スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

国民のギム。

それは、税金。納税。税金を支払うこと。

いま、私はいわゆる「非課税世帯」となっています。住民税が課税されていない状態。

昨年1~12月の給与所得がとっても少なかったため、こういうことになっています。去年は抗がん剤治療が始まったばかりで働き方のペースがつかめず、結果として収入が少なく、住民税免除という「非課税」になりました。

今年は、このままのペースでいくと課税対象になる程度の収入が見込めているのですが、そこは、治療費との兼ね合い。非課税世帯で居続ければ、翌年の医療費は、毎月約2万円の節約になります。

年間2万ではなく、毎月2万。大きくないですか?

2万円の根拠は、同じような治療を受けている方には周知の事実だと思いますが、高額医療費を支払っていない方のために、いちお記しますね。

私の場合は「エンドレス治療」が必要とされているので、3週間に一度、抗がん剤治療を受けます。保険適用なので3割負担ですが、それでも自己負担が一回10数万円になります。それが3週間に一度。そんなことをしてたら財政破たんですが、ありがたいことに「高額療養費制度」があります。これに毎月該当するので、毎月4万4千円で済む。

これが、「非課税世帯」になると、さらに免除で、24500円になるわけです。

一年に24万かわってくるとなると。パートの少ない賃金を考えると、非課税世帯でいるほうが得になります。(治療をやめられるのなら、話は別です。もっと働けるので、どんどん稼いだほうが得になります)

私の場合は先が見えない治療というか、はっきり「延命治療」という名の下での治療となっているので、このまま、非課税の範囲内で働くのが、家計的には最良の策だと思っています。

今回、エルプラットの治療に戻ることになってしまいましたが、もしエルプラットをやらずに、ゼローダだけで延命できていたなら、もっと働くという選択肢も考えていました。

だってね。最近思うんです。こんなに「高額療養費制度」のおかげで助かっている。国民年金だって、全額免除の恩恵を受けている。なのに、

税金払わないって、ずるくないか?って。

私にかかる医療費は、言ってみれば、他の国民のみなさんの納税によって国を通して支えられているわけです。

だから国民の全員が全員、私みたいなのだったら、国が立ち行かないじゃないですか?

もちろん、病気になるまではきちんと支払っていたけど。

そんなふうに思ったら、なんだか、「非課税」でいるのが申し訳なく思えてきました。国にとって全然役に立たない人間じゃん、私、みたいな。

かといって、支払えないのも、事実。だから、ありがたく恩恵を受けるわけですが・・・。

時々、生活保護を受けている人が、誇らしげに「生活保護は国民の権利だ!」と声高に主張するのを見ますが、いただけません。権利なんだから、受けるのはいい。それを「誇る」のが理解できないのです。

誇るというか、なんというか・・・。区役所の福祉課で見かけた、「オレは生活保護なんだ!働けないんだから金かしてくれよ!パチンコで金つかっちゃったんだよ!」みたいなじーさんとかですね、ああいうのは、いただけないという話です。


それと似た感覚で、今の私は、やっぱり、きちんと納税している人からしたら、あまり気持ちのよいものではないと思った。


凹みそうになるので、考え方を変えてみた。えっと。医療費に関しては、今まで毎月の保険料はすべて支払ってきた。今でも、少ない収入の中から、毎月ちゃんと支払っている。介護保険料だって払っている。当たり前だけど。

だから、「保険」なんだから、掛け金をちゃんと支払っていれば、もらう権利あるじゃん。困ったときのための保険なんだから。

そう・・・思うようにして・・・・。年金だって、今まで、すべて払ってきたけど、それを受け取る年齢まではおそらく生きない。なら私が払ってきたお金が、他の国民のために使われるんだから、いいじゃん。私だって、他の国民の役に立ってるじゃん。

なんか支離滅裂になってきました。

ただ、思うことは、この国に生まれてこの国の世話になる以上は、やっぱり、国民の義務は果たしていきたいな、ということです。国っていうと堅苦しいから、「社会」というべきかな。地球でもいいや。他者のおかげで、私がある。それを忘れないように生活していきたいと思いました。

昨日あたりから風邪気味なのか、咳が出ます。咳をすると、お腹のグリグリにものすごい激痛が(*_*)!

グリグリの痛みをどう表現したらいいのか、ずっと考えていたのですが、わかりました!お腹の内側を、爪をたてて強くつねられてる感じです。今日の明け方に痛みで目を覚まし、「この痛みはどんな痛み?」と考えて、ためしに右手で左腕を強くつねってみたら、同じ痛みでした。爪をたてて、がポイントです( ´艸`)

エルプラットで腫瘍が小さくなったらいいな、と思い始めたら、ちょっとね、早くやりたい気持ちにもなってきました。あの副作用は・・・だけどさ。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

No title

税金って、たくさん稼いでいる人にたくさん払ってもらって、少ない人はそれなりに、って感じで保険と同じく強者が弱者を助ける構造で良いと思いますよ。
たくさん貰えるようになったら、嫌でも取られるんだしね。

生活保護は廃止か見直す必要があるよね。
生活保護受給者の喫煙率の高さとか、働かず朝からパチンコとか・・・せめて全員を公団住宅のようなところにまとめ無駄遣いしないよう管理すべきだと思う。

年末の医療費控除、私も年間に50~60万円は医療費を払っているので多少は戻ってくるのかと思いましたが、もともと取られていない(低所得で扶養家族3人)から、手間の方がかかって面倒くさいので止めてしまいましたorz

う〜ん…

世の中には体が動かなくて、自分ではどうしようもなくて、高額医療受けながら非課税になっている人もたくさんいるのに…。そういう人達がこの記事見たらどう思うでしょうか。

働けるのに働かないのは当然ダメですが、働けないから社会保障を受けるというのは、国民の当然の権利です。

それにとまとさん直接税は払ってなくても、間接税はちゃんと払ってるじゃないですか。

気持ちはわからなくもないですが、高額医療受けながら非課税でも何の問題もないですし、気後れする必要は全くありません

No title

いつも、なんでこんなに彩さんと波長があうのかなあ?と思います。(私だけの思い込みだったりして)私も悩ましく思っていること、感じていたこと。最近まで、私がサラリーマンできてたからまだ、非課税とかにはなってないけど旦那は実質所得なし会社員。医療費の限度額も今年は44000円の方になりました。傷病手当も終わりになるし、税額も下がってます。夫婦で無職で在宅介護で、会社から退職促されたら障碍者の申請するしかなくなる。サラリーマンだから定年退職後なら、大手を振って制度利用できるのだけど(あくまで心情的にという意味で)まだ7年も残してるから何と無く心苦しく、もんもんとする時があります。(まだもらってもいないのにバカみたいなんだけど)
でも、これって普通の日本国民のメジャーな感覚なのかな?
実は。だからこの国いろいろいわれるけどもってるのかな?

とりあえず、彩さんの今日の全文に異議なし!です。
結局私達昭和40年代生まれは、バブルなんぞ体験しても
小心者の小市民なのかなあ?別にいいけど。

>毒遊さんへ

コメありがとうございます。なんだか、ホッとしました。がんばって真面目に生きていれば、社会の制度を利用するのは悪いことではないですよね。そのための社会なのだと思うし。自分がきちんと生きているのかわからなくなって、卑屈な考えになってしまいました。

生活保護に関しては、審査をしっかり行なってほしいのと、不正受給の可能性のある人には、お金じゃなくて現物支給にしちゃえばいいのに、と思ってます。食糧と衣料と住む所を提供するとか。基本的人権の問題が出てくるのでしょうけどね。

扶養家族3人は大変だけど、その分得られる喜びも大きいですよね。ファイトです~、毒遊パパ!

>ひろさんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。

不快な思いをさせてしまったようで、申し訳ありません。自分の思いを書いただけとはいえ、たしかに、気分を悪くされる方もいらっしゃるかもしれません・・・。

ひろさんのおっしゃる通り、「働けないから社会保障を受ける」のは当然の権利です。私がそう思えなくなった理由は、「自分のがんばりが足りないのではないか」と思ってしまったからです。働く気になれば働けるかもしれないのに非課税の範囲内にしようとしている自分はずるいのでは?と思ってしまったからです。

でも、治療のため十分に働けなくなるのは事実なので、もうそういう考えはしないようにしよう、と、記事を書いて思いました。

この記事を読んで気分を悪くされた方がいらっしゃったならば、この場を借りてお詫びしたいです。本当にすみませんでした。そして、私と同じように感じている方がいらっしゃったならば、伝えたいです。「全然悪いことなんかじゃないです!」と。そのためにある制度ですもん、気おくれする必要はない・・・その通りです。私ももっと一生懸命、自分に自信を持てるように歩みたいと思いました。

ひろさん、ありがとうございました。

>あき母さんへ

あき母さんも同じように感じていらっしゃったのですか?嬉しいです(^^)
こうなる前はちゃんと働いて義務をまっとうしてきたんだから、甘えちゃっていいんですよ!と人には言えるんですけどね、自分のこととなると、なかなか・・・「なんか申し訳ないな」とか考えちゃう気持ち、わかります。

バブル・・・懐かしいですね。

> 小心者の小市民なのかなあ?別にいいけど。

↑最後の一文、面白いです( ´艸`)
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。