スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

術後2年。

正確には、明後日12日。再発の術後2年が経過します。明日が抗がん剤の投与予定なので、たぶん明後日は体調が悪いだろう、ということで、いま書くことにしました。

初発の手術は、2010年9月6日でした。ステージ3aだったので、根治可能。大きな手術は人生2度目だったので、緊張もせずに受けた手術でした。ま、受けた病院ではいろいろな問題がありましたが。

その後、約2年たった2012年の11月に、再発しました。卵巣転移で卵巣が腫れ上がっていたわけですが、お腹の膨れ具合からして、再発したのはもっと早い時期だったのだろうと思います。お腹が大きくなって「太ったかな」と気にしだしたのが9月だったので、その時には転移していたわけですね。ちょうど職場の異動があった時期で、新しい職場でお腹の大きさを気にしていたのは記憶に残っています。

がん研に移って卵巣摘出の手術を受けたのが、2012年12月12日。12時でした。

転移が確定し、腹膜播種も確認され、抗がん剤しか手がないと言われ。抗がん剤治療をすれば2~3年は生きられるよ、と医師から言われ、ショックを受けたあのときから、2年が過ぎました。

元気に生きてるなぁ(^^;)

手術のその日、飼っていたワンコが死にました。自分の手術よりも、そっちの記憶のほうが強く、濃く残っています。ワンコが、私の命を救ってくれたのだと思っています。代わりに天国へ一足先に行ってくれたのだと思っています。

ワンコ・・・。今でも時々、夜中に私を呼んでいるような気がするときがあります。そんな時は、骨壺を置いている部屋にいって、骨壺を抱っこして、ヨシヨシします。本当は土に埋めないといけないのかもしれませんが、そのままにしています。そばに置いておきたくて。

ワンコを、ワンコの手術のために動物病院に手渡したのは、私が入院する当日の朝でした。12月10日のことです。

ワンコの手術が終わって私の手術も終わったら、また一緒に暮らすと思っていました。ワンコと離れたときも、とくに言葉は掛けなかった。獣医さんに任せれば絶対に治ると考えていました。

獣医師の腕の中で、去っていく私を見て必死で手足を伸ばしてばたついた、ワンコ。あのときの瞳は、今でもはっきり覚えています。初めて見た、不安そうで悲しそうな瞳。もう鳴けなかったから声は出なかったけど、動けなかったはずのワンコが必死にばたついていました。

その瞳を、なんで振り切ってしまったかなぁ、私は。その瞳に永遠の別れを直感しながらも、そんなはずはない、と、振り切ってしまった。あそこでもう一度ワンコのそばに近よって、せめて頭を撫でてあげればよかった。

抱きしめてあげれば良かった。

そのまま、ワンコは、天国に行ってしまいました。誰にも看取られず、寂しかっただろうな。怖かっただろうな。痛かっただろうな。苦しかっただろうな。

私の育て方は上手じゃなかったから、ワンコと私の関係は、ワンコのほうが上位だったような気もします。だけど、あの時の瞳だけは、「置いていかないで」って、見えたんだよね。

それとも・・・・「がんばってね」の瞳だったのかなぁ。「応援してるよ」の瞳だったのかなぁ。

ワンコが幸せではなかっただろうとの後悔が私にはあるから、余計に哀しみを引きずっているのかもしれません。

今度ぽぷらに会ったら、絶対に絶対に絶対に、幸せにしてあげたいなぁ。いっぱい遊んで、おやつもいっぱいあげる。天国ではもう太りすぎとか気にしなくていいし、私も仕事がないから、ずっと一緒にいて、いっぱい遊ぼう。広い場所を走らせてあげよう。だから、待っていてほしい。



ダメだ、自分の手術の話をしていると、どうしてもワンコの話になってしまいます。ごめんなさい!
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

No title

こんばんは(*^_^*)

泣いてしまいました。
今日のブログ。

今日12/10は、わが家のミニチュワシュナウザー「ショコラ」の12回目の誕生日。
夏から心臓病が悪化して入院し、
それから朝晩、薬を飲ませていますが、心臓発作でもう7回も倒れています。

しゃべれないので、すごく可哀そうで・・・・。
ホント、絶望的な状況でした。

でも、ここのところ調子がいいんです。

XELOXが終了したので、人参ジュースを再開したのをキッカケに、
それを少しあげるようにしたんです。
そうすると、力強く家の中を走れるようになったんです。

しかし、私の抗がん剤投与後、3日人参ジュースをあげれなかったら、また心臓発作が出てしまった為、ギリギリのところでもっている状態だと思います。

苦しまないで一生を終えるのを見届けてあげたいです。

自分の病気と時期が重なると、本当に気弱になってしまいます。
彩さんの場合、自分の手術日と重なってしまったので、ホント辛かったでしょうね・・・。
ぽぷらちゃんは今、天国から応援してると思います。(犬は癌の匂いがわかると聞いたことがあります)
そんなに悔やまないで・・・。幸せだったと思いますよ(^.^)

No title

彩さん

まずは、術後2年おめでとうございます!
(でいいかな?)
やはり おめでとう~!!です。

ひとり暮らしで心細いことも多いかと思いますが、
彩さん本当によく頑張っているな、と思っています(*^_^*)。

私も、術後数日後に、愛犬が旅立っていきました。
やはり、後悔・・・ばかりです。
自分のがんの発覚で、愛犬の弱っている姿に
思いを寄せられなかった・・・。
お互い、命をわけてもらっているのでしょうね。

また抗がん剤ですね。
寒いので、エルプラットの副作用もまた辛いですが、
応援しています!

はじめまして

病歴4年のミーと申します。
彩さんの素直な表現が大好きでずっと読ませて頂いていますが、
今日は涙で滲んで、たまらずコメントさせてください。
ワンちゃんとのお別れは何年経っても辛いですね。
彩さんとワンちゃんの姿が目に浮かびます。
私は猫ですが、一緒に過ごした頃の思い出は宝です。
たぶんご存知だと思いますが、作者不明の虹の橋の詩があります。
猫と別れて辛かった時に知り、今も時々読んでいます。
橋のたもとで亡くなった動物達が待っていてくれるなら、死ぬのも怖くないかな?なんて勝手に解釈しています。
明日の抗がん剤後の辛い数日、乗り切ってくださいね。

No title

早死にしてもいいからレオには思いっきり好きな物食べさせてあげて、母さんの遺言、忠実に守り40㎏近いボダッコリーになってしまいました。

涙がでました

彩さん。

ブログを読んで涙がでました。
ぽぷらちゃんは、姿は見えないけれども、いつも彩さんの傍にいて見守ってくれていますよ!
あまり自分を責めたり悲しんだりしないでくださいね。

抗がん剤の治療、つらいでしょうが頑張ってください!
術後3年、4年、5年……ずっと元気に迎えて先生を驚かせてください。

>いくちゃんさんへ

ショコラちゃんのお誕生日、おめでとうございます。
いろんな病気をして大変だし心配だと思うけど、いくちゃんに愛されて面倒をみてもらって、幸せだと思いますよ。
いつまでも元気でいてほしいですよね・・・。

>ミケさんへ

ありがとうございます。でも術後2年は、おめでとうではないかな~(^^;)再発の場合は、手術ができたら「おめでとう」なので。でも、ありがとう(^^)とりあえず2年は元気に生きられました。

こないだのミケさんのブログの記事、「死んでいった人にもやらなくちゃいけなかったことがある」っていうのを読んで、私がよく「亡くなった方ではなくて私のほうが生かされたことに意味がある」と書くことを、誤解されてるかも、と心配になりました。私が言うことは「神のなさることはすべて時にかなって美しい」に基づいているので、その瞬間に死んでしまった方にはその意味があって、死ななかった私にもその意味があるっていうことで、決して、死んでしまった人の人生がもう価値がないから終わったのだ、って意味ではないのです。誰の人生にも意味がある。そして、終わるタイミングにも、きっと意味があるんだと思ってます。
ってくどかったらごめんね(^^;)

ミケさんは娘さんのためにも、再発予防をかんばってね!

>ミーさんへ

初めまして。コメントありがとうございます。

虹の橋の詩は、このブログでも以前取り上げました。ペットを亡くした人の心を癒す、美しい詩ですよね。私も、虹の橋にワンコがいて待っていてくれるのだと信じています。

詩では、虹の橋で迎えてから、一緒に天国に行くんですよね。私もいつかはわからないけど、一緒に天国にいけたらいいな♪

>あんこ大好きさんへ

ワンコには、健康ばかり心配するより、好きな物たくさん食べさせてあげたかった。それが悔やまれます。

>ひなぽんさんへ

ありがとうごさいます。
私もブログを書いてて涙がでました(笑)ぽぷらは今も、この部屋で走り回っているのかなぁ。

No title

彩さん

抗がん剤の副作用中に、
こちらこそなんだかごめんなさい!。
こうして、ちゃんと考えて返してくれる彩さんが
好きです(*^_^*)。
でも、身体辛い時に、本当にごめんね・・。

もちろん、彩さんの言われることもよくわかってます!
誤解も全然していませんよ。
亡くなった方の生きていた証にも、
亡くなったというその時とその事にも意味はある。
たぶん、その時は私にも来ることですし。
肉体には未練はさほどない(笑)。

でも、5歳の子をおいて告知から8ケ月で
亡くなってしまったママ友や、
13歳で亡くなった娘の同級生・・・
最近、なんだか色々と考えてしまうのかもしれません。
まだまだ、精進が足りません(^_^;)。

明日は雪?みたいです。
寒い日が続くので、体調気をつけてくださいね(*^_^*)。

>ミケさんへ

お返事が遅れてごめんなさい。名古屋は大雪だとニュースで見ました。東京は、晴れて良い天気だけど、寒いです。エルプラットから1週間たった今日でも、顔がビリビリしびれて固まってしまいました(^^;)
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。