スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

アービタックスも、ベクティビックスも、

昨日、通院してきました。ほんとなら、3次治療のアービタックスかベクティビックス投与が決定して、入院手続きをするはずだったんだけど・・・

RASの変異が見つかったため、どちらの薬剤も適応から外れてしまいました。

前に調べてあったKrasは野生型だったのだけど・・・・近年になって追加されたNrasの、そのうちのひとつに変異が認められたそうです。先生によれば、「変異の確率は10%」だとのこと。先生は、残念そうな表情で、

「変異がみつかっちゃったから、できなくなっちゃった」と言いました。

なんか、目の前が真っ白になった感じがしました。アービタックスかベクティで1年くらいはもつかな、と思っていたので。


「あとは、ロンサーフか、スチバーガだね」という話に。副作用が軽いといわれる、ロンサーフを先にやることにしました。

再来週から、ロンサーフの投与開始です。

ロンサーフとスチバーガは、どちらも最近承認された薬ですが、いずれも、奏効率はかなり低いと言われています。主治医も、「ほとんど効かないんだよね」と言いながら、「順番でいくと、これだから」ということでした。

標準治療。「効かない確率が高くても、それをやるしかないんですよね?」と、私は言いました。

「それが終わったら、次の治療は、ないですよね?私はどうなるんですか?」と、聞いてみました。

望んだ答えは、返ってきませんでした。それについては、いずれ書くつもりです。

怖いな、これから。

TS-1とか、5FUとかを使った他の療法についても、聞きました。いずれも、私の病態には不適応でした。ロンサーフとスチバーガが終わってから、また相談してみよう。

他の治療法についてもいろいろ考えています。だけど怖くて、考えること自体が怖いのも事実です。

今に始まった不安ではないはずなのに、Nras変異型だったことがトリガーになって、すべての不安が噴出してきた感じです。

昨日の時点で、CEAは23でした。オキサリプラチンに耐性ができて以来、ずっと、緩やかな右肩上がりを続けています。術前でも37しかなかった私なので、この数値は結構こわいです。肺や肝臓にも小さいのがある可能性はあるが、PETで調べる必要はないと言われちゃいました。腹膜播種が大きくなっている以上、細かな肺転移などは治療方針に影響を与えないからだそうです。

理屈はわかるけれど、自分の体がどうなっているのか、知りたいと思っているので、残念です。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

No title

遺伝子変異と新薬の相性はまだ未定です、私の場合は予想外の効き目でした、まだまだ何があるかわかりません、効くことを祈ります。レゴラフェニブもあるし治験も残ってるはずです。

はじめまして

彩さんこんにちわ(^-^)

陰ながら読ませていただいてました。私は直腸がんステージ4で腹膜播種、肝臓転移、ストーマで昨年の3月から抗がん剤治療してます。

今年の3月、FOLFOX+アバスチンからFOLFIRI+アバスチンになりました。
私がかかってる病院は入院治療しかないので2週間に1回2泊3日の入院をしてます。
主人が亡くなり、子供達も結婚やらで独立して犬と二人暮らしです。
これからも読ませてください。よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

諦めないで

はじめまして。

ずっとコメントを書いてみたいと思っていたのですが、
恥ずかしく、書き込み出来てませんでした。

私はS状結腸がんから、卵巣転移で、
腹膜播種があり、
現在、IRIS+アバスチンの抗がん剤をしてます。

あやさんが同じような病状、
治療をしていたので、
ずっとブログを読ませてもらってました。

いつも、あやさんの書き込み情報を
参考にさせてもらったり、
あやさんの頑張りに励まされたりしてます。

長引く治療に、不安になることも、
多いと思いますが、医療は日々進歩しています。

新薬や新しい治療もどんどん出てきてるので、
ネガティブにならず、諦めないで欲しいです。

影ながら応援してます(^^)

No title

こんばんは。

なんか、この先どうなるんだろう、というところで、思わず出てきてしまいました。
自分もras検査の結果待ち(たぶん・・・先生が忘れてなければ)です。
治療の方針やら何やらに関わらず、自分の体のことだから、どうなってるのかちゃんと知りたいですよね。

前の記事にあったように、彩さんが旅に出るパワーが湧いてきますように。免疫上がりますように。

こんにちは

はじめまして。

私はS状結腸癌ステージⅣで肺とリンパに転移があり
去年12月から、FOLFOX+アービタックスの投与をしています。
情報や考え方など参考にさせていただいており感謝しています。

これからも彩さんのブログを読ませていただきます。

No title

私の主治医は腫瘍マーカーの値を気にしていないのか、血液検査の結果で一番時間がかかる腫瘍マーカーの結果が出る前に診察室へ呼ばれ、その日に抗癌剤が投与可能かどうか判断されています。
腫瘍マーカーの数値よりも、定期的に撮るCT画像で腫瘍が大きくなっているかどうかの方が重要なようですね。
だから、ここ半年くらいは腫瘍マーカーがどうなっているのか、こちらから聞くこともないので、知らないです(^_^;

私の場合も、肺転移があるものの、腹膜播種の方が重要なので、肺のことには殆ど触れられません。

もう、今となっては自分が選んだ主治医を信じるしかないので、それ以外は考えないようにしています。
過度な心配は大きなストレスとなり、身体に良くないと思いますよ。

先生…

ほとんど効かないとか言って欲しくないですよね…。
彩さんの治療がよい方向に進みますように!

あんぱん父さんへ

遺伝子の研究解析が進めば、いろいろな治療法が見つかりそうですね。全ての病を治せるような治療法が、ひとつでも多く見つかりますように・・・。

ふうちゃんさんへ

初めまして。コメントありがとうございます。
FOLFIRIをなさっているんですね。副作用きついと思います。それなのにワンちゃんのお世話をしながらの生活、頑張っていらっしゃるんですね!

私の病院は則外来治療ですが、副作用がつらくて一人で寝込んでいるときは、入院したいなー、といつも思っていました。外来も入院も、良し悪しですけどね(^^;)

これからもがんばりましょうね。よろしくお願いします。

SHIHOさんへ

初めまして。コメントありがとうございます。
病歴が似ているんですね。私はイリノテカンが不耐だったので3回しかできず、EGFRも変異のせいでできなくなったので一気にロンサーフまで来てしまいましたが・・・まだまだ、諦めていませんよ。ちょっとへこんではいますけどね^^;

お互い、頑張りましょう!

あめふらさんへ

ありがとうございます。自分の体のどこにどのくらいの癌がある、って知りたいんですけどね~。腹膜以外になければ、それはそれで嬉しくなって頑張れる気もするんですが・・・。先生に言わせると、肺にあろうが肝臓にあろうが、症状が出ていない程度の腫瘍はもはやいくつあっても関係ないのだそう。そういわれちゃうと、なにも言い返せませんでした(笑)

ド近眼さんへ

初めまして。コメントありがとうございます。

私のブログは医療情報には乏しいので、どこまでお役に立てているのか、まったく自信がありませんが、これからも読んでいただけたら嬉しいです!
どうぞよろしくお願いします。お互い、治療がんばりましょうね。

毒遊さんへ

私の主治医も同じく、腫瘍マーカーは気にしていません。いつも私から聞くのですが、聞き忘れたときはそのまま話題にならず、あとで看護師さんがプリントアウトしたものを渡してくれるだけです。それよりCTの画像を見て判断しています。同じですね。あ、今は、お腹の腫瘍が手で触れるので、その成長ぶりを見ています。次のCTは3ヶ月先だったような^^;

主治医をずっと信頼してきたのですが、この前の診察で「ん?」と思うことがあって、そのこともあって不安になってしまっています。

kikupuuさんへ

ほとんど効かない、というのは、数字を示した上での言葉だったので、仕方ないというか、そういうのははっきりいう人なので驚かなかったのですが・・・それ以外のことで、ちょっと、「ん?」ということがあって、不安になってしまいました・・・。まぁ、私の考えすぎかもしれないですけど。

返信有難うございます☆

お互い治療はしんどいですが、
治ると信じて頑張りましょう!
また書き込みさせて頂きます(^^)

ちなみに、あめふらさんのブログも
読ませてもらってます。
実はIRISを選んだのは、あめふらさんの
ブログを参考にさせて頂きました。

No title

こんばんは!

今日、退院してきました。
結局、腹腔内に播種が予想以外に増えていたので、
肝臓に張りついた大きな播種、
次に予定されていた肺の腫瘍の切除は断念することになり、
腹腔内の温熱療法をしていただきました。

腹腔鏡で撮影された腹部全体の画像を後で確認しましたが、
胃にもがんが1つありました。
肝臓には無数・・・
彩さんが言うように、お腹の中の状況を目で確認できたことは
よかったと思います。

でも、この時期での手術は身に堪えました。
今までなかった腹部のが痛みが治まらず、歩くのがやっと。
次のIRISも受ける自信がありません。

お腹の中は状況はわかっても、これからどのように増大するかは
不明なので、不安は取れなかったです。

参考になればと思い書きました。

いくちゃんさんへ

とりあえず、退院、おめでとうございます。おつかれさまでした。
今は次の治療のこととか余計なことは考えずに、ゆっくり心と体を休めてください。応援しています。
ご報告ありがとうございました。
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。