スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ライブ行ってきました!in 京セラドーム

大阪から、金曜日に帰ってきました。疲れたけど、すっごく楽しかったです!!!!!

今回の大阪行きの目的は、

①東方神起のライブ(京セラドーム)に参加すること。
②ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行くこと。

の二つ。というより、正確には、①のついでに②も、って感じなんですが、旅行のことを全部書くとめちゃくちゃ長くなりそうなので、今日はまず、ライブのことを記しますね。

今回のライブに関しては、語ることがいーーーーっぱいあるので、ファン以外の人には耐えがたい(?)記事になってしまうと思います。失笑しながらお付き合いいただければ嬉しいです(^^;)

さて。18日に参加した、東方神起の京セラドーム。このブログにも書きましたが、当初「オーラス」だったはずの、18日の京セラドーム。もうあのショックや凹みからもすっかり癒されて、元気に行ってまいりました。

21000円もする、プレミアムシートでの当選です。チケットと身分証明書の運転免許証を、東京出発前に何度も何度もバッグの中で確認し、もうバカじゃないかってくらい確認し、大阪に辿り着きました。

東京駅を出た時点で、すでに東方神起ファンがちらほら(笑) 東方神起のファンのことを、「トンペン」というので、以下、短くするために「トンペン」というファン用語を遣っちゃいます。

大阪でホテルにチェックインした段階でも、ホテルの客はトンペンだらけ。ドームから3駅ほどのホテルだったんですがね。私も部屋でビギT(←FCのTシャツ。デコりました。デコった記事はここ)に着替えて、でっかい東方神起のバッグに持ち替えて、雨だったので東方神起傘を持って、出発です!

ホテルのエレベータで乗り合わせたトンペンさん達に声を掛けられておしゃべりしたりしながら、京セラドームへ。もう周りはトンペンだらけ、どこから湧いてくるの?ってくらいな。

ドームに着いて、去年ファンミで知り合った福岡から来る女の子と会う予定だったのだけど会えず、一人でP席の列に向かいました。

P席。ステージの近くが約束されている、特別な座席。当日までどの席かは分かりません。

去年の東京ドームのP席の時は、「良い席がきますよーに」と願いすぎて、しかもイケメンお兄さんを狙ってチケット発券するというオバサン丸出しな行為に及んだためか、隣が一般席という切ない席になってしまいました。

その反省を踏まえ、今回は、「どんな席でも文句いわず満足する!」「イケメン窓口を選ばず、空いてる窓口へ行く!」の2点を心掛けました。

ドキドキししながら発券された紙を持って、P席の案内図に辿り着いて・・・・見たら。

やっぱり、端っこwww  隣は一般席wwww

そういう運命なんですね、私。チャンミン側だし。でも、いいんです。心は平安でした。だって、楽しければどこでもいいもん(^^)

座席に向かって歩く途中、初めて見る京セラドームのいろいろを見物しました。プロ野球が嫌いではない私としては、ダッグアウトなんかも興味あって、「へー、ここに選手が座ってるんだなー」なんて感動しながら見ていました。

で、座席に着いてみたら。おや、思ったより良い席ではないですか♪センターステージのすぐ斜め前のブロックの、最前列。ちっこい私でも、これなら埋もれない。センターステージからかなり近いし、前だから顔が見える方向。これならお尻ばっかりって心配もない。隣が一般席ってのが信じられないくらい、良い席ではないですか?

着席して、お隣の鳥取からいらした方とおしゃべりしながら、開演を待ちました。ちなみに、逆隣は美しい女性。私や鳥取さんが東方神起Tシャツを着たオバサンなのに対し、その方は、シフォンのブラウスにペンシルスカートっぽいボトムスの、お若い方です。「チャンミンの視線はこの女性がゲットだなぁ」なんて思っていました(笑)

そして、ライブは始まりました。・・・・うーん、こんな調子で書いてると、おそろしく長くなってしまうので、はしょっていきます!曲名とか、ファンの方以外には分からないと思いますが、説明省いていきます、ごめんなさい!(ほんとは細かに説明したい←)

肉眼ではっきり見える距離でのライブは久しぶりで、しょっぱなからものすっごく盛り上がりました。ふと冷静になると、前日に退院したばかりの人間とは思えない。自分で自分がおかしくて、笑っちゃいます(^^;)

センターステージにユノさんがやってきたら、もう、私は止まりません。目の前の柵を押し倒さんばかりに身を乗り出して、ユノユノ叫びまくりました。だってさ、あんな距離で、「ウェ」のダンスを、前から見られるんですよ?汗やら唾やら、いっぱい飛んでるのが全部見えるんですよ?ウェは一番好きな曲のひとつでもあるので、ここぞとばかりにガン見しました。3曲目にしてこのノリで、私最後まで見られるんだろうか?と心配になるほどに。

前に人がいないから、まー良く見えること。ぴょんぴょん跳ねながら名前を呼び続けました。

「survivor」のイントロがかかったら、再び発狂。バクステに行っていた東方神起が、センステに戻ってくるのもあり、お隣の鳥取さんの腕をつかんで、

「来る!来る!来るーーーー!!!」と・・・笑

ムービングステージの上のユノさんがよく見えて、センステに着いたころにはサバイバーの最後の、煽りのところです。ちょうど目の前で、ユノさんが、煽ること煽ること。汗びちゃびちゃ飛ばしまくりながら。だからもう、こっちもノリノリでした。年を忘れて腕をぶるんぶるん振っていました。(ポートが痛かったけど振ってた^^; 私のポート・・・そのうち壊れるかも^^;)

曲順めちゃくちゃで話を進めます。

ウェの時にも思ったことですが、「maximum」の時に、センステで踊るユノさんの顔を見ながら、「なんて美しい人なんだろう」と思いました。もうね、輪郭とか顔のパーツとか大きさとかがいちいち完璧すぎて、そのパーツの配置も完璧すぎて。
美形
韓国仕様の髪型ですが、個人的にこのデコ出しが好きです(*^^*)

なんか、人形みたいというか漫画みたいというか、生身の人間と思えないんですよね、ダンスしてドヤってオーラを出しまくってる時のユノって。しゃべるとあんなぽよぽよして空気読めなくて可愛いのにねー。

マキシマムの傘ダンスも美しく、放り出した傘を拾ったスタッフさんがそばに来たので「傘ください」と言いたくなる衝動を必死で抑えてました(笑)

なにはともあれ、超人的なダンス・ユノを近くで見られたのは、本当に嬉しかったです。美しすぎる男、って、いるんですね。←バカ

バラードも、今回のライブでは私の胸を熱くしました。特に、「Chandelier」と「Love in The Ice」。この2曲、語らせてください。

シャンデリアは、兵役いっちゃう前のお涙頂戴ソングっぽくて、個人的にはあまり好きな曲ではないんです。「♪きっと遠くにいても変わらないだろう~」だの、「♪おかえりの声を聞くまで~」だのって、無理に演出しなくていいよ、みたいな。だけど、この曲のテーマ、

「離れていても、帰る場所は、明かり(シャンデリア)の点いている所」というのは、大好きです。私は、この曲を聴くと、必ず母を思い出すからです。

結婚に失敗した私にとって、唯一の家族は、母だと思っています。母だけが、私が何をしてもどこにいても、必ず私を迎え入れてくれる「場所」だと感じている。だから、今回ライブでこの曲を聴いたときにも、母が思い出されました。時計を見たら、8時前。田舎の家にひとり暮らしている母は、そろそろ寝る準備をしているだろうか?ひとり静かなあの場所で、ストーブを点けて、静かにテレビのニュースを見ているだろうか?

そんなことを思ったら、もう、泣けて泣けて。私はこんなに賑やかな場所で、大好きな東方神起をみていて。騒いではしゃいで楽しんで。

こんなふうにしていられるのも、母が、小さいころからずっと育て支え続けてくれているからなんだな。それが嬉しくて有難くて。ぼろぼろぼろぼろ、泣きました。私が幸せで楽しんでいることこそが、母の喜びなんだ、と分かっているから、もっと私は、楽しもう!と思いました(^^)

もう1曲。「Love in The Ice」では、チャンミンの熱唱に、思わず背中がゾクゾクしました。チャンミンの歌、うまいとは思うけど、そんなに感動したことはなかったんです。だけど、この時は、本当にすごかった。そして、わけもわからず涙がこみあげてきました。歌詞とか関係なく。

歌で人を感動させるって、すごいですよね。こんなに歌がうまくなっているなんて、予想外でした(←超失礼)

そして、

♪誰もが持ってる哀しみや孤独
♪癒してもらえる場所探してる
♪そう君にはその場所がここにあるさ恐れないで
♪もう迷わないで 僕が守る

ってとこ、ですね。

これ、普通のラブソングだと思うんですが、私、こないだの東京ドームのライブの時に感じたことが頭にあったものだから、もう、

「癒してもらえる場所」→「僕が守る」の流れで、「私の問題を癒してくれるのは、ユノなんだ。ユノが、守ってくれるんだ」と、そういう思考になってしまったわけですよ。かなり痛々しいファン心理に聞こえると思いますが。

でもさ。これ、意外と真理じゃないかな、と思うのです。東京ドームでユノが言っていた、「皆さんが楽しむために東方神起が存在する」という言葉。私らみんな、何かしらの悩みを抱えていて、たとえば私の場合は、病気がこの先どうなっていくのか、不安で仕方ない。いつ死んじゃうのだろうか、その時は苦しいのだろうか、死ぬまでにどれほどの苦しみを超えていかねばならないのか。そんな思いが、常に頭の中にあります。

でも、そんな思いは、東方神起で楽しんでいる間だけは、忘れられる。私の悩みを癒してくれるのは、東方神起なのです。その場所が、東方神起なのです。

そして、東方神起を守っているのは、ユノとチャンミンなのです。

ほらね?「Love in The Ice」の歌詞に、ぴったりあてはまるでしょ?(笑)「♪もう迷わないで 僕が守る」というフレーズが、私の頭の中で「そのために東方神起は存在します」と言ったユノの言葉と重なりました。

そして、思いました。こういう芸能人のファンになって、良かった、と。彼自身の存在意義をそこに見出すような人のファンになって、良かった、と。

こういう人のファンになっていれば、永遠に、楽しい思いをし続けることができるのだろう、と。

そりゃ、ユノが病気を治してくれるわけじゃないし、ユノが治療費を払ってくれるわけじゃないし、東方神起が老後の面倒を見てくれるわけではない。でも、今の悩みや暗い思いを完全に消す時間を作ってくれているのは事実。それって、すごいと思います。楽しめる場所を守ってくれる人なんだ、と思ったら、応援の気持ちも、また違った意味を帯びました。感謝、ですね。

チャンミンは、アーティストとして、良い。そして、ユノは、人として、良い。そんなふうに感じました。(だんだん何いってるか自分で分からなくなってきました。)

話が長いですね。長すぎますね。脱落せずにここまで読んでくださっている方がいらっしゃいましたら、ありがとうございます、お疲れ様でございます。でもまだ続けます。(書きながら疲れてるし←

東方神起を好きなら避けては通れない兵役の話ですが。今年、ユノさんが兵役のリミットの年齢なので、このライブツアーが兵役まえ最後のツアーだと言われています。私たちファンは、東方神起が兵役に行くのを寂しがります。毎年ライブに行って、CDも買って、DVDも買って、と楽しんでいるものが、2年間無くなってしまう、さびしさ。ファンは、それを口にします。私もそうでした。

だけど、ライブを観ながら、考えていました。兵役に行く本人達のほうが、私らよりもずっとずっと大きな不安を抱えているんだろうな、って。

そりゃそうですよね。生活が全て変わるんですもん。仕事が変わるだけでなく、住む場所とか交友関係とかも、きっと変わるんですもんね?私らファンの「東方神起という趣味がなくなる」というだけでも不安なのに、当の本人たちはどんな心境なのか。

そんなことを思ったら、いつもと変わらぬ笑顔を見せる二人が、ものすごく偉大な人に見えました。並大抵の苦労じゃないんだろうな、きっと。アーティストとしての技術だけじゃなくて、そういうセルフコントロールもできる人たちなんだ。わざわざ外国である日本に来てまで、こんなにファンを喜ばせるために一生懸命に、“つくる”。きっと、私が思っているよりも遥かに大きな“才能”を持った人たちなんだ。

すごい、ですね。もう本当に、「芸能人・東方神起」「芸能人・ユノ」についていきたいと思いました。

こんな心境になっているから、「サクラミチ」でもボロ泣きしましたw

そうそう。MCのとき、ユノさんが、ステージから急に降りてしまいました。体調でも悪いのか?!と心配になりましたが、座り込むでもなく、スタッフさんに服を脱がされていじりまくられている。どうやらイヤモニが不具合か何かで、交換してたように見えました。その一部始終、ステージのあっち側に見えていたのですが、スタッフさん達より頭ひとつ抜きんでていたユノの頭。背、たかいなー。頭の形、きれいだなー。髪のカット、上手だなー、とそんなんばっか夢中で見ていて、ステージ上のチャンミンが何をしゃべっていたのか、さっぱり覚えていません(^^;)

東方神起はMCも全部日本語だし、ネタもやるので大爆笑のMCタイムになるのですが、今回、マイケルジャクソンネタをやった時、私の前にいた会場係のお兄さんが吹き出すのを目撃してしまいました。そのあとも何度も、東方神起の掛け合い漫才に吹き出していたお兄さん。私と目があって、慌てて顔を作り直していましたが、なんだかとても嬉しかったです。ファンの人以外がきいても、ちゃんとおもしろいんだね、って。

そうそう。途中、トロッコが場内を回るときに、周囲のスタッフさんに緊張が走ったんです。なんかわからないけど、イヤモニの指示を聞きながら、会場係の人に険しい表情で指示を出し、係の人が、ブロック内の柵を慌てて閉めて、警備を固めろ!って感じになったんです。

そのときはトロッコに乗り込むために東方神起がステージを降りようとしているところ。え?まさか、この道に、歩いてくる?!って雰囲気になって、私らファンは騒然です。お隣の綺麗なおねえさんなんて、私の腕をいきなりつかんで、

「うそ!うそ!!!来る?来る?ねえ、来る???!!!」と、初めて言葉を交わしたのにそんなんで(笑)私も、彼女と手を取り合って「この警備具合は、ただごとじゃないよね?来るの?!」となっていたのですが、当然、来ませんでした。あの警備はなんだったのでしょう?

そんなこんなで、あっという間に3時間半が過ぎました。最後のほう、「Rising Sun」のイントロが流れたときなんかもう、それだけで涙が込み上げちゃって。ユノのヘッドバンキングで泣いちゃって(苦笑)

ただひたすらに楽しかった、3時間半でした。一番最後に2人がステージから去るとき、その背中を見ながらいつもなら寂しくなるのに、この時はなりませんでした。幸せな心持ちでした。

なんだか、こないだの東京ドームに続いて、また少し、「ファン」としての在り方が変えられた、そんなライブになりました。

翌19日もライブはありましたが、チケットがない私は行かれません。なので、USJの、ハリーポッターに行ってきましたヽ(^o^)/ この話は、次の記事で書きます。

長い長い記事、しかも東方神起ネタ、しかもかなりマニアック、しかもかなり痛々しい、こんな記事を最後までお付き合いくださった数少ないみなさん、ありがとうございました。どうぞ目を休めて、お茶でも飲んでくださいね(^^)ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おかえり~。

おかえりー。
ちゃーんと最後まで読んだよ!
免疫力↑↑↑、すごい上がりまくりだね。
すごいマニアな話もありで途中?なとこもあったけど娘はニヤニヤしながら楽しそうに読んでたよ~。
でも、お母さんを思い出して泣けてくるなんて彩さんらしいな♡

こんなに彩さんをアゲアゲにしちゃうなんて、やっぱりユノとチャンンミンはすごいのね。
なんか今回のブログ読んで、彩さんは絶対にこれから病気が治っていく、って思ったよ!
大丈夫だよ。わたしはそう思うの。

でも、ポートは大事にしなくちゃダメよ~。だめだめ♡

さっそくブログUPありがとー!
私は初のユノ側サブステージ横でした。
同じ空間にいたんで映像で振り返れちゃう。読みながら共感し噴き出しウルっと…彩さんのレポ素晴らしい!
魂のこもった伝説のWITHツアー私もチケット取った時には正直自分がどんな状況なのか想像つかなかった。でも無事に行けたよ、感謝!!




No title

こんばんはー♪ブログいつも読ませていただいてます~。あたしもユノペンです~。あたしはユノの滲み出る人間性が大好きです。ほんとカッコいいですよね~。そして今回のMCの面白いこと面白いこと!!係員のお兄さんでも笑っちゃうんですね~。東方神起と同じ事務所の後輩のライブにもよく行きますが、ほんと彼らは別格です!!みんな東方神起のライブ見て勉強して欲しいです!!彩さんみたいに近くで彼らをみてみたい!!ほんと羨ましいです。

>須磨さんへ

前記事、前々記事とあわせて、コメントありがとうございます。お返事が遅れてすみません。
京セラ、とても良かったですね。ユノチャミのノリはこの日が一番良かったとのツイッター報告もちらほらと見かけました。まぁ、いつのステージでも入った人にとっては「その日がサイコーだった」となるのでしょうが。
いつでも元気をくれるユノチャミに、こちらからも元気をあげられるように、東京ドームでも精一杯応援してきたいと思います(^^)

>momokoさんへ

鍵コメ、ありがとうございます。ハンネだけ出しても大丈夫ですよね?
momokoさんのコメントからは、私が記事で書きたかったことがきちんと伝わったんだな、というのが感じられて、とても嬉しいです。読んでくれてありがとうございます。

明日はU先生とお会いする予定です。どきどきです。先生のお力を借りて、できるところまでがんばってみます!

>mickykamiさんへ

コメントありがとうございます。
MCは毎回面白いけど、私は今回のマイケルジャクソンがツボで、毎回大笑いしていまいます。
ほんとにユノ、可愛いです(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>鍵コメのYさんへ

初めまして。コメントありがとうございます。
お互い、治療がんばりながら、東方神起を応援していきましょうね♪

わっ!

すごく長い長いブログ。
そして彩さんの東方神起(特にユノさん)に対する熱い思い、ライブでの興奮や意外と冷静にお母様のことを思い出す三時間半、改めて読み返し、今日のモチベーションUPにさせていただきたいと思います。
ホントにユノさんがお好きなんですよね。脱帽。(脱毛最近しちゃって、今日はヅラで行きます。)
私が抗がん剤治療で辛いとき、彩さんがライブの記録を書いてくださって、有り難かったので、コメントを残します。
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。