スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

M病院での出来事その2。

昨日の続きです。

M病院でS状結腸の手術を受けたとき、硬膜外麻酔をされました。

「されました」って、変? ふつうは「してもらいました」ですよね。

私は、背骨に金属が入っています。脊椎の一番下の骨(腰椎になる一つ手前の骨)を以前粉砕骨折したため、チタン製の輪っかを背骨に入れて、2本のボルトで固定しています。日常生活には全く影響のないこのボルトなんですが、これが硬膜外麻酔の際に、ものすっごく邪魔になるのでした。

ということを、がん研で言われました。がん研での手術は卵巣摘出術だったのですが、このチタンのせいで、硬膜外麻酔を入れられない、と。むりくり入れても、麻酔したい部位には届かない、と。

だから、がん研では一昔前の麻酔でがんばったのですが、M病院では、硬膜外麻酔をされたんです。(がん研でそれを伝えたら、うーーん、とうなられてしまいました。)

卵巣とS状結腸では微妙に位置が違うから、M病院の判断は「硬膜外麻酔はいける!」というものだったのかもしれません。

手術前に、あの丸まった姿勢で何度か針をさされ、「やり直し~」といわれ涙流しながら耐えたのですが。

術後に、それは起こりました。

痛みがとれない。

それどころか、ものすごい幻聴と幻覚が私を襲いました。

生まれて初めての、幻聴と幻覚。術後2~3日めに、私の耳には、ついているはずのないテレビの音が聞こえ、来ているはずのない当時の夫の声が聞こえ、来ているはずのない親戚や兄の車のナンバープレートがはっきり見えていました。

看護師さんをつかまえ、「兄たちが来てるから、病室を知らせてやって」と言っても、当然看護師さんは、「なに言ってるの?」

でも、私にははっきり見えていました。何度も看護師さんに訴えました。

後になって兄や親戚にきいたけど、来ていなかった。でも、その時の私は、見えるもの(幻覚)を信じてた。幻覚の自覚がなかったから。

そして、異常な幻聴がピークになった時。

巨大台風が東京を直撃するから、入院患者を避難させろ、という声がきこえました。廊下をばたばた走る音がしました。「術後の患者をストレッチャーに載せて!」という声も聞こえました。

そして、私の目には、ベッドの隣にあるストレッチャーが見えました。

これも幻覚でした。でも、その時ははっきり見えてて、とにかくこのストレッチャーに移らなければ!と思いました。

さらに「もういやんなっちゃう!彩さんがストレッチャーに移ってくれないのよ!」という、看護師さんの声も聞こえてました(幻聴)。

私は、迷惑かけちゃいけない、と必死になって、ストレッチャーにむかってゴロゴロ転がりました。

そして。当然、そこにストレッチャーなんかありません。私は、ベッドの下に転がり落ちました。

頭真っ白でした。「なんで、落ちるの?なんで、ストレッチャーがなくなってるの?」

そこへ、看護師さんが来ました。彼女の第一声は、

「ちょっと!なにやってんのよ!」でした。

私は見えてたものを必死に説明したけど、当然、それは信じてもらえなかった。そして、看護師さんたちの、「何考えてんのよ!」「面倒かけないでよ!」「管が外れちゃったじゃない。どうしてくれんのよ!」という罵声の中で、たったの一言も「大丈夫?」とは声をかけてもらえず、ベッドに戻されました。そして、柵をされ、自分でおろさないようにきつく言われました。

いま思えば、あの看護師さんたちの罵声も、幻聴だったと思いたい。

正気になってから、自分の幻聴と幻覚に気づいて、診療内科を受診したいと申し出ました。

心療内科の医師の診断では、術後の錯乱状態で、誰にでも起こるものだといわれました。私が、麻酔の影響ではないのかただすと、「その可能性はある。でも、もう幻覚がなくなったのだから、いいじゃないですか」とのことでした。

私は、麻酔を疑ってます、今でも。痛みはとれず、量だけ増やされ、幻覚や幻聴が出始めても、さらに投薬されていました。麻酔医が何度も病室に来てました。手術が終わったのに麻酔医が病室に来る用事なんて、あんまり考えられない。

主治医であり執刀医である外科医師は、「麻酔医のミスとは考えられない」の一点張りでした。

私は、とにかく早く、病院と縁を切りたかったので、その後懸命に歩く練習をして、10日ほどで退院しました。


いやな記憶です。

そんなM病院のネット上での評判は、やはりよくありません。入院中に同じ病室に入ってきた3人の女性がいたのですが、3人とも救急搬送。容体が落ち着いたら、全員が近所の医大病院へ転院しちゃいました。カーテン越しにきこえた会話では、「この病院で手術をするのは、絶対いやだ」とか、家族の人が「ここは評判が悪いから、あっちの大学病院に移ろう」とか言ってました。

それが正解でしたよ。私も、もっと真剣にとらえて考えればよかったと後悔しました。

そのとき縫合した箇所が、いま隆起して腸が狭まっているんです。がん研の執刀医が教えてくれました。決して「手術が下手だった」とは言ってませんが、「もう少しうまく縫合できてれば良かったんだけど」と言ってました。最初からがん研でやってればよかったな。

さて、いっぱい毒を吐いたところで、寝ますか。おやすみなさいです。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

許せん!

読んだだけでムカついてきました。
なんていう病院でしょう、仮にも人の命を扱う人がそんな意識とは!!
ちゃんとした病院移れて良かったですね
こちらはがんセンターですが、嫌な対応を受けたことありません
ただ待ち時間が〜検査で待ち手術で待ち この間に転移したんじゃないかと思うと辛いっす
アンド公立病院だから同じ主治医にずっと見てもらえないんですよねー

須磨さんへ

こんにちは!はい、許せん病院でした(--;)ほんっとに、これからあそこに罹る人に注意喚起したいくらいです。ネットではその病院の経営母体が叩かれているので、いろんな圧力が及んで内部浄化してくれることを願いたいです。

須磨さんも患者さんなんですか?!前回のコメをみて、てっきりトンペンさんなんだと思っていました(^^;)
がんセンターは担当医がよく変わると噂は耳にしていました。なるほど、公立だからなんですね。私の親戚は、がん研とがんCの区別がついていない人が多くて、説明が大変でした(笑)
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。