スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

美容院。

髪を切って、カラーリングをしてきました。昨日ね。

ショートなのに、節約のためにケチってたので、いいかげん伸びまくっていて。うっとおしいので、切りました。ショートが似合うと、自分では思っています。「今日はどんなふうに切りますか?」と訊かれて「剛力彩芽ちゃんみたいな感じで!」と答える45歳の私は、もはや恐れ知らずだと思います。

でも美容師さんから「あの子、かわいいですよね~。でもちょっと短すぎるかも」と言われたので、「じゃあ、私に似合うように切ってください」と、結局お任せしました。

この美容師さん、男性なのですが、かれこれ15年以上お世話になっています。途中、別の美容院に浮気したこともあったけど、戻ってきます。近所なので通いやすいのもあるけど、やっぱり話しやすかったり、気に入った形にしてくれたりするのがいいです。

30前からずっとこの方に担当してもらっていて。私よりひとつ年下の方なんですが。「もう30ですよ~。」なんて会話をしていたのがつい最近のように。

やがて話題は、「会社かわったんですよ」「仕事やめたんですよ」「結婚したんですよ」「夫がこんなことしてたんですよ」「離婚したんですよ」と変遷し。

こないだ、「がんなんですよ。抗がん剤してるんですよ。」と話したら、「副作用で髪の毛の悩みが出てきたら、なんでも言ってくださいね。できる限りのケアをさせてもらいますし、ウィッグの相談ものりますから。」と、すごくまじめに言ってもらえて、心強かったし、うれしかった。

こんなふうに、なんでも話せる人なので、私の半生をほとんど知っていてくれます。髪のクセや色味はもちろん知っててくれますしね。私はヘアスタイルをコロコロ変えるのですが、好みを知っていてくれるので、長いか短いか、黒か茶か、まっすぐかカールか、だけ伝えれば、だいだい気に入った形にしてくれます。ある意味、私のことを一番よく知っている男性かもしれません(笑)

まじめな人なので、男女の話には決して発展しませんがね。それを残念に思ったことは、今まで何度となくあります。でも、私のほうも、「話しやすい」のが好きポイントなので、それって私が客だから、話しやすくしてくれているだけじゃん。と思って、希望を持たずに過ごしてきました。

なんだか、私の片思いの話をしてるみたいですね。そんなつもりではないのですが(^^;)男として好きって思った事はないですしね。友達みたいな感じって、こういう感じかな?

その美容師さんは、独身を貫いています。その理由もお聞きしていて、なんだか、まじめすぎて、女性と気軽に付き合えないんだなー、って感じです。

昨日も、髪を切ってもらいながら、「出会いって、いつどこに転がってるかわからないですよね~」なんて会話しながら、「でも一人が長いと、一人の気楽さから抜けられないですよね~」と語り合っていた、中年男女2人でございました。

髪の色は、いつもと同じくアッシュとオリーブを強くした茶色にしてもらいました。私の髪色って、もともとオレンジの要素が強いようで、かなりアッシュに寄せてもすぐに茶色になっちゃうんです。

もちろん、ちょっぴり混じってる白髪も染めてもらいましたよ。

髪をいじるのって、楽しいです。願わくば、いつまでも、髪の毛が生えていてほしい。副作用で脱毛したら・・・私の精神力で耐える自信が、まだないです。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

コメント

No title

はじめまして。
私の母が大腸がんからの腹膜播種で闘病中です。本人は腹膜播種のことを知りません。
腹膜播種のシンポジウムの件で検索していたらこちらのブログにたどり着きました。
彩さんは参加される予定ですか?

No title

はじめまして、いっぱい恋をして免疫アップしてくださいね、ただ大病をした後だと・・・・
好きな人・・・健康、長生きしてほしい・・・・・になってしまいますね。

りゃんさんへ

はじめまして。コメありがとうございます(^^)
お母様が腹膜播種とのこと、心配ですね。患者本人よりも家族のほうが、ある意味心配が大きいのではないかと察します。

> 本人は腹膜播種のことを知りません。

ご高齢なのでしょうか?今は、患者本人に告知されるのが通例だと思っていましたが、いろいろなケースがあるんですね。お母様が必要以上に心を痛めないのが一番ですよね。

私が先日記事にアップしたシンポジウムは、たしか医療関係者のみが参加対象だったと記憶しています。申込フォームに、所属機関を記入するようになっていたと思うんです。だから私は出席しませんが、勘違いだったらごめんなさい。

患者も参加できるシンポジウムや講演会などがあれば、ぜひ参加したいと思っていますが、なかなか見つけられません。もし何かご存じでしたら、教えてください(><)

あんぱん父さんさんへ

あんぱん父さんさん。。呼び方、変ですね?!あんぱん父さんとお呼びしていいですか?
いつもこっそりブログにお邪魔していました。足跡が付くから全然こっそりじゃないですね(苦笑)

恋をして免疫アップ。ふむ。そうですね!年齢に関係なく、その時々の自分に合った形の恋愛ができたら幸せです。ちょっぴり夢見ていますよ。

No title

お返事ありがとうございます。

母は60代です。
医師からの説明は「腹膜に〜…」といった感じで、腹膜播種という単語は出てきませんでした。
気になった私が調べた結果、腹膜播種という病名(?)の存在を知りました。

シンポジウムの件、私も二ヶ月ほど前から知っていたのですが、参加費無料・事前登録無料とあったのでてっきり誰でも参加できるものだと早とちりしていました…笑

>消化器を専門とする内科・外科の医師のみならず、放射線・病理・腫瘍学などの専門の先生方も広くご参加頂きたく、ご案内申し上げます。

たしかにこの一文を見ても医療関係者のみ参加可能、と受け捉えることができますね。
危うく当日会場に向かうところでした〜
ご指摘ありがとうございました。

腹膜播種に対して少しでも明るいニュースが聞きたいですよね。
一般の人でも参加できる講演会などの情報が入りましたら、私からもお知らせいたします!

りゃんさんへ

腹膜播種でも、ごくごく限定的に結節ができていて、それを切除できた場合は、予後が比較的よいときいたことがあります。ネット情報なので、医学的な根拠は示せないし、噂か、どなたかの思い込みの可能性もありますが。。。でも、お母様の「腹膜に~」というのが、この限定的なものだったらいいですね。
また情報交換しましょう!
Secret

抗がん剤アンケート
終末期アンケート
FC2プロフ
プロフィール

彩

Author:彩
2012年12月、S状結腸癌再発。腹膜播種、卵巣転移。
初発は2010年ステージ3aでした。根治手術からちょうど2年後の再発でした。
現在は、標準治療を終えて、ホスピスで緩和ケアを受けています。
東方神起の復活まで生きたいなー。ムリかな(^^;)

2016年3月20日永眠

最新記事
カテゴリ
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。