スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

ホスピス、迷っています。

片方は、大きな病院の中にある緩和ケア病棟。

もう片方は、その隣の敷地にある、クリスチャン系のホスピス。

いずれも先月、見学にいって、いろいろ説明頂いて、設備面を重視し、前者の緩和ケア病棟にほぼ決定しました。幸い、と言っていいのかわからないけれど、友達のお母様がその緩和ケア病棟でお世話になったそうで、

「スタッフさんは皆さん暖かくて、とてもよい施設だよ」と教えてくれたし、設備も比較的新しいし、というわけで、ほぼそっちの緩和ケア病棟でお世話になる気でいました。

が。

先日、両方の病院へ行って、外来を正式に受診し、医師の先生にお会いしたんです。

そしたら、決めていた大病院のほうの先生と、いまいち相性がしっくりこない印象が。

「こちらの病棟にお世話になったら、主治医は◯◯先生になるんですか?」ときいたら、「たいてい、そうなります。」とのお返事。

あと、「ネットは見たの?なら、僕から説明しなくてもいいね」とか、「腸閉塞になったら緩和ケアの場合はストーマとかはやらないんですよね?」ときいたら、

「当たり前だよ。ストーマは積極治療なんだから、同意書かいた後で“長生きしたいからストーマにしてください”ってのは無しだからね。正直、そういう患者が一番困るんだよ。」

って、ちょっとイライラされちゃいました。別にストーマにしてほしいとは言ってないのに。どんな治療になるのか聞きたかっただけなのに。

なんとなーく、この先生とは、ウマが合わないな、と感じてしまいました。もし入院しても、私はこの先生に「どこどこが痛むんです」と正直に言えなそうな気がします。

その診察のあと、今度はお隣の敷地にある、ちょっとオンボロなホスピスに行きました。ここのスタッフさんは、前回の見学の時に感じていたんだけど、すれ違うときに必ず笑顔で会釈してくれて、暖かい雰囲気が醸し出されていました。

だから最初の印象はこっちのほうが良かったのだけど、何しろ設備が古いのがネックで、やっぱ大病院のほうがいいなぁ、と思っていました。

か、この日、診察を受けたら、医師は若いけれど熱意がありそうな、私の話をとにかく沢山聞いて下さる方でした。前の大病院の先生が「まず、僕の説明を一通り聞いてください。質問はその後にしてくださいね。」なんて言ってたのとは対照的に、

私が何か話そうとすると、自分の話をすぐ切り止めて、「なんですか?(^-^)」ときいてくれるんです。同席してた看護師さんとソーシャルワーカーさんも、私の話を全部メモして、私の心身の状態を把握しようとしてくれました。

そして、付き添いの母の話もきいて、相談にも乗ってくれました。

二つの外来を終えて、帰り道、母は、「どっちがいいと思った?」と聞いてきました。

私も逆に「お母さんは?」ときいたら、私も母も、二番目の、設備がオンボロな小さなホスピスのほうがいいという結論でした。

やっぱり、人だもの。人生の最後を過ごす場所だもの。設備よりも、人との繋がりを重視したい。

というわけで、念のため、どちらの病院の予約列には入れてもらいましたが、小さいホスピスのほうに行けたらいいな、と思っています。

多分、待ち人数は大病院のほうが多いと思うから、大丈夫かな。

一つだけまだ気になっている事は、大病院の緩和ケア病棟でお母様がお世話になったと言っていた友達の言葉。当然、医師との面識もあるはずで、それも含めて「スタッフさんはみんな暖かかった」と言っているのだろうから、私がウマが合わないと思った先生も、仲良くなったら案外良い先生なのかな?

母は、その先生が特別感じの悪い人だとは思わなかった、ただ、二軒目の先生のほうがいい感じだった、と申しております。

どっちになるのかな、わたしのホスピス。どちらになっても、良いところっぽいから、安心だと思います。


二軒目のホスピスを受診したとき、時間になるまでデイルームで待っていたのですが、同じ部屋に、つい一時間ほど前に親族の方が亡くなったというご家族がいました。誰も泣いていなかったから、ご老人の大往生だったのかなぁ。「最後は全然苦しまずに、楽に逝ったよ」という電話で話す声が聞こえて、私もそうなれたらいいな、と思いました。

私亡き後の母を思うと、気がくるいそうな気持ちになるけれど。

いま風邪ひいて具合が悪くて、今日は母に笑顔を見せられなかった。明日は、笑えたらいいな。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

そっか

こんばんは。
今日は、荒れた天気でしたね。

その、少々、俺さまなドクター以外にもお医者さまはいらっしゃっるんでしょ?綾さんの担当は、その医師なのかな?変えて貰えないのかな?ま、気まずくなっちゃっうか。

その、老朽化した施設もいいかもね。こういうのって、あれこれ考えるより直感が大事かも。

私も1人の母です。お母さま、大丈夫だよ、なんて綺麗ごとは言わない。沢山、お話してね、沢山、写真を撮ってね。

今まで「母に迷惑をかけてる」て文面が多いように、思うけど、3歳までの我が子って、ちょー可愛いの。そこで、親孝行は終わってるんだよ。

一部、例外もあり鬼畜のような事件もありますが、だから大抵の親は子どもが何かあれば身体を張って守りたいの。お母さまに甘えちゃいな。最大の親孝行です。

ごめんなさい

追加。
その、俺さま先生、ドライというか、患者さんと馴れ合いの関係を避けたい方なのかしらねー。会ったこともない方も私が、あれこれ批判するのも気が咎めたものですから。

お休みなさい。

小さくても
少しでも
いい事ありますように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あやさん。いつも拝見してます。コメント読んで涙がとまりません。私も結腸がんのステージはⅣです。生きること諦めたくないですよね!あやさん、大丈夫大丈夫祈ってます。

直感。

彩さん、こんにちは。
迷うところですね。
でも、私の母の主治医の場合も
何度会っても、やはり最初の直感って正しかったんだなーという結論になりました。
(本当に良い方なのですけどね)

なので、彩さん自身の直感を大事に、と思いますけど
でも、いつも素敵な方々に囲まれている彩さんだから
どこへ行っても、良い関係が構築できるのでは?と思っています^ ^

久々に気持ち良く晴れわたりましたね!お風邪、良くなりますように(^人^)

No title

スタッフが変わったのかもしれませんし・・・・

その先生も 親しくしていた患者さんを見送ったばかりで心がちょっと疲れているのかもしれませんし・・・


彩さんが 穏やかに時間を過ごせそうなほうがいいと思います。


お食事はどうなのかしら?

私は入院生活 お食事(持ち込みするためのお店含む)重視です( *´艸`)
たとえ食べなくても 微妙なご飯は見ていると悲しくなるので・・


どちらのホスピスも お部屋を東方神起仕様にできるんですよね?

風邪お大事になさってください

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメでホスピス探しをしている方へ

ご無沙汰していた間、大丈夫かなぁととても心配でした。

ホスピスの件ですが、かかっている病院のソーシャルワーカーさんに相談できませんか?いくら良さげなホスピスでも、自宅から遠かったりすると不都合だと思います。

私の場合は、まずソーシャルワーカーさんに候補を何軒か挙げてもらい、その中で知人地元の友人が知っていたホスピスを中心に、見学して選びました。東京ならばいくつも選択肢はあると思います。頑張ってご自分の合う所を探してみてくださいね。

或いは、ホスピスではなく在宅医療で最期を、と希望される方もいらっしゃいます。一人暮らしの方もいらっしゃるそうです。

自分がどこで最後を迎えたいのか、私もまだじっくり考えたいとおもいます。
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。