スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

消化器官のお勉強会。

お勉強会といっても、きちんと、仕事として参加してきました。もちろんお給料でます(^^)

今日は、仕事で使う資格の外部研修セミナーでした。前回、2月に行ったときは、はちゃめちゃでしたが、今回のメインテーマは

「消化器」。

大腸がん患者としては、得意分野、ですよね?会場入りして最初にもらったスケジュール表を見て、ちょっと嬉しくなりました。

前回同様、ものすごく眠かったのですが、今回は若手の講師でハキハキしていてめりはりもついた喋り方で、寝させませんでした。プレゼンテーションの基本をわきまえた喋り方。昔、自分が講師をやるためにプレゼンの手法を学んだことがあるのですが、その記憶が蘇ってきました。

が、そんなきちんとした講師にもかかわらず(前回はアルファ波を出しまくりのおじいちゃん先生で、それはそれは良く寝た。)、今日も眠気に襲われました(やっぱり)

でも!途中から覚醒しました。

だって、後ろの人が、大いびきをかいて寝始めたんだもん(--;) あまりのいびきに、こっちは目が覚めて、その人は以降、講師から要注意人物扱いされていました。(どうやら、会社側から、「居眠りする社員は退場させて未受講にさせろ」と言われていたらしい)

さて、研修の内容は。消化器官の名称やら働きやら、酵素などの話やら、下痢や便秘の症状別の薬の選び方やら、いろいろ。

「大腸は、盲腸・結腸・直腸・虫垂から成っていて、結腸は、上行結腸と横行結腸と下行結腸とS状結腸があります。大腸だけでもこんなに細かく分かれるんですねー。みなさん、知ってましたか?」

「ハイ、知ってますよ」←心の声

「便秘の中でも器質性の便秘というのは、たとえば大腸がんで腸が狭まっていて便が出にくくなっている場合もあるんですよ。大腸がんなんて、こわいですねー。」

「ハイ、こわいですよ(^^)」←心の声

こんな感じで、基礎の話ばかりだったので、話の内容がよくわかったので、眠くならなかったのかもしれません。

便秘薬の選び方は、読者のみなさんの参考にもなりそうだったので、より真剣に聞いちゃいました。

以下、今日のおさらいです。

ビサコジル・・・腸管刺激作用が強く、即効性がある。腸溶剤が一般的。

ピコスルファートナトリウム・・・大腸を局所的に刺激。習慣性が少ない。

センナ、ダイオウ・・・腹痛が比較的少ない。

ビサコジルは、ピンクの小粒で有名なやつですが、あれがもし胃で溶けてしまうと、とっても痛くなるのだそうです。だから腸溶剤になっているわけですが(腸で溶けるように設計された製剤)、牛乳などと一緒に飲むと胃がアルカリ性になってしまい、腸溶剤でも胃で溶けてしまう。そして、胃がとても痛くなるのだそうです。なるほど。牛乳で薬を飲むのはいけないとよく言われますもんね。

ピコスルファートは、私が一番好きな便秘薬です。だって、一滴から数的まで、自分で調節できるし、お腹もあまりいたくならないから♪

センナは、まぁ、ご存じのとおりです!今日もらったテキストには「腹痛が少ない」と書いてあるけど、結構、痛いですよね・・・?

豆知識で、ビサコジルだけは、分解されずに直接、腸粘膜に作用するそうですが、他の2つは、腸内細菌が分解して、産生される物質が、腸を刺激するのだそう。

つまり、腸内細菌が多いと、分解も多くされるから、効果も強く出るのだそうです。腸内細菌といえば、乳酸菌。乳酸菌を摂取した直後にピコスルファート(ラキソベロン)やセンナを服用すると、お腹の痛みが強くなるのだとか。

以上は「刺激性便秘薬」でしたが、他に、「膨潤性便秘薬」と「浸潤性便秘薬」と「塩類便秘薬(←おなじみ酸化マグネシウムは、これ)」があって、いろんな作用を組み合わせて、「自然なお通じ」を目指すのだそうです。

なにしろ「登録販売者」のためのセミナーなので、店頭で販売する薬に焦点を絞っているため、もっと知りたい医療用医薬品のことは、全然話してくれませんでした。ま、仕事でやってるから、仕方ないか。

消化器の話をしていれば、当然「大腸がん」にも触れられるわけですが、今日も何度か。

「こーんな症状を見逃していて、じつは大腸がんだった、なーんて言ったら取りかえしがつきませんからねー」と笑ってしゃべる講師に、何度も頷いていました。

「ま~、ドラッグストアには大腸がんの患者さんはそうそう来ないと思いますが・・・」と言うので、思いっきり心の中で、

「販売する側にいるっちゅうの!」と突っ込んでしまいました( ´艸`)

なかなか、楽しかったですよ。たしか、前回2月の研修のときには、講師の心無い言葉に泣いてたんだよな、私。

今日の講師はそんな嫌な感じの話にはならなかったので、よかったです。

9時から5時まで、簡単な話から、難解なカタカナだらけの話、法令法規の話まで・・・・みっちり行われた研修の、ラストは、確認試験でした。いつも20点満点中15点くらいしかとれないのですが、

今日は満点!!(^○^) 簡単でした!!!だって消化器だもん!!!(笑)

100名ほどの受講生の中で、満点は3人。まるでヤマが当たった受験生のように、ラッキーでした、私。

今日の会場は、東京体育館の会議室でした。お隣は国立競技場。敷地内の様々な体育施設で、いろんなイベントが行われていました。座学してるのがもったいないような空気でした。

クタクタに疲れたけれど、グリグリもあまり痛まなくて、良い一日でした。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

お勉強会お疲れ様でした

彩さん、残暑お見舞い申し上げ。
ケータイからこの記事を読んで、思わずウケしまったv-411
彩さんの心の中のツッコミが最高!

でも、あるよね、私もあまり親しくない人としゃべっていて
「これで大腸がんだったりしたらヤだからさ」とか言われた時、
思わず心の中で「悪うござんしたね」と言っちゃいました。

でも、お仕事関係で役に立つ勉強会があるのはいいですね。
私も聴きたかったな~。
秋になって涼しくなったら勉強しようっと。

>アニーさんへ

私も、残暑お見舞い申し上げ(笑)。

医療関係もどきの仕事だと、たまに治療に役立ちそうな話を聞けるのがいいですよね(^^)その分、病気がらみの話題も避けられないけれど。

私は文系の大学を卒業しているのですが、製薬企業に入社したあたりから、「なぜ文系なのにこの道?!」とフシギだったのですが、今になって、「病気に役立つように神様が仕向けてくれたのかなぁ」とか思います。

いや、どうせなら、病気にならない方向に仕向けてほしかったのですが(^^;)
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。