スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

5年生存率のこと。

ほとんどの進行がん患者が、「5年生存率」を気にすることと思います。私も。ものすごく気になります。

あくまでも確率の話であって、自分自身にあてはまるわけないのだと、頭で理解しつつも、どうにも気になる。いつ治るのか、いつ死ぬのか、どんな副作用に苦しむのか、不確定要素だらけの治療生活の中で、たくさん生まれる不安を、少しでも数字で潰していきたいのかもしれない。

そんなわけで、いろいろなサイトや本や人の話で自分の生存率を知りたがってみるのですが。

わからない。

だって、いろんな資料の数字は、たぶん、最新でも2年前くらいの数字。ということは、最新の抗がん剤治療で治療した人は数に入っていないはず。だから、いま見つけられる数字よりも、実際は少しいい数字のはず。

それに、これから治療開始する人は、現時点で可能な生存期間を超えたころには、さらに医学が進歩して、その時点でプラスされた生存期間をもっているはず。

そんなわけで、いま生存率を確認することに意味はないと思いつつ。。。やっぱり一生懸命探してみました。

結果、とある患者さんのブログにまとめられていた数字が一番うまくまとまっていたので、拝借します。


腹膜播種(画像陰性)を伴う癌の場合。
2年生存率 約24%。5年生存率 約10%。

これが、画像陽生だと、それぞれ約10%、約6%になるらしいです。

私のは、画像陰性。つまり、開腹して初めて腹膜転移が見つかりました。ただ、顕微鏡レベルではなく、米粒くらいのが、プツプツと、いっぱい。

やっぱり腹膜播種って、思ったより怖いや。

実際は、もっと良い数字になってると思う。劇的にではないにしろ。それに、癌種にもよるし。腹膜播種でも10年以上生きてる人もいるみたいだし。

明日は、笑いたいな。





関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。