品たち。

昨日の深夜帯が怪しいということで、録画テープを見てみました。が、怪しい人は映っていません。

ならば、今朝。開店から、盗難に気付いた午前10時までの、3時間に範囲は絞られました。

美容部員の女性と、私と、もう一人でビデオテープを見ながら、「この人、服装が怪しいよね!」「でも何も手に取らないね?」などと会話しながらテープを進め、万引き発覚時刻の約10分前まできました。

「盗られてないねー。」「勘違いだったのかなー。」と言い始めたその時。

知っている顔が、ビデオに映ってきました。

それは、ほぼ毎日のように買い物に来てくれる、元気なお母さんでした。近所に住んでいるらしく、ほとんどの店員が彼女を知っていて、おしゃべりもします。私も、レジで会ったときなどには「素敵なネイルですね♪」とか、よくお話させてもらっていました。

その人が、ビデオ映る。私たちは、「あ、○○さんだ!この人は違うよねー(^^)。」と言う・・・

そのとき、ビデオの中の彼女が、商品をかごに入れました。次々と。

美容部員の子が、「あ!これ、やられた棚です。ここ・・・」と言う。

私たち、茫然です。女性の姿がビデオから消えました。隣のカメラに映り込んでこないところを見ると、どうやら、死角になっている通路に入った模様。

「でもさ、この後レジに行ってるかもよ?」と、レジに画面を切り替えます。

来ました。会計をしています。その手元を拡大してみましたが・・・・

化粧品は、ひとつも会計されていませんでした。

「もしかしたら、かごに入れた後、もう一度売り場に戻って、商品を置いてからレジに行ったかもよ?」と、他のビデオを確認しますが、棚に戻す様子は映っていません。

「じゃ、もしかしたら、会計をすませた後、“やだ、お会計するの忘れちゃったー”って戻ってきて、お金払ってるかもよ?」

でも、もちろん、そんなシーンは映っていませんでした・・・・・。

私が「じゃ、もしかしたら」といろんな可能性を言うたびに、もう一人のパートさんは、「そんなの見なくても、もうこの人がクロに決まってるよ」と言いましたが、私は、あの人がそんなことするなんて信じたくなかったし、同時に、検証は完璧にしなければ、とも思っていました。

結果、どうみても、その人が盗った証拠が揃ってしまいました・・・。

とっても複雑な心境でした。美容部員の女性も、複雑な表情でした。

まさか、あの人が・・・?良い人だと思ってたのに・・・・店員みんなと仲いいのに・・・・。

困り顔の美容部員の子に、「カメラ番号と時間を控えて、○○さんに報告して、指示をもらいなね」とだけ告げて、私はその場を去りました。

その人は、子供を二人育てているお母さんで、いつも子供をベビーカーに乗せて買い物していました。その子供たちも大きくなって、幼稚園に入ったところです。豪快な感じで大きな声でいつも笑っているお母さんです。

なんだか・・・切なくなりました。ただの店員とお客の関係ですが、顔を見れば「こんにちは~♪今日のお買いものは、コレよ♪」とおしゃべりしていたので。

今まで、笑顔で接してきた、その思い出が、全部こわれてしまいました。一体、何があったんだろう。

万引きなんて、日常茶飯事かもしれない。だけど、まさかと思う人がそれをやっていて、本当にショックでした。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

No title

推理小説やドラマの犯人って、最もそれらしくない人だったりしますよね。
「人を見たら泥棒と思え、火を見たら火事と思え」って、婆ちゃんが生前に良く言っていました。

わたしは、以前勤めていた薬局で万引きを直接みました。中年の女性がボディソープをひとつ、そっとバッグにいれていたの。
わたしはそのとき入社したてで、見てても何もできなかったんだけど、そばにいた先輩が気がついて店の外に出たその人を追いかけていきました。

スーパーでも見たことあります。けっこう年配の男性がマイバッグみたいな袋にパンをいくつも詰めていました。そのときはスーパーの女の店員さんに「大変です!」と、目力のみで訴えて…、声は出したくなかったので…、クチパクで。店員さんもみて確認して急いで店長さんらしき人を呼びに行きました。

彩さんは、今回知ってる人だっただけにショックだったね…。
でも、あんまり考えこまないようにネ…☆。

>毒遊さんへ

そうですよね。最近は、事件の容疑者の近所の人とかが「そんな人には見えなかった」というのも多い気がします。まさしくそんな感じで、「まさか、あの人が」って。ショックでした(--;)

まさかこの人が、ってことでいえば、元夫がそんなんだったんですけどね(笑)

>なっちぃさんへ

なっちぃさんも経験者だったのね。うちのチェーンでは決まった窃盗団が出入りしていて、周辺店舗は何十万とやられているの。でもうちの店舗は割と防犯対策ができているほうで、窃盗団の被害はなくて、小さな万引きばかり。日常茶飯事だったけど、今回は、知ってる人が犯人だったということで、本当にショックだったよ。「まさか、あの人が犯罪者?」って、小説やテレビの中の世界だったから・・・。

その人、昨日もきて、やっていったよ。常習犯だったみたい。悲しいね。
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。