スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

急な坂の上。

久しぶりに「腹膜播種」をググってたら、こんなの見つけました。

===============================
講演会・シンポジウムのお知らせ第1回 大腸がん腹膜播種 国際シンポジウム 開催のお知らせ

この度、下記の日程で、第1回 大腸がん腹膜播種 国際シンポジウムを開催いたします。

◆日時: 2013年7月27日(土)午後2時~
◆会場: 東京大学伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール
◆演者・演題:
Paul Sugarbaker, MD (Washington Hospital Center)
“Proactive management of peritoneal metastases from gastrointestinal cancer, colorectal, gastric and pancreas.”
Brendan Moran, MCh, FRCS (Basingstoke and North Hampshire Hospital)
“The background and rationale of pseudomyxoma peritonei with the results of surgical treatment of 1000 cases.”
◆世話人:
◆参加費: 無料
◆事前登録: 無料
◆事務局:
国立国際医療研究センター下部消化管外科 矢野秀朗
◆【概要】
 大腸がん由来の腹膜病変には、通常の大腸がん腹膜播種以外に腹膜偽粘液腫があります。腹膜偽粘液腫は典型的には虫垂腺腫または虫垂がんの穿孔によりゼリー様物質が腹腔内に大量に貯留、増殖する状態(jelly belly)をいいます。血行性・リンパ行性転移は起こさず、専ら腹腔内を拡がりゼリーが蓄積します。放置すると死に至る予後不良の病態で、「良くて境界病変 (at best, borderline malignancy) 」と表現されます。
 腹膜偽粘液腫に対して、欧米では各国の専門の治療施設において積極的な外科治療が行われ良好な成績が報告されていますが、日本には専門の治療施設がなく、体系だった診断治療も未だ行われていません。患者さんは治療を求め「がん難民」に類似した状況であるとも言えます。
 一方、大腸がんの腹膜播種転移は肝転移・肺転移とならんで頻度の高い転移形式ですが、従来から積極的外科切除を考慮されることはなく、その一方で化学療法も効きにくいとされてきました。しかしながら欧米の専門施設からは、腹膜切除と術中温熱化学療法を組み合わせる積極的な外科治療によって良好な予後を得ることが近年相次いで報告されてきています。
 本シンポジウムでは、この分野における世界のパイオニアでありオピニオンリーダーのPaul H Sugarbaker 先生(米国Washington DC)と、Brendan J Moran先生(英国Basingstoke)を招聘致しまして、腹膜播種に関する最新の知見とそれに対する完全減量手術および術中温熱化学療法の実際についてご講演頂きます。
 消化器を専門とする内科・外科の医師のみならず、放射線・病理・腫瘍学などの専門の先生方も広くご参加頂きたく、ご案内申し上げます。
===========================================


以上、勝手にコピペしちゃいましたが、いいのかな?著作権とか問題あるのかな?大丈夫だろう。

難しいこと書いてありますが、すごく噛み砕いていえば、「腹膜播種や偽粘液腫の治療の最新情報(欧米編)」みたいなとこでしょうか。画期的な情報がきければいいですね。シンポジウムだからあまり期待はしていませんが。

腹膜播種ねぇ・・・。やっぱり、いい話は聞かないのですよ。手術で播種が見つかった大腸癌の人で、ぴんぴん元気だったのに、5か月後にあっけなく亡くなっていたり。闘病ブログを書いていらっしゃる方で、ブログ最後の更新が「ご報告」だったるすること、よくあります。

私が読んでいた とあるお方は、「腹水コントロールができなくなりました」との更新を最後に、もう何か月も更新されていません。


前に、こんなことをきいたことがあります。

「腹膜播種(に限らないかも)は、症状が出るまでは元気なのに、一旦症状が出るとあとは早い。いま元気な人は、急な坂の上に立っているようなもの。ひとたび症状が進めば、あとは急な坂を一気に転がり落ちる。」

ありがたくない話ですねー。

また泣いてしまいました。泣いても仕方ないんだけどね。泣いちゃうんですね。

泣いた後は、ちょっと気分もすっきりするので、人前でなきゃ泣くのもありだと思ってます。幸い、私は一人暮らしなんで、泣きたいときはいつでも泣きます。へへ。


今日は、一日中雨降りなんですね。だから気分も沈むんですね。

雨降りの日は、窓ふきがいいと思います。水を使わずにきれいになる。さっぱり。

窓、ピカピカになりましたよ。激おちクンの窓ふきバージョンを使用しました。へへ。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。