スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ピンクリボンのこと。

投与7日。まだ気持ち悪いので、昨日も今日もバイトを休みました。昨日は、職場まで行って、15分はがんばったんだけど、気持ち悪さとめまいで立っていられなくなり、やむなく帰りました。なんだかなー。これじゃ、仕事させてもらえなくても、文句いえないんだな。


ところで、今日は、ピンクリボン運動について、思うことを書き留めようと思います。

有名になった、ピンクリボン運動。乳がんの早期発見キャンペーンですね。

私も、良いことだと思ったので、自分が癌になる前は、あのバッジをほしがったりしてました。早期発見、早期治療!まちがいなく、「良いこと」です。

が・・・。

問題点もあるようですね。最近、よく耳にします。医学的なことはわからないし、うかつなことを断定的に書いてはいけないので、あまり書かないけど、個人的には「やりすぎなんじゃないの」ということです。

もちろん、くどいようですが、早期発見早期治療は、よいのです。間違ってないのです。ただ、「発見」の段階で、それが間違いだったら?治療の必要がないのに、手を加えたせいで、本当の病気になってしまっていたら??

一昔前の、近藤誠氏の理論に近いものになってしまうかもですが、なんだか、ピンクリボンに関しては、マスコミや関係団体の「やりすぎ」「いきすぎ」な雰囲気がプンプンしてます。

こないだ、自分が乳がんの検診で再検査になったので、一応マンモとMRIを受けてきました。

そのときのことです。心配して画面を覗き込む私を見て、技師さん(先生?)が言った言葉が印象的でした。

「なんとかリボンのせいで、必要以上に苦しむ人が出てる。本当は心配しなくていい、病気でもなんでもない人まで治療しちゃってる」
詳しくきいたら、その先生の印象では、ある程度の年齢になったら誰でも起こる乳房の異常までも病気扱いして、不要な切除や化学療法をしちゃうケースがあるそうです。そして、苦しんじゃうんです。“なんとかリボン”が広がるにつれて増えたそうです。乳がんを知らない医師が特にやってしまうそうです。「乳がんだったら大変!」だと思って。

病気になんか、だれもならないほうがいい。

だから、しなくていい治療もしなくていい。

患者は、自分の身は自分で守るしかないですね。医師も、諸団体も、しょせん、患者本人ではないんです。でも、患者だけじゃどうしていいかわからないから、医師の意見をきいて、いろいろ勉強して、主体的に治療を選ぶんですね。

難しいです。

とりあえず、今日は、アットコスメの現品プレゼントで「美白UVプロテクター」が当選しました!吐き気で肌の手入れができず、いまボロボロではありますが、気分がよくなったらまた、手入れに励もうっと。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。